条件:- 該当記事数 775 件

条件指定 地域分野 次へ→
2008-4-9
第2期「森林ボランティア青年リーダー養成講座in関西」
団体名 JUON NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 兵庫県
内容
『森林がリーダーを待っている』

「日本の森林を守るってどうしたらいいのだろう?」
地球温暖化防止が叫ばれる中、森林が注目を浴びています。
森林保全・生物多様性・間伐材・バイオマス…最近よく耳にする言葉と
それにまつわる問題の現実を、あなたはどれくらい知っていますか。

「リーダーが求められています。」
森林ボランティアは「森林を守る」方法の1つです。
しかし、1回限りの企画も多く、中高年の割合が高いという問題があります。
森林に長い時間関わっていくことのできる青年リーダーが必要です。


「飛び込んでみて、わかること。」
この講座では、座学や体験を通して森林についての知識や技術を身につけ、
リーダーとしての心得を学ぶプログラムを用意しています。
講座終了後もリーダーとしてさらにレベルアップ出来るように、
継続して活動するための場も用意しています。
実際に体験して自分の肌で感じ、考え、行動してみませんか。



==講座情報============================
●日程・プログラム予定
 ・第1回 2008年6月28日(土)・29日(日)
      【兵庫県神戸市他】オリエンテーション・道具の使い方
 ・第2回 2008年7月5日(土)〜6日(日)
      【兵庫県三木市】雑木林保全活動
 ・第3回 2008年8月2日(土)〜3日(日)
      【兵庫県篠山市】人工林保全活動
 ・第4回 2008年8月23日(土)・24日(日)
      【京都府亀岡市他】炭焼き・振り返り
森林の現状・安全管理についてなどの座学や、間伐作業・
道作り作業・枝打ち作業・森林現状視察・里山散策など
実際にフィールドに出ての作業などを行います
(第2回・第3回は1泊2日で行います)。
  
●対象
 18〜40歳 ※初心者・経験者は問いません!
 ・森林ボランティアのリーダーになりたい人
  −新しい活動を始めたい人
  −森林作業の技術を身につけたい人
  −森林で継続して活躍したい人
  −環境問題に関心がある人
  −新しい仲間が欲しい人
  −日本の森林をなんとかしたい人
  −自然が大好きな人
●定員
 20名程度
●参加費
 一般10,000円/学生・JUON NETWORK会員9,000円
 (宿泊、食事、保険代など含む全4回分。
  ただし、現地までの交通費はご負担下さい。)
●締切
 2008年6月7日(土)※過ぎた場合はご相談下さい。
●申込方法
 1.申し込みフォーマット(下記)にご記入の上、
   はがきかFAX、メールにて事務局までお送り下さい。
 2.詳細は案内をお送りいたします。
   ※ 全ての日程の参加が原則です。
●主催
 特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK
●協力
 県立ささやまの森公園
 ひょうご森の倶楽部・大学生協

●問合せ・申込み先
 特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
 〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協会館
 TEL03-5307-1102/FAX03-5307-1091
 E-mai:juon-office@univcoop.or.jp
 URL:http://juon.univcoop.or.jp/
●現地事務局
 重元 勝(しげもと まさる) TEL:090-7022-7222
 山邑 和裕(やまむら かずひろ)TEL:090-9048-3871

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないことが多発しています。
また、返信に時間がかかる場合があります。
JUON NETWORKでは、お申込頂いた方には必ずお返事をしております。
お申込み頂いて1週間経過してもこちらからご連絡が届かない場合は、
メールを受け取れることが出来ていない可能性がございます。
大変お手数をおかけいたしますが、その際はお電話頂ければ幸いです。

==JUON NETWORKとは=======================
 JUON NETWORKは、
 都市と農山漁村の人々をネットワークで結ぶことにより、
 環境の保全改良、地方文化の発掘と普及、
 過疎過密の問題の解決に取り組み、
 自立・自助の志で新しい価値観と生活様式を
 創造していくことを目的としています。
 特定の宗教や政党とは関係を持たない非営利の団体です。


==申し込みフォーマット======================
名前:
ふりがな:
性別:男・女
年齢:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
学校名又は所属名:
応募動機:

意気込み:

森林作業は:初めて ・ 2〜3回目 ・ それ以上
現地までの交通手段:電車 ・ 自家用車 ・ その他
==================================
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付に限って
 利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いたします。また、
 ご本人様より停止等のご連絡を頂いた際には、速やかに必要な手続きを
 お取りいたします。


2008-3-28
「オーガニックフェスタin東京2008」イベントを盛り上げてくださる搬入・当日ボランティアさん大募集!
団体名 NPO法人オーガニック協会
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 今年で早くも第5回目となる「オーガニックフェスタin東京2008」。日本や世界中のオーガニックが一堂に集まる、大人も子どもも楽しめる、オーガニックの祭典です!

