団体名 ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会
ふりがな みゃんまーふぁみりー・くりにっくとさいえんのかい
郵便番号 116-0012
住所 東京都 荒川区東尾久8-41-23
電話番号 03-6807-7499
FAX番号 03-6807-7499
URL http://mfcg.or.jp
担当者 戸村桂子
E-mail myanmarfcg.info@gmail.com
分野 国際協力/医療/
活動地域 東京都/
活動趣旨 ミャンマーにおける―箍鷽芭邸↓∧欸魃卆源愼魁↓2板躡擶犹愼
活動内容・
団体紹介
医師・名知仁子(なちさとこ)が2012年にNPO法人としてMFCGを設立。2014年3月ミャンマー政府からの活動認可を受け、2015年1月よりヤンゴンの西ミャウンミャ・タウンシップの12村で活動を開始。

MFCGのミッションは、ミャンマーの人たちが健康で自立した生活をできる社会を実現すること。そのための支援として、―箍鷽芭邸↓∧欸魃卆源愼魁↓2板躡擶犹愼魁△鮃圓辰討い泙后

ミャンマーでは人口5300万人余りのうちおよそ70%が農村部に住んでいると見られ、医療や保健衛生、栄養の知識などを得る機会がない人たちがいます。そのためマラリアや栄養不良、妊娠出産によるリスク上昇など、日本のおよそ17倍の子供が5歳までに命を落としています。

とりわけMFCGが活動するエリアの住民たちは、季節ごとに農地を回って農作業を手伝うことで生計を立てており、日当はおよそ200円。病気になっても村に病院はなく、日当の3倍の交通費をかけて病院に行かなくてはなりません。更に、仮に治療を受けたとしても、衛生や栄養の知識がないために再び体調を崩してしまいます。

そこで、MFCGでは、無医村に医療を届けるだけではなく、手洗いや歯磨き、ボウフラの防ぎ方やビタミンの効率的な取り方など、保健衛生や栄養指導を行っています。また、栄養不良に陥らないよう家庭菜園の指導を行っています。その際に化学肥料や農薬などを購入するのではなく、住民の身近にあるもの、例えば米ぬかや油かすを発酵させて肥料を作ったり、もみ殻で木酢酸を作って虫除けにしたりするなど、住民にとっての永続性を最優先としています。
その他 -

戻る