条件:児童・母子福祉 該当団体数 237 団体

この結果を 地域
別の条件で検索する 地域分野 次へ→
学生講師インカレサークル「ステップアップルズ」    詳細
活動地域 東京都/
分野 児童・母子福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/自然環境保護/平和の推進/その他/
活動内容・
団体紹介
学びたいのに家庭環境により学べない子どもたちを支援するため、また経済格差による教育格差を是正するため、ひとり親家庭の中でも学習サポートを必要とする子どもたちを対象とした無料塾『ステップアップ塾』。
この塾の講師となり、勉強を教えているのが学生講師インカレサークル「ステップアップルズ」です。
※塾生は不登校の小・中学生、被災地からの避難家庭の小・中学生も対象としています。
具体的な活動として、
・週に一度の「学習支援」と「給食」
・月に一度の「清掃活動」
・塾生たちの悩み相談「ココロメンテナンス(仮)」
を通じて、子どもたちに社会から愛情を注ぎ、福祉的な循環型教育モデルを作ることを目的としています。
2014年4月に早稲田にて開塾し、初年度は早稲田大学の学生が講師の中心メンバーとなりました。2015年度は、早稲田に加え、下北沢校もスタート!大学と地域が子どもを支える教育モデルをまず東京エリアで構築します。

猪苗代の森 湖南自然楽校 東京支部   詳細
活動地域 福島県/東京都/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/まちづくり・村づくり/自然環境保護/市民活動支援/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
福島県の中では低放射線量である湖南地域を舞台に、野外活動が制限されている子たちに向けた様々な体験事業を提供しています。年間通じて地域の皆さまとともに活動を作っており、多くの皆さまに協力を頂きたいと考えております。東京支部でも、企画会議やボランティア募集をしております。

Club World Peace Japan   詳細
活動地域 北海道/岩手県/宮城県/茨城県/群馬県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/長野県/静岡県/愛知県/三重県/大阪府/兵庫県/広島県/香川県/福岡県/全国/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/芸術・文化の振興/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/人権/女性/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
私たちは、
中学生・高校生が企画・運営して社会貢献に取り組む国際ボランティアグループです。

 子どもから大人、障がいのある方、みなが一緒になって活動することができる環境つくりを心がけています。

CWPJは、僕の見た戦争というイラク戦争についての本を読んだことからはじまりました。
戦争は過去、歴史の中でのことではなく、いま現実に起きていることだと知って、大きな衝撃を受け、なにかできないかと手探りの中
「壁を乗り越え 子どもを笑顔に 国を笑顔に 地球の笑顔をつくる」を合言葉に
2009年に東京で中学生数人からはじまりました。
アメリカとカナダと、日本各地に支部・チームがあり活動をおこなっています。
"Think globally, act locally" それぞれの地域での活動を点から線に、そこから円に、
共通意識をもって取り組んでいます。

ロゴには、ずっと変わらない「平和への思い」をカニがピースしているところに込め!
「あたたかく、こどもを育てていく、守っていく」という意味と「地球を守っていく!!」という思いを円と男の子に込めてます。あたたかさを、手書きという一番思いが伝わる方法で描いていただいています。


 2009年、に東京の中学生が立ち上げた団体ですが、たくさんの方のサポートを受け、日本全国と海外で、700人を超えるメンバーで「こどもから大人が一緒になって」活動中です。

軸となるプロジェクトは、海とふれあいプロジェクト。
人間活動により破壊された環境、若い世代に薄れていく海への関心を取り戻すため始ったこのプロジェクトは、
 2010年4月に開始され、最初は数人での開催であった活動も今では100人を超すほどまでに!!
                             
