条件:国際協力 該当団体数 394 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
NPO法人うのあんいっち   詳細
活動地域 東京都/
分野 国際協力/
活動内容・
団体紹介
私たちうのあんいっちは、早稲田大学、中央大学、青山学院大学の学生を中心とした団体です。主な活動は、発展途上国へのカメラ送付・写真回収事業、国際協力をテーマにしたフリーペーパーの発行事業、イベント事業を行っています。

発展途上国の子供たちにカメラを送り、現地で取ってもらった写真を回収、その子供たちに報酬という形で文房具寄付などの支援を行っております。回収した写真は、当団体で発行するフリーペーパーに掲載。読者の皆様に、子供たちから見た発展途上国、そして世界の実情をお送りしております。
また、現在イベント事業も計画しております。

米国財団法人野口英世記念財団 (NY)   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 その他社会福祉/国際交流/国際協力/医療/平和の推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
〜国際医学交流はわたしたちの願いです〜

 現在の医療は、高齢化社会を迎えてその裾野が広がり、また医療技術の高度化、複雑化に伴い質の向上が求められています。しかし医療の現場では、国際的な交流や研修の機会が不足していることが指摘されています。これを受け、当財団では救急医療、臓器移植、集中治療など、アメリカの高度な医療に学ぶシステムを構築し、同時に第二、第三の野口英世ともいうべき国際的に活躍できる人材を育てたいと考えています。

 それを実現するために、米国に野口英世博士ゆかりの日系病院(研修センター)を設け、米国やアジア各国との医師、看護師、医学生、コーメディカルスタッフおよび研究者の交換留学を促進するための取り組みを開始しました。併せて海外への臨床・医学・医療留学の資金援助を行っています。またデジタルシステム化による医療情報の集積を行っており、信頼できるデータの提供等、さまざまな形で医療の発展に貢献しております。

 これらの機能をさらに充実させていくために、当財団の趣旨にご賛同いただける方を募集しております。新しい時代にふさわしい医療の実現のために、一人でも多くの方にご理解いただき、力強いご支援をお願いいたします。

正 会 員(法人)  100,000円/年会費(1口)
正 会 員(個人)  30,000円/年会費(1口)
賛助会員(法人)  10,000円/年会費(1口)
賛助会員(個人)   3,000円/年会費(1口)

UFJ銀行 秋葉原支店 普通 3956350
米国財団法人野口英世記念財団 日本事務局 Noguchi Hideyo Memorial Foundation

(特活)国際子ども権利センター   詳細
活動地域 東京都/大阪府/海外/
分野 児童・母子福祉/国際協力/犯罪の防止/人権/
活動内容・
団体紹介
(特活)国際子ども権利センターは、すべての子どもに「生きる・発達する・保護される・参加する」権利が実現される社会を目指して、子どもの権利条約の普及、南(開発途上地域)の子ども支援、開発教育に取り組んでいます。中でもカンボジアやインドでは、貧困のために人身売買や児童労働、買春に巻き込まれる子どもがあとを絶ちません。子どもたちがそのような危険から守られ、また被害にあった子どもたちが自信と尊厳を取り戻して問題解決を身につけ、よりよい社会づくりの担い手になることを目指して活動しています。

フィリピンボランティアネットワークハッピーキッズ   詳細
活動地域 海外/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/国際交流/国際協力/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
貴方の吸う1本のタバコや1枚のガムで貧民区の子供達は空腹を満たせます。是非皆様の優しさで貧民区の子供達に活力を。私達は皆様からの支援によりフィーディングプログラム(無料食提供と秩序指導教育)、キッズケアエイド(傷・病などへの無料薬品提供)、知識向上にミニライブラリー設置、少年自警団ガーディアンキッズの養成教育、武道の無料指導教室などを行っていきます。少年達の健全育成を旨とした活動でございます。

(財)青少年国際交流推進センター   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 その他社会福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
【活動目的】
(財)青少年国際交流推進センターは、青少年国際交流事業の実施、青少年国際交流に関する啓発、情報提供、支援等を通じて、社会の各分野において国際化時代にふさわしい指導性を発揮し得る青少年を養成するとともに、これらの青少年による人的なネットワークを形成することにより、青年の国際交流を一層推進することを目的として平成6年4月21日に設立されました。

【主な活動実績】
●青少年国際交流事業の企画、実施及び協力(国際理解教育支援プログラム、国際交流リーダー養成セミナー、青少年国際交流スタディーツアーなど)

