条件:国際交流 該当団体数 392 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
NY de Volunteer Inc.   詳細
活動地域 海外/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/自然環境保護/医療/女性/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
ニューヨーク州認可の非営利団体『NY de Volunteer Inc.』

■ 目的
『ボランティア』が身近に感じられる機会や情報をより多くの人に提供します。今まで他人事だと思っていた様々な問題を身近にとらえ、同じ目線で助け合う心を持つ人々の輪を広げることで、よりよい社会作りに貢献します。また、ボランティア活動を通 し、世の中の為に各自、自分が提供出来る事を持ち寄る事で形成される新しい形のコミュニティを作ります。

■ 活動内容
ボランティアを始めたいと思う人が最初の一歩を踏み出せるように、機会と情報の提供をしています。現在、約20人のボランティアスタッフで運営しています。ボランティア活動のジャンルは、環境・動物・高齢者・ホームレス・障害者・教育・子ども・地域交流・文化紹介・アート関連・マイノリティー・医療問題などです。

●ボランティアアクティビティ
ボランティア探検隊
スタッフだけでなく、メンバーのアイディアをもとに企画、実施するグループ・ボランティア活動です。いろんなジャンルのボランティアの中から、それぞれが自分の関心や興味に応じて、好きな時に好きなだけ自由に参加する形式です。

ボランティアツアー
郊外でのボランティア活動です。活動を通じてボランティア先の地域、団体と文化・地域交流に貢献できます。

●ボランティア情報交換
インターネット 
NYdVのウエブサイト(http://www.newyorkdevolunteer.org/)にて、ボランティア情報を掲載しています。
「ボランティア探検隊」のスケジュールや過去の活動記録をみて、興味があるもの、参加したいものを探すことができます。初めての方には、どうやってボランティアを始めたらいいのかを紹介する「始めのTIPS」、ボランティア機会を見つけるのに便利な「ボランティア先団体リスト」/「リンク集」などもあります。「メーリングリスト」や「掲示板」を通 じて、ボランティア情報交換もできます。実際にボランティアをした後、ボランティアの内容、感想を投稿し、他の方と「体験談」を共有できるようになっています。

オリエンテーション
NYdVの活動内容、今後の企画説明、体験談などを通してボランティアの始めの一歩を踏み出すお手伝いをします。

特定非営利活動法人エコプラス   詳細
活動地域 東京都/新潟県/海外/
分野 青少年育成/国際交流/まちづくり・村づくり/自然環境保護/
活動内容・
団体紹介
自然、異文化、地域社会をテーマとした体験や学びを通じて、持続可能で平和な社会作りのための人材育成を行っています。

ユナイテッド・アース   詳細
活動地域 岩手県/宮城県/福島県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
【2014年6月12日更新】

社会貢献共同体ユナイテッド・アースでは、阪神淡路大震災の経験から、今回の震災復興支援は、支援活動をする側と被災された皆様と一生のお付き合いをさせていただくような気持ちで「共に」復興に向けて歩ませていただくことが最も重要だと考えております。

そのため、広く様々な地域に支援を行うのではなく、長期的な視点を持ち、まずはある地域に注力させていただき、「産業の復興」「雇用の創出」を視野においた活動を、一つひとつ具現化し、その事例が他の地域へ広がっていくことが大切ではないかという考えで支援活動を展開させていただいております。

震災直後すぐに先発隊として数名がチームを組んで被災地に足を運び、調査・検討させていただいた結果、以下の2つの理由から、南三陸町に支援活動の拠点を置く動きを始めました。

●1つ目は、支援団体が南三陸町にあまり入っていなかったこと。

●2つ目は、コミュニティが確立された避難所がすでに何件もあり、その連帯感に感動したこと。

そして、3月26日、南三陸町社会福祉協議会の方々と共に「南三陸町災害ボランティアセンター」立ち上げのお手伝いをさせていただきました。

その後、多くの町民の方々と触れ合わせていただく中で、都会では忘れ去られいて、この町が持っていた、人と人、人と自然とのつながりの温かさにとても感動させていただきました。

この“つながり=絆”の深さがあれば、津波による壊滅的な被害を受けた南三陸町は、必ずや素晴らしい町へと復興するだろう!と、先発隊のメンバー全員が直感で感じたのです。

私たちは、町の人の想いを大切にしながら、ただの震災ボランティア、外部の人というスタンスではなく、「共に」南三陸町を復興させたい!という同志として歩ませていただきたいと思っています。

また、この未曾有の危機に対して、この町が復興のシンボルとなり、新しい町づくりの雛形を創っていけるように尽力させていただき、日本の復興と希望ある未来に向かって、この南三陸町の方々と共に歩ませていただきたいと強く決意しております。

