条件:新着情報より直接リンク 該当記事数 - 件

条件指定 地域分野
検索ボタンをクリックすると他の全ての記事が表示されます

2017-7-20
「世界食料デー」月間2017プレイベント 食べる、を考える1日。
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 神奈川県
内容 日時:8月19日(土)

第1部 10:00〜12:10(受付9:30〜)
第2部 13:00〜17:30(受付12:30〜)

会場:JICA横浜 会議室1(地図)https://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

定員:50名

参加費:無料

共催:「世界食料デー」月間2017、横浜市資源循環局


世界では、すべての人が食べられるだけの食料は生産されています。
それにもかかわらず、今日食べられるかどうか不安を抱えながら生活している人たちがいます。
一方で、たくさんの食べ物をムダにしている私たち。
みんなが安心して食べられる世界にするためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

今回のイベントでは、第1部はドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映とトークセッションを通して、私たちにとって身近なフードロス問題から世界の食料問題まで、幅広く考えます。

第2部では、食料問題の解決のために活動するNGO/NPO、国連機関が集まり、私たちにもできるアクションを考えるワークショップを実施します。

10月16日は世界食料デー。10月の「世界食料デー」月間に向けて、一緒に行動してみませんか?


■プログラム(予定):
【第1部】
10:00 開会あいさつ・趣旨説明 横浜市資源循環局
10:10 ドキュメンタリー映画「もったいない!」上映
11:30 トークセッション情報提供:アフリカ日本協議会 斉藤龍一郎
聞き手:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
12:00 まとめ
12:10 終了

【第2部】
13:00 開会あいさつ・趣旨説明
<ビデオメッセージ>国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ
13:20 全体ワークショップ1−原体験を聞くThinking WHY: 活動の原体験をNGO職員から聞く
<トークセッション>セカンドハーベスト・ジャパン 田中入馬、日本国際飢餓対策機構 福地麻美
モデレーター:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
14:30 テーマ別ワークショップ(以下から1つを選んでご参加ください)
 A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
 B.フードドライブをやってみよう!
 C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
15:55 全体ワークショップ2−アクション・プランニングDrive The CHANGE:一歩踏み出すアクションを考えよう!
17:20 まとめ
17:30 終了

※「第1部のみ参加」「第2部のみ参加」「第1部・第2部の両方に参加」
のいずれかをお選びください。

※第2部テーマ別ワークショップの詳細は、末尾をご覧ください。


お申し込み・お問い合わせ


◆参加申込み
申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。
https://docs.google.com/a/hungerfree.net/forms/d/17nM-qa8tB21WX1IX3vQO2T9QvnmGNmhSJGMvzURxNJk/viewform?edit_requested=true

◆お問い合わせ
「世界食料デー」月間2017事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

……………………………

■テーマ別ワークショップ詳細
A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
<オックスファム・ジャパン>
オックスファムは、世界90か国以上で活動する国際NGOです。これまでに世界各地で人々の力によって社会が動いてきた事例をみてきました。こうした中で、行動する前提として、行動の源にある問題意識を重視しています。このワークショップでは、食料問題や社会問題に問題意識がある方々を対象に、その源にある意識を掘り下げるワークショップを開催します。

B.フードドライブをやってみよう!
<セカンドハーベスト・ジャパン>
ご家庭の「もったいない」食品を集めて、フードバンクや施設などに届ける活動をフードドライブと言います。日本の食品ロスや生活困窮者の現状を学び、フードドライブを職場やイベントで実施してみませんか?

C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
<ハンガー・フリー・ワールド>
日本の農家さんやアフリカのお母さんなどいろいろな人の「食」への想いを聞きながら、私たちの食生活と世界の食とのつながりを考えるワークショップを行います。「世界食料デー」月間に、世界の食について、学校の授業やイベントで一緒に伝えませんか?