条件:平和の推進 該当団体数 161 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
特定非営利活動法人 地域環境デザイン研究所 ecotone   詳細
活動地域 北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/全国/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/人権/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
環境対策事業を中心に活動しています。

また、ごみ削減活動の一環として、リユース食器導入にも力を入れています。

NPO法人ホロコースト教育資料センター   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 教育・生涯学習指導/人権/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
差別や偏見の愚かさ、命の大切さを学ぶため、ホロコースト史を教材とした訪問授業やパネル貸出を行っています。学校や自治体、PTA、地域の学習団体から、総合的な学習、命の授業、道徳、人権・平和学習に役立てていただいています。毎年1月27日、国連が定めた「ホロコースト国際デー」には、高校生や大学生たちと共にシンポジウムや上映会を開催。一人ひとりがかけがえのない命。皆が自分らしく生き、人を思いやる共生の社会を作ることを目指しています。

公益財団法人日本YWCA   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
YWCA(ワイ・ダブリュ・シー・エー/Young Women’s Christian Association)は、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。
1855年英国で始まり、今では日本を含む120あまりの国で、約2,500万人の女性たちが活動しています。

特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ   詳細
活動地域 東京都/大阪府/海外/
分野 国際交流/国際協力/人権/女性/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
ヒューマンライツ・ナウは、法律家、研究者、ジャーナリスト、市民などが中心となって2006年に発足した日本を本拠とする国際人権NGOです。
国境を越えて世界、特にアジア地域の人権侵害をなくすため、人権侵害に苦しむ地域への事実調査、実態の告発と意識喚起、政策提言とアドボカシー、草の根で人権を守る人々への支援とエンパワーメントを通じて、人権状況の改善のために活動しています。

新時代大開花天術基地TOMOのいわと   詳細
活動地域 北海道/青森県/東京都/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/全国/海外/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/犯罪の防止/観光の振興/人権/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
・震災復興チャリティー募金事業
・講演会、セミナー
・執筆

いぬねこハッピー@ちば   詳細
活動地域 千葉県/
分野 教育・生涯学習指導/まちづくり・村づくり/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
2011年7月16日結成。

毎月1度、
主にJR松戸駅、船橋駅、成田市 宗吾霊堂などで活動しています。
動物愛護教室、今西乃子さんの書籍販売、募金活動、パネル展示、ライブなどを行っています。
メンバーは学生、社会人、主婦、お寺のご住職、いろいろなひとたちがいっしょにそれぞれの得意分野を活かして元気に、たのしく活動しています☆
少しでもご興味のあるかたは、ぜひ一度ご連絡をいただき、
活動にいらしてください。

メンバー一同お待ちしています(^^)

学生講師インカレサークル「ステップアップルズ」    詳細
活動地域 東京都/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/自然環境保護/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
学びたいのに家庭環境により学べない子どもたちを支援するため、また経済格差による教育格差を是正するため、ひとり親家庭の中でも学習サポートを必要とする子どもたちを対象とした無料塾『ステップアップ塾』。
この塾の講師となり、勉強を教えているのが学生講師インカレサークル「ステップアップルズ」です。
※塾生は不登校の小・中学生、被災地からの避難家庭の小・中学生も対象としています。
具体的な活動として、
・週に一度の「学習支援」と「給食」
・月に一度の「清掃活動」
・塾生たちの悩み相談「ココロメンテナンス(仮)」
を通じて、子どもたちに社会から愛情を注ぎ、福祉的な循環型教育モデルを作ることを目的としています。
2014年4月に早稲田にて開塾し、初年度は早稲田大学の学生が講師の中心メンバーとなりました。2015年度は、早稲田に加え、下北沢校もスタート!大学と地域が子どもを支える教育モデルをまず東京エリアで構築します。

(特活)アイキャン   詳細
活動地域 東京都/愛知県/海外/
分野 国際交流/国際協力/人権/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
特定非営利活動法人アジア日本相互交流センター(ICAN:アイキャン)は、国籍や環境に関係なく、全ての人が価値と尊厳を感じられる社会を目指して、1994年からフィリピンの人たちと一緒に活動してきました。

アジアと日本において、異なる文化の相互理解を促進し、経済的・社会的・政治的に弱者として、様々な「権利」を剥奪されている子どもやその家族の尊厳を回復し、人々が暮らすコミュニティの発展に貢献する団体として、教育・生計向上・医療および相互理解促進の活動をおこなっています。

名古屋に本部事務局を、フィリピンではマニラ首都圏ケソン市にマニラ事務所を、パヤタス第二地区に診療所を、ミンダナオ島ジェネラルサントスにジェネラルサントス事務所を構えており、現地法人はSEC(Security and Exchange Commission)、社会福祉開発省(DSWD)に登録され、皆様からお預かりした会費・募金を元に、様々な政府機関(GO)、非政府組織(NGO)、住民組織(PO)と協力して事業をおこなっています。

