条件:犯罪の防止 該当団体数 73 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
家出人捜索支援 クロール   詳細
活動地域 東京都/全国/
分野 その他社会福祉/青少年育成/犯罪の防止/人権/
活動内容・
団体紹介
クロールとは家出人・行方不明者・失踪人の捜索を支援するボランティア団体です。


活動内容

・家出人を探すご家族のサポート

・家出人掲示板による公開捜索

・家出人捜索支援ネットワーク「探偵クラブ・クロール」による捜索支援


家出人の捜索をご希望の方は、遠慮なくお問合せください。

尚、家出人捜索支援ネットワークの「探偵クラブ・クロール」ではボランティアで捜索に協力してくれる人を募集しています。

どうぞよろしくお願いします。

NY de Volunteer Inc.   詳細
活動地域 海外/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/自然環境保護/医療/女性/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
ニューヨーク州認可の非営利団体『NY de Volunteer Inc.』

■ 目的
『ボランティア』が身近に感じられる機会や情報をより多くの人に提供します。今まで他人事だと思っていた様々な問題を身近にとらえ、同じ目線で助け合う心を持つ人々の輪を広げることで、よりよい社会作りに貢献します。また、ボランティア活動を通 し、世の中の為に各自、自分が提供出来る事を持ち寄る事で形成される新しい形のコミュニティを作ります。

■ 活動内容
ボランティアを始めたいと思う人が最初の一歩を踏み出せるように、機会と情報の提供をしています。現在、約20人のボランティアスタッフで運営しています。ボランティア活動のジャンルは、環境・動物・高齢者・ホームレス・障害者・教育・子ども・地域交流・文化紹介・アート関連・マイノリティー・医療問題などです。

●ボランティアアクティビティ
ボランティア探検隊
スタッフだけでなく、メンバーのアイディアをもとに企画、実施するグループ・ボランティア活動です。いろんなジャンルのボランティアの中から、それぞれが自分の関心や興味に応じて、好きな時に好きなだけ自由に参加する形式です。

ボランティアツアー
郊外でのボランティア活動です。活動を通じてボランティア先の地域、団体と文化・地域交流に貢献できます。

●ボランティア情報交換
インターネット 
NYdVのウエブサイト(http://www.newyorkdevolunteer.org/)にて、ボランティア情報を掲載しています。
「ボランティア探検隊」のスケジュールや過去の活動記録をみて、興味があるもの、参加したいものを探すことができます。初めての方には、どうやってボランティアを始めたらいいのかを紹介する「始めのTIPS」、ボランティア機会を見つけるのに便利な「ボランティア先団体リスト」/「リンク集」などもあります。「メーリングリスト」や「掲示板」を通 じて、ボランティア情報交換もできます。実際にボランティアをした後、ボランティアの内容、感想を投稿し、他の方と「体験談」を共有できるようになっています。

オリエンテーション
NYdVの活動内容、今後の企画説明、体験談などを通してボランティアの始めの一歩を踏み出すお手伝いをします。

桜の国の姫   詳細
活動地域 北海道/
分野 高齢者福祉/その他社会福祉/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/人権/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
地域のイベントの手伝いや、冬期間は除雪等の作業をお手伝い致します。

防犯パトロール ブルーライン   詳細
活動地域 神奈川県/
分野 犯罪の防止/
活動内容・
団体紹介
神奈川県厚木警察署管内で、夜間青色回転灯を装備した車両で防犯パトロールを行う民間青パト隊です。活動地域は厚木警察署管内全域 (厚木市・愛川町・清川村)となっております。


事業内容

1.防犯パトロール事業
2.青色パトカー専用車貸し出し事業
3.その他,本会の目的達成に必要な事業



加盟団体

全国読売防犯協会 ぼうはん日本登録しました。
神奈川県安心・安全まちづくり団体に登録しました。
神奈川あんぜんあんしんネットワークに登録しました。
厚木市社会福祉協議会に登録しました。

顧問   神奈川県議会議員 堀江則之
顧問   神奈川県議会議員 馬場学郎
顧問   神奈川県議会議員 山口貴裕
アドバイザー 厚木警察署管内
  地域交通安全活動推進委員会長  田口孝男
アドバイザー 厚木市防犯協会 会田義明
  アドバイザー  厚木少年補導員 松尾和男
平成25年8月現在

災害機動通信隊【企画室】   詳細
活動地域 北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/全国/
分野 まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/災害の防止・災害時の救援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
「災害機動通信隊」は民間防災ボランティア【総合企画室】が取り扱う、無線通信での活動素材です。


