条件:国際交流 該当団体数 392 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
筑波大ボランティアサークルParty   詳細
活動地域 茨城県/海外/
分野 児童・母子福祉/青少年育成/国際交流/まちづくり・村づくり/自然環境保護/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
私たちは、つくば市の大学生ボランティアサークルです。活動内容は、子供に体験学習や国際理解の機会を提供するイベントを開催したり、学内や地域でのクリーンアップなど。夏休み、春休みなど長期休みには、海外スタディツアーに参加しています。私たちは、ボランティアをもっと身近に、そして楽しく感じてもらいたいと思っています。そして、ボランティアを世代をこえて、大きくは、国境を超えて人と人の心を結びつける機会だと思っています。ただ今、会員募集中。筑波大生をはじめ、つくば市周辺に住む大学生の皆さんの参加をお待ちしています。

Try-mate(とらい めーと)   詳細
活動地域 埼玉県/
分野 青少年育成/国際交流/まちづくり・村づくり/
活動内容・
団体紹介
埼玉県内の大学生がお兄さん、お姉さんの立場で、小学生の子供たちと一緒に体験し、一緒に学び、一緒に成長していきます。具体的には、埼玉県東松山市を拠点として、児童館で子供たちと一緒に遊んだり、公民館で子供向けのイベント(国際交流、社会体験、自然体験)を企画しています。大学生自身もお兄さん、お姉さんという立場で子供たちを喜ばせたり、褒めたり、しかったりすることで、子供たちを本当の弟・妹のように慕わしく感じたり、ときに純粋な子供たちの反応から多くのことを学びます。今年度から始まった、まだまだ、若いサークルなのでまだ人数が少なく、只今メンバーを大募集しています。とりわけ東武東上線沿いの大学生(大東大・城西大・東京国際大・文京女子大学etc)には、イチオシのボランティアです!

東アジア環境情報発伝所   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 国際交流/国際協力/自然環境保護/公害防止/リサイクル/市民活動支援/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
1.日中韓3言語環境情報発信サイト“ENVIROASIA”の運営
2.人的交流の促進
3.日中韓環境情報メールマガジン“伝所鳩”の発行
4.東アジア環境市民会議の開催
5.2005年愛知万博(愛・地球博)への参加

アジア留学生フォーラム   詳細
活動地域 埼玉県/
分野 教育・生涯学習指導/国際交流/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
韓国、中国、モンゴルなどアジア各国の留学生らとコミュニケーションを重ねながら、フォーラムや子供向けの国際交流イベントを開催します。留学生たちとボランティアを通した素敵な国際交流をし、彼らの親友になってあげること、子供たちに国際交流の楽しさを教える明るく楽しいお兄さん、お
姉さんになってあげることが、私たちの大切な「ボランティア」です。

特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/自然環境保護/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
a)世界の国際ワークキャンプに日本人を派遣
海外で行われる国際ワークキャンプ申し込み日本窓口として、2003年は55カ国へ700名派遣

b)日本・アジアで国際ワークキャンプを主催
日本の国際ワークキャンプ主催団体として、2003年は7カ国49回開催。32カ国から628名が参加

c)中長期ボランティアを日本で主催、海外へ派遣
2ヶ月〜1年間、地域や施設に住み込んで、じっくり働くボランティア。2003年は107名が参加

d)日本各地で週末ワークキャンプを主催
1〜3日間、身近に取り組む合宿ボランティア。2003年は21県で140回、2014名+地域住民数千人が参加

ミューズ・カンパニー/クリエイティブ・アート実行委員会   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/
活動内容・
団体紹介
ミューズ・カンパニーおよびクリエイティブ・アート実行委員会では、さまざまなアート・エデュケーション・プログラムの企画制作をはじめ、ワークショップ、展覧会、ダンス公演、シンポジウム等のアート・イベントの企画制作を行なっています。特に障害のある方や高齢者の方との表現活動、コミュテニィアート活動に重点を置いています。

