条件:新着情報より直接リンク 該当記事数 - 件

条件指定 地域分野
検索ボタンをクリックすると他の全ての記事が表示されます

2019-2-14
(4/7 東京)村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり 〜村の青年団と日本の学生との交流を通してこれからの熱帯林保全を考える〜
団体名 ウータン・森と生活を考える会
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 (4/7 東京)村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり
〜村の青年団と日本の学生との交流を通してこれからの熱帯林保全を考える〜

オランウータンなどの希少種が棲む生物多様性の宝庫ボルネオ島。この島の大半を覆っていた原生林は、違法伐採やパーム油生産のための大規模農園、森林火災などによって半減しましたが、ボルネオ島の熱帯林減少と私たちの消費生活とは決して無関係ではありません。

このたび、昨年末のスタディツアーに参加した日本の中高生とタンジュン・ハラパン村の青年団メンバーが、ボルネオ島の熱帯林減少と自分たちの生活とのつながりとこれからの熱帯林保全に向けて何ができるかを会場のみなさまと共に考えます。

日 時:2019年4月7日(日)13:30〜16:30(13:10受付開始)

場 所:JICA地球ひろば2階 国際会議場

参加費:無料

定員:100人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)

詳しくは→ https://goo.gl/EtWWGG