条件:災害の防止・災害時の救援 該当団体数 119 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
災害機動通信隊【企画室】   詳細
活動地域 北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/全国/
分野 まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
「災害機動通信隊」は民間防災ボランティア【総合企画室】が取り扱う、無線通信での活動素材です。


災害機動通信隊【企画室】では、活動素材を活用する方の代表者のみを募集の対象としています。

自分のチーム(隊)を立ち上げたいと思われる方は、ホームページにアクセスいただきましてから再度、お手をお挙げくださいませ。

尚、企画室からはお手をお挙げいただくまでは勧誘行為はひかえさせていただきますので、皆様のタイミングでお申し出いただければ結構です。

活動素材をご利用しての運営・運用は、国内のボランティア体(任意団体)では初となる「独立管理制」となっています。

平たくお伝えしますと、登録者がオーナーとなり、ご自分のお店を開店させて運営していただくことで、起動させられます。そして、従業員(つながる仲間)を求めて、運用することとなります。
(お店とは、独立管理制の例えです。)

しかし、そのままでは存在を表に出すことができませんので、活動体の監修先として、民間防災ボランティア【総合企画室】内に「災害機動通信隊【企画室】」を設置し、行政区単位で図面化させています。

つながる仲間を求め合い、ネットワークの強化へ皆様のパワーをお貸しくださいませ。

※災害発生中または災害対応中にはお申し込みが出来ませんのでご了承くださいませ。

地球市民交流会(NPO法人)   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/兵庫県/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介


【活動内容】

Φ通訳NGO活動
Φ災害時活動(災害通訳士の活動含む)
Φ日本語教育普及(文化庁JLAP含む)
Φ外国人ボランティア推進
Φ南・東アジア連帯事業(日韓新100年宣言含む)
Φ西アフリカ医療支援(コートジボワール含む)


【団体紹介】

現在、日本に暮らす外国人は200万人を超えます。
これらの人たちは戦後、様々な理由から来日し、日本人もまた諸国を頻繁に訪れる中で互に接する機会も急速に増えました。

しかしながら、医療、出産育児、教育、就労など、日常の生活で直面する問題は、文化・背景の異なる人々にとっては大きな障害をもたらしています。

特に、生きるために来日した人たちにとっては、福祉や人権など緊急に対応すべき問題を抱えながら同時に定住日本人からの差別や蔑視という苦痛を受けることも多いのです。この差別には、国や社会による制度的なものと、人々による偏見上のものがあります。

では、なぜ人は差別をするのか、それはその人々がこれまで受けてきた教育や親のうえつけなどが大きく影響しているといえるでしょう。
人は、相手の立場にたてば、ひどいことはできないはず。
認められないからこそひどいことをします。

しかし悲しいことに、世の中から差別や偏見を消し去ることはできません。

では、はたして私たちにできることは何でしょう?

私たちは、そのたちはだかる壁を崩していきます。
それは草の根の支援活動を通して日本社会が抱えている問題を浮き彫りにし、国家ではく地域から変えていく布石となります。

問題の多い日本社会の中で外国人はつらいことがあるとしても、日本で暮らして幸せだった、日本にきて良かったと思える社会であることこそが、定住日本人を含むすべての人にとって住みよい社会といえます。

私たちは、人種、国籍、思想、歴史、文化の「違いをのりこえ、人として尊重される社会」を目指しています。


【紹介詳細】http://www.gci.or.jp/

明日へつなぐ、ボラバス応援団   詳細
活動地域 岩手県/宮城県/福島県/千葉県/東京都/
分野 災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
私たち三慶商事の社員は、社をあげて大震災以来2年間に渡り
東北被災地に足を運び、復旧復興活動に参加してきました。
しかし、私たちの力はあまりにも小さく、そして、まだまだ
被災地にはやるべきことが山積みになっているのが現実でした。

そんななかで私たちは一つのボランティア団体と出会いました。

特定非営利団体「DSP災害支援プロジェクト」


私たちは何度かDSPさんの活動に参加するなかで、
「もっとこの方々といっしょに活動をしたい、」
「少しでもDSPさんのお役に立ちたい」
と思ううようになりました。

