条件:- 該当記事数 752 件

条件指定 地域分野 次へ→
2010-12-10
書き損じハガキが作る 子どもの笑顔
団体名 (特活)アジア日本相互交流センター(ICAN:アイキャン)
分野 国際協力
活動地域 愛知県
内容 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
“ムダ”にはならない“損(ソン)”
あなたのそばにある 書き“損じ”ハガキが
フィリピンの路上や紛争地で暮らす子どもたちを笑顔へとつながります!
ICAN 書き損じハガキ大募集!!
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

年賀ハガキの受付が12月15日より始まります。
宛名を間違えてしまった・プリントミスをした
出さずにいた・使わずに余っている
そんなハガキ・年賀状、あなたのお手元にありませんか?

認定NPO法人 アジア日本相互交流センター・ICANでは
フィリピンの子どもたちの生活を向上させることを目的として
書き損じハガキや未使用のハガキなどを随時募集しています。



生まれ育った場所は
『おカネ』という計りにかけると貧困といわれるところ。
そこでは、教育を受けたいと願っていても
大人はもちろん、子ども自身も働かないと生活ができない。
でも、勉強をする道具さえあれば
勉強をする機械さえあれば
そして、この先もその道具や機会が保障されていれば
大人になったとき
貧困から抜け出し家族や地域を支える担い手になることができる。
そして、その子たちがこの国を変えていくことができるかもしれない。
子どもはたくさんの可能性をもっています。



いただいたハガキは換金の手続きを行い
フィリピンの子どもの教育事業としてさまざまな活動に当てられます。

たとえば・・・
ハガキ1枚でノート2冊
   17枚で制服1セット
   5600枚で学校の校舎1棟
                  …などなど
ハガキ1枚からでも始められるボランティアがあります。
http://www.ican.or.jp/kakisonji.html

ICANのフィリピンでの活動
http://blog.goo.ne.jp/icanmanilaoffice

※ハガキは1枚から受け付けています。
※年賀状や未投函のハガキ、未使用のハガキ以外にも
未使用の切手、紙幣、商品券等も受け付けています。


《送付先・お問い合わせ先》
〒453-0021
愛知県名古屋市中村区松原町1-24 COMBi本陣N103
認定NPO法人 アジア日本相互交流センター・ICAN
TEL&FAX:052-908-9314
メール: info@ican.or.jp
ホームページ:http://www.ican.or.jp/
書き損じハガキ:http://www.ican.or.jp/kakisonji.html

2010-11-26
アジアにおける3R推進とパートナーシップ〜国際社会の動向と市民の役割
団体名 FoE Japan
分野 リサイクル
活動地域 東京都
内容 近年アジア各国でも、急激な経済成長によって「大量生産・大量消費・大量廃
棄」型の生活様式が主流となり、地球規模の天然資源の枯渇や地球温暖化の進
行に拍車をかけています。また、廃棄物最終処分場の適正管理や逼迫、不適切
な廃棄物の中間処理やリサイクルに伴った健康被害などの課題に、アジアの市
民は共に直面しています。

昨年秋、アジア各国における3Rの推進による循環型社会の構築に向けて、ア
ジア各国政府、国際機関、援助機関、民間セクター、研究機関、NGO等幅広い
関係者の協力の基盤として「アジア3R推進フォーラム」が設立されました。
今年10月、同フォーラム第2回会合がマレーシアで開催され、日本のNGOの4
名がオブザーバー参加し、サイドイベントとしてNGOフォーラムを開催しまし
た。

限りある地球の資源の長期的で公平な利用、低炭素でグリーンな社会経済の構
築のために、国際社会はいかに3Rを推進していくべきなのか、また市民の役
割、パートナーシップはどうあるべきなのか、この報告会を通して、皆さんと
ともに考えてみたいと思います。

【日 時】2010年12月2日(木)18:30〜20:30
【会 場】環境パートナーシップオフィス会議室 (東京・青山)
http://www.geoc.jp/intro/access.html

【プログラム】

◇あいさつ アジア3R推進市民ネットワークについて 
   藤井 絢子 氏アジア3R推進市民ネットワーク)
◇3Rイニシアティブとアジア3R推進フォーラム  
   大森 恵子 氏(環境省循環型社会推進室長)
◇NGOの目で見たマレーシア会合  
   藤井 絢子 氏
   (アジア3R推進市民ネットワーク、菜の花プロジェクトネットワーク) 
   崎田 裕子 氏(持続可能な社会をつくる元気ネット) 