◆目的/Our Visions

○LOVE AND PEACE 日本から平和を世界に発信していく!
    世界平和、そういうと現実的でないとか、お前らには無理だとか、いろいろ言われます。でも、あきらめちゃいけないし、世界中で同じ世代のこどもたちが苦しんでいることを知ってなにもしないってわけにはいかなくて、そうやって始まったのがCWPJです。

○10代のパワーをもっと社会に役立てていく。10代の力をもっと広めていく。
   中学生・高校生の約7割が将来に不安もを持っている、希望を持つことができないといわれています。だからこそ自分たちの力をもっと社会に、未来に使っていかなくちゃいけないと思っています。

○10代の社会への挑戦を応援していく!10代の活動の場として。

○未来を担う僕たちだからこそ 将来を考え社会問題に取り組む

童楽寺ホーム   詳細
活動地域 和歌山県/
分野 児童・母子福祉/青少年育成/
活動内容・
団体紹介
■童楽寺ホームは、世界遺産・高野山の麓に抱かれた、大自然ゆたかな和歌山県かつらぎ町にあります。
■童楽寺ホームでは、児童虐待などの社会問題にも危惧しながら、和歌山県から専門(養育)里親の認定を受け、現在は子どもに関する活動全般にボランティアと共に、幅広く取り組んでいます。
■寺子屋と言えども、特別なことは何もなく、「ありがとう・ごめんなさい」の心を大切にし、1日1日の無事と感謝を祈りながら、子ども達とごく当たり前の生活を送っています。
■都会では味わうことのできない大自然の中で、「ほんまもん」の家庭生活体験をしてみませんか?
■和歌山県から養育・専門里親認定をいただき、「童楽寺ホーム」で子ども達と一緒に、楽しく暮らしてます。
「童楽寺ホーム」で「プチ一休さん体験」をしてみませんか?

NPO法人 野外遊び喜び総合研究所 あばれんぼキャンプ   詳細
活動地域 福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/まちづくり・村づくり/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/健康づくり/市民活動支援/その他/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
あばれんぼキャンプはサマーキャンプやスキー教室で、子どものアウトドア、自然体験の教育、指導を行うNPO法人です。東京都を拠点に活動を行っている自然楽校であり、福島県猪苗代湖には専用キャンプ場と古民家を借りてキャンプや囲炉裏ですごす田舎体験を実施しています。
なにかボランティアをしてみたいなぁという人、子どもが好きな人、人とふれあうのが好きな人、はたまた歩くのが好きな人…!
少しでも興味をもっていただけたら、ぜひご連絡ください!

毎週水曜日に京王線府中駅近くの会議室にて会議を行っています。ぜひ一度見学に来てください。
当法人では、毎週週末幼児から小学生向けのキャンプ活動を行っています。

現在ボランティアスタッフを募集している事業は
日付:キャンプ名(対象年齢、開催会場)

7/26〜7/29:3泊4日の源流探険キャンプ(小学生対象、会場:山梨県小菅村)
7/26〜8/9:14泊15日の地球人キャンプ(小学4年生以上対象、会場:福島県湖南町)
7/31〜8/3:3泊4日のマウンテンバイクキャンプ(小学生対象、会場:福島県湖南町)
8/3〜8/9:6泊7日の冒険人キャンプ(小学生対象、会場:福島県湖南町)
8/6〜8/9:3泊4日の自然人キャンプ(小学生対象、会場:福島県湖南町)

ボランティア希望の方は、
TEL:042-364-8031
FAX:042-202-0881
メールの方は「名前(ふりがな)」「年齢」「性別」「連絡先」「大学名/職業」「参加予定キャンプ」「説明会希望日(毎週水曜日に19時〜)」を入力お願します

ユナイテッド・アース   詳細
活動地域 岩手県/宮城県/福島県/
分野 高齢者福祉/児童・母子福祉/障害者福祉/その他社会福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/国際交流/まちづくり・村づくり/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/自然環境保護/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介
【2014年6月12日更新】

社会貢献共同体ユナイテッド・アースでは、阪神淡路大震災の経験から、今回の震災復興支援は、支援活動をする側と被災された皆様と一生のお付き合いをさせていただくような気持ちで「共に」復興に向けて歩ませていただくことが最も重要だと考えております。

そのため、広く様々な地域に支援を行うのではなく、長期的な視点を持ち、まずはある地域に注力させていただき、「産業の復興」「雇用の創出」を視野においた活動を、一つひとつ具現化し、その事例が他の地域へ広がっていくことが大切ではないかという考えで支援活動を展開させていただいております。

