条件:その他社会福祉 該当団体数 204 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野
社会福祉法人プロップ・ステーション   詳細
活動地域 全国/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
プロップ・ステーションはコンピュータを活用して、障害を持つ人(challenged: チャレンジド)の自立と社会参加、とりわけ就労の促進や雇用の創出を目的に活動する社会福祉法人です。

プロップ・ステーションはコンピュータネットワークを活用してchallenged(チャレンジド)の自立と社会参画、とくに就労の促進を目標に活動を続けてます。

challenged(チャレンジド)というのは「障害を持つ人」を表す新しい米語「the challenged」を語源とし、障害をマイナスとのみ捉えるのでなく、障害を持つゆえに体験する様々な事象を自分自身のため、あるいは社会のためポジティブに生かして行こう、という想いを込め、プロップが提唱している呼称です。

障害を持つ人は日本においては「福祉施策の対象」とされて、チャンスより保護の必要な人たちと位置づけられてきました。でも今これは、本当に正しいのでしょうか?

超高齢化といわれる時代を迎え、高度なケアを必要とする人たちの人口比率が高まる中、働く意欲を持つ人が"チャレンジドであれ、女性であれ、高齢者であれ"就労のチャンスを得て、社会参画や納税というかたちで「支える側」に回ることの出来る社会システム。
そういうシステムの構築が、これからの日本には必要なのではないでしょうか。
とくにバリアーの大きいチャレンジドの就労における様々な障壁を取り除く知恵や努力は、チャレンジドのみならず、多くの人たちにとって、「自己実現可能な未来」への道を切り拓くのではないかと思います。

プロップでは、そのための手段としてコンピュータに着目し、「コンピュータネットワークを活用した在宅ワーク」を含む広範な就労の場の創出に向け、産・官・学・民・メディアのすべての分野の人たちと連携しながら、目標に向かって進んでいます。

生まれつきであれ、事故や病気や加齢が原因であれ、全ての人は「障害をもつこと」に無関係で生きて行くことはできません。
ケアのひつようなときには適切なケアを、働く意欲のあるときには就労のチャンスが得られるという柔軟な社会システムを生み出すことこそが、今わたしたち一人一人に突きつけられた課題ではないかと思います。

プロップ・ステーションは、この課題に果敢に挑戦するため1991年5月、草の根の非営利組織として発足し、1998年9月、新しいタイプの社会福祉法人として厚生大臣の認可を受けました。
一人でも多くの方々が、プロップの活動に参画して下さることを心から願っています。

社団法人 日本青年奉仕協会(JYVA)   詳細
活動地域 全国/海外/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/公害防止/リサイクル/健康づくり/医療/消費者問題/人権/市民活動支援/平和の推進/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
当協会は1967年に創設された文部科学省所管の社団法人です。民間のボランティア活動推進機関として、青少年を中心としたボランティア活動の推進事業を実施しています。国内唯一のフルタイムボランティアプログラム「1年間ボランティア計画」をはじめとして、ボランティア学習推進事業、ボランティア情報提供、活動の場の提供、全国レベルの研究集会、国際交流、出版などを実施しています。

特定非営利活動法人創発科   詳細
活動地域 北海道/
分野 その他社会福祉/教育・生涯学習指導/まちづくり・村づくり/リサイクル/市民活動支援/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
創発科は、まちづくりの為に、「民の知恵の集結」での、IT普及・地場産業の商品企画・雇用創出・福祉技術の研究開発をしています。そのボランティア活動経費を捻出する為に、特許等のコーディネート・各種の設計・コンピューターグラフィック・アニメーション・デザイン・インターネット応用技術・HP作成・文章作成などを指導・受注しています。

特定非営利活動法人 クーネの会   詳細
活動地域 北海道/
分野 高齢者福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/まちづくり・村づくり/自然環境保護/リサイクル/人権/その他/
活動内容・
団体紹介
「子供達との同居や介護を当てにせず、また施設などに入らず、最期まで人間らしく尊厳ある余生をおくるために、高齢者が集い自らの手で高齢者のためのコミュニティー(リタイヤメントビレッジ)を作って、共助しあいながら明るい穏やかな人生をおくりましょう。」を合い言葉に、故郷や田舎にグループで、コーポラティブハウス(共同所有の共同住宅)を建て、そこに移住して暮らしたいと希望する人達が集い、互いに支援、応援し合う活動をしています。
 具体的には現在、北海道は道南に位置する八雲町の3万坪の定期借地に、来春造成着工予定の計画が進行中です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 |