毎年本当にたくさんのボランティアさんに支えられ、うれしいことに出展者やボランティア同士の交流もどんどん生まれています。

現在事務局では、前日の搬入スタッフ・当日の運営など、フェスタを支えてくださる仲間を大募集中! ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。
また、当日以外の事前準備・終了後のお手伝いといった事務作業も、できる範囲で随時お願いしています。

★特に10日(木)の搬入スタッフと11日(金)のスタッフが不足しています。学生などお時間のある方大歓迎です!

★4月5日(土)13:00〜15:00の事務局にて行われる直前ボランティアミーティングにもぜひご参加ください!

お問い合わせ:NPO法人オーガニック協会事務局(岩見、長谷川宛) 
TEL:03-6822-9067 FAX:03-5573-8682 E-mail:info@organicfesta.com
〒107-0052 東京都港区赤坂2−21−5

○ホームページ:http://www.organicfesta.com/

○ボランティア詳細:http://www.organicfesta.com/Japanese/volunteer/

■開催期間:2008年4月11日(金)〜2008年4月13日(日)
11:00〜19:00(最終日は17:00終了)
■会場:晴海アイランド トリトンスクエア グランドロビー
http://www.harumi-triton.jp(都営地下鉄大江戸線「勝どき」駅下車4分)
■団体名:NPOオーガニック協会(EUOFA)
■後援/環境省、農林水産省、厚生労働省、国土交通省、文部科学省、食品安全委員会、東京都、東京都中央区、全国農業協同組合中央会、NPO法人サステナビリティ日本フォーラム、株式会社ソニーマガジンズ

2008-3-25
ホストファミリー大募集!!
団体名 米国非営利教育法人アユサインターナショナル日本事務局
分野 国際交流
活動地域 全国
内容 アメリカ、ドイツなどの高校生の留学生を受け入れていただけるホストファミリーを募集中です。
受入いただく際には、無償(ボランティア)での引き受けをお願いしております。
留学生との生活に際しては、長年交換留学プログラムを運営しているアユサインターナショナルの専任コーディネーターが留学生やホストファミリーをサポートいたします。家族の一員として接していただくので、留学生に英語などを教えてもらえるチャンスもあります!

時期・期間:2008年3月以降随時。
期間は1ヶ月前後から10ヶ月まで様々ですので、お問合せ下さい。

問合せ先:米国非営利教育法人アユサインターナショナル日本事務局
〒105-0022 東京都港区海岸1-9-11マリンクスタワー7F
phone 0120-955-414、fax 03-3434-2617
 E-mail info@ayusajapan.org URL http://www.ayusajapan.org

2008-3-18
デザインボランティア募集
団体名 (財)ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 ケア・インターナショナルジャパンでは、デザインボランティアを募集しています。



内容: ケア・インターナショナル ジャパンの広報資料のデザイン制作

場所・時間: ご自宅にてお時間の空いているときに Illustratorを使って作業のできる方にお願いしたく思います。打ち合わせのために事務局までお越しいただく場合があります。

その他: Illustratorを使ったDTP経験のある方からのご応募をお待ちしております。



ご関心をお持ちになった方は、下記のメールアドレスまでぜひご連絡ください。ご不明な点などありましたら、ご遠慮なく以下までお問い合わせください。

お問い合わせ
財団法人ケア・インターナショナル ジャパン
マーケティング部広報担当 菅沼
Tel. 03-5950-1335 Fax. 03-5950-1375
m.suganuma@careintjp.org



2008-3-13
EFFECT08環境対策ボランティア募集!!
団体名 ASEEDJAPAN
分野 自然環境保護
活動地域 鹿児島県
内容 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃環境対策 ボランティア大募集!!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
A SEED JAPANです。
環境対策ボランティアの募集告知をさせて頂きます。

いつもは、関東近郊で主に活動しているごみゼロナビゲーションですが、
今回は、初めて鹿児島で活動することとなりました!!
EFFECT08というイベントでの環境対策活動です。
ぜひ、みなさんお誘いの上ご参加ください。
ご応募お待ちしております。

申し込み・詳細はこちら!
http://www.gomizero.org/

○EFFECT08 @ みやまコンセール(鹿児島県霧島市)
 ‖日程:2008年5月3日(土)・4日(日)・5日(月・祝)
 ‖募集コース/各コース定員30名
  1)2泊3日コース
   集合5月3日8:00/解散5日12:30
  2)1泊2日コース
   集合5月3日8:00/解散4日23:00

