条件:ボランティア活動推進 該当団体数 374 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
日本太平洋資料ネットワーク(JPRN)   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 国際交流/市民活動支援/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
・日米関係に関する調査や研究、日米両語の出版物の発行やセミナー
・日米の市民団体間の交流プログラムや企業・自治体・メディア関係者の訪米視察や取材のコーディネート
・在米日本企業やアメリカの地域社会の人々への啓発活動
・日本で非営利セクターを形成していくための情報やテクニカルなアシスタントの提供
・日米両国におけるボランティア活動の推進とNPOの人材育成

NPO法人日本ソーシャル・マイノリティ協会   詳細
活動地域 東京都/大阪府/
分野 児童・母子福祉/青少年育成/犯罪の防止/人権/女性/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
虐待・家庭崩壊・暴力・DV・家出・・・。
大人社会のひずみが、社会でもっとも弱く、
守られるべき存在である子供たちに、暗い影を落としています。
毎年10万人の家出人が発生している現実に対して、私たちはまず、
24時間救護センター(駆け込み寺)を設置して、重点的に家出人問題に取り組みます。
又、家出の原因となる、虐待・家庭崩壊・暴力・DVに関しても専門家との
協力体制を取り合いながら、問題の解決に取り組んでいます

海外教育支援協会(JOES)   詳細
活動地域 海外/
分野 教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/その他/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
フィリピン、山岳少数民族の子どもたちへ、自立を目指す教育支援活動を
行っているボランティア団体です。
活動は、現地NGOと協力して、現在ライバン村マガタ地区に開設した
識字学校とマンガーハン地区に開設した子ども図書館「リブロ・シェラマ
ドレ」への支援を二つの大きな柱として活動を行っています。
また会員の方々による現地訪問ワークショップ(通常毎年8月)なども
実施しています。

視覚障碍者読書支援協会(BBA)   詳細
活動地域 全国/
分野 障害者福祉/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
地域や時間に拘束されずに、在宅で自由な時間を利用して、自分の好きな本や視覚障碍者から依頼があった本を、原本通りに入力し、テキストデータを作るボランティア活動を推進しています。テキストデータはハイテク拡大写本、音声データ、点字データとして視覚障碍者に提供しています。特に弱視者向けのハイテク拡大写本作りと全国の拡大写本サークルのネット作りに力を入れています。

松阪自然探究会   詳細
活動地域 千葉県/東京都/新潟県/富山県/石川県/福井県/岐阜県/三重県/奈良県/岡山県/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/自然環境保護/市民活動支援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
不登校・いじめ・引きこもり児童生徒に対してのケア活動・カウンセリングおよび自然体験教室や親子自然ふれあい教室・環境教育講座の開催や学校での総合的な学習授業での講師派遣等を行っています。参加する皆さんは、中部(三重県をはじめ愛知・岐阜・静岡・福井・石川・富山県)関西(滋賀・奈良・京都・大阪)の参加があります、中でも、自然体験教室は、全国の各所から参加いただき学校にないユーモアある活動体験プログラムで構成されており人気が高いです。現在学校生活支援のフリースクールの開設準備中です。心のカウンセリングを中部・関西地区では、訪問ケアサービスをいたしますので、ぜひご相談ください。

東京ハンディキャブ連絡会   詳細
活動地域 全国/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
 当会は、移送サービスを行なっている団体間のゆるやかなネットワークをつくり、情報交換と相互協力を目的に1986年に結成され、以来東京都社会福祉協議会や関係団体と協力して「移送サービス研究協議会(旧:移送サービスのつどい)」等の各種セミナーの開催、調査、行政交渉など、移送サービス活動の推進と支援のための各種事業・運動を行なっております。

 

伊勢志摩NPOネットワークの会   詳細
活動地域 三重県/
分野 市民活動支援/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
主な活動は、隔月定例会、インターネットサービスによるメーリングリスト及びFaxでの日々の情報交換、拠点事務局の運営、専門委員会活動(NPOセミナーの開催、個人ボランティアの推進、広報PR、企業のNPO参加など会員拡大など)、伊勢志摩地域のNPO情報誌「伊勢志摩ぽんぽん通信」の隔月発行、ホームページによる市民活動に関る情報発信など。また、活動財源調達および配分機能を満たすため、委託事業や自主事業も積極的に行っている。現在の会員構成は、専門委員会に所属するなど本会の運営に直接携わる運営会員が60名(個人)、本会の行う研修会に参加するなど情報のサービスを受ける登録会員が20名(団体および個人)、本会の趣旨に賛同し資金および物資で運営を支える賛助会員が32名(団体・企業および個人)。

