条件:国際交流 該当団体数 390 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
日本語塾(和)山梨県笛吹市日本語ボランティア   詳細
活動地域 山梨県/
分野 教育・生涯学習指導/国際交流/まちづくり・村づくり/
活動内容・
団体紹介
私たち、日本語塾(和)は平成21年9月に山梨県笛吹市を拠点に国際交流の推進を目指して在日の外国人の方への日本語教育のボランティア団体として笛吹市地域振興助成事業として発足いたしました。

日本語を勉強したい外国人の方。企業様にて外国からの従業員の日本語教育を促進させたいなどご希望がありましたらお力になりたいと考えています。お気軽にご連絡下さい。

言論NPO   詳細
活動地域 東京都/
分野 学術研究の振興/国際交流/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
言論NPOは、日本が抱える主要課題に対して建設的な議論や対案を提案できる新しい非営利のメディア、言論の舞台をつくるために、2001年に活動を開始した認定NPO法人です。「しっかりとした議論がしっかりとした民主主義を作り出す」と考える私たちは、有権者を自らの活動のユーザー(顧客)ととらえ、質の高い建設的な議論を提供、促進していくことをミッションとしています。

アクアトピアフレンズ   詳細
活動地域 海外/
分野 国際交流/自然環境保護/
活動内容・
団体紹介
イルカ&クジラが保護されているオーストラリアを拠点に、海外に向けて、日本の歴史文化的背景も伝えつつ、未来のイルカ&クジラ保護へのメッセージを発信している団体。

米国財団法人野口英世記念財団 (NY)   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 その他社会福祉/国際交流/国際協力/医療/平和の推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
〜国際医学交流はわたしたちの願いです〜

 現在の医療は、高齢化社会を迎えてその裾野が広がり、また医療技術の高度化、複雑化に伴い質の向上が求められています。しかし医療の現場では、国際的な交流や研修の機会が不足していることが指摘されています。これを受け、当財団では救急医療、臓器移植、集中治療など、アメリカの高度な医療に学ぶシステムを構築し、同時に第二、第三の野口英世ともいうべき国際的に活躍できる人材を育てたいと考えています。

 それを実現するために、米国に野口英世博士ゆかりの日系病院(研修センター)を設け、米国やアジア各国との医師、看護師、医学生、コーメディカルスタッフおよび研究者の交換留学を促進するための取り組みを開始しました。併せて海外への臨床・医学・医療留学の資金援助を行っています。またデジタルシステム化による医療情報の集積を行っており、信頼できるデータの提供等、さまざまな形で医療の発展に貢献しております。

 これらの機能をさらに充実させていくために、当財団の趣旨にご賛同いただける方を募集しております。新しい時代にふさわしい医療の実現のために、一人でも多くの方にご理解いただき、力強いご支援をお願いいたします。

正 会 員(法人)  100,000円/年会費(1口)
正 会 員(個人)  30,000円/年会費(1口)
賛助会員(法人)  10,000円/年会費(1口)
賛助会員(個人)   3,000円/年会費(1口)

UFJ銀行 秋葉原支店 普通 3956350
米国財団法人野口英世記念財団 日本事務局 Noguchi Hideyo Memorial Foundation

Team E.M.U   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 国際交流/自然環境保護/
活動内容・
団体紹介
僕たちはヌーサに留学・ワーホリで来ている留学生
チームE.M.U.(エミュー)です
今はみんな語学学校に通ったり、アルバイトをしたりと
それぞれ目的に向かって過ごしています
楽しみにしていた留学を実現させている私達が現地で
感じることが一つあります
それは「地域の人との交流」が意外と少ないことです
ホストファミリーは優しく、学校に行けば様々な国の人と触れ合え、クラブに行けば同世代の人と一緒に騒げる・・・
でも、物足りないのです!もっともっと地域の人との交流を私達は望み、コミュニケーションしたい!
だから、僕達は僕達が出来る地域貢献活動を行ない、少しでも地域とより密接な交流ができるように組織をつくり、活動をしていこうと思います

(財)AFS日本協会 京都支部   詳細
活動地域 滋賀県/京都府/大阪府/奈良県/
分野 青少年育成/国際交流/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
AFSは、ニューヨークに国際本部を置く、非営利・非宗教・非政治の国際的なボランティア団体です。公正で平和な世界の実現のために必要な知識・能力・理解力をより多くの人々が身につけるため、高校生の交換留学事業や様々な異文化交流の機会提供と相互理解の促進を目的として活動しています。現在、AFSの加盟国は50か国以上、交流国は約80か国に及んでいます

身近な国際交流の輪を、たくさんの人に広めたい。
そんな思いを胸にAFS京都支部は活動しています。

留学に興味のある方、ホストファミリー・ホストスクールをしてみたいご家庭や学校関係者様、国際交流イベントに興味のある方、ボランティア活動をしてみたい方、ぜひ一度ご連絡ください。詳しい資料をお送りいたします。質問も随時受け付けております。
詳しくは当団体のHPをご覧ください。
  AFS京都支部HP   http://www.afs-kyoto.org/
  AFS日本協会HP   http://www.afs.or.jp/

