条件:学術研究の振興 該当団体数 53 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
野外教育研究財団   詳細
活動地域 東京都/長野県/愛知県/
分野 教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/まちづくり・村づくり/自然環境保護/
活動内容・
団体紹介


野外教育研究財団は今年で29年目を迎えた南信州の小さな民間研究機関です。
赤石山脈を望む大自然の中で「人−自然−文化」について調査研究し、
それにもとづく科学・芸術・野遊びなどユニークな体験学習の機会を提供します。
切口の鋭い学際学融研究、温もりの手作り施設、地球的視野にたつ文化活動を通じ緑の心の回復に役立ちたいと考えています。
山里の研究所から地球と人の過去・現在・未来を見つめます。

また、小学生・中学生を対象としたサマーキャンプやスキーキャンプなどを通し青少年育成の手助けをさせていただいています。

財団法人かながわ国際交流財団   詳細
活動地域 神奈川県/
分野 学術研究の振興/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/人権/市民活動支援/平和の推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
 近年、社会経済のグローバル化・ボーダレス化の進展に伴い、国と国、地域と地域、そして人と人との国際的な相互依存関係がより一層深まる中で、平和、環境、貧困、人権などの地球規模の諸課題がクローズアップされています。また、外国籍県民の増加・定住化が進むとともに、NGOやNPOによる身近なところからの国際活動への取組も活発に行われており、地域社会を取り巻く環境も大きく変化しています。
 こうした中で、地球規模の課題の解決に向けて、地域からどのように貢献したらよいかを模索しつつ、国境を越えた交流・協力を深めていくこと、また、国籍や民族、文化の違いを理解し合い、認め合いながら外国籍県民とともに生きる地域社会づくりを進めることが求められています。
 財団法人かながわ国際交流財団は、財団法人神奈川県国際交流協会※1と財団法人かながわ学術研究交流財団※2が、2007年4月に統合して発足し、以下の4つの取り組みを重点的に推進しています。
(1)県民の国際交流・協力活動を情報、ノウハウ、資金面から支援する取り組み
(2)外国籍県民との相互理解を深めるなど、多文化共生社会の実現に向けた取り組み
(3)次代を担う青少年を中心に、世界で活躍できる国際人材を育成する取り組み
(4)学術・文化交流を通じ、地球規模の課題の解決に向けた地域からの提案を、県民はじめ国内外に発信する取り組み

※1 1977年(昭和52年)に設立以来、市民レベルの国際交流・協力活動を支援する中核組織として、地球市民意識の高揚と多文化共生の地域社会作りを進めた財団法人。
※2 1992年(平成4年)以来、湘南国際村を活動拠点に、人文・社会科学分野を中心に地域と世界に共通する課題に関する研究、人材育成、学術・文化交流事業を展開した財団法人。

日本財団   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
1962年(昭和37年)に財団法人 日本船舶振興会として設立されましたが、時代の要請と共に、海洋船舶事業だけでなく、公益・福祉事業、ボランティア支援事業、海外協力援助事業など、幅広い公益活動に支援を行なうようになりました。そこで、1996年1月1日から、ニックネームとして日本財団を使用しています。事業は次の大きな4つの柱から成立しています。

1.海洋船舶事業
海洋国日本の未来を見つめて、船と海に関する調査研究、船舶の航行安全、子供たちに対する海事知識の普及活動など、様々な事業を支援しています。また造船事業者などに必要な資金を、長期、低利で融資を行なっています。

2.公益・福祉事業
 安心で、ゆとりと豊かさが実感できる社会の実現に向けて、高齢者が安心して生活できる環境整備、障害者の社会参加促進、生涯スポーツの普及振興、芸術文化の保存発展、海事思想の普及、観光事業の推進、環境保護、地域におけるコミュニティ活動など様々な事業を支援しています。

3.ボランティア支援事業
 地域に密着した民間社会福祉の活性化、自然保護のほか、さまざまなボランティア活動と、これらを積極的に推進するための人材育成などに、幅広く支援や、啓蒙を展開しています。

4.海外協力援助事業
 各国のNGO、国連機関などに支援を行なうとともに、草の根レベルの地域開発活動の推進に寄与するなど、いま世界が直面している多様で複雑な課題の解決に向けて柔軟で迅速な対応を図っています。