DSPさんも、
「すこしでも多くのボランティアの協力がほしい」
「いつでも何人でも受け入れるだけの仕事がある」
とのこと。

でも私たちだけの力はほんのわずか、、、、

そして、私たちが
利用させていただいていたボラバスがどんどん減って、
被災地に行くのも一苦労するようになり、、

「そうだ!自分たちでボラバスを走らせよう!」

こうして「明日へつなぐ、ボラバス応援団」は生まれました。


私たちは、まだよちよち歩きの団体です。
でも、被災地の復興を本気で願っています。

一人一人のほんのちいさな力をあわせること、
少しづつでもいいから、立ち止まらずに歩み続けること、
それが私たちの、明日へつなぐ想いです、

たくさんの方の参加をお待ちしております。

ボランティアバス信州号   詳細
活動地域 宮城県/福島県/
分野 災害の防止・災害時の救援/
活動内容・
団体紹介
長野駅発着の東北行きボランティアバス。主な活動場所は、福島県と宮城県。
参加し易い日程と、出来るだけ費用を抑える事を心がけています。1人でも多くの方の想いをカタチに。

日本の天皇の地球の住民の裏庭   詳細
活動地域 北海道/茨城県/栃木県/群馬県/千葉県/東京都/新潟県/富山県/山梨県/静岡県/愛知県/京都府/鳥取県/岡山県/広島県/福岡県/鹿児島県/全国/
分野 高齢者福祉/教育・生涯学習指導/国際交流/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/健康づくり/消費者問題/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
悪魔中国共産党危険日本を人食い!日本ができるだけ早く中国の共産党の人食いの悪魔を排除する必要があります!日本における惑星の住民を救う

一般財団法人地域創造基金みやぎ   詳細
活動地域 岩手県/宮城県/福島県/
分野 まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/
活動内容・
団体紹介
地域創造基金みやぎ(通称:さなぶりファンド)は、東日本大震災の発生を一つの契機として、(特活)せんだい・みやぎNPOセンターを母体に、2011年6月20日に設立されました。震災復興を進める市民活動等への資金を仲介する、市民コミュニティ財団です。東北初の取り組みとして、地域の復興を願う人々の想いとともに各種事業を実施し、東北の復興と発展に貢献していきます。

一般社団法人元気魂JAPAN   詳細
活動地域 福島県/
分野 その他社会福祉/災害の防止・災害時の救援/
活動内容・
団体紹介
目を背け現実逃避したくなるような被災状況を目の当たりにし、 被災された岩手、宮城、福島の方々を中心に その他各方面の被害に遭われた方々の 『大切な今後の生活再建に向けて』 あらゆる方法に於いて全力の支援を 普遍的に実践、 実行して行く団体です。

福島県の警戒区域内の動物救護、仮設住宅でのお茶会、復興支援ライブ等を行っています。

NPO法人Power of JAPAN   詳細
活動地域 福島県/埼玉県/
分野 災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
東日本大震災を受けて立ち上げた団体です。
福島県の実家が被災したことがきっかけで震災支援活動をしております。
現在は、福島県を中心に清掃活動、仮設住宅等での支援活動を継続しております。

ピースボート災害ボランティアセンター   詳細
活動地域 全国/
分野 まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
東日本大震災では、被害の大きかった宮城県石巻市・女川町を中心 に、緊急・復興支援活動を展開。全国47都道府県、また世界52の国と地域からの 災害ボランティアが1万人以上参加している。自然災害に加え、原発事故を伴っ て福島では、子どもたちの“夢と健康”を目的とする国際交流・自然体験などの保 養プロジェクトを行っている。また、台風被害や豪雪被害への緊急支援を行った ほか、今後起こり得る大規模災害に備えたボランティア・リーダーの人材育成を はじめとする防災・減災へも積極的に取り組んでいる。

Youth for 3.11   詳細
活動地域 岩手県/宮城県/福島県/東京都/全国/
分野 災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
Youth for 3.11は
2011年3月11日に立ち上がった
学生による復興支援を行う日本最大の団体です。

学生の皆さんが足を運びやすく、
被災地にも喜んで受け入れてもらえる。
そんなボランティアプログラムを開発しています。

「何かしたい。」「力になりたい。」
あなたのその気持ちを、後押しします。
ひとりでも、お友達とでも、ぜひご参加ください。

※Youth for 3.11の運営メンバーも募集しております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 次へ→