条件:人権 該当団体数 167 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
アーカイブご近所110番   詳細
活動地域 埼玉県/千葉県/東京都/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
住まい・各種相談
生活・パソコン支援
娯楽・事業者関連
入会金、会費、交通費はありませんが、頼んだ人は頼まれたパートナーに30分単位で千円の謝礼をお願いしています。簡単に頼むことの出来る市民参加活動になります、ご近所110番はその仲介を担います、隣近所の人に頼めば気兼ねやお礼や恩になったり気まずい事もありますが、気軽に会費もなく頼めますから、心配な事が起きたら悩まずに連絡して下さい。無償協力のパートナーも在籍しております。
パートナー募集中
「ご近所110番」では一緒に活動して頂ける出来るときに出来ることをしてくれる、頼まれるパートナーを募集中です、各地にパートナーが居ることで安心も広がります。
30分千円でいつでも頼んでみて下さい。
★家事手伝全般・買い物★
★健康散歩、料理,生け花教室★
★家具移動や引越手伝い★
★刃物研ぎ・中古タイヤ交換★
★ペットの散歩、エサやり等★
★お困り事相談、お話相手★
★育児ノイローゼによる児童虐待相談★
★他国籍の方への国内外支援、協力★
★家具や家電の組立★
★シェアカー・バッテリー充電★
★庭掃除,お墓掃除,代理墓参★
★不要品のシェアや交換、贈与★
★急病時の冠婚葬祭等代理出席★
★学習塾「ご近所110番方式」★
★お出かけ同行、お留守番★
★購入予定の品を自分の購入価格より安く購入したい★
★パソコン購入&講師訪問★
★草刈機貸出、縫い物手伝い★
★障害者への協力やお仕事紹介支援★
★各種設定、ネット店開設★
★子供教室、公園デビュー支援★
★チラシ作成・印刷・配布★
余暇起業的な飲食店開業支援
★ご近所110番協力店による誰でも安くて簡単に無借金で飲食店開業★
松戸市が発祥の地である「ご近所110番」システムは、地球温暖化、天然資源減少、国内資源輸入量の減少対策、地方分権時代、生活安定化、うつ病、孤独死・自殺問題、DV、高齢化社会、少子化、リサイクル問題、生活保護増加、年金受給不安、健康保険料高騰化の時代に対応する為に始めたちょっと欲張りな相互自立推進活動です、将来の苦難を知りながらその脅威を無視して相続放棄も不可能なマイナス遺産を作り続けています。その危機感から「ご近所110番」は生まれました。現代日本人に[今あなたは幸せですか?]と聞けば[YES]と答える方が多いと思います。未来の答えは?私達を含め子孫は?身近では生活保護や年金受給権利の期待から始まり、他国からは食料・原油を含む天然資源輸出停止が加速、輸送燃料高騰し不足、食料や水も配給制の時代に入った地球温暖化の中で明日の飲み水と食事をどう調達するか悩み、電気までも配給制で減温利用法なる刑事罰付法律が施行されクーラーもまともに使えず夏は激暑で、空気製造に必要な森林伐採も出来ずに暖房器具が使えない身も心も生活も過去の人達を恨みながら極寒の冬の時代が来るかもです。政権奪取や選挙対策目的ではない現実の生活者としての叫びです。公的機関への頼り過ぎから増税になり、結果は私達市民自らが苦しむ悪循環、行政頼りだけで無く個人生活レベルでも手軽で簡単に頼れるサービスを提供し合い、反面でその落札(謝礼)を東北大震災被災者で生活が急落してもこのシステムで支援だけで無く自力で少しでも生活の足しにしながら安定をする事も可能です。安心出来る未来を創るか造らないかは私達次第です。

クロスロード   詳細
活動地域 大阪府/
分野 児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/犯罪の防止/人権/女性/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
【クロスロード】
真の教育とは?を追求し、子どもたちがのびのびと学べる場を作るボランティアサークル
〜次世代を担う子どもたちにありのままの自分で道を示せる大人になろう!〜

なぜ「勉強」をしないといけないの?
「いじめ」はなんでダメなの?
「人に迷惑をかけてはいけない」のはなぜ?
「社会はそんなに甘くない」っていうけど、社会ってどんなとこ?

これらの問いに子どもたちが納得する答えを与えてあげることができますか?

ただ「大人」というだけで、子どもたちの前に立ちはだかるのではなく、飾らずありのままに堂々と胸をはれる大人でありたい。

混沌とした現代社会の中で、子どもたちは今、何を糧として生きているのでしょうか?