◇NGOフォーラム報告  瀬口 亮子 氏 (FoE Japan) 
◇質疑、ディスカッション  

【参加費】無料
【申込み】12月1日(水)までに下記のウェブサイトからお申込みください。
      http://www.foejapan.org/event/event_form.html
      
【主 催】アジア3R推進市民ネットワーク、FoE Japan、
  持続可能な社会をつくる元気ネット、菜の花プロジェクトネットワーク
【協 力】環境省

※アジア3R推進市民ネットワークウェブサイト
 http://www.asia3r.net/index.html

2010-11-24
11/29-12/8 タイガ・インスタレーション
団体名 地球・人間環境フォーラム
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タイガ・インスタレーション by 伊藤健次Xタイガ・フォーラム at +ING Attic
http://taigaforum.jp/index.php/human/20101109/installation/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「タイガの森フォーラム」では、野生では500頭しかいないアムールトラが生きるタイガの森の生物多様性の価値と私たちの暮らしとのつながり、また「タイガの森フォーラム」の活動について、現地を取材された北海道在住の写真家・伊藤健次氏の写真とタイガの森フォーラムで制作したドキュメンタリー映画「タイガからのメッセージ」(仮題)で紹介します。

また、伊藤氏を招いたトークイベントやヘヤサロン「boy」の協力によるイベント、「Тайга」Tシャツや帽子の販売((株)ヒッツの協力により売り上げの一部が寄付)なども予定しています。

ぜひご来場ください。

【会場】+ING Attic
東京都渋谷区猿楽町12-28、TEL/FAX03-6426-0636
http://www.plusingpress.com/map/Attic%20map2.html
東急東横線代官山駅より徒歩約10分
【日程】11月29日(月)〜12月8日(水)
【時間】13:00〜20:00(最終入場は19:30)※イベント時は変更あり
【展示内容】
 ●写真家・伊藤健次氏によるタイガやウデヘの写真の展示・販売
 ●ドキュメンタリー映画「タイガからのメッセージ」(仮題)のトレーラーの随時上映
 ●パネル「アムールトラの棲む森タイガの森ときみのつながり」展示
 展示観覧は入場無料です

【イベント】
 ●boy映像部×旅部×料理部とのコラボイベント
  旅や料理を切り口にタイガの森について知るためのトーク&ワークショップ
  日時:2010年12月3日(金)20:00〜
  参加費:2,000円(タイガの料理付)

 ●伊藤健次氏トーク「ビキンで生きる人々と私」(仮題)
  日時:2010年12月6日(月)20:00〜
  参加:1,500円(ワンドリンク付)

【イベントの申込】下記ご記入の上、地球・人間環境フォーラムまで、E-mail (info@taigaforum.jp)または ファックス(03-3813-9737)で送付ください。
  ・お名前:
  ・ご所属(会社名・部署名など):
  ・E-mail:
  ・Tel:

【協力】boy、プラスイングプレス
【助成】三井物産環境基金

【問い合わせ】
タイガの森フォーラム(地球・人間環境フォーラム内)
TEL:03-3813-9735/FAX:03-3813-9737
http://taigaforum.jp
info@taigaforum.jp

2010-11-24
☆フェアウッド・カフェ「木のある暮らし」講座Vol.6
団体名 地球・人間環境フォーラム
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ☆フェアウッド・カフェ「木のある暮らし」講座Vol.6
---------------------------------------------------------------------
サクラの木のお箸、キンモクセイのスプーン、杉の木のお皿、クリ材のテーブル。
フェアウッドで素敵な木製品があると、日々の暮らしを彩ってくれます。
フェアウッド・パートナーズでは、フェアウッドな木製品に囲まれた、
気持ちよい暮らしを実現するための講座を毎月1回開催しています。
おいしい森林農法のコーヒーを飲みながら週末の午後をお楽しみください。


【第6回目のテーマ】 

「都会に眠る木材=都市木材をおしゃれに使う」

 ・フェアウッドアイテム「都市木材のパン皿&バターナイフ」(予定)
  話し手:飯田 善郎さん(ラケルメジェール代表)

 ・フェアウッドメニュー 白神山地の天然酵母パン
  作り手:須藤 宏幸さん(Pan de Smile)