※参加期間内の宿泊、風呂、及び、食事は主催者が手配致します。
※集合/解散場所は、鹿児島中央駅です。
 会場との行き来はボランティア専用バスを利用します。
※実際の活動時間は、1日あたり8時間程度です。
※シフトを組んで活動します。活動時間のうち、約半分は休憩時間です。
※音楽を楽しみながら活動することはできますが、
 特定のアーティストを見られるとは限りません。
※ボランティア参加者は4/30、5/1に行われるボランティア説明会の
 どちらかへ必ずご参加いただきます。
※18歳未満の方が参加される場合は保護者の承諾が必要となります。
※この内容は主催者との調整により、やむを得ず変更することがあります。

ごみゼロナビゲーションの活動は、主催者・来場者との
パートナーシップに基づく活動です。
当日はボランティアも責任あるスタッフの一員です。
WEBサイトの募集要項に記載されている手続き、活動内容、
注意事項、説明会への参加など、詳しい情報を必ずよく
お読みになって、お申し込みください。

●━お問い合わせ━━━━━━━━━━━━━━━━━●
国際青年環境NGO A SEED JAPAN
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23 担当:三本、諏訪
TEL:03-5366-7584 FAX:03-3341-6030
E-mail asj-vo@gomizero.org
URL  http://www.gomizero.org/

2008-3-13
【スタッフ募集】関西のNPO 不登校・自立支援
団体名 NPO法人メンタルパートナーズ
分野 児童・母子福祉
活動地域 兵庫県
内容 私たちは阪神間を拠点に関西一円の不登校・学習障害・発達障害などの子どもたちを対象に訪問支援(カウンセリング・メンタルフレンド事業)を展開する【学生主体】のNPO法人です。

今回、年度もかわるという事で新しく訪問支援活動をしてくれる仲間を募集します。具体的な募集要項は以下の通りです。

【募集要項】

[職種]
1,メンタルパートナー(訪問支援員)
2,事務所運営スタッフ

[勤務地](地域等応相談)
1,担当ケースによる(基本的にはクライアントのご家庭)
2,兵庫県宝塚市中洲1-7-20 阪神北NPOハウス

[勤務時間](曜日等応相談)
1,担当ケースによる
2,平日17時〜21時

[年齢]
1,18歳〜25歳位迄の方(ピアカウンセリングの概念に基づくため)
2,18歳〜


※おもな仕事内容について
1,メンタルパートナー(訪問支援員)
不登校・学習障害・発達障害で悩むご家庭(おもに対象は児童/小・中・高)に赴いて、一緒にスポーツやゲームや勉強をしながら課題解決の実戦的なお手伝いをしてもらいます。
勤務地は基本的に関西圏(兵庫県,大阪府,京都府,滋賀県,奈良県)となります。
心理学が専攻でない方も、丁寧に研修をしますし、ケース担当中や終了後も定期研修やカンファレンスがあるので安心ですよ♪

2,事務所運営スタッフ
事務的な作業やメンタルパートナーの時間管理、給与管理のお手伝いをしてもらいます。また、団体の方針や今後の展開についても一緒に考えていきましょう!


※NPO法人メンタルパートナーズについて
メンタルパートナーズは18年11月に兵庫県の大学生10名によって設立されたNPO団体です。19年3月には兵庫県において法人格を取得。以後、六甲カウンセリング研究所の井上敏明先生らを顧問に仰ぎ、不登校や学習障害・発達障害の子どもたちを対象に大人では出来ない実践的なカウンセリング(ピアカウンセリングの概念)として訪問支援活動(カウンセリング・メンタルフレンド事業)に従事してきました。

まだまだ発展途上の団体ですが、理念や方向性に賛同してくれるモチベーションの高い方を心からお待ちしています。一緒に、世の中を良い方向へ動かすきっかけ作りをしませんか?


