団体名 ベトナムの「子どもの家」を支える会(JASS)
ふりがな -
郵便番号 -
住所 海外 -
電話番号 -
FAX番号 -
URL http://www001.upp.so-net.ne.jp/jass/
担当者 中村友香
E-mail yuka_nakamura@hotmail.com
分野 児童・母子福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/観光の振興/健康づくり/平和の推進/
活動地域 北海道/茨城県/東京都/静岡県/京都府/海外/
活動趣旨 ベトナム中部を中心に主にストリートチルドレンの自立支援活動にあたっている海外NGO
活動内容・
団体紹介
 私たちの会は、元東京公立小学校教諭・小山道夫氏(1993年9月〜95年7月までフエ大学日本語講師、現在は当会代表として現地ベトナム・フエで活動)の訴えに応えて1994年秋に発足し、活動を進めています。

1.ストリートチルドレン自立支援活動
 フエ市周辺におけるストリートチルドレンの自立支援のため、フエ市人民委員会と提携し「子どもの家」を建設、その運営を支援しています。
 現在、私たちが建設した「子どもの家」には子どもたちと寮長・寮母・医師など現地スタッフが共に生活しています。日本人里親会員・運営会員の会費と共に、郵政省国際ボランティア貯金の交付を受けてきました。
 多くの子どもたちは、フエ近郊の農村の子どもたちです。父親が死亡したり、「蒸発」したりして、農業が出来なくなり、母親と共にベトナム中部最大の都市・フエ市に仕事を探しに「都市難民」として流入してきます。多くの場合、道路や橋、公園などで寝泊まりしています。中には、親子で物乞いをする場合もあります。しばらくして母親が「蒸発」したり、売春婦として捕まったりし、子どもたちは路上に放置されることになります。 両親が離婚して、それぞれ新しい伴侶が出来、子どもが邪魔になり「捨てられる」場合もあります。中には、「人身売買」で売られた先から脱走して、フエの公園で寝ている所を「保護」された兄弟もいます。どの場合も子どもたちには、何の責任もありません。世界中どこの子どもたちにも「幸せに生きる」権利はあります。
 私たちは、ベトナム全土に5万人いるといわれているストリートチルドレンのほんの一部しか支援出来ませんが、それでも私たちと出会った子どもたちは、衣食住、通学が保障され、人間らしい生活が出来るようになります。現在、子どもたちは、学校へ通い、その中の多くの子どもたちは、学校から「成績優秀賞」を受賞しています。
 1998年10月には「子どもの家」に音楽室とベトナムで初の児童図書館を作り、地域の子どもたち(6万人)を対象に地域にも開放された「地域児童文化センター」として活動しています。1999年には、「子どもの家」に併設された日本語教室、英語教室、絵画教室を増設しました。
 また、「子どもの家」のベトナム事務所はフエ市の中心街にあり、年間1千人の日本人訪問者、短期ボランティアを受け入れています。

2.奨学金支給活動
 経済的困難のために、中学・高校・大学への進学を断念している生徒のために、「奨学資金」を設け、卒業まで支援しています。これは現地の中学・高校・大学当局との連携で進めています。
 現在、ハイバーチュン中・高校、コックホック高校及びフエ医科大学の生徒・学生に対して実施しています。
 又、貧困のため、小学校適齢児童で労働力として期待され、就学できない子どもに対し、就学保障を前提に「在宅支援」をしています。

3.職業訓練センターの設立とその運営
 子ども達の自立をめざし、職業訓練センターを開設しました。
その作品(刺繍、木工彫刻)の販売も進めています。
職業訓練センターは日本政府ODA資金の 「草の根援助金」 を得て、1996年10月に開設しました。ベトナム人指導員により木工彫刻、刺繍、ミシン、コンピューターの各教室を開設し、「子どもの家」の子どもたちと共に、地域青年の自立のためのセンターとして地域に根差した活動を展開しています。

4.障害児支援活動
 1996年より日本人医師・専門家の協力により、フエ市立病院、フエ医科大学と連携して、子どもの基礎的医療、及びベトナム戦争時に大量にまかれた枯れ葉剤・ダイオキシンの影響とみられる障害児も含めた障害児の実態調査等を進めています。
 特に1997年3月には国際ソロプチミスト東京―東のご支援を受けて、フエ市立病院内に「障害児医療センター」を開設しました。 ベトナム中部で初めての障害児の専門医療センターです。
「障害児医療センター」では、障害児へのアドバイス、車椅子、障害児介護パンフレットの作成等を行いながら、以下の活動を推進しています。
◆フエ市「フオン・ソー村障害児支援モデル村」事業(1998年4月)
 フオン・ソー村は人口14000人の純農村です。
この村を障害児支援のモデ ル村に指定し、取り組みを進めました。
○障害児実態調査
 地域のボランティア20名を障害児実態調査員としてトレーニングし、約7 000戸の村内の全ての家庭を訪問し、障害児の実態を調査しました。
今まで23人の障害児が分かっていましたが、実態調査の結果、99名の障害児がいることが分かりました。
○障害児総合健康診断
 ボランティア調査員が調査した99名の障害児をフエ医科大学の専門教授10名が総合健康診断を行い、一人一人の処方箋を作りました。
その結果、実際には91名の障害児がいるこが分かりました。障害児と思われた8名は、実際には障害児ではありませんでした。
○手術を行いました
 上記総合健康診断結果に基づき作られた処方箋に従って、20名の障害児の手術を行いました。
・腫瘍の手術(4名)
・多指症(1名)
・やけど(2名)
・性器異常(6名)
・膝、足の異常(2名)
・心臓病(1名):ホーチミン市の心臓病専門病院で手術しました
・その他
○リハビリテーション
 リハビリテーション可能な障害児のために在宅リハビリテーションの準備を しています。リハビリテーションのボランティアを教育し、自宅に出張し、 両親と共にリハビリテーションを行います。ベトナムで作れる器具を活用し、リハビリテーションをおこないます。



その他 -

戻る