今回は、「都市木材」にフォーカスします。
都市は巨大な木材の産地です。毎日数多くの店舗や住宅が解体され、
大量の廃木材が出てきます。そのなかには梁や柱、床柱や棚板、カウンター材
などに使われていた、立派な木材もたくさんあります。また、庭木や街路樹などで
大きく育ったケヤキなども、住宅の建築などの際に切り倒されると、
処分されてしまいます。しかし、無垢の木材なら、どんなに表面が汚れていても、
カンナで一皮剥くだけで、新品のような木肌がよみがえります。
まだまだ使える木材ですが、大量生産・大量流通の効率優先の仕組みでは、
活用されるとしても、せいぜいチップに砕いて燃料にされるくらいです。

しかし、そんな都市木材を自ら集めてきては、素材として再生し、
新たなプロダクトとして積極的に活用しているのがラケルメジェールの飯田善郎さんです。

今回の講座は、飯田さんが都市木材を使って手がけた、
パン皿とバターナイフを実際に使いながら、都市木材の魅力や実情、
これまでの活用事例をお話していただきます。
そして、白神山地の森の土壌から採取された天然酵母のパンをいただきましょう。
天然酵母の特徴についてPan de Smileの須藤さんに教えていただきます。

【日時】2010年12月4日(土) PM2〜4時

【場所】カフェ&バー「ゴルビー」(旧 カペルシータ)
    東京都目黒区下目黒2-14-13東邦ビル1F
    TEL:03-3779-1091/FAX:03-3779-1092
    http://www.fairwood.jp/img/mapmeguro.gif

【参加費】¥1,200円
  ※白神天然酵母のパン&コーヒー付

【定員】20名

【お申込】 フェアウッド・パートナーズ
  info@fairwood.jp www.fairwood.jp
  TEL:03-6907-7217(FoE Japan 中澤・中畝)03-3813-9735(地球・人間環境フォーラム 坂本)
  申込フォームはこちらから↓ ↓ ↓
  http://www.foejapan.org/event/event_form.html
 

※本講座は環境再生保全機構の地球環境基金の助成を受けて実施いたします。

2010-11-22
「多摩の森・大自然塾 鳩ノ巣フィールド」
団体名 JUON NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 12月に行われる「多摩の森・大自然塾 鳩ノ巣フィールド」の開催要項です。
ご確認の上、以下の申込書に記入又は○をつけ、
hatonosu-juon@univcoop.or.jpまでお申し込み下さい。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


【と き】2010年12月19日(日)

【ところ】東京都西多摩郡奥多摩町棚沢

【集 合】JR青梅線「鳩ノ巣」駅前  9:35
《参考》立川8:20発(JR青梅線)〜青梅8:55着〜青梅8:56発〜鳩ノ巣9:32着

【参加費】200円
     ※また、作業終了後、懇親会を予定しております。(参加費:500円)

【対 象】中学生以上

【定 員】30名

【内 容】間伐・道づくり
     ※なお、作業内容は変更することがありますので、ご了承下さい。
     
【持ち物】昼食・飲み物・作業に適した格好(長袖・長ズボン等)・ベルト
     靴(長靴・登山靴等)・滑り止め付き軍手・手ぬぐいまたはタオル
     雨具(傘・合羽)
     お弁当を入れ両手をあけて歩けるかばん(リュック等)・
     筆記用具等

【締 切】12月9日(木) イベント10日前(必着)
     ※なお、締切10日前までにお申し込み頂けなかった場合、
      次回分への繰り越しとなる場合がございます。ご了承下さい。
     ※団体でお申し込みされた場合、別々の班になる
      可能性がございます。ご了承下さい。

【主 催】NPO法人森づくりフォーラム

【後 援】東京都環境局

【協 賛】生活協同組合コープとうきょう

【事務局】NPO法人JUON(樹恩) NETWORK

【申込み・問合せ】
     「多摩の森・大自然塾 奥多摩・鳩ノ巣フィールド」事務局
      〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 
               JUON(樹恩) NETWORK気付
      TEL:03-5307-1102 FAX:03-5307-1091 
      E-mail:hatonosu-juon@univcoop.or.jp

・参加希望の方は以下に記入又は○をつけ、
hatonosu-juon@univcoop.or.jpまでお送り下さい。
・2008年4月以降一度以上
「多摩の森・大自然塾 鳩ノ巣フィールド」に
参加されている方は申込書上のフォーマット、
 初めての方は申込書下のフォーマットをお使い下さい。