災害機動通信隊【企画室】では、活動素材を活用する方の代表者のみを募集の対象としています。

自分のチーム(隊)を立ち上げたいと思われる方は、ホームページにアクセスいただきましてから再度、お手をお挙げくださいませ。

尚、企画室からはお手をお挙げいただくまでは勧誘行為はひかえさせていただきますので、皆様のタイミングでお申し出いただければ結構です。

活動素材をご利用しての運営・運用は、国内のボランティア体(任意団体)では初となる「独立管理制」となっています。

平たくお伝えしますと、登録者がオーナーとなり、ご自分のお店を開店させて運営していただくことで、起動させられます。そして、従業員(つながる仲間)を求めて、運用することとなります。
(お店とは、独立管理制の例えです。)

しかし、そのままでは存在を表に出すことができませんので、活動体の監修先として、民間防災ボランティア【総合企画室】内に「災害機動通信隊【企画室】」を設置し、行政区単位で図面化させています。

つながる仲間を求め合い、ネットワークの強化へ皆様のパワーをお貸しくださいませ。

※災害発生中または災害対応中にはお申し込みが出来ませんのでご了承くださいませ。

地球市民交流会(NPO法人)   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/兵庫県/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介


【活動内容】

Φ通訳NGO活動
Φ災害時活動(災害通訳士の活動含む)
Φ日本語教育普及(文化庁JLAP含む)
Φ外国人ボランティア推進
Φ南・東アジア連帯事業(日韓新100年宣言含む)
Φ西アフリカ医療支援(コートジボワール含む)


【団体紹介】

現在、日本に暮らす外国人は200万人を超えます。
これらの人たちは戦後、様々な理由から来日し、日本人もまた諸国を頻繁に訪れる中で互に接する機会も急速に増えました。

しかしながら、医療、出産育児、教育、就労など、日常の生活で直面する問題は、文化・背景の異なる人々にとっては大きな障害をもたらしています。

特に、生きるために来日した人たちにとっては、福祉や人権など緊急に対応すべき問題を抱えながら同時に定住日本人からの差別や蔑視という苦痛を受けることも多いのです。この差別には、国や社会による制度的なものと、人々による偏見上のものがあります。

では、なぜ人は差別をするのか、それはその人々がこれまで受けてきた教育や親のうえつけなどが大きく影響しているといえるでしょう。
人は、相手の立場にたてば、ひどいことはできないはず。
認められないからこそひどいことをします。

しかし悲しいことに、世の中から差別や偏見を消し去ることはできません。

では、はたして私たちにできることは何でしょう?

私たちは、そのたちはだかる壁を崩していきます。
それは草の根の支援活動を通して日本社会が抱えている問題を浮き彫りにし、国家ではく地域から変えていく布石となります。

問題の多い日本社会の中で外国人はつらいことがあるとしても、日本で暮らして幸せだった、日本にきて良かったと思える社会であることこそが、定住日本人を含むすべての人にとって住みよい社会といえます。

私たちは、人種、国籍、思想、歴史、文化の「違いをのりこえ、人として尊重される社会」を目指しています。


【紹介詳細】http://www.gci.or.jp/

防犯パトロール ブルーライン   詳細
活動地域 神奈川県/
分野 まちづくり・村づくり/犯罪の防止/
活動内容・
団体紹介
1.防犯パトロール事業
2.青色パトカー専用車貸し出し事業
3.その他,本会の目的達成に必要な事業

情報ステーション   詳細
活動地域 千葉県/京都府/全国/海外/
分野 その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/芸術・文化の振興/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/自然環境保護/リサイクル/健康づくり/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
我々は、文化的な活気ある街を創造し、“まち”の魅力をひきだし、地域の活性化を図ることで、日本全体が明るくなることを目指します。

主に次の2つの事業でその達成を目指します。

・民間図書館事業(本を通しての地域の交流拠点)
・イベント支援事業(地域のお祭りのお手伝い、企画運営等)

■民間図書事業略歴
16年 3月 情報ステーション設立
17年12月 民間図書館ネットワークモデル創案
18年 3月 民間図書館『ふなばし駅前図書館』準備窓口を船橋フェイス       2階に設置
    5月 1号店『ふなばし駅前図書館』オープン
19年 9月 提携型店舗となる『柏井町のおいしい図書館』を市川市柏井       町にオープン
   11月 京成船橋駅高架化の為『ふなばし駅前図書館』を船橋フェイ       ス地下1階に移転
20年 6月 WEBでの蔵書検索・予約システムを公開
    8月 事務所を併設した『船橋北口図書館』を海神2にオープン
21年 2月 蔵書の配送拠点となる『きたなら1号公園前図書館』を習志       野台にオープン
    4月 バーコードでの貸出管理をする民間図書館運営システム完成