●内閣府などの実施する青年国際交流事業への協力(「国際青年育成交流」事業、「日本・中国青年親善交流」事業、「日本・韓国青年親善交流」事業、「東南アジア青年の船」事業、「世界青年の船」事業、「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」の日本国内プログラム、訪問国活動プログラムの調整、日本青年派遣研修など)

ガリレオクラブインターナショナル   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 障害者福祉/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/
活動内容・
団体紹介
ガリレオクラブはアジア・アフリカから学ぶことで
自分たちが成長するために活動しています。
養老孟司氏の『バカの壁』に触発された若者を中心に
身体を動かすことでバカの壁を越えるために活動をしています。

(特活)地球市民ACTかながわ   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/海外/
分野 教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/健康づくり/人権/女性/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
目まぐるしく変化する現代世界の流れに、取り残された人々がいることを知っていますか?
近年日本は経済的発展を遂げ、多くの人々が豊かな生活を送れるようになってきました。しかし、これはあくまでも金銭的な豊かさであり、昔の日本人が持っていた“お互いを支えあう思いやりの心”は日々失われつつあります。

日本人が金銭的に豊かな生活を送る反面、多くのアジアの国には、そのしわ寄せを受けている人々がいます。それは特に社会的弱者と言われる貧困層や少数民族、又、女性や子ども達です。

地球市民ACTかながわは、貧困・麻薬・エイズ・家庭崩壊などの深刻な問題に晒されているアジアの子ども達が、自らの手で未来を切り開いていく能力を身に付け、次世代につないで行くための教育と栄養を受けられるよう支援協力活動を行います。
市民団体だからこそ出来るきめの細かい、顔と顔の見える活動を相互に行っていきます。

国際協力を人協力と捉えて、地球市民としてすべての命がつながり合うことをよく理解し、いたずらに大きな開発や支援、組織の拡大を考えることなく、草の根の本分をわきまえ、着実且つ現地の事情に即した支援協力活動を行っていきます。

海外においてはアジアの子ども達の教育と栄養の支援、国内においては国際理解を通し地球市民として志を持って生きる人を育て、共に歩んで行きます。
 
私たちはこの活動を通して、自分自身の足元を見つめ直し、アジアの人々が持ち続けている“支えあう思いやりの心”に触れ、双方向に学び合い、本当の豊かさを取り戻すことができるよう地球市民社会の実現を目指します。

フィリピンボランティアネットワークハッピーキッズ   詳細
活動地域 海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/国際交流/国際協力/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
貴方の吸う1本のタバコや1枚のガムで貧民区の子供達は空腹を満たせます。是非皆様の優しさで貧民区の子供達に活力を。私達は皆様からの支援によりフィーディングプログラム(無料食提供と秩序指導教育)、キッズケアエイド(傷・病などへの無料薬品提供)、知識向上にミニライブラリー設置、少年自警団ガーディアンキッズの養成教育、武道の無料指導教室などを行っていきます。少年達の健全育成を旨とした活動でございます。

ピースボートUPA国際協力プロジェクト   詳細
活動地域 全国/
分野 国際交流/国際協力/
活動内容・
団体紹介
UPAとは、「United Peoples Alliance」の略。直訳するならば「人々の連合」となります。国と国のの利害に左右されない、人と人とのつながりをつくっていこう、というのがその意味です。

 ピースボートで世界をまわると、世界のさまざまな現状を目の当たりにします。難民、ストリートチルドレン、スラム、戦争、飢餓…。現地の人々と交流し、関係を持つ中で生まれた「すこしでも現状を変えたい」という思いからUPAは設立されました。

 以後、世界各地へ「支援物資」を送る活動を通して、各国のNGOや市民団体とのネットワークづくりをおこなっています。

グローバル ヒューマニティ ジャパン (GHJ)   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/医療/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
グローバル ヒューマニティ ジャパン(GHJ)は、サハラ以南アフリカを中心に支援活動を行っているNGOです。現在、特に西アフリカのシエラレオネ共和国とリベリア共和国への支援に取り組んでおります。
当団体の設立目的は、規約上、次のように定められております。

「当団体は、特にサハラ以南アフリカを中心に、日本を含む世界各地において、人々の生活向上と人権擁護、持続可能な地域経済発展に寄与する各種事業の実施を通じ、貧困の撲滅と平和の構築並びに維持・拡大に貢献すること、思いやりの心を醸成すること、以って豊かな人間性に基づく共生の社会を築くことを目的とする」

以上のことから、GHJの活動範囲はアフリカに限られず、日本を含む様々な国の問題に取り組もうとする市民の活動の場として、設立されております。
様々なバックグラウンドを持つ方々の、自らの関心に応じた行動とご参画を歓迎いたします。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 次へ→