どんな子どもでも、その心の中にはそれぞれの種子が宿っています。
それはいつの日か大きな美しい花を咲かせようとして、小さな命の中で息づいているのです。
そのかけがえのない種子が健やかに伸び伸びと育つようにと、私たちは栄養分たっぷりの大地を用意し、清らかな水を彼らに与えたい。

そんな思いから立ち上げた団体です。

【設立背景】
元々、中学校教員をしていた当代表は、「義務教育」と言う決められた枠の中で、ある一定の学力水準を保てるというメリットの一方で、国や行政、学校、教師が決めたレールの上をただ何の疑問もなく歩く子どもたち、そこに本人たちの意思はあるのだろうか?
逆にそのレールに沿って歩けない子どもは、問題児とみなされ指導される。レールに乗れないと思った子は学校に来れなくなる(※不登校)。そんな現状を目の当たりにし、現代の教育システム、学校の在り方に疑問を抱くようになりました。
教師と言う枠にとどまらず、同じような思いを持った人が他にもいるのでは?
子どもの成長はこれからの社会の行く末を担っています。
教育現場に関わっている人、教師を目指す人、人材育成に関する仕事に就いている人、学校教育に疑問を抱きながら学校に行っていた人、社会をもっと良くしたいと思う人、様々な職種や年代、性別の方が同じ思いで集い、またそれぞれの場で活躍する、そんな団体があればと思い、2018年に任意のボランティア団体として設立しました。
※文部科学省が2018年2月に公表した「児童生徒の問題行動・不登校等調査」によると、年間30日以上欠席した不登校の子どもは、全国の国公立の小中学生合わせて前年度比6.1増の13万3683人(2019年には18万1272人)に上り、4年連続で増加した。うち小学生は同10.4%増の3万448人、中学生は4.9%増の10万3235人。小学生では全児童の1%、中学生では全生徒の4.1%が不登校となっている。


【活動内容】
・外国籍の小中学生の日本語、学習支援
・放課後等デイサービスでのボランティア活動
・非行少年キャンプボランティア
・国際理解の出張講座
・地域のゴミ拾い活動
・メンバー勉強会
・メンバー交流会
・かたりば「クロスロード」
※現在は新型コロナウイルスの流行、緊急事態宣言下のため、勉強会・交流会・かたりばを中心に活動を行っています。


NPO音楽クラブ   詳細
活動地域 岐阜県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
https://sites.google.com/site/qifuzhiyinlekurabu/ru-huinogo-an-nei?authuser=0

クローバー   詳細
活動地域 大阪府/
分野 教育・生涯学習指導/青少年育成/犯罪の防止/人権/女性/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
「街中の保健室」をコンセプトに、カフェや公園などで気軽に悩みを打ち明けたり相談できる、傾聴ボランティアです。

【クローバー設立背景】
2017年の自殺対策白書によると、1年間で3万人、1日100人が自殺をしている現状です。特に15歳〜30歳の死因は事故やがんを上回って自殺が1位。
他の主要国の同年代の若者は事故死の方が多く、白書は「国際的に見ても深刻」と指摘されています。


元々、病院で相談員をしていた当代表は、高校生や大学生、20代の若年層が悩みを誰にも言えず、1人で抱え込んでしまう傾向にあること、と同時に気軽に相談がしにくい環境である現実を目の当たりにしました。

病院やクリニックに行くにはハードルが高く、カウンセリングに行くのもお金がかかる。もっと気軽に話ができる地域の保健室のような場所があればいいのに...。

苦しみは誰かに話すことで半減します。
苦しみは一緒に整理することで解決の糸口が見つかります。
ネットの世界だけで終わるのではなく、フェイスtoフェイスで語り合うことでしか得られない安心感があります。

カウンセリングのプロじゃなくても「人生の先輩が後輩の話をいつでも聞くよ」そんなコンセプトの個別カウンセリングボランティアをカフェでやってみたらどうだろう?というひらめきから、2015年当団体を設立しました。

特定非営利活動法人ACE   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 国際協力/人権/
活動内容・
団体紹介
ACE(エース)は、子どもの権利が保障され、すべての子どもが希望を持って安心して暮らせる社会を実現するため、市民と共に行動し、児童労働の撤廃・予防に取り組む国際協力NGOです。1997年に学生の有志によって設立されました。現在ではインド、ガーナで子どもを児童労働から守り、教育を推進する活動や、日本国内で児童労働の問題を伝える啓発活動や政府・企業への政策提言、ネットワークの活動を行っています。

民兵グループ   詳細
活動地域 山形県/東京都/
分野 児童・母子福祉/障害者福祉/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/人権/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
活動内容はネット上の薬物売買撲滅活動.生活保護申請サポート活動.不正受給撲滅活動.献血活動.子供に薬物乱用啓発活動.サブリース業などです。

国際交流NGOピースボート   詳細
活動地域 東京都/全国/海外/
分野 国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/健康づくり/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
「みんなで地球を見に行こう!!」を合い言葉に1983年から始まったNGOピースボート。設立当初はアジアを巡る短期クルーズを行っていましたが、1990年より地球一周の船旅を始めました。現在では年に約3回の地球一周をコーディネートしています。ピースボートならではの現地交流プログラムは、世界中の人々との出会いが一生の思い出に。また、船内では様々な学べるプログラムも行っています。


