条件:平和の推進 該当団体数 162 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
NPO法人 日本・雲南聯誼協会   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 青少年育成/国際交流/国際協力/人権/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
中国雲南省の少数民族への教育支援活動を行っているNPO団体です。現在、東京と雲南省昆明に事務所を構え、日々の活動を行っています。

雲南省の25の少数民族それぞれに2校ずつ、計50の小学校の建設を大きな目標としています。現在までに7校の建設を行ってきました。

また、日本と雲南の医療技術交流への協力(病院の建設や健康診断の実施など)、有機農業研修への協力、大学間の教育交流推進(雲南大学での経営工学セミナー開催など)、省政府関連来日団の来日の窓口としての機能・日本国内での雲南展示会開催やチャリティーイベント開催など、幅広く雲南省への支援活動を行っています。

特定非営利活動法人SERVICE FOR PEACE   詳細
活動地域 東京都/大阪府/全国/海外/
分野 青少年育成/国際協力/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
モンゴル・フィリピン・カンボジアなどの海外ワークキャンプを中心とした国際支援、国内ではボランティア学習をベースにした教育や活動推進への企画および支援活動を行っています。他にもボランティアに関する各種セミナー、地域の美化を目指したクリーンアップ活動を行っています。

IICD Michigan (Institute for International Cooperation and Development )   詳細
活動地域 海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/健康づくり/医療/人権/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
IICD Michigan は、アメリカ合衆国のミシガン州にあるNPO団体のトレーニングセンターです。アフリカボランティアプログラムの参加者を随時募集しています。

−プログラムは14ヶ月−
アメリカのIICD Michiganで研修を6ヶ月
アフリカで系列NPOのもと、ボランティアを6ヶ月
アメリカで結果報告などの活動を2ヶ月

子供(孤児)や大人への教育・農村での地域開発など。
経験や資格は必要ありません!

プログラム前にボランティアをすることで、参加費を小額から全額まで免除可能です。

IICD-Michiganのホームページ
http://www.iicdmichigan.org

Humana People to People(系列NPO団体)のホームページ
http://www.humana.org

詳しい内容、参加希望は以下のメールアドレスまでお願いします。

koyatoko2004@hotmail.com(小林)

The Mirror Foundation eco-tour project   詳細
活動地域 海外/
分野 青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/観光の振興/自然環境保護/人権/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
タイ北部チェンライ県にあるThe Mirror Art Group(ミラー)は、山岳少数民族の生活向上と、文化・伝統の保存と継承、低地タイ人との共生を目的とした様々な活動を展開しています。
その中に、エコツアープロジェクトがあります。
ここでは、日本人のボランティアや、学生インターン、山岳少数民族の村ステイのトレッキングツアー、山岳民族の技術(機織や竹細工)を学ぶ等の貴重な体験ができるプログラムを用意し、日本からのボランティアを受け入れる体制を整えています。

バリアフリー映画鑑賞推進団体 シティ・ライツ   詳細
活動地域 東京都/
分野 障害者福祉/芸術・文化の振興/まちづくり・村づくり/人権/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
音声ガイド付き映画鑑賞会の開催
バリアフリー上映会の開催協力
映画情報のサポートなど

ボランティアステーション   詳細
活動地域 東京都/
分野 障害者福祉/青少年育成/人権/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
障害のある人もない人も一緒に創る・楽しむキャンプ
映画上映会、公開講座

GMN・音楽支援ボランティア団体   詳細
活動地域 茨城県/全国/
分野 教育・生涯学習指導/芸術・文化の振興/国際協力/まちづくり・村づくり/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
GMN・音楽支援ボランティア団体では、音楽の持つ素晴らしさやあたたかさ、力強さ、楽器を自分の力で演奏する喜び、楽しさをできるだけたくさんの人達と分かち合い、これを日本にとどまらず、世界の子供達にも広め伝えて、いつの日か、人種の違いや貧富の差、宗教の違いを越え、国境を越えて手をつないで世界平和を唄える日が来るよう心から願い、これを活動目的とし、最大限の努力をいたします。