【主な活動内容】
‘本からの交換留学生の派遣活動
海外からの交換留学生の受入活動
G標生・受け入れ生対象の各種オリエンテーション
っ羚眄犬箸修諒欷郤圓鯊仂櫃箸靴仁嘘慇睫晴
ノ嘘慇元擇啼本人高校生対象のサマーキャンプ
ξ嘘慇犬塙島へ行き、その後京都の方々と平和について考える平和学習会
留学生との交流を目的とした各種国際交流イベント
┘曠好肇侫.潺蝓(留学生受け入れ家庭)の募集、各種オリエンテーション、及び受け入れ期間中のサポート
ホストスクール(留学生受け入れ高校)の募集、及び受け入れ期間中のサポート
京都市内および京都周辺の高校を訪問し行う、高校生を対象とした異文化理解講座
年間活動報告誌「京小町」の発行

フィリピンボランティアネットワークハッピーキッズ   詳細
活動地域 海外/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/国際交流/国際協力/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
貴方の吸う1本のタバコや1枚のガムで貧民区の子供達は空腹を満たせます。是非皆様の優しさで貧民区の子供達に活力を。私達は皆様からの支援によりフィーディングプログラム(無料食提供と秩序指導教育)、キッズケアエイド(傷・病などへの無料薬品提供)、知識向上にミニライブラリー設置、少年自警団ガーディアンキッズの養成教育、武道の無料指導教室などを行っていきます。少年達の健全育成を旨とした活動でございます。

(財)青少年国際交流推進センター   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 その他社会福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
【活動目的】
(財)青少年国際交流推進センターは、青少年国際交流事業の実施、青少年国際交流に関する啓発、情報提供、支援等を通じて、社会の各分野において国際化時代にふさわしい指導性を発揮し得る青少年を養成するとともに、これらの青少年による人的なネットワークを形成することにより、青年の国際交流を一層推進することを目的として平成6年4月21日に設立されました。

【主な活動実績】
●青少年国際交流事業の企画、実施及び協力(国際理解教育支援プログラム、国際交流リーダー養成セミナー、青少年国際交流スタディーツアーなど)

●内閣府などの実施する青年国際交流事業への協力(「国際青年育成交流」事業、「日本・中国青年親善交流」事業、「日本・韓国青年親善交流」事業、「東南アジア青年の船」事業、「世界青年の船」事業、「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」の日本国内プログラム、訪問国活動プログラムの調整、日本青年派遣研修など)

ガリレオクラブインターナショナル   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 障害者福祉/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/
活動内容・
団体紹介
ガリレオクラブはアジア・アフリカから学ぶことで
自分たちが成長するために活動しています。
養老孟司氏の『バカの壁』に触発された若者を中心に
身体を動かすことでバカの壁を越えるために活動をしています。

(特活)地球市民ACTかながわ   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/海外/
分野 教育・生涯学習指導/青少年育成/国際交流/国際協力/健康づくり/人権/女性/平和の推進/
活動内容・
団体紹介
目まぐるしく変化する現代世界の流れに、取り残された人々がいることを知っていますか?
近年日本は経済的発展を遂げ、多くの人々が豊かな生活を送れるようになってきました。しかし、これはあくまでも金銭的な豊かさであり、昔の日本人が持っていた“お互いを支えあう思いやりの心”は日々失われつつあります。

日本人が金銭的に豊かな生活を送る反面、多くのアジアの国には、そのしわ寄せを受けている人々がいます。それは特に社会的弱者と言われる貧困層や少数民族、又、女性や子ども達です。

地球市民ACTかながわは、貧困・麻薬・エイズ・家庭崩壊などの深刻な問題に晒されているアジアの子ども達が、自らの手で未来を切り開いていく能力を身に付け、次世代につないで行くための教育と栄養を受けられるよう支援協力活動を行います。
市民団体だからこそ出来るきめの細かい、顔と顔の見える活動を相互に行っていきます。

国際協力を人協力と捉えて、地球市民としてすべての命がつながり合うことをよく理解し、いたずらに大きな開発や支援、組織の拡大を考えることなく、草の根の本分をわきまえ、着実且つ現地の事情に即した支援協力活動を行っていきます。

海外においてはアジアの子ども達の教育と栄養の支援、国内においては国際理解を通し地球市民として志を持って生きる人を育て、共に歩んで行きます。
 
私たちはこの活動を通して、自分自身の足元を見つめ直し、アジアの人々が持ち続けている“支えあう思いやりの心”に触れ、双方向に学び合い、本当の豊かさを取り戻すことができるよう地球市民社会の実現を目指します。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 次へ→