団体名 景観ボランティア明日香
ふりがな けいかんぼらんてぃああすか
郵便番号 634-0112
住所 奈良県 奈良県高市郡明日香村大字島庄154−3
電話番号 0744-54-9200
FAX番号 0744-54-5118
URL http://www17.plala,or.jp/ascva/
担当者 加藤英雄
E-mail katohide@dream.com
分野 芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/自然環境保護/
活動地域 奈良県/
活動趣旨 日本人の心のふるさと明日香村の景観を守る活動を楽しく行う
活動内容・
団体紹介
 日本人のこころのふるさと、奈良県明日香村の景観は「古都保存法」(1966年)、「明日香村特別措置法」(1980年)の二重の法規制で、乱開発の波からかろうじて守られてきました。
 しかし、法による規制、人口の高齢化・減少、農業の衰退などによって村の「活力」が低下し、歴史的景観の保全・維持が困難になっています。とくに耕作放棄地や休耕田が増え、荒廃竹林のすさまじい広がりが、里山の荒廃をもたらし、それが景観をそこなう要因になっています。
 私たちの活動は、明日香村の古代ロマンにあふれる時空のなかで、みんなで汗を流しながら、このかけがえのない景観を守るのが目的です。私たちのボランティア活動の特色は次の通りです。

.椒薀鵐謄ア・あすか夢耕社(明日香村地域振興公社)・地元(集落)の 3者合同で実施
■嫁顳各の作業キャンプ・・・英国ナショナル・トラストのワーキング・ ホリデー方式の泊り込みの集中作業。実際の作業はリーダーが指導
作業場所は固定せず、毎年各集落を回る巡回方式−明日香全村が舞台−
ず邏汎睛討蓮∋木・荒廃竹林の伐採、草刈り、植栽、遊歩道の整備、案内 板・道標づくり、飛鳥川の清掃・整備、橋の修復、鳥居の修復など、、、
セ臆暖颪鰐砧繊ただし、宿泊・食事代、交通費と交流会費は各自負担
参加者は、東は東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬から、西は広島まで分布
 年齢は10代後半から70歳代まで、男女ほぼ半数ずつ
Сこ飴臆端圓眤膣新沺2005年は台湾・韓国の環境保護団体代表5人が参加
┐海里曚、作業サイトのメンテナンスのため、日帰り活動を年2〜3回実 施

その他 年齢・性別・職業は問わず集まった明日香大好き人間の楽しいボランティアグループ。

戻る