条件:- 該当記事数 752 件

条件指定 地域分野 次へ→
2004-1-27
世界21ヶ国! 中長期ボランティアプログラム
団体名 特定非営利活動法人 NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
分野 国際協力
活動地域 海外
内容  中長期ボランティアとは、2ヶ月〜1年間、地域や施設に住み込みながら、
じっくりと活動に取り組むボランティアプログラムです。
現在NICEでは、日本国内を含む、世界21ヶ国、150以上のプログラムで
参加者を募集しています。
 時間をかけてボランティア活動に取り組むことは、自分の興味のある分野
の現場を知れる・体験できる、より大きな成果を残せる、異なった環境で自分
自信を成長させる、その国の言葉・文化について深く知ることができるなど、
魅力たっぷりです。 参加期間は自由に選べるものが多いです。特別な資格を
問われないものも多いです。もちろん、やる気!は必要です。
 『中長期ボランティアに参加してみたい』と思われた方は、NICEのホームページ、 www.nice1.gr.jp の 中長期ボランティアのページをご覧下さい。
プログラム情報も紹介してあります。ご質問は LM@nice1.gr.jp 塚本までお気軽にお願いします。

(プログラム例)
★地域の若者と協力し、ユースセンターの修復。イベント盛上げ(フランス)
★先生の不足している公立の小学校で、英語・日本語の授業(ケニア)
★インドの田舎で暮す社会的・経済的に不遇な女性の支援 (インド)
★専門施設が限られている田舎で、障がいを持つ人(特に子ども)が暮す
 家庭をまわり、介護、運動、一緒に遊ぶ(バングラディシュ)
★グランドキャニオンのトレイルの整備など(アメリカ)
★生物保護区で、動植物の調査や植林作業 (エクアドル)

2003-12-28
児童養護施設で楽しくボラしましょ☆
団体名 ボランティア団体ぷちりんご
分野 児童・母子福祉
活動地域 愛知県
内容 私達は只今、慈友学園という児童養護施設で
子供達の相手をするボラをしています☆
自分達の個性を活かせるボランティア団体です(^^)
一度ホームページ「ぷちぱーてぃ」に遊びに来て
私達の活動を見てみてください☆
そして興味があったらメールでも電話でも掲示板でも
何でもいいので連絡ください☆一緒に小さなりんご達を育てましょう

2003-12-26
「地域国際協力リレー・フォーラム」開催のご案内(2004/2/2)
団体名 (財)自治体国際化協会 市民国際プラザ
分野 国際協力
活動地域 群馬県
内容  今日、地域レベルの国際協力活動は、相手国のニーズに合ったきめ細かな
協力ができることから、その推進の必要性がこれまで以上に叫ばれていると
ころです。
 また、地方自治体、NGO・NPOや地域住民が協力し合うことにより、
より一層効果的な活動ができるものと期待されます。
 このリレー・フォーラムでは、「地域発の国際協力とは〜自治体とNGO
・NPOの連携のあり方」をテーマに、「多文化共生」、「農業支援」、
「地域おこし」の各分野で先進的な国際協力事例を有する自治体・NGO等
から事例発表を行います。
 また、基調講演には、カンボジアの自由選挙やユーゴスラビアの平和維持
などに貢献された元国連事務次長の明石康氏((特活)日本紛争予防センタ
ー会長)をお迎えして、地域からの国際協力にどのような期待と展望を持た
れているのか、その将来像も含めた示唆に富んだお話を伺います。さらに、
事例発表者全員とコーディネーターによるパネルディスカッションも行いま
す。
 どなたでも参加することができますので、ぜひこの機会に自治体やNGO
の活動に触れて、「地域から国際協力」について一緒に考えてみませんか。

●日時:2004年2月2日(月)10:00〜16:30(9:30受付開始)
●会場:群馬県民会館(群馬県前橋市日吉町1-10-1)
    ・JR前橋駅北口4、5、6番バス乗場から、県民会館前または住吉交番前
    下車

●対象:群馬県及び近隣県の自治体職員、地域国際化協会職員・会員、国際
    協力NGO・NPO関係者、国際交流団体関係者、関心ある一般市
    民等
●参加費:無料(要申し込み)

★プログラム
 10:00-12:00 分科会(事例発表各分野2団体と質疑応答)
       (1)多文化共生、(2)農業支援、(3)地域おこし
 13:30-14:45 基調講演(明石 康氏)
 14:55-16:30 全体討議(パネルディスカッション)

★事例発表団体
 (1)多文化共生:武蔵野市国際交流協会、(特活)多文化共生センター・
         東京21
 (2)農業支援:群馬県、(準学)アジア学院
 (3)地域おこし:長野県楢川村、日本民際交流センター

■申込方法:氏名・住所・電話番号・メールアドレス・ご所属先・参加希望
      分科会・基調講演及び全体討議へのご出席の有無を明記のうえ、
      下記までFAXもしくは電子メールでお申込ください。
■申込締切:2004年1月26日(月)