Club World Peace Japan   詳細
活動地域 北海道/岩手県/宮城県/茨城県/群馬県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/長野県/静岡県/愛知県/三重県/大阪府/兵庫県/広島県/香川県/福岡県/全国/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/人権/女性/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
私たちは、
中学生・高校生が企画・運営して社会貢献に取り組む国際ボランティアグループです。

 子どもから大人、障がいのある方、みなが一緒になって活動することができる環境つくりを心がけています。

CWPJは、僕の見た戦争というイラク戦争についての本を読んだことからはじまりました。
戦争は過去、歴史の中でのことではなく、いま現実に起きていることだと知って、大きな衝撃を受け、なにかできないかと手探りの中
「壁を乗り越え 子どもを笑顔に 国を笑顔に 地球の笑顔をつくる」を合言葉に
2009年に東京で中学生数人からはじまりました。
アメリカとカナダと、日本各地に支部・チームがあり活動をおこなっています。
"Think globally, act locally" それぞれの地域での活動を点から線に、そこから円に、
共通意識をもって取り組んでいます。

ロゴには、ずっと変わらない「平和への思い」をカニがピースしているところに込め!
「あたたかく、こどもを育てていく、守っていく」という意味と「地球を守っていく!!」という思いを円と男の子に込めてます。あたたかさを、手書きという一番思いが伝わる方法で描いていただいています。


 2009年、に東京の中学生が立ち上げた団体ですが、たくさんの方のサポートを受け、日本全国と海外で、700人を超えるメンバーで「こどもから大人が一緒になって」活動中です。

軸となるプロジェクトは、海とふれあいプロジェクト。
人間活動により破壊された環境、若い世代に薄れていく海への関心を取り戻すため始ったこのプロジェクトは、
 2010年4月に開始され、最初は数人での開催であった活動も今では100人を超すほどまでに!!
                             
◆目的/Our Visions

○LOVE AND PEACE 日本から平和を世界に発信していく!
    世界平和、そういうと現実的でないとか、お前らには無理だとか、いろいろ言われます。でも、あきらめちゃいけないし、世界中で同じ世代のこどもたちが苦しんでいることを知ってなにもしないってわけにはいかなくて、そうやって始まったのがCWPJです。

○10代のパワーをもっと社会に役立てていく。10代の力をもっと広めていく。
   中学生・高校生の約7割が将来に不安もを持っている、希望を持つことができないといわれています。だからこそ自分たちの力をもっと社会に、未来に使っていかなくちゃいけないと思っています。

○10代の社会への挑戦を応援していく!10代の活動の場として。

○未来を担う僕たちだからこそ 将来を考え社会問題に取り組む

ユナイテッド・アース   詳細
活動地域 岩手県/宮城県/福島県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
【2014年6月12日更新】

社会貢献共同体ユナイテッド・アースでは、阪神淡路大震災の経験から、今回の震災復興支援は、支援活動をする側と被災された皆様と一生のお付き合いをさせていただくような気持ちで「共に」復興に向けて歩ませていただくことが最も重要だと考えております。

そのため、広く様々な地域に支援を行うのではなく、長期的な視点を持ち、まずはある地域に注力させていただき、「産業の復興」「雇用の創出」を視野においた活動を、一つひとつ具現化し、その事例が他の地域へ広がっていくことが大切ではないかという考えで支援活動を展開させていただいております。

震災直後すぐに先発隊として数名がチームを組んで被災地に足を運び、調査・検討させていただいた結果、以下の2つの理由から、南三陸町に支援活動の拠点を置く動きを始めました。

●1つ目は、支援団体が南三陸町にあまり入っていなかったこと。

●2つ目は、コミュニティが確立された避難所がすでに何件もあり、その連帯感に感動したこと。

そして、3月26日、南三陸町社会福祉協議会の方々と共に「南三陸町災害ボランティアセンター」立ち上げのお手伝いをさせていただきました。

その後、多くの町民の方々と触れ合わせていただく中で、都会では忘れ去られいて、この町が持っていた、人と人、人と自然とのつながりの温かさにとても感動させていただきました。

この“つながり=絆”の深さがあれば、津波による壊滅的な被害を受けた南三陸町は、必ずや素晴らしい町へと復興するだろう!と、先発隊のメンバー全員が直感で感じたのです。

私たちは、町の人の想いを大切にしながら、ただの震災ボランティア、外部の人というスタンスではなく、「共に」南三陸町を復興させたい!という同志として歩ませていただきたいと思っています。

また、この未曾有の危機に対して、この町が復興のシンボルとなり、新しい町づくりの雛形を創っていけるように尽力させていただき、日本の復興と希望ある未来に向かって、この南三陸町の方々と共に歩ませていただきたいと強く決意しております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 次へ→