条件:平和の推進 該当団体数 162 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
大阪YWCA   詳細
活動地域 大阪府/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際協力/人権/女性/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。大阪YWCAの会員になると、同時に日本YWCA、世界YWCAの会員になります。世界中に仲間ができ、出会いやチャンスが広がります。YWCAはグローバルな運動体。一人ひとりを大切にするキリスト教の精神が基盤です。異なる宗教・信条をもつ人との対話を大切にし、ちがいを認め合いつつ共に活動を勧めています。

プライベート・チャリティ・ネットワーク   詳細
活動地域 海外/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/健康づくり/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
インターネットを活用した、効率的な海外支援・協力プロジェクトの推進、紹介、情報提供を行っている、100%ボランティアのネットワークです。

ベトナムの「子どもの家」を支える会(JASS)   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 障害者福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/災害の防止・災害時の救援/医療/人権/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
ベトナム中部の古都・フエ市において、ストリートチルドレンの自立支援活動にあたっているボランティア団体です。

FACE project   詳細
活動地域 京都府/
分野 国際交流/人権/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
朝鮮学校の歴史や現状を学び、学校が抱える問題を客観的でなく、当事者の問題として捉えなおす取り組みを行っている。
学習会を始め、朝鮮学校へのフィールドワークや、イベントやパネル展の開催等行っている。

NPO法人 Human Active 余暇楽習研究所   詳細
活動地域 北海道/東京都/全国/
分野 児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/まちづくり・村づくり/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/健康づくり/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
ノーマライゼーションを基本理念に知的障害児・者や子どもを対象の中心に余暇支援を行う団体です。
月2回の活動の他、連休に行うシリーズキャンプ、夏季には北海道長期キャンプ、冬は3回行われるチャレンジスキーなど年間を通じて活動しております。また、放課後支援やフリースクール、グループホームつくりにも取り組んでおります。なお、当法人は月2回の活動や夏の北海道長期キャンプなど年間を通じて活動しており、随時ボランティアスタッフや職員を募集いたしております

沖縄NGO非営利民間機構/WEOグループ   詳細
活動地域 沖縄県/全国/海外/
分野 障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/自然環境保護/公害防止/健康づくり/人権/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
沖縄発!世界に先駆け、「人・地球にやさしい」をコンセプトに、エンターティメント・音楽・講演・アート・映像・演劇・文化芸能・様々なプロジェクトを通して、公益性の高い活動を真摯に行うNGO機構!

OurPlanet-TV   詳細
活動地域 東京都/
分野 教育・生涯学習指導/学術研究の振興/芸術・文化の振興/人権/市民活動支援/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
身近な出来事を見つめ、耳を澄ます。OurPlanet-TVはそんなメディアです。

平和・環境・人権・教育・・・・・・今世界には、私たちが未来を考える上で考えなければならない問題がたくさんあります。しかし視聴率重視の既存のテレビ局では、世界や地域で起きている現実を 十分に伝えているとはいえません。OurPlanet-TVは、マスメディアが見落としがちな事柄にも光をあて、ウェブキャストという手法を通じて伝えていきたいと考えています。

情報の担い手は、国内外のジャーナリストはもちろん、特別な専門知識のない子どもから 大人まで,誰もが行ってゆけるよう環境を整備し、サポートを行いたいと考えています。

■インターネット放送に係る事業
(1) 市民の視点や人権・環境を考慮に入れた番組の制作
(2) 人権や環境を考慮に入れた国内外の優れた映像作品の翻訳および紹介

■市民の情報発信支援(パブリックアクセス)に係る事業
(1) 子どもを含む市民のための映像制作・メディアリテラシー教育
(2) 市民が情報発信を行うための環境の整備と情報提供
(3) 社会貢献を行う行政・企業・団体への広報・メディア支援
     