▼地球大学
地球一周を舞台に学ぶ平和教育プログラム
http://www.pbcruise.jp/gu/index.html
http://www.facebook.com/pbglobaluniversity?ref=ts&fref=ts

▼グローバルスクール
不登校や引きこもり、ニートだっていい。「ヒト多様性」を学ぶスクール
http://global-school.jp/

▼GET(Global English Training)
船上で学び、寄港地で実践。使いながら覚える体験型洋上語学プログラム
http://www.pbcruise.jp/get/index.html

▼ピースボート子どもの家
子どもと地球一周!モンテッソーリ教育を採用した洋上保育園
http://pbkodomonoie.jp/



日本国内には5カ所にピースボートセンターが、国外ではスイスとニューヨークにオフィスがあります。

ピースボートセンターを拠点に多くのボランティアスタッフも活動しています。
活動内容は、支援物資を集めたり、地雷撤去のための募金活動、また船を出すための広報活動や事務作業など多岐にわたります。ボランティアスタッフはこれらの活動に関わることで、船賃の割引を受けることができます。
このシステムにより、「お金がない」という若い人でも地球一周を実現することができるのです。


これまでにピースボートで地球一周した人は約8万人。

一生に一度の人生だから・・あなたも「地球一周」、してみませんか。

メンズサポートルーム大阪   詳細
活動地域 大阪府/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/犯罪の防止/人権/女性/その他/
活動内容・
団体紹介
妻や恋人など親しい人との関係で、イライラ、トゲトゲしたり、コミュニケーションがうまくいかない時あなたはいつもどうしていますか?男は黙って我慢、売り言葉に買い言葉の果ての暴力では何一つ解決しません。暴力はあなたの一番大切なものまでも壊してしまうかもしれません。まず、自分の気持ち(感情)を話す事から始めましょう。怒りの感情をきちんと伝えるコミュニケーションが必要です。
同じ悩みを持つ「仲間」がいます。仲間と一緒だからこそ,窮屈な「男らしさの」ヨロイを脱ぎ捨てて、ありのままの自分にイエスといえるあなたでいられます。気持ちをわかってもらえる心地よさを体験してみませんか。

メンズサポートルーム とは・・・

男性が家庭内で暴力なしで暮らす方法を学び、自分の感情表現の豊かさを回復することを目的に「男の非暴力グループワーク」を実施しています。1998年から活動を開始し、独自のプログラムを練り上げ、開発、実践を積み重ねてきました。現在、大阪、京都と神戸で年に2〜3回、週1回あるいは隔週1回のセッション(1セッション2時間)を数週間にわたり開催しています。講座終了後には、参加者が自主的に集まる「自助グループ」的な場として、「男の非暴力を語る会」が開かれ、その運営も援助しています。男性のためのサポートルームです。
メンズサポートルームでは個別のカウンセリングは行っていません。御了承ください。

一般社団法人障がい者の明日を考える会   詳細
活動地域 福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/全国/
分野 障害者福祉/人権/
活動内容・
団体紹介
障がい者の人達が安心して暮らせるように支援する

一般社団法人障がい者の明日を考える会 
住所  福岡市東区箱崎2−10−8藤野ビル406
代表  会長 荒牧功一
電話  070-6994-3701 
FAX   092-510-0651 
担当者 蒲地義浩
Mail  info.shogaisha@gmail.com
HP   http://shogaishaashita.org/

(一社)障がい者の明日を考える会   詳細
活動地域 福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/全国/
分野 障害者福祉/人権/
活動内容・
団体紹介
【名称】 
非営利法人 一般社団法人 障がい者の明日を考える会
【所在地】 
福岡市東区箱崎2−10−8藤野ビル406
【連絡先】
TEL 070-6994-3701 FAX 092-510-0651
Mail: info.shogaisha@gmail.com
Facebook:障がい者の明日を考える会
Twitter:@shogaishaashita
URL http://shogaishaashita.org

【事業内容】 
1.親亡き後の障がい児生活支援金制度の普及推進
 \弧進欷運託の加入支援
 ∨莊遒諒欷盈舛了拱Щ抉
2.「障がい者生活支援金制度」の普及推進
々埓に頼らない民間の生活支援金制度
∪験茲忘い辰討い訃磴い者に生活資金を支援する制度
3.障害年金の受給支援
 ‐祿嫁金が受給できることを、知らない、申請したが断られたという人達の受給を支援
 当会の障害年金専門の顧問社会保険労務士が全面支援
4.啓発活動
 .札潺福
 講演会
 シンポジウム




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 次へ→