社会福祉法人プロップ・ステーション   詳細
活動地域 全国/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
プロップ・ステーションはコンピュータを活用して、障害を持つ人(challenged: チャレンジド)の自立と社会参加、とりわけ就労の促進や雇用の創出を目的に活動する社会福祉法人です。

プロップ・ステーションはコンピュータネットワークを活用してchallenged(チャレンジド)の自立と社会参画、とくに就労の促進を目標に活動を続けてます。

challenged(チャレンジド)というのは「障害を持つ人」を表す新しい米語「the challenged」を語源とし、障害をマイナスとのみ捉えるのでなく、障害を持つゆえに体験する様々な事象を自分自身のため、あるいは社会のためポジティブに生かして行こう、という想いを込め、プロップが提唱している呼称です。

障害を持つ人は日本においては「福祉施策の対象」とされて、チャンスより保護の必要な人たちと位置づけられてきました。でも今これは、本当に正しいのでしょうか?

超高齢化といわれる時代を迎え、高度なケアを必要とする人たちの人口比率が高まる中、働く意欲を持つ人が"チャレンジドであれ、女性であれ、高齢者であれ"就労のチャンスを得て、社会参画や納税というかたちで「支える側」に回ることの出来る社会システム。
そういうシステムの構築が、これからの日本には必要なのではないでしょうか。
とくにバリアーの大きいチャレンジドの就労における様々な障壁を取り除く知恵や努力は、チャレンジドのみならず、多くの人たちにとって、「自己実現可能な未来」への道を切り拓くのではないかと思います。

プロップでは、そのための手段としてコンピュータに着目し、「コンピュータネットワークを活用した在宅ワーク」を含む広範な就労の場の創出に向け、産・官・学・民・メディアのすべての分野の人たちと連携しながら、目標に向かって進んでいます。

生まれつきであれ、事故や病気や加齢が原因であれ、全ての人は「障害をもつこと」に無関係で生きて行くことはできません。
ケアのひつようなときには適切なケアを、働く意欲のあるときには就労のチャンスが得られるという柔軟な社会システムを生み出すことこそが、今わたしたち一人一人に突きつけられた課題ではないかと思います。

プロップ・ステーションは、この課題に果敢に挑戦するため1991年5月、草の根の非営利組織として発足し、1998年9月、新しいタイプの社会福祉法人として厚生大臣の認可を受けました。
一人でも多くの方々が、プロップの活動に参画して下さることを心から願っています。

特定非営利活動法人 宮崎文化本舗   詳細
活動地域 宮崎県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
宮崎文化本舗は非営利を目的とした芸術文化公演活動の企画、運営及びサポート、そして自らが主宰する多目的ホール(映画館)の運営事業を行うことを目的とする。またこの目的を達成するために、宮崎県内の下記にあげる12の分野の非営利組織のネットワーク化を図るために研修事業、相互交流の企画運営、サポート事業を民間主導で展開していきます。
 (欸髻医療又は福祉の増進を図る活動       
◆ー匆餠軌蕕凌篆覆鮨泙覲萋
 まちづくりの推進を図る活動
ぁ(顕宗芸術又はスポーツの振興を図る活動
ァヾ超の保全を図る活動
Α〆匈乙澑膤萋
А|楼莪汰干萋
─/邑△陵文酲瑤亙刃造凌篆覆鮨泙覲萋
 国際協力の活動
 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動        
 子どもの健全育成を図る活動
  銑の活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動。

ヒマラヤン.グリーン.クラブ   詳細
活動地域 滋賀県/海外/
分野 青少年育成/国際交流/国際協力/自然環境保護/医療/女性/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
ヒマラヤン・グリーン・クラブは、世界第2の高峰K2 (8,611m)に源を発するインダス河上流のパキスタン北東辺境地域の村々で、「ヒマラヤの緑を取り戻そう」という運動を1993年から進めてきています。
 燃料のため大量の樹木が伐採されたこの地域に、現在までに、ポプラ、ヤナギ、シラカバ、カラマツ、リンゴ、アンズなど約3万本の樹木を植えてきました。同時に教育、医療保健活動にも取り組み、学校建設、裁縫手芸指導、保健衛生教育、巡回診療、上水道建設、風力太陽光発電なども手がけています。また、新たに水力発電にも挑戦します。 
 当クラブでは、来年2002年のボランティア活動の隊員を下記により募集しています。
健康で、本年11月から出発までの間、月1回程度開催する準備・勉強会に出席いただけることが参加条件です。あなたも参加してみませんか。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 次へ→