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
また、返信に時間がかかる場合があります。お申込みいただいて1週間経過
してもこちらからご連絡が行かない場合は、お手数をおかけしますがお電話
いただければ幸いです。

−−−「多摩の森・大自然塾 奥多摩・鳩ノ巣フィールド」申込書−−−−
○2008年4月以降一度以上参加されている方
名前:
ふりがな:
当日連絡先:
参加希望日:
交通手段:電車・車・その他(   )


○初めての方
名前:
ふりがな:
性別:男・女
血液型:
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
参加希望日:
鳩ノ巣フィールド:初めて・初めてではない
森林作業: 初めて ・ 2〜3回目 ・ それ以上
交通手段:電車・車・その他(   )
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※ご記入いただいた個人情報は、事故等緊急の事態が起こった場合や各種ご
 案内の送付に限って使用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管
 理いたします。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、速
 やかに必要な手続きをお取りいたします。

2010-11-18
関西ライター勉強会「ライターのための“マーケティング”のポイント基礎講座」
団体名 関西ライター名鑑/合同会社WRITE STAFF
分野 芸術・文化の振興
活動地域 大阪府
内容  プロのライターを紹介したウェブサイト「関西ライター名鑑」を運営する合同会社WRITE STAFF(ライトスタッフ/大阪市北区 代表:北村盛康)は、関西で活動するプロのライターの技術向上を目的に定期的に行なっている「関西ライター勉強会」の次開催を、2010年12月3日(金)に大阪産業創造館で開催します。今回のテーマは、「企業取材に役立つ!“マーケティング”のポイント基礎講座」です。

 雑誌、フリーペーパーの相次ぐ休刊により店舗取材やトレンド記事など、ライターの執筆の場が少なくなったことで、企業のリクルート記事やニュースレター、広報誌、社内報など、企業の広告・広報関連の執筆にシフトするライターが増えています。しかし、「自分にはビジネスの知識がないので…」と躊躇している人もきっと多いはずです。そこで今回は、企業取材するときに役立つ、マーケディングのポイントや基礎知識を経営コンサルタントの淵上環氏が講義します。


題   目:ライターのための“マーケティング”のポイント基礎講座
         〜 マーケティングの知識を身につけて、企業取材にトライ!〜
日   時:2010年12月3日(金)18:45〜
場   所:大阪産業創造館 6F 会議室C [大阪市中央区本町1-4-5]
参加資格 :現役のライター・編集者(一部特別枠あり)
受講者数 :20席(内5席は特別一般枠※ライティング・編集未経験者席)
主   催:関西ライター名鑑
講   師:淵上環(ふちがみ たまき)氏
費   用:勉強会開催費用を受講者全員で分担します(300〜500円)

(淵上環氏 プロフィール)
兵庫県生まれ。商業施工会社の広報室、広告制作会社のアシスタントディレクターなどを経て、経営コンサルタント会社に五年間勤務。マーケティング主任指導員として、企業のビジョン・事業戦略の構築、CI事業、販促・商品開発事業など外部経営スタッフとして活動。2001年、有限会社ビジネスサポート・ネットワークを設立。企業の魅力創出や人財力を活かした営業活性化や販促事業の支援に取り組む。現在、独立行政法人中小企業基盤整備機構の商業活性化アドバイザーとして行政や商工会議所、各種支援団体とともに地域商業活性化の事業に従事。デザイナー、ライター、カメラマンなどの専門家とプロジェクトを組み情報発信誌や販促ツール制作などのプロデュース業務も請け負っている。

■過去の勉強会レポート■
http://www.writer.gr.jp/

■当勉強会「フリーランスでやってゆくための仕事術 」は文化庁より「関西元気文化圏プロジェクト」、伊丹市より「ことば文化都市伊丹」参加事業に認証されています。
http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/kansai/detail.php?id=10975


■会社概要■
名 称:合同会社WRITE STAFF
代表者:北村盛康(きたむら もりやす)
所在地:〒530-0055 大阪市北区野崎町1-25 新大和ビル2F
TEL:06-6364-5657  
FAX:06-6364-5586
運営サイト:
「大阪発:関西ライター名鑑」 http://www.writer.gr.jp/
「宣伝名人 | プレスリリース配信」 http://www.writer.co.jp/


【本件に関する問い合わせ先】
合同会社WRITE STAFF
担当者:吉永安智
TEL:06-6364-5657  
mail:info@writer.gr.jp