GMN・音楽支援ボランティア団体   詳細
活動地域 茨城県/全国/
分野 教育・生涯学習指導/芸術・文化の振興/国際協力/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
GMNは、2005年、4月1日にバンドマンが立ち上げた音楽を愛する人達のためのボランティア団体です。
GMNの企画の中に「楽器指導ボランティア」というものがあります。これは、楽器指導をボランティアで行うというものです。参加費は今のところ無料ですが、気持ちの範囲内で募金にご協力をお願いしています。この募金は「認定NPO法人JHP・学校をつくる会」の活動の中の、「音楽支援プロジェクト」という活動を通じて、カンボジアの子供達に楽器を送る資金にさせていただきます。
このGMNの活動を通じて音楽の輪を世界規模で広げましょう。

GMN・音楽支援ボランティア団体は、音楽の素晴らしさや自分の力で楽器を演奏する喜び、楽しさをより多くの人達と分かち合い、世界の子供達にもこの喜びを少しでも多く感じ取ってもらうことを活動目的としたボランティア団体です。
音楽の持つ素晴らしさや楽しさ、あたたかさ、力強さを日本にとどまらず、世界規模で広め、いつの日か、貧富の差や人種の違い、宗教の違いを超え、国境を越えて世界中の人々が手をつないで世界平和を歌える日が来るよう、心から願い、GMNとして最大限の努力を致します。

まだ立ち上げたばかりで手さぐり状態なのですが、これからどんどん活動を広めていくので是非ご協力ください。

詳しくはホームページをご覧ください。
楽器指導ボランティアの参加者、ボランティアとして楽器指導して頂ける方を随時募集しております。


日本国際ボランティアセンター(JVC)   詳細
活動地域 海外/
分野 国際協力/自然環境保護/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
JVCは、人々が自然と共存し、安心・安定して共に生きられる社会を築くために、

1. 困難な状況にありながらも、自ら改善しようとする人々を支援し、
2. 地球環境を守る新しい生き方を広め、対等・公正な人間関係を創りだすことに取り組みます。

そのために、アジア・中東・アフリカの9つの国/地域において、環境保全と自給を基本にした「農村開発」「緊急救援」「平和活動」「市民のネットワークづくり」などさまざな活動を展開しています。

飛行機をチャーターして植林しチャータープロジェクト   詳細
活動地域 海外/
分野 学術研究の振興/国際交流/国際協力/自然環境保護/リサイクル/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
地球温暖化を止める為の活動として身近な隣接国の中国の内モンゴルにて、ジャンボジェットをチャーターし200人超えの大規模な植林ツアーを企画しました。とにかくこのままでは地球はヤバイ!中途半端な活動では追いつかないから、人類全体をも動かすつもりでみんなを巻き込んで環境を変えて生きます。今回は初回となるが中国内蒙古四子王旗の全面協力を仰ぎ向こう3年間で50万本の植樹を目標。しかも堅苦しくてはとっつき難いし、継続する為にも”楽しむ”をテーマに環境へ取り組む。協力できる人はツアーへの参加や国内での栽培キット販売でも協力可能!

「2004年7月、僕は中国の砂漠化が始まった大地の上に立ちました。その時、想像しました。このままほっておくと、砂漠になること。そして、もう一つ想像しました。ここに植林をして森が蘇ること。僕の心は森を選びました。2003年から、アフガニスタン、イラン、そして今回の中国と行ってきたんですが、国が変わっても、みんな同じことを言うんです。「雨が降らなくなってしまった」。今、絶対に必要なのは地球の温暖化を止めることだと、本気で思いました。そこで思いついたのが、今回の植林大作戦です。目標は、今回行った人がまた来年、行きたくなることです。みんなが楽しんでやってもらえたらなと思いを込めて、今回のプロジェクトは「飛行機をチャーターして植林をしに行くチャータープロジェクト」というアホなタイトルにしました。楽しそうだからやってみた。そしたら結果、地球の為、未来の子供の為になっていた。すごい嬉しかった。そう言ってもらえたら最高です。ぜひ、いろんな形で参加してみて下さい。自分の足跡をこの世に刻んで下さい。世界に森を増やしましょう。楽しみながら森を増やしていきましょう。」
              言いだしっぺ 軌保博光改めてんつくマン

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 次へ→