◆主催:(財)自治体国際化協会
◆後援:総務省、群馬県、(財)群馬県国際交流協会

■問合せ・申し込み先:
 (財)自治体国際化協会 交流協力部 協力課(担当:牧野)
  TEL:03-3591-5482 FAX:03-3591-5346
  E-mail:k-makino@clair.or.jp

2003-9-3
NGO/CSO公開フォーラム〜2015年ミレニアム開発目標(MDGs)と私たち
団体名 (財)自治体国際化協会 市民国際プラザ
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 MDGs達成に向けて、世界に先駆けて包括的に取り組んでいるスウェーデン、また
NGO先進国であるフィリピンやアメリカのNGOリーダーを招聘し、国際シンポジウム
を開催します。国連のイニシアティブにより、国際的にMDGs達成のための気運が
高まっており、今後日本においても、国連開発計画東京事務所を中心に社会全体
での取り組みが進みます。そこで、私たちは何ができるのかを国内外のNGOリーダー
と共に考える機会をいち早く設けるために、本フォーラムを企画しました。

●日時: 2003年9月8日(月) 13:00〜17:50

●場所: 国際交流基金 「国際会議場」(港区赤坂1-12-32 アーク森ビル20階)
・営団地下鉄「六本木一丁目」駅3番出口、及び「溜池山王」駅13番出口下車
徒歩2分
地図URL: http://www.jpf.go.jp/j/about_j/access03.html

★内容:
◇第1部: 基調講演
・基調講演1「'なぜ貧困はなくならないの?'開発途上国の貧困の構造とミレニ
アム開発目標の実現をめざして」
ロエル・R.ラヴァネラ氏 (アジア貧困半減協働ネットワーク(AJPN)運営委員)
・基調講演2 「'貧困半減実現の最大のチャンス!!'スウェーデン社会におけるミレ
ニアム開発目標キャンペーン」 ソフィア・オットソン氏
(スウェーデン国連協会 MDGコーディネーター)
◇第2部:報告 「ミレニアム開発目標と現場におけるNGOの活動」
1)「初等教育の普及」蜂須賀 真由美氏(教育協力NGOネットワーク 運営委員)
2)「HIV/AIDS 感染症の蔓延防止」西山 美希氏((特活)シェア=国際保健協力
   市民の会 タイ事業担当)
3)「環境の持続可能性の確保」エドアルド・カルダス氏(コンサベーション・イン
ターナショナル)
◇第3部: パネルディスカッション
「私たちができること! ミレニアム開発目標に向けて」
パネリスト:高校生、大学生、シニア世代などの代表

●使用言語:日本語、英語(同時通訳付)
●定員: 200名
●助成:国際交流基金日米センター

◆主催: 特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター、CSO連絡会
◆問合せ・申込み先: 特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター
(担当:宮下、鈴木)
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-9-1 斉藤ビル5階
TEL: 03-3294-5370 FAX: 03-3294-5398
E-mail:ngocso_forum@yahoo.co.jp
※お申し込みはメールでお早めにお願いいたします。件名は「NGO/CSOフォーラム
  参加申込」とお書きください。

2003-8-24
渡航臓器移植手術を支援します。
団体名 特定非営利活動法人NPO・ワークグループ
分野 医療
活動地域 全国
内容 毎週土日「臓器移植手術を待つ幼児の命を救う基金」街頭募金活動を行なって居ります。
支援をご希望される患者さんはご一報下さい。
支援を希望される患者さんのご家族と打ち合わせの上決定。
ターミナルなどで街頭募金活動。
ボランティアの方たちによる街頭募金。
電話(06)4391−8555
担当 芝本

2003-7-29
カンボジア支援NGOボランティアワーク9日間
団体名 蠧本エコプランニングサービス
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 アンコール遺跡群で有名なカンボジアシェムリアップ州は、また長い内戦により
深く傷つけられた土地でもあります。この地で地雷障害者とその被災孤児の自立
支援活動を行っているNGO、CVSG JAPANの活動に実際に参加します。
そしてやはり内戦により消滅の危機のあったクメール伝統織物の復興に尽力する
IKTT(クメール伝統織物研究所)を訪問します。またツアーでは、カンボジア
政府の地雷除去機関、C−MAC(カンボジア地雷行動センター)の地雷爆破作業
を見学します。なぜ地雷がただの兵器ではなく、「悪魔の兵器」と呼ばれるかを、
あなたの眼で見て知ってみませんか?

日程。娃廓9月1日〜9日間
  ■娃廓9月8日〜9日間
*最終日にはベトナムホーチミンで1日フリーディがあります。

旅行代金:¥184,500〜
別途査証料金、空港税、等がかかります。
詳細は資料をおとりよせ下さい。


蠧本エコプランニングサービス 
東京都千代田区外神田5-5-15-3F
お問い合わせTEL:03-5807-1691 FAX:03-5807-1692
http://www.jeps.co.jp jeps@jeps.co.jp

2003-7-25
シルクロード河西回廊遺跡保護植林ボランティア募集
団体名 蠧本エコプランニングサービス
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 世界的遺産カラホト遺跡を沙漠の飛砂害から守るために、協力隊員を募集します。
このツアーではシルクロード河西回廊を巡りながら西夏の時代、東西交易で栄えた
城都が沙漠に埋もれるのを防ぐための防風林の植林を行います。
カラホト遺跡は中国名黒水城と呼ばれる、シルクロードの入り口に位置する沙漠
の中にあります。内蒙古の沙漠化は深刻で、この世界的遺産をものみこんでしま
っています。文明の歴史を感じ、この世界的遺跡を残し後世に伝えるためにも、
協力隊に参加しませんか?