日本財団は、全国の地方自治体が主催する、競艇の売上金の3.3%を交付金として受け入れ、国内外の公益事業を実施している団体への事業支援を行なっています。
競艇は、1951年(昭和26年)に制定されたモーターボート競走法に基づき運営され、地方自治体が主催者となって全国24の競艇場でレースが開催されています。

チーム「ヒカリの羽」   詳細
活動地域 神奈川県/宮崎県/
分野 児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/自然環境保護/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
アダルトチルドレンを主に対象にしたメール相談、地域清掃活動(新横浜)、など様々な活動をしている人たちが集まって話し合う場です。

天地塾 「21世紀型感動体験!」   詳細
活動地域 沖縄県/全国/海外/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
沖縄発!「人・地球にやさしい」をコンセプトに、エンターティメント・音楽・講演・アート・文化芸能・映像・様々なプロジェクトを通して、公益性の高い活動を継続的に行う!

かんもくの会 (日本へ最新の緘黙症治療法をもたらす会)   詳細
活動地域 全国/
分野 児童・母子福祉/障害者福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/医療/人権/
活動内容・
団体紹介
ふつうの言語能力をもっているにもかかわらず、特定の場面で話ができなくなってしまう子どもたちがいます。そのような症状を「場面緘黙(かんもく)」といいます。
また、あらゆる場面で完全に話ができなくなる「全緘黙」という症状を呈する子どもたちも稀にいます。
これらは心因性の情緒障碍であり、総称して「緘黙症」と呼ばれています。

緘黙症の子どもたちは500人の学校なら平均して一人か二人はいると言われています。

それにもかかわらず、一般的に緘黙症の認知度は極めて低く、学校の先生や心理職の専門家でもその心理メカニズムと有効な治療法を知る人はほとんどいません。

適切な指導を受けられず大人になるまで緘黙症を持ち越してしまった人は、その後の人生においても大なり小なりその辛い後遺症をひきずりながら生きることを強いられます。

かんもくの会は、自閉症、LD、ADHDなどと同様に、「緘黙症」の支援体制が国家的に整うことを目標に実社会に働きかけていく活動を行っています。

さらに詳しくは当会のホームページをご覧ください。

Human Active 余暇楽習研究所   詳細
活動地域 北海道/青森県/岩手県/秋田県/福島県/茨城県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/山梨県/長野県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/まちづくり・村づくり/交通安全/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/健康づくり/医療/人権/市民活動支援/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
知的障害児(者)や子どもを対象の中心に、心身の活性化を目的に、野外活
動・レク・あそびなど余暇支援を行うグループです。
冬はスキー(年3回)、夏は長期キャンプ、毎月2回の遠足や宿泊などの活動や、放課後支援も行っています。

鹿屋市国際交流協会   詳細
活動地域 鹿児島県/全国/海外/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/交通安全/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
鹿屋市国際交流協会は、鹿屋市の持つ地理的、歴史的特性を活かし、行政と市民が一体となって国際交流・国際協力活動を推進し、平成8年12月24日に設立しました。
国籍、肌の色、年齢、性別を越えて「われら地球人」を合言葉に外国からの来訪者、在住外国人との交流を深め、また、国際交流をキーワードに市民同士の交流が活発化し、地域の活性化と文化の向上、グローバルな視野を持つ人材の育成に寄与するよう各種事業を企画運営しています。

リッチモンド・ファーマコロジー   詳細
活動地域 海外/
分野 その他社会福祉/学術研究の振興/医療/
活動内容・
団体紹介
リッチモンド・ファーマコロジー:Trials4usはロンドンにあるヨーロッパで最大の日本人と異なる民族集団のブリッジング・スタディを実施しており、有償の治験ボランティアの参加者を募集しています。治験ボランティア活動は、治療法の発見や、さまざまな病状で苦しんでいる世界中の人々の治療の向上に役立てられています。

NPO環境保全型農業を推進する会   詳細
活動地域 北海道/全国/海外/
分野 その他社会福祉/学術研究の振興/青少年育成/まちづくり・村づくり/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
農薬や化学肥料、生厩肥等による土壌・地下水・河川・海洋等の汚染と地球温暖化に拍車をかける自然環境破壊型及び非健康型の日本の農業に警鐘を鳴らし、環境保全型農業を自ら実践し、化学物質過敏症や食物アレルギーの消費者に安全・安心な農産物を紹介し、自然と共生可能な地球に優しい農業を提案している。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 次へ→