興味のある方は一度、ご連絡ください。

公式サイト
http://m-partners.org

mixiコミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1722558

事務所
兵庫県宝塚市中洲1丁目7番20号 ハイツ村上 阪神北NPOハウス101号室
TEL/FAX:0797-73-2292(平日17時〜21時)
E-mail:info@m-partners.org

2008-2-29
4月「昭和のくらし勉強会」のご案内
団体名 NPO「昭和の記憶」
分野 教育・生涯学習指導
活動地域 東京都
内容 NPO「昭和の記憶」では、毎月様々な講師を招き、「昭和のくらし勉強会」を開催いたします。シニア世代、団塊の世代の方を始め、様々な世代の方に、昭和という時代を懐かしみ、勉強していただける機会を提供してまいります。

・日時 平成20年4月5日(土) 
14:00〜16:30(懇親会は〜19:00まで)

・会場 ちよだボランティアセンター会議室A
千代田区西神田1-3-4 西神田併設庁舎3階
JR水道橋駅東口より徒歩5分/地下鉄神保町駅A5出口よ   
り徒歩5分
http://www.chiyoda-vc.com/map.html

・定員 30名

・講師:中條高徳先生[アサヒビール名誉顧問]
昭和2年長野県生まれ。陸軍士官学校、旧制松本高等学校を経て、27年学習院大学卒業。同年アサヒビール入社。63年副社長に就任。平成10年より名誉顧問。
http://www.nakajo-t.co.jp/

・プログラム:
14:00〜15:30 ご自身の戦争体験など、中条先生にお話しいただきます。
<休憩>
15:40〜16:00 座談会、質問コーナー
16:00〜16:15 NPO「昭和の記憶」活動紹介
16:15〜16:30 記念撮影、サイン会
17:00〜19:00 中條先生を囲んでの懇親会(予定)

※『おじいちゃん戦争のことを教えて』(致知出版)をもとにお話しいただきますので、事前にお読みになってお越しください。

※当日は準備のため、お電話でのお問い合わせは対応しかねます。
会場を事前に確認の上、お気をつけてお越しください。

・参加費 1000円(会員は無料)

2008-1-23
国際協力活動ステップアップ・ワークショップ
団体名 (財)自治体国際化協会 市民国際プラザ
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 ■国際協力活動ステップアップ・ワークショップ

「地域の国際理解の促進につながる国際協力活動とは
〜自治体・地域国際化協会・NGOはどのような連携をとるべきか」ご案内

主催:(財)自治体国際化協会(CLAIR)市民国際プラザ

●ねらい
 本ワークショップのねらいは、日頃接点の少ない自治体・地域国際化協会
 ・国際協力NGOの関係者等が一堂に集う場を設定して相互理解を深め、
 より効果的な連携のあり方を考え、自治体とNGO等が連携した国際協力
 事業の立案を支援することにあります。
 今年度のワークショップでは、自治体・NGOの先進的な連携事例等を参
 考にしながら、自治体・地域国際化協会・NGOが国際協力事業の実施を
 通じて国際理解を広めていくための方策について考えます。特に、それぞ
 れのアクターが組織形態や理念の違いを乗り越えて連携・協働することの
 意味を考え、具体的にどのような事業を行なうことができるのか、それぞ
 れのアクターの比較優位性や連携による相乗効果を明らかにした上で、参
 加者自らが実現の可能性がある新たな国際協力事業の企画立案を試みます。
 なお、こうして出された企画案の事業化にあたっては、当協会(CLAIR)
 が提供する助成制度やアドバイザー派遣制度等を必要に応じて活用いただ
 くとともに、毎年開催している「地域における国際協力推進フォーラム」
 にて発表いただくなど、今後の事業実施についてのバックアップを行う予
 定です。
●内容
 本テーマに基づき、3つ具体事例の紹介とグループ討議を2日間にわたっ
 て実施し、事例をもとに参加者が議論しながら、自治体・NGO等がそれ
 ぞれ持っている強みや弱み、連携するメリット・課題等を明らかにします。
 こうして自治体・地域国際化協会・NGO等の連携の必要性を再確認した
 上で、参加者自らが実現の可能性がある新たなプロジェクトの企画立案を
 試み、その内容や連携のあり方、期待される成果について議論を深めたい
 と思います。
●事例紹介
 ・「再生自転車海外譲与事業」(東京都豊島区と(財)ジョイセフ)
 ・「公立学校における省エネと光熱水費節減分還元プログラム」
  ((特活)国際環境NGO  FoE Japan)
 ・「資源のリユース・リサイクルの実践を通した地域の国際理解と民際支
  援の推進」((特活)WE21ジャパン)
●全体コーディネーター
 木下理仁氏(かながわ開発教育センター 事務局長)
●日時
 平成20年(2008年)2月14日(木)13:00-17:30
          2月15日(金)10:00-16:30
●会場
 (財)自治体国際化協会・大会議室
  (東京都千代田区霞が関3−3−2 新霞が関ビル19階)
  アクセス:地下鉄虎ノ門駅・霞が関駅・国会議事堂前駅から徒歩7分
  地図:http://www.plaza-clair.jp/plaza/plaza.html#accessmap
●対象
 国際協力業務に携わる自治体及び地域の国際交流協会職員、並びに国際協
 力NGO関係者等 60名(申込多数の場合は両日参加できる方を優先しま
 す、1日のみの参加も可)
●参加費
 無料(昼食交流会も無料です。交通費・宿泊代等については各自でご負担
 ください)
●申込み方法
 _宍アドレスからお申込いただけます。
  申込フォームに沿って、必要事項を記入いただき、送信してください。
  ⇒http://www.plaza-clair.jp/lib/mail_post.php?form=workshop
 ∋毀厩餾櫂廛薀兇泙任艦⇒蹐ださい。折り返し、電子メールで資料をお
  送りします。添付した資料を開いていただき、参加申込書に必要事項を
  記入の上、電子メール(inoue_dan@plaza-clair.jp)もしくはFAX
  (03-3591-5346)にて送信してください。
●申込み締切 
 平成20年(2008年)2月8日(金)
●申込み・連絡先
 (財)自治体国際化協会(CLAIR)市民国際プラザ(担当:井上)
  TEL:03-3519-7581 FAX:03-3591-5346
  E-mail:inoue_dan@plaza-clair.jp

