条件:人権 該当団体数 161 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
ジュマ・ネット   詳細
活動地域 海外/
分野 国際交流/国際協力/人権/女性/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
世界から注目されることない、日のあたらない小さな紛争地、バングラデシュ、チッタゴン丘陵地帯。ジュマ・ネットは、先住民族ジュマの人々が安全に暮らせる社会を求め、草の根から積み上げていく平和構築活動を支援します。

ケア・インターナショナル ジャパン   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 教育・生涯学習指導/青少年育成/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
ビジョン(目標)
CARE International Japanは、誰もが互いを尊重し
人間らしく生きる平和な世界を目指しています。

ミッション(使命)
CARE International Japanは、コミュニティの人々と共に
貧困を生み出す根源の解決に取り組みます。

CARE International Japanは、上のビジョン、ミッションを達成するため、地域コミュニティの意識向上や指導者の育成、ノウハウや技術移転、政策提言などを通じ、特にアジアにおいて最も不利な立場にいる人々が自立発展するための支援を行います。

NGO セーブ・ザ・スレーブ   詳細
活動地域 神奈川県/静岡県/
分野 児童・母子福祉/国際協力/人権/女性/平和の推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
世界中では、人身売買・誘拐・詐欺等により奴隷とし悲惨な現状下にいる人達が約3000万人以上、存在しております。
支援内容は、活動資金の援助、救出の際のフォロー、保護施設へのコーディネートを行っております。

特定非営利活動法人 Link・森と水と人をつなぐ会   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 国際協力/まちづくり・村づくり/自然環境保護/人権/
活動内容・
団体紹介
 2011年現在、タイと日本で活動を行っています。タイでは森林破壊による貧困化が進む北部の山村において、持続的な村おこしを目指す村人自身による森林保全事業の支援を行っています。また、これらの活動を世代を超えて継承するため、現地の中学校と日本の大学などを結んだ環境教育のカリキュラム作成支援事業を行うほか、将来開発ワーカーを目指す人たちをインターンとして受け入れる、人材育成事業も行っています。
 日本国内では開発と人権や環境、異文化理解などをテーマにした講演会、私たちの活動地を訪れ、現地で活動する村人に学ぶスタディーツアー、会報の発行などを行っています。
 これまでの活動実績には以下のようなものがあります。まず、これまでに北タイ各地で住民による森林保全活動を支援し、森林の安定的な保全と利用や、住民組織の強化、環境教育の教材作成に貢献してきました。森林保全活動の郡のモデルケースに指定された村もあります。次に、民族の文化継承と収入の向上を目的とした機織りグループの設立支援事業は、対象村が郡の地域産業の模範例に指定されました。この他、タイでのスタディーツアーを46回、日本とタイで講演を200回、タイでコミュニティ林に関する研究会も38回実施したほか、会報を19回発行しました。

NPO法人セイピースプロジェクト   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/
分野 児童・母子福祉/国際交流/国際協力/災害の防止・災害時の救援/人権/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
セイピースプロジェクト(SAY-Peace PROJECT)はアジア(Asia)×若者(Youth)×平和(Peace)をキーワードに集まった10代・20代の若者たちがつくるNPOです。イラク戦争が始まった2003年にスタートしました。私たちは、若者自身が<平和>について学び、考え、行動できる場となり、軍縮と歴史対話を通じてアジアから<平和>を実現していくことを目指して、さまざまな活動を展開しています。現在、沖縄の基地問題、朝鮮学校など在日コリアンの人権問題、原発問題についての取り組みを行っております。イベントやスタディツアーの開催など様々な活動を行っているので、興味のある方はぜひご連絡ください!!

Positive Peace Project   詳細
活動地域 東京都/
分野 国際交流/国際協力/人権/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
 Positive Peace Project(PPP)はミレニアム開発目標(MDGs)の達成のために、さまざまな活動をしている団体です。

 ミレニアム開発目標(MDGs)とは、先進国と開発途上国の代表者たちがともに協力しあい、貧困のない世界を実現するためのグローバルな8つの目標です。
 2000年9月の国連ミレニアムサミットで採択された「国連ミレニアム宣言」に基づいて、これまでの開発目標が統合されました。
 貧困問題や教育、医療など分野ごとの数値目標を定め、2015年を期限として実現を目指しています。

目標1 とてつもない貧困と飢えをなくそう
目標2 みんなが小学校に通えるようにしよう
目標3 ジェンダーの平等を進めて女性の地位を向上させよう
目標4 子どもの死亡率をさげよう
目標5 女性が健康な状態で妊娠し、子どもを産めるようにしよう
目標6 HIV/エイズ、マラリア、その他の病気が広がるのを防ごう
目標7 環境の持続可能性を確保しよう
目標8 世界の一員として、先進国「も」責任を果たそう

Positive Peace Project(PPP)について
→http://ameblo.jp/ppp-ambassador/

ミレニアム開発目標(MDGs)について
→http://www.janic.org/more/mdgs/

反差別国際運動(IMADR)   詳細
活動地域 東京都/全国/海外/
分野 人権/
活動内容・
団体紹介
反差別国際運動(IMADR)は、被差別マイノリティ自身による草の根人権活動の国境を越えた連携・連帯の促進、それらと国内・国際レベルにおける提言活動の連携促進、ならびに国際人権保障メカニズムの発展への寄与を通じて世界から一切の差別撤廃を目指している国際NGOです。日本の部落解放同盟の呼びかけにより、国内外の被差別団体や個人によって1988年1月に設立されました。1993年3月には日本に基盤を持つ人権NGOとしてははじめて、国連経済社会理事会との協議資格を取得し、ジュネーブにも事務所を設置して国連関係機関へのはたらきかけにも力を入れています。

反差別国際運動(IMADR)は、1990 年にそれを支える国内の組織として「反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)」を設置し、特に部落差別、アイヌ民族差別、在日コリアン・外国人差別、障がい者差別、それらの集団に属する女性に対する複合差別などの問題に取り組んでいます。現在その他にもアジア(スリランカ)、ラテンアメリカ(アルゼンチン)、北米(米国)にそれぞれ地域委員会があり、地域の活動を推進しています。

中央共同募金会   詳細
活動地域 全国/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
社会福祉法人中央共同募金会は、全国47都道府県共同募金会の連合体で赤い羽根をシンボルとする共同募金運動の全国的な企画、啓発宣伝、調査研究、都道府県共同募金会の支援等を行っています。
また、全国的な視野により活用される寄付金や2以上の都道府県で活用される寄付金の受け入れ及び調整や民間助成資金・公益信託などの取り扱いを通して民間福祉事業の推進に大きな役割を果たしています。

パフスクール   詳細
活動地域 東京都/
分野 教育・生涯学習指導/人権/女性/その他/
活動内容・
団体紹介
ジェンダー、セクシュアリティ、マイノリティ、女性に関わる問題について各分野の専門家を講師、ファシリテータに招き、講座、セミナー、ワークショップを企画、開催しています。

武蔵の政治研究会   詳細
活動地域 埼玉県/
分野 教育・生涯学習指導/学術研究の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/消費者問題/人権/市民活動支援/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
月1回程度の勉強会および交流会を実施。
日本政治および世界各国の制度や社会を議論しながら今後将来の日本の社会を変革していく活動を実施していきます!

志のある有志を集めて盛り上げて生きたいと考えています。

==================
武蔵の政治研究会
http://profile.ameba.jp/mzseiken/
メール mzseiken@gmail.com
==================

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 次へ→