BIWAKOビエンナーレ2004 エナジーフィールド実行委員会   詳細
活動地域 滋賀県/京都府/
分野 青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/
活動内容・
団体紹介
滋賀県近江八幡市において2004年にビエンナーレを企画。国内外からのアーティストをまねき、展示、ワークショップ、コンサート等を行う。アートを通して、様々な人との交流を図る。町や風景、古い町家や映画館をつかい、それにとけこんだアート、日常の中でのアートのありかたを模索する。同時に、町がアートに根付くことにより、いかに町が生き生きと躍動しはじめるかを、アーティストが現地制作していく中で、人々に示していく。今後、このフェスティバルがきっかけとなり、アーティストインレジデンスやワークショップなどが、継続していくものを目指す。

「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク   詳細
活動地域 全国/
分野 国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/自然環境保護/公害防止/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
 風力、太陽光、バイオマス、小規模水力電力などの自然エネルギーは、地球温暖化問題や酸性雨、放射性廃棄物の処理問題等のエネルギー消費による環境問題を解決する決め手として普及拡大が期待されています。中でも風力発電と熱分野におけるバイオマスは実用性と経済性の向上が急速に進み、世界全体で最も成長率の高いエネルギー源となるでしょう。自然エネルギーはこれまでずっと夢物語のように描かれてきましたが、実現に向けて動き出したと言えます。

 ドイツでは、1991年に再生可能エネルギーからの電気の買い取りを電力会社に義務づける法律を導入しました。この法律は、自然エネルギーからの電力の買い取りの義務づけ、買い取り価格の優遇、法的措置の三点の骨子からなっています。その結果、1999年末には風力発電の設備容量が原発4基分に相当する444万キロワットに近づき、ドイツが世界一の風力発電国となっています。 また、風力発電による電力供給が一割に達しようとしているデンマークや、木質バイオマスで一次エネルギーの約二割を供給しているスウェーデンなど、欧州では、自然エネルギーの普及に大胆な取り組みを始めています。

 これに対して、日本では、風力発電がわずかに8.3万KW(2000年3月時点)にすぎず、バイオマスはほとんど利用されないまま、打ち捨てられています。まさに、自然エネルギーの後進国となっています。 そのため私達は国民的な支援のもとで、自然エネルギーからの電力を優遇した価格で買い取るルール「自然エネルギー促進法」の議員立法による成立を目指しています。

BIWAKOビエンナーレ実行委員会   詳細
活動地域 滋賀県/京都府/大阪府/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/人権/女性/市民活動支援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
アートに興味がある方、好きな方。ボランティア大募集!!

2004年8月1日〜30日まで、滋賀県近江八幡市旧市街地を舞台に、世界中から集まったアーティスト達がアート展、ワークショップ、コンサート等を展開します。(日程、参加作家詳細はHPをご覧ください)開催に伴って、運営をサポートしていただけるボランティアスタッフを募集します。

興味を持たれた方はぜひ! ご一報ください。お待ちしています。

中核となる任意団体ENERGY FIELD(ナジーフィールド)は2000年フランスで、アーティストを中心に設立されたアソーシエーションです。2001年には、滋賀県大津市にて、BIWAKOビエンナーレ2001“Zep Tepi”を主催。現在2回目BIWAKOビエンナーレ2004“QUANTUM LEAP”開催に向けて準備中。

yoshimi@energyfield.org 事務局 木曽尾まで。


特定非営利活動法人 KIDS   詳細
活動地域 埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/国際交流/国際協力/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
子どもたちへの継続的な社会教育の奨励
市民一人一人の社会貢献意識の高揚
国籍、企業、老若男女、そして障害の有無を超えた共存社会の提供
KIDSの活動は、子どもたち自身が直接参加できるものでかつ社会学習につながるものを原則とし、
しかもその継続性を重視します。
「与える側」のボランティアと「与えられる側」の子どもたちという構図ではなく、
KIDSの活動を通して各々が市民の一人として社会との接点を見出していく、
そのことによってより社会の発展につながると考えます。

現在、私たちは社会の発展の中で非常に大きな影響を与えているのが企業の力、行政の力です。
KIDSがこれらに働きかけ、企業の社会貢献活動に対する意識の改革と社会福祉行政の改革につながればと考えます。
そして最終的には、国籍、企業、老若男女、障害の有無などにこだわらない思いやりのある社会、
すなわちボーダーレスの社会を目指します

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 次へ→