震災直後すぐに先発隊として数名がチームを組んで被災地に足を運び、調査・検討させていただいた結果、以下の2つの理由から、南三陸町に支援活動の拠点を置く動きを始めました。

●1つ目は、支援団体が南三陸町にあまり入っていなかったこと。

●2つ目は、コミュニティが確立された避難所がすでに何件もあり、その連帯感に感動したこと。

そして、3月26日、南三陸町社会福祉協議会の方々と共に「南三陸町災害ボランティアセンター」立ち上げのお手伝いをさせていただきました。

その後、多くの町民の方々と触れ合わせていただく中で、都会では忘れ去られいて、この町が持っていた、人と人、人と自然とのつながりの温かさにとても感動させていただきました。

この“つながり=絆”の深さがあれば、津波による壊滅的な被害を受けた南三陸町は、必ずや素晴らしい町へと復興するだろう!と、先発隊のメンバー全員が直感で感じたのです。

私たちは、町の人の想いを大切にしながら、ただの震災ボランティア、外部の人というスタンスではなく、「共に」南三陸町を復興させたい!という同志として歩ませていただきたいと思っています。

また、この未曾有の危機に対して、この町が復興のシンボルとなり、新しい町づくりの雛形を創っていけるように尽力させていただき、日本の復興と希望ある未来に向かって、この南三陸町の方々と共に歩ませていただきたいと強く決意しております。

特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド   詳細
活動地域 東京都/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/国際協力/自然環境保護/公害防止/健康づくり/医療/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/
活動内容・
団体紹介
今世界では、8億4200万人が飢餓に苦しんでいます。ハンガー・フリー・ワールドは、飢餓問題の解決を目的に活動する国際協力NGOです。
そのために、栄養改善、教育、保健衛生、収入創出、女性への力づけ、環境保全の6分野における地域開発、飢餓を生み出すしくみを変えるアドボカシー、飢餓をなくすために行動を起こすよう呼びかける啓発活動、飢餓をなくす人材を育てる青少年育成の4つの活動をしています。

この地球に生まれてきたすべての人が肉体的にも精神的にも豊かで、誰もが希望を持てる、そんな世界を創りだすことを目指しています。

バングラデシュ、ベナン、ウガンダ、ブルキナファソで事業を展開。日本では啓発活動にも力をいれています。


2007年10月から新しい募金がスタートしました。
「ひとつぶ募金」です。 

毎日のご飯をお福(すそ)わけ 「ひとつぶ募金」に参加しよう!

世界には十分な食べ物が生産されているのに、12秒に1人の子どもが、飢餓が原因で亡くなっています。

家族や仲間と囲む食卓は、生きる幸せです。
世界中の食卓を笑顔で満たすために。
お米ひとつぶを大切にする、あなたの気持ちを届けます。

ひとつぶ募金とは・・・
一口1000円(1食10円×3食×30日≒1000円) から始められる、
継続的な募金制度です。いただいたご支援は、国際協力NGOハンガー・フリー・ワールドがバングラデシュ、ベナン、ウガンダ、ブルキナファソで行う貧しい人たちのための栄養改善事業に活用されます。毎日の食卓を通じて、世界の人たちと食べる喜びを分かちあってください。

ご支援いただいた方には・・・
参加時に「ひとつぶマグネット」をお届けします。年次報告(年1回)、ポストカード「写真で伝えるハンガー・フリー・ニュース」をお届けします。

お申し込み・連絡先はこちら
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:石川)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hitotsububokin.net/index.html

世田谷区BBS会   詳細
活動地域 東京都/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/青少年育成/
活動内容・
団体紹介
世田谷区BBS会は子どもを支援する活動を行っている学生を中心としたボランティア団体です。主に世田谷区の様々な施設で一対一・またはグループワークのボランティア活動を行っています。

NPO法人夢職人   詳細
活動地域 東京都/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/スポーツ/青少年育成/芸術・文化の振興/まちづくり・村づくり/
活動内容・
団体紹介
★☆★ 一緒に活動してくれるスタッフを随時、募集しています! ★☆★

学生や若手社会人が子どもたちのために協力し合いながら活動しています!