ASEEDJAPAN   詳細
活動地域 東京都/
分野 国際交流/自然環境保護/公害防止/リサイクル/その他/
活動内容・
団体紹介
A SEED JAPANは、環境破壊の被害者が社会的弱者にしわ寄せされる現在の状況をふまえ、環境問題の解決に当たって社会的に不公正な力関係を解決することを目指します。

赤十字語学奉仕団   詳細
活動地域 茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/
分野 障害者福祉/その他社会福祉/国際交流/国際協力/
活動内容・
団体紹介
◆赤十字語学奉仕団の主な活動
●日本赤十字社本社事業のサポート
・海外赤十字社の招待プログラム企画立案、進行補佐、随行通訳、成田空港への送迎など。
・災害救護、国際赤十字活動などに関する赤十字関連資料、文書の翻訳。
●その他のボランティア活動
・社会福祉関連国際会議やイベントでの、海外から来日する障害者の介助、通訳、ガイドなど。
・絵本を見たことのない東南アジアの国々の子供達へ送る絵本の翻訳。
・海外から来日する障害者向けの公共施設バリアフリー調査ガイドブック、ホームページを作成、配布。
・障害者の英語学習の支援。

特定非営利活動法人ぱれっと   詳細
活動地域 東京都/
分野 障害者福祉/国際交流/自然環境保護/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
◆たまり場ぱれっと 1983〜
誰でも自由に集い新しい仲間と可能性を見つける余暇活動の場
◆おかし屋ぱれっと
(第一工房・第二工房)1985〜
クッキー・ケーキの製造・販売を通して社会参加と自立を目ざす福祉作業所(就労継続支援B型)
◆スリランカ料理&BEER Palette 1991〜2012.12閉店
障害者・健常者・外国人が融合して最高の味とサービスを提供する株式会社ぱれっと
◆えびす・ぱれっとホーム1993〜
知的障害者が自立した生活を目指し地域の中で暮らす家【ケアホーム、緊急一時保護事業】
◆ぱれっとインターナショナル・ジャパン 1998〜
国際交流・国際協力・国際支援活動の場
【Palette(スリランカぱれっと)】⇒クッキーの製造を通してスリランカの障害者が働く就労の場(1999年〜2009年8月閉鎖)⇒2010年より大手の製菓会社が、NPOのクッキー工房を設立。Paletteのスタッフ及び通所員は、立ち上げメンバーとして雇用。
◆ぱれっとの家 いこっと2010〜
障害者と健常者が共に暮らす家。良い人間関係の中で自立して地域に暮らす住まい方の選択肢の一つ

DRH Lindersvold   詳細
活動地域 海外/
分野 その他社会福祉/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/
活動内容・
団体紹介
デンマークで世界中からきた仲間と共に生活し、学び、途上国の支援をしませんか?
貧困に苦しむ人たちのために、何かしたい!そんな、あなたを募集しています。

☆DRH Lindersvoldとは
デンマーク語でDen Rejsende Hojskole。日本語で「旅する学校」という意味です。教室では学ぶことができないことを現地に赴き、実践的に学ぶ学校です。モザンビークにあるOne World Universityと発展途上国を支援するNGO団体 Humana people to peopleと連携しています。なので教育や貧困について勉強し大学の単位の取得や学位を取得することが可能です。また、実際にアフリカやインドに行き開発援助や貧困撲滅の活動を通し学びます。
 
☆プログラム
現在DRH Lindersvoldでは3つのプログラムが実施されていますが、ビザの関係で日本人が参加可能なプログラムは下記の2つになります。

【プログラム 
Fighting with The Poor A-certificate(18month)
貧困について学ぶ18ヶ月間のプログラムです。

【スタート】
5月〜/11月〜

【内容】
1学期:貧困について現在の問題、未来の可能性について学習します。(6ヶ月)
2学期:アフリカまたはインドにてボランティア活動を通し、自分の能力やスキルを貧困撲滅のためにどう使えばよいのか学びます。(6ヶ月)
3学期:これまでに学んだことをデンマーク(日本人はビザの関係で3ヶ月以上滞在できないので、イギリスや南アフリカなどの姉妹校)にてレポートします。プレゼンテーションやスピーチなど。(6ヶ月)

【費用】
入学金6,000DKK(約105,000円)
授業費、寮費、食費、アフリカ・インドへの渡航費等50,000DKK(約88万円)


【プログラム◆
Fighting with The Poor A+ B-certificate (24month)
貧困と教育学について学ぶ24ヶ月のプログラムです。

