団体名 (特活)ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
ふりがな ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン
郵便番号 164-0003
住所 東京都 中野区東中野1-45-5日ノ出ビルB101
電話番号 03-5330-5571
FAX番号 03-5330-5572
URL http://www.habitatjp.org
担当者 高柳 妙子
E-mail info@habitatjp.org
分野 青少年育成/国際協力/災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/
活動地域 全国/海外/
活動趣旨 この地に住むすべての人々は、丈夫で適切、安全な家をもつべきである
活動内容・
団体紹介
1976年アメリカで設立されて依頼、これまでに世界100カ国以上で20万軒を建築して来ました。日本では2003年にNPO法人を取得し、本格的な活動をスタートさせました。
ハビタットのユニークな住居建築活動の流れは、
1.住居を必要としている低収入家族とパートナーシップを結ぶ、
2.資金や資材はボランティアが寄付し、さらに家のオーナーと協働で建築活動をする、
3.家のオーナーは、無利子・非営利のローンをハビタットに返済し、完済後は家族の所有になる。
ハビタットは「無償提供」のNGOではなく、返済された資金は「回転資金」と呼ばれ、次の住居建築費用に回されます。
ハビタットが建築しているのは、家だけでなく、自尊心や独立心を養うコミュニティ開発であり、
より健康で安全な幸せな生活の可能性を生み出すことを目指しています。さらに、ホームオーナーはハビタットの建築活動に何百時間かの労働を投資することになっています。
汽哀蹇璽丱襯凜レッジ・プログラム(海外短期住居建築プログラム):ハビタットの活動の中心となっているプログラムです。10〜30人で構成されるボランティアチームが、1〜3週間、現地で一緒に汗を流しながら家の建築活動に参加します。このプログラムを通して、参加者は「貧困」が家族や地域にもたらす影響について学び、また現地の言語や文化に触れる経験もします。日本からは、大学・高校20校を含む40チーム以上、600人以上が参加し、タイやフィリピンで住居建築活動をし、ハビタットの輪を広げています。
競ャンパスチャプター&ユースプログラム:このプログラムは、若い世代の人々の創造力、エネルギー、希望をハビタットの活動で生かしてもらうことを目的としています。現在、日本ではキャンパスチャプターの支援活動が中心ですが、さまざまなユースのプログラムを作りたいと考えています。
その他 -

戻る