■ 団体概要 ■-----------------------------------------------
NPO法人夢職人は、子どもと若者がつながり合い、共に学び合い、成長していくコミュニティづくりを行っている非営利活動団体です。東京都江東区を中心に異年齢集団での野外教育活動、スポーツ・レクリエーション活動、文化・芸術活動などの多彩な社会教育活動を行っています。様々なバックグラウンドを持つ若者が主体となり、若者が専門的な知識・技術を有する方々と協力・連携しながら地域における教育活動の実践に取り組んでいます。

■ 主な活動内容 ■--------------------------------------------
|楼荵劼匹眤慮崖萋哀ラブ
地域の子どもたちに年間を通じて継続的に様々な体験学習プログラムを提供するキッズクラブの運営をしています。毎月のデイプログラムや長期休み中には各地でキャンプを行なっています。
▲ャリア教育
子どもたちの実社会への興味・関心を高め、社会で活躍していくうえで必要な力を育んでいくための社会体験の場や機会づくりに取り組んでいます。
E斃乏惱
地域の公立小学校と協働で学習支援活動の実施しています。
ぅ廛譟璽僉璽(冒険遊び場)づくり
土・火・水・木などの自然を使って子どもたち自身がのびのびと遊ぶことのできる場づくりに取り組んでいます。
ゥ廛蹈献Дトサポート
市区町村の教育委員会や公益法人(社団法人、財団など)、市民活動団体からの依頼を受け、講師派遣や企画運営に関する支援なども行っています。
-------------------------------------------------------------

地球市民交流会(NPO法人)   詳細
活動地域 東京都/神奈川県/兵庫県/海外/
分野 児童・母子福祉/教育・生涯学習指導/学術研究の振興/青少年育成/国際交流/国際協力/まちづくり・村づくり/犯罪の防止/観光の振興/災害の防止・災害時の救援/健康づくり/医療/消費者問題/人権/女性/市民活動支援/平和の推進/ボランティア活動推進/ボランティア団体支援/
活動内容・
団体紹介


【活動内容】

Φ通訳NGO活動
Φ災害時活動(災害通訳士の活動含む)
Φ日本語教育普及(文化庁JLAP含む)
Φ外国人ボランティア推進
Φ南・東アジア連帯事業(日韓新100年宣言含む)
Φ西アフリカ医療支援(コートジボワール含む)


【団体紹介】

現在、日本に暮らす外国人は200万人を超えます。
これらの人たちは戦後、様々な理由から来日し、日本人もまた諸国を頻繁に訪れる中で互に接する機会も急速に増えました。

しかしながら、医療、出産育児、教育、就労など、日常の生活で直面する問題は、文化・背景の異なる人々にとっては大きな障害をもたらしています。

特に、生きるために来日した人たちにとっては、福祉や人権など緊急に対応すべき問題を抱えながら同時に定住日本人からの差別や蔑視という苦痛を受けることも多いのです。この差別には、国や社会による制度的なものと、人々による偏見上のものがあります。

では、なぜ人は差別をするのか、それはその人々がこれまで受けてきた教育や親のうえつけなどが大きく影響しているといえるでしょう。
人は、相手の立場にたてば、ひどいことはできないはず。
認められないからこそひどいことをします。

しかし悲しいことに、世の中から差別や偏見を消し去ることはできません。

では、はたして私たちにできることは何でしょう?

私たちは、そのたちはだかる壁を崩していきます。
それは草の根の支援活動を通して日本社会が抱えている問題を浮き彫りにし、国家ではく地域から変えていく布石となります。

問題の多い日本社会の中で外国人はつらいことがあるとしても、日本で暮らして幸せだった、日本にきて良かったと思える社会であることこそが、定住日本人を含むすべての人にとって住みよい社会といえます。

私たちは、人種、国籍、思想、歴史、文化の「違いをのりこえ、人として尊重される社会」を目指しています。


【紹介詳細】http://www.gci.or.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 次へ→