【スタート】
2月〜/8月〜

【内容】
1学期:障害や問題を抱えた生徒の教師としての仕事や古着回収などの労働を通し活動費を補います。また、貧困や教育学について学びます。(1年)
2学期:アフリカまたはインドにて教師としてボランティア活動をします。実践から教育学、貧困について理解を深めます。(8ヶ月)
3学期:これまで学んだことをデンマーク(日本人はビザの関係で3ヶ月以上滞在できないので、イギリスや南アフリカなどの姉妹校)にてレポートします。(4ヶ月)

【費用】
入学金10,000DKK(約175,000円)
授業費、寮費、食費等は必要ありません(プログラムの中に費用を補う労働が組み込まれています)

☆参加資格
このプログラムは、シェンゲン協定国内に長期滞在できるビザを持っている方、もしくはワーキングホリデービザの適用条件を満たしている方が対象です。
各プログラムに年齢制限等はありません。学校内での共通語は英語になりますので、最低限の日常英会話のできる方(英語力の証明等は必要ありません)。ビザをご自身で準備いただければ、早めに学校に来ていただいて英語力をつけることや、労働で資金を補うことも可能です。(応相談)

国際連帯税フォーラム   詳細
活動地域 東京都/
分野 国際交流/国際協力/
活動内容・
団体紹介
国際連帯税フォーラムは、世界の貧困や地球環境対策のために、日本での国際連帯税導入をめざし、2011年6月NGOや労働組合など10団体で設立した。国際連帯税とは、上記グローバルな課題の資金調達をめざし、国際航空や金融取引税など国境を越えて行う経済活動に薄く課税する税制である。国際航空については、航空券連帯税としてすでにフランスや韓国など11カ国が実施している。また、金融取引税についてはドイツなど欧州11カ国が来年からの導入をめざし準備中である。日本でも2008年に国際連帯税創設を求める議員連盟が設立され、活動を継続している。

地球市民交流会(NPO法人)   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/兵庫県/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介


【活動内容】

Φ通訳NGO活動
Φ災害時活動(災害通訳士の活動含む)
Φ日本語教育普及(文化庁JLAP含む)
Φ外国人ボランティア推進
Φ南・東アジア連帯事業(日韓新100年宣言含む)
Φ西アフリカ医療支援(コートジボワール含む)


【団体紹介】

現在、日本に暮らす外国人は200万人を超えます。
これらの人たちは戦後、様々な理由から来日し、日本人もまた諸国を頻繁に訪れる中で互に接する機会も急速に増えました。

しかしながら、医療、出産育児、教育、就労など、日常の生活で直面する問題は、文化・背景の異なる人々にとっては大きな障害をもたらしています。

特に、生きるために来日した人たちにとっては、福祉や人権など緊急に対応すべき問題を抱えながら同時に定住日本人からの差別や蔑視という苦痛を受けることも多いのです。この差別には、国や社会による制度的なものと、人々による偏見上のものがあります。

では、なぜ人は差別をするのか、それはその人々がこれまで受けてきた教育や親のうえつけなどが大きく影響しているといえるでしょう。
人は、相手の立場にたてば、ひどいことはできないはず。
認められないからこそひどいことをします。

しかし悲しいことに、世の中から差別や偏見を消し去ることはできません。

では、はたして私たちにできることは何でしょう?

私たちは、そのたちはだかる壁を崩していきます。
それは草の根の支援活動を通して日本社会が抱えている問題を浮き彫りにし、国家ではく地域から変えていく布石となります。

問題の多い日本社会の中で外国人はつらいことがあるとしても、日本で暮らして幸せだった、日本にきて良かったと思える社会であることこそが、定住日本人を含むすべての人にとって住みよい社会といえます。

私たちは、人種、国籍、思想、歴史、文化の「違いをのりこえ、人として尊重される社会」を目指しています。


【紹介詳細】http://www.gci.or.jp/

インディア・メーラー実行委員会   詳細
活動地域 大阪府/兵庫県/
分野 芸術・文化の振興/国際交流/観光の振興/
活動内容・
団体紹介
在大阪神戸インド総領事館全面バックアップのもと、インド・日本の有志スタッフが集まり関西でのインドフェスティバル「インディア・メーラー」の開催へ向けての実行委員会を結成。2010年より毎年開催され、2012年の第4回目では約21万人のご来場をいただきました。このイベントは、毎回約100名の社会人・学生のボランティアスタッフが集まり企画運営や準備、当日の運営を実行委員会と一緒に行っております。多くの方にフェスティバルにご参加いただき、インドと日本の文化・経済交流の場を広げるよう、活動を続けています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 次へ→