日程08月20日〜28日 ¥249,500〜
  09月10日〜18日 ¥245,500〜
  10月08日〜16日 ¥239,500〜

申込期限:各一ヶ月前まで

お問い合わせ先
企画協力:日本沙漠緑化実践協会
蠧本エコプランニングサービス
TEL:03-5807-1691 FAX:03-5807-1692
http://www.jeps.co.jp

上記までメール、お電話にてご連絡下さい。またはホームページより資料請求して下さい。

2003-7-3
■中国内蒙古・沙漠緑化「緊急支援6日間」協力隊員募集■
団体名 蠧本エコプランニングサービス
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 中国内蒙古自治区のクブチ沙漠、植林ボランティアを緊急大募集いたします。
SARSの影響により、中国への渡航の自粛を受け、現地への日本人ボランティアの派遣が
困難になったこの2ヶ月間、現地の住民の協力により緑化活動を続けてきましたが、
広い沙漠での活動、人手が足りずに困難を極めております。
そこで中国の渡航延期勧告の前面撤回を受け、緊急措置として特別協力隊を下記の要領で
募集することになりました。
多くの日本人ボランティアの手で造成した森を守り、日中友好の橋を架け続けるため、
みなさまのご協力をお願い致します。

日程   平成15年7月30日(水)〜8月4日(月)(6日間)
旅行代金 129,800円+協力金(大人2万円、学生1万円)

*査証取得代金、空港税等諸税は別途徴収させて頂きます

申込期限 7月18日(金) 

*説明会開催*
特別協力隊の説明会を7月12日(土)午前11時から下記で行います。
植林地の現状やSARSなどのみなさまの気になるご質問に旅行会社スタッフがお答えします。
当日来られない方は資料をご郵送いたしますので、まずはお問い合わせください。

企画団体:日本沙漠緑化実践協会
蠧本エコプランニングサービス 会議室
東京都千代田区外神田5-5-5沼田ビル3F
お問い合わせTEL:03-5807-1691 FAX:03-5807-1692
http://www.jeps.co.jp jeps@jeps.co.jp

2003-6-4
フリースクールを一緒に作る方募集
団体名 四谷個別アカデミー
分野 教育・生涯学習指導
活動地域 神奈川県
内容 (急募)
不登校・引きこもりの世話(話し相手)
火木:10:30〜15:30
すぐ、活動できます。
詳しくは平日の夕方
電話にて、問い合わせ下さい。
TEL 042-753-4817
(四谷個別アカデミー内)

2003-4-15
アジア里親の会
団体名 (社)アジア協会アジア友の会
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 アジアの子どもたちの教育をご支援下さる里親に、里子をご紹介いたします。法律的な養子縁組ではありません。手紙などの交流を通して里子の成長を精神的にもご支援頂ければ幸いです。

<里親になる手続き>
1.(社)アジア協会アジア友の会の会員対象。
 「アジア里親の会」は(社)アジア協会アジア友の会のプロジェクト活動のひとつです。そのため「アジア里親の会」をご支援下さる方は、(社)アジア協会アジア友の会の会員になって下さい。(賛助会員:月額600円/維持会員:月額1,000円)
2.申込書及び援助金をお送り下さい。
 援助金は里子一人一律年間20,000円です。
 援助金の送付は自動引き落としでお願いしています。自動引き落とし手続き書類は、申込書が事務局に到着次第送付します。なお、初回援助金は郵便振り込みをご利用ください。
3.里子決定
 申込書と援助金が事務局に到着後1〜2ヶ月で里子の資料をお送りします。
 援助期間は自由ですが、現地に安定した援助金を送るために最低2年は継続して下さい。
 場合により里子の引越し、結婚、就職などで援助を打ち切らざるを得ない場合もありますのでご了承下さい。その場合、新しい里子をご紹介します。

<援助金の使途>
1.援助金の80%は現地協力団体に。
 原則として援助金の使途は現地協力団体に委ねます。主として里子の通う学校などの教育施設の運営費に充てられ、病気などの緊急援助の場合を除き里子個人のためだけに使われることはありません。
2.援助金の20%は事務局で。
 事務局の運営費及び必要経費(郵送代)などに充てられます。

お問合せ・お申込み
 (社)アジア協会アジア友の会(JAFS) 
 〒550−0002 大阪市西区江戸堀1−2−16 山下ビル4F 
 TEL 06−6444−0587  FAX 06−6444−0581
 E-mail asia@jafs.or.jp
 http://www.jafs.or.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 次へ→