民間防災ボランティア【総合企画室】   詳細
活動地域 北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/全国/
分野 まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/リサイクル/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
1988年、一つの火災事故がキッカケで独自活動を開始。
以後、阪神大震災・連続車両放火などを通じ、我々民間で出来る事が有ると言う事を伝えたくて活動を始めました。

行政とは別枠で活動体を募り、最終的には一般住民から「防災人をより多く構築する事」を中心に住民と企業へアピールを行っています。

災いを減らす為には、地域住民は元より、企業も参加していただかなければなりませんので、活動隊へは先ず自分自身を守ってから活動することを約束いただき、周囲の方々を巻き込みながら、自分達で出来ることを事前に知っておく事が必要かと思っております。


【活動内容と実績】
■主に災害救助犬・災害機動通信隊(非常通信)・防火防災管理者協力会など防災・防犯での活動者および、独自活動体の募集と構築。それに伴うアドバイス活動。

■経験を交えての勉強会への出演。(有償)

■火災発生後の地域への防火広報活動。

■実用できる対策物などの取材〜発表。

■現場取材を素にした、防災テキスト「火事だ!119」の編集。

■廃材を用いて防災の方面で使用できる品の発案〜製品化(オリジナルブランド「ハーフハンドメイド」の運営)

■防ぐ情報を収録した「民間防災D-Book」の監修〜発行。

■その他、細かな防災訓練のアシスト などを行っています。

企画室としての表面活動は少ないのですが、縁の下のなんとやらでメディア対応なども多く、管轄範囲も全国を対象としており、今から活動をお考えの方は、民間防災の持つ要素をプラスしていただければ幸いと存じます。
 
災いの種類が多い為、まだまだ多種にわたる活動者が必要です。
志し同じとされる方々は横一線に並び、真意でのお付き合いをお願いいたします。

民間防災ボランティア 災害機動通信隊【関東管区事務局】   詳細
活動地域 茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/長野県/静岡県/
分野 その他社会福祉/犯罪の防止/交通安全/災害の防止・災害時の救援/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
民間防災ボランティアのか下部の組織の災害機動通信隊【関東管区事務局】です。

昨今の自然災害等において地域の通信支援活動のお手伝いをできればと思い災害機動通信隊【関東管区事務局】を開設させて頂きました。
活動地域は主に東京都内です。

災害支援以外にも日常の地域防犯・防災活動にも協力していきたいと考えております。又、災害時の通信網の確保の為スタッフを募集します。

活動内容は災害機動通信隊の統一基本にもとづきます。

*※最近、「災害機動隊」と称し火災報知機を訪問販売している団体がいますが、当隊「災害機動通信隊」とは一切関係ありません。「災害機動通信隊」は営業活動は行いません。
万が一災機と混同される様で有れば、法的対応も視野に入れています!!

承認申請や災害機動隊に質問やお問い合せは、kantoh@drcs.info でお願いします。

【災害機動通信隊の統一基本】
ア)基本
1.無線従事者および無線通信機器使用者が個々の責任の基、緊急事案に迅速な対応ができるよう的確な情報を送る「源」となること。
2.隊の活動により、不法電波局を減少させること。
3.営利を目的とするものではないこと。
イ)参加
イ-1)対象となる者
1.日本国総務省が認める第4級アマチュア無線技士以上または、同等の有資格者
2.日本国総務省が認めるシチズンバンドの無線機を所有し、かつ運用している者
3.業務無線を使用している事業所に在籍し、かつ使用する者
4.参加登録段階で「特定小電力トランシーバー」を使用し、以後2年の内にパーソナル無線またはHAM局を開局する予定のある者
5.E-mail(エマージェンシーメール):緊急時使用アドレス取得者およびシステム運営者またはアドレスを保有かつ運用できる者
イ-2)対象となる周波数およびネットワーク回線
1.アマチュア無線:50MHz帯・144MHz帯・430MHz帯・1200MHz帯
2.パーソナル無線:903MHz帯
3.各業務波周波数帯
4.特定小電力トランシーバーに割り当てられる周波数帯
5.351MHzデジタル簡易無線
6.E-mail(エマージェンシーメール):公開可能な緊急時使用アドレス
イ-3)対象となる条件
1.イ-1、イ-2の条件の内1項に該当し、出力が0.1W以上である事
2.企画室(本部)からのメール配信および添付ファイルの受け取りが可能な事
3.特小トランシーバーについては登録以後の操作範囲(無線従事者免許・無線局免許状の取得等)のステップアップを条件とし、活動内容は避難所内での内線通信役としての活動を主とする
4.陸上運用であり、総てに対し合法である事
5.連絡網への掲載が可能である事

以上の条件で活動可能な方を募集します。




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 次へ→