2008-1-23
【参加者募集】マレーシアワークキャンプ
団体名 特定非営利法人CFF
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 ┌───────────────────────────
──────┐
□ CFFマレーシア・「子どもの家」プロジェクト
└───────────────────────────
──────┘ 2008年春、ワークキャンプ参加者募集

■日 程
・第1回:2月25日(月)〜3月7日(金)12日間
・第2回:3月17日(月)〜3月28日(金)12日間
 ※現地集合・現地解散、スタッフとの同行も可。

■場 所:マレーシア共和国サバ州パパール及びその周辺
■内 容
「子どもの家」建設予定地で、建設のための作業を行います。また、福祉とは何か、
平和とは何かなどディスカッションや、他施設への訪問や社会問題の現状視察など、
ミニ・スタディツアーも行います。これから創っていく「子どもの家」は、さまざま
な理由のため家族と一緒に生活できない子どもたちが暮らす児童養護施設です。

■参加費:各回とも89,000円
 参加費には現地滞在時の費用(キャンプ期間中の宿泊費、食費、現地交通費、建築材
購入費、プログラム費等)および申込金8,000円等が含まれます。パスポート取得費、
フィリピン日本往復航空券、空港利用税、海外旅行保険にかかる費用は含まれません。

■定 員
各回とも20名(先着順で定員になり次第、締め切り。)  

■参加条件:各回とも15歳以上の健康な方
■参加定員:20名(定員になり次第締め切り)

■お問合せ────────────────────────
  (特活)CFF事務局 渡辺 正幸(わたなべまさゆき)
   〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
   電話・03-5960-4602 ファクス:03-5960-4614
   mail:info@cffjapan.org  
■主催 ─────────────────────────
   CFFマレーシア(代表 安部光彦)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特定非営利活動法人 
ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデーション・ジャパン(CFF)
 〒170-0013 東京都豊島区東池袋2-62-8-206
 TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614 
 http://www.cffjapan.org/  Email:info@cffjapan.org
_____________________________

2008-1-21
子どもたちの現実を知るために
団体名 (特活)アジア日本相互交流センター(ICAN:アイキャン)
分野 国際協力
活動地域 愛知県
内容
世界の歪んだ構造のなかで,弱い立場に置かれている
「貧しい」「かわいそうな」「助けを待っている」子どもたち。
そんな子どもたちの「ために」何かをしてあげたい。

でも「貧しい」子どもって誰のこと?
どんな子ども?
どんなことを考えていて、どんなことを感じているのだろう。

子どもたちの「現実」が集まった1冊の本ができました。
→「こどものこえ」 http://www.ican.or.jp/voices.html

この本はフィリピンで活動しているNGO、ICAN (アイキャン)の
キッズパートナー(教育会員)の会員特典です。ICANでは、
フィリピンの危機的な状況にある子どもたちのパートナーとして
「ともに」子ども達が学校に行ける活動に参加してくださる方を
募集しています。


〜人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」〜
(特活)アジア日本相互交流センター・ICAN(アイキャン)
名古屋市中村区名駅南1‐20‐11 NPOプラザなごや2F
TEL&FAX:052−582-2244 (火〜土 13時〜17時)
E-mail:info@ican.or.jp
HP:http://www.ican.or.jp/

*1円プロジェクト、進行中!→http://blog.canpan.info/1yen/


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 次へ→