つなげるネット   詳細
活動地域 茨城県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/全国/海外/
分野 その他社会福祉/教育・生涯学習指導/芸術・文化の振興/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
私たちはインターネットでボランティア活動を行っています。
各種ボランティア団体やNPO法人に無料でウェブサイトを作って差し上げたり、私たちのサーバーを無料でレンタルしています。
主にウェブログシステムをもとにしたニュース配信サイト、掲示板作成、メンバー募集システムなど多機能で目的に合わせたシステム構築を可能にしました。
また、各活動の情報交換や交流を簡単にするための電子フォーラムやPRなどもご支援いたします。
お近くならば、だれでも簡単に使えるLINUXサーバー構築をするサービスもしています(パーツ代のみ工賃は無料)

ピースボートUPA国際協力プロジェクト   詳細
活動地域 東京都/
分野 国際交流/国際協力/災害の防止・災害時の救援/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
 ピースボートUPA国際協力プロジェクトは、「地球一周の船旅」などの国際交流の船旅を行っている国際NGOピースボートの中のプロジェクトチームの一つで、日本国内で集めた海外への支援物資を、ピースボートの船旅を通して、それら物資を必要とする、訪れる寄港地の人々に届ける活動を行っています。
 なおピースボートは、国連経済社会理事会との特別協議資格を持って活動している国際NGOです。
 UPA国際協力プロジェクトの実際の活動、作業としては、日本国内での物資の募集・呼びかけと収集、回収、それら物資の仕分け・梱包作業、通関書類の作成、物資の輸送と船への積み込みなど、そして寄港地でそれら物資を船から降ろして、ピースボートの現地陸上ツアーで現地の人々に届ける活動などがあります。
 これらの活動を行うためには、ピースボートのボランティアスタッフになる必要がありますが、ピースボートには、このUPAの活動のほかに様々な活動があります。カンボジアなどから地雷をなくすために活動しているPMAC(ピースボート地雷廃絶キャンペーン)や国内外でサッカー交流と寄港地の子ども達などに日本国内で集めたサッカーボールを届けているピースボールというプロジェクトなどがありますし、またピースボート自体の活動として、船を出すための諸活動、ピースボートの船旅を多くの人々に知ってもらうための広報活動などがあります。これらの活動のうち一定の作業については、その実働時間に応じて、ピースボートの船旅に参加する際、一定の船賃割引を受けられる特典もあります。
 詳しくはピースボートのボランティアスタッフ説明会を全国10ヶ所のピースボートセンターで定期的に行っていますので、電話(03-3362-6307)やEメール(tokyo@peaceboat.gr.jp)でご連絡の上、そちらにお越し下さい。また資料の請求もこちらにお願い致します。(なおこのボランティアスタッフ説明会のお問い合わせ、資料のご請求のEメールアドレスは、UPA国際協力プロジェクトのaid@peaceboat.gr.jpではなく、tokyo@peaceboat.gr.jpです)
 ボランティアスタッフ説明会の日程と全国各地のピースボートセンターの地図については、ピースボートのホームページ(http://www.peaceboat.org)をご覧下さい。
 なおUPA国際協力プロジェクトの活動は、東京・高田馬場にあるピースボートセンターとうきょうでのみ行っています。

(特活)TICAD市民社会フォーラム   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 国際交流/国際協力/人権/市民活動支援/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
本フォーラムが目指すものは、アフリカの人々が主体となった開発プロセスの実現です。
それを可能なものとするため、本フォーラムは日本の対アフリカ政策の改善を積極的に働きかけていきます。
2008年に開催が予定されているTICAD 犬砲爐韻申電戚槁犬麓,3点です。

A.以下の要件を備えたアフリカそして日本の市民社会ネットワークを作ります。
A-1.アフリカ民衆の利害を理解し、分析し、代表しうる
A-2.本格的な政策提言活動ができる

B.日本の対アフリカ援助が、草の根レベルのアフリカの人々に届き、彼/彼女らの努力を真にサポートできるものとなるよう、調査分析の成果を元に具体的な提案を行い、日本の対アフリカ政策・制度の改善を促します。

C.日本の対アフリカ政策である TICADプロセスが、以下のように改善されるよう働きかけます。

C-1.アフリカ民衆の生活向上のため具体的な行動を伴う
C-2.市民社会に開かれ、その提案がプロセスに反映される
C-3.市民社会を正式なパートナーとする

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 次へ→