2010-11-9
生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
団体名 FoE Japan
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
2010年10月18日〜29日に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されました。また、10月26日にREDD+パートナーシップ閣僚会合が開催されました。両会議に参加したFoE Japan研究員・スタッフが報告を行います。
日時: 2010年11月18日(木) 18:30〜20:30
場所: エコギャラリー新宿 2F研修室
東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)
プログラム(予定):
・COP10の成果とその評価 〜市民社会の視点から〜 宮崎正浩(国際環境NGO FoE Japan)
・儀式に終わったREDD+パートナーシップ閣僚級会合 〜REDD+が森林の脅威に?〜 三柴淳一(国際環境NGO FoE Japan)
・質疑応答およびディスカッション
参加費: 500円(主催団体の会員は無料)
定員: 40人
申込み: http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_101118.html
または、(1)ご氏名 (2)ご所属 (3)TEL (4)Email を下記までお送りください。
問合せ: FoE Japan(三柴、戸津)
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219  E-mail: forest@foejapan.org
主催: 国際環境NGO FoE Japan

2010-11-9
生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
団体名 FoE Japan
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
2010年10月18日〜29日に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されました。また、10月26日にREDD+パートナーシップ閣僚会合が開催されました。両会議に参加したFoE Japan研究員・スタッフが報告を行います。
日時: 2010年11月18日(木) 18:30〜20:30
場所: エコギャラリー新宿 2F研修室
東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)
プログラム(予定):
・COP10の成果とその評価 〜市民社会の視点から〜 宮崎正浩(国際環境NGO FoE Japan)
・儀式に終わったREDD+パートナーシップ閣僚級会合 〜REDD+が森林の脅威に?〜 三柴淳一(国際環境NGO FoE Japan)
・質疑応答およびディスカッション
参加費: 500円(主催団体の会員は無料)
定員: 40人
申込み: http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_101118.html
または、(1)ご氏名 (2)ご所属 (3)TEL (4)Email を下記までお送りください。
問合せ: FoE Japan(三柴、戸津)
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219  E-mail: forest@foejapan.org
主催: 国際環境NGO FoE Japan

2010-11-9
生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
団体名 FoE Japan
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
2010年10月18日〜29日に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されました。また、10月26日にREDD+パートナーシップ閣僚会合が開催されました。両会議に参加したFoE Japan研究員・スタッフが報告を行います。
日時: 2010年11月18日(木) 18:30〜20:30
場所: エコギャラリー新宿 2F研修室
東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)
プログラム(予定):
・COP10の成果とその評価 〜市民社会の視点から〜 宮崎正浩(国際環境NGO FoE Japan)
・儀式に終わったREDD+パートナーシップ閣僚級会合 〜REDD+が森林の脅威に?〜 三柴淳一(国際環境NGO FoE Japan)
・質疑応答およびディスカッション
参加費: 500円(主催団体の会員は無料)
定員: 40人
申込み: http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_101118.html
または、(1)ご氏名 (2)ご所属 (3)TEL (4)Email を下記までお送りください。
問合せ: FoE Japan(三柴、戸津)
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219  E-mail: forest@foejapan.org
主催: 国際環境NGO FoE Japan

2010-11-9
生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
団体名 FoE Japan
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 生物多様性条約名古屋会合(CBD-COP10)報告会
2010年10月18日〜29日に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が開催されました。また、10月26日にREDD+パートナーシップ閣僚会合が開催されました。両会議に参加したFoE Japan研究員・スタッフが報告を行います。
日時: 2010年11月18日(木) 18:30〜20:30
場所: エコギャラリー新宿 2F研修室
東京都新宿区西新宿2-11-4(新宿中央公園内)
プログラム(予定):
・COP10の成果とその評価 〜市民社会の視点から〜 宮崎正浩(国際環境NGO FoE Japan)
・儀式に終わったREDD+パートナーシップ閣僚級会合 〜REDD+が森林の脅威に?〜 三柴淳一(国際環境NGO FoE Japan)
・質疑応答およびディスカッション
参加費: 500円(主催団体の会員は無料)
定員: 40人
申込み: http://www.foejapan.org/forest/doc/evt_101118.html
または、(1)ご氏名 (2)ご所属 (3)TEL (4)Email を下記までお送りください。
問合せ: FoE Japan(三柴、戸津)
Tel: 03-6907-7217  Fax: 03-6907-7219  E-mail: forest@foejapan.org
主催: 国際環境NGO FoE Japan

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 次へ→