団体名 日比NGOネットワーク
ふりがな にっぴNGOねっとわーく
郵便番号 113-8642
住所 東京都 東京都文京区本駒込2-12-13 ACC21内
電話番号 03-3945-2615
FAX番号 03-3945-2692
URL http://jphilnet.com
担当者 アンガラ
E-mail jpn@acc21.org
分野 市民活動支援/
活動地域 海外/
活動趣旨 フィリピンの人々との協力活動を行う日本のNGO間の相互理解および協力関係を促進するとともに、日本とフィリピンのNGO 間の協働を推進することにより、両国市民社会の創造的な関係構築に寄与すること。
活動内容・
団体紹介
 フィリピンは、日本のNGO活動が最も盛んな国のひとつで、この国で活動する日本のNGOは約90団体あります。
 2006年4月、日本とフィリピンの国交が回復して50年目の「日比友好年」の年に、日比NGO間の情報交換と協働を推進する「日比NGOネットワーク(JPN:Japan-Philippines NGO Network)」が発足しました。フィリピン側では、日本側からの働きかけにより、フィリピン現地NGOによる「比日NGOパートナーシップ(PJP:Philippines-Japan NGO Partnership)」*が発足しました。これまでJPNとPJPは、両国市民社会の創造的な関係構築に向け、調査研究、シンポジウムの開催などの活動を行ってきました。

主な活動内容
1.日比NGOシンポジウムの開催掲載
 過去に開催したシンポジウム:
 第1回 日比NGOシンポジウム 2006年11月24日〜26日(フィリピン、マニラ)
 第2回 日比NGOシンポジウム 2008年7月17日〜19日(日本、東京)
 第3回 日比NGOシンポジウム 2010年8月25日〜27日(フィリピン、ダバオ)

2.会員団体間の学習会・情報交換活動

3.フィリピン社会やフィリピンに関わる日本のNGOの協力活動などについての理解促進
日比NGOフォーラムの開催(2016年7月3日) JICA・地球ひろばにて
「【元ストリートチルドレンが語る】開発途上国の子どもたち〜フィリピンの現地リーダーを招いて〜」 
4.災害時の緊急・復興支援活動
 近年の緊急支援活動実績
 2011年台風21号(センドン)
 被災者支援(ミンダナオ島)
 2012年 台風24号(パブロ)
 被災者支援(ミンダナオ島)
 2013年 台風30号(ヨランダ)
 被災者支援(サマール島、パナイ島)

【JPN参加団体】
2017年12月現在、フィリピンにおいて貧困削減、教育、環境 保全、人権の擁護等の活動に取り組む日本のNGOのうち17団体が参加しています。

【正会員団体(順不同)】
(公財)オイスカ、 (特活)ACTION、(特活)イカオ・アコ、(特活)フィリピン日系人リーガルサポートセンター、(特活)ソルト・パヤタス、(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、(特活)アクセス−共生社会をめざす地球市民の会、(特活)日本ヌエバエシハ・ファウンデーション、(特活)金光教平和活動センター、(特活)ビラーンの医療と自立を支える会、(特活)ヘルピングハンズアンドハーツジャパン、
(特活)WE21ジャパン、立正佼成会一食平和基金、(特活)アジア・コミュニティ・センター21(事務局)

【準会員団体】
(公財)アジア保健研修所、(特活)国境なき子どもたち、(特活)LOOB Japan
その他 -

戻る