条件:- 該当記事数 774 件

条件指定 地域分野 次へ→
2011-12-23
インドネシア 〜売春街の子どもたちの将来を考える〜
団体名 特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
分野 まちづくり・村づくり
活動地域 海外
内容 インドネシア 〜売春外の子どもたちの将来を考える〜

2/15(水)〜2/28(火)

3/1(木)〜3/14(水)

【背景・目的】

活動拠点のTagalRejo(タガルジョ)は、売春街で成り立つ町。その決して普通でない環境の中で生活する子どもたちがいます。このような環境から子どもたちの可能性を広げることを目的としています。そのために安全で安心な子どもの居場所(シェルター)の運営を始めました!



【ワーク】 

* 現地の若者と共に、シェルター運営のための資金集め・日本で売るシュシュづくり。

* シェルターで子どもたちに向けた課外教育活動(英語、お絵かき、ダンス、図工教室など)

* 地域の人たちとの交流、地元の小学校訪問・文化交流。

* シェルター運営について現地の若者とディスカッション。

* ほかにも現地の若者を活動に巻き込むためのアクションを!



【こんな人におすすめ!】

* 子どもが好きな方

* 事前・事後も継続して関わりたい方

* 日本人とともに参加したい方

追加登録費185ユーロ(約20,000円)は現地払い

●プログラム詳細・申し込みはこちら↓↓↓:
インドネシア http://www.nice1.gr.jp/TegalRejo_project/
●参加までの流れ:http://www.nice1.gr.jp/wc_info
●問合せ:河村 out@nice1.gr.jp


2011-12-20
みんなで贈る社会貢献「コミュニティ・ギフト×PresentTree」で森林再生!
団体名 認定NPO法人環境リレーションズ研究所
分野 自然環境保護
活動地域 全国
内容 〜 コミュニティ・ギフトでPresentTree for AFRICAを贈ろう 〜
認定NPO法人環境リレーションズ研究所(東京千代田区、理事長:鈴木敦子)で
は、多くの人々の地球環境保全活動への貢献意欲と森林再生とを結びつける仕組
みとして約7年間継続運営してきた「Present Tree」のスキームを使い、
「Present Tree for AFRICA」を12月10日よりスタートしました。

「Present Tree for AFRICA」では、アフリカ・ブルキナファソ国にて自立支援
を実施している株式会社ア・ダンセ(大阪府和泉市、社長:森重裕子)による協
力の下に、「木とともに人が育つ、地域が育つ、贈りもの」をコンセプトとした、
森林の循環利用による地域住民自立支援を目的とした「シアバターノキ(カリテ)」
の植樹活動を行います。

また、このプロジェクトに、より多くの支援者を募るため、株式会社LOOPS(東
京都新宿区、社長:金内好宏)が企画運営する「コミュニティ・ギフト」のシス
テムを新たに導入し、新しい社会貢献のかたち“みんなで贈る社会貢献”を提案
する専用WEBサイト「コミュニティ・ギフト×PresentTree」も同時に開設します。

株式会社ア・ダンセは、アフリカ・ブルキナファソ国で採れるシアの実から抽出
したシアバターを原料に石鹸を中心としたシアバター製品の企画・技術支援・販
売等を行うことで、アフリカ・ブルキナファソ国の貧困層の自立を支援している
企業です。今まで行ってきた継続的なブルキナファソ国との事業の中で、当国の
自立に必要な支援を行うための資金調達ツールとして PresentTreeを採用しまし
た。

この「Present Tree for AFRICA」では、1口1本10,000円を寄附することで、ア
フリカ・ブルキナファソ国で1本のシアの苗木を育て、2~3年後にブルキナファソ
国内の荒廃地を中心としたエリアに植樹します。この苗木は、大きくなるとシア
の実をつけ、現地の女性を中心としたグループがこれらを採取し活用することに
より貧困世帯の自立を促すことに繋がります。(下記図参照)

Present Tree for AFRICA 公式HP:
http://www.presenttree.jp/lineup/lineup12.html

一方、「コミュニティ・ギフト」は、LOOPSが提案するインターネットを使った
新しいプレゼントの仕組みです。インターネットを使ったプレゼントは、「依頼
者一人にお届け先一人」が今までの常識でした。本コミュニティ・ギフトでは、
「みんなの気持ちを集めて贈る」という、一つのプレゼントに対して代表の方が
参加者を募ることで、多くの人が依頼者として参加できることが特徴です。つま
り、「Present Tree」の場合は、参加者が集まれば集まるほど、植樹の本数が増
えていくことになります。

「コミュニティ・ギフト ×PresentTree」専用WEBサイトでは、1口1本3,500円〜
の従来の植樹の贈り物であるPresentTreeラインナップに加え、本システムの特
徴である多くの人が少しの気持ちで参加できる仕組みを活かし、今後は植樹イベ
ントへの参加申込なども展開してく予定です。

コミュニティ・ギフト×Present Tree
http://www.communitygift.jp/env-r/


「Present Tree」についての問い合わせは
認定NPO環境リレーションズ研究所までお願いします。 
http://www.env-r.com/contact/er-pm.html
(認定No.課法11-66 認定有効期間:平成22年3月10日〜平成27年3月31日)  

2011-12-10
12月に東京・京都にてPOSSEボランティア募集説明会を開催します!
団体名 NPO法人POSSE
分野 ボランティア活動推進
活動地域 東京都
内容  POSSEは若者の労働・貧困問題に取り組むNPO法人です。
 労働相談活動を中心に、労働法の出張授業、調査活動、政策提言、雑誌制作などに取りくんでいます。最近では特にブラック企業や職場うつの問題に取り組んでいます。また、「派遣村」での生活困窮者の支援経験を生かし、被災地での生活支援事業も行っています。
 このような取りくみをつうじて、若者自身の力で労働問題・貧困問題を改善していこうと考えています。現在、会員は約250人で10代、20代の学生・社会人を中心に運営しています。東京、仙台 、京都の3都市に事務所があります。

説明会の日程は以下のとおりです。

‥豕での説明会日程
・日時
12月11日(日) 13時〜17時
12月17日(土) 13時〜17時

・場所
POSSE事務所
東京都世田谷区北沢4-17-15ローゼンハイム下北沢201号室
詳しくは以下のURLをご参考ください。
http://www.npoposse.jp/contact/index.html

京都での説明会日程
・日時
12月18日(日) 14時〜17時

・場所
キャンパスプラザ京都 1F 学生Place+ オープンスペース
http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585

※説明会は予約不要です。
説明は質疑応答も含めて30分〜60分程度になります。ご都合のよろしいお時間にお越しください。
上記の日程でご都合が合わない方には、別途、個別に説明会を設けますのでお気軽にご連絡ください。

○主な活動内容の紹介
【労働相談班】
 POSSEでは、24時間年中無休で労働相談を受け付けています。相談件数は年間約400件ほどです。また、雇用保険や生活保護などの生活総合相談も行っています。
相談をつうじて相談者の方に労働法や社会保障制度を活用していただき、苦しい労働環境や貧困状態の解決をサポートしています。
 はじめて参加する方、労働相談を受けたい方には、2週に1度、下北沢の事務所で勉強会を開催しています。これが労働相談班です。
 この勉強会では、労働法制や社会保障制度の学習会をし、実際に受けた相談事例の検討を行っています。法学部の学生でなくても、一から学習会を行いますからご安心ください。また、労働相談をつうじて、若者の労働・貧困の実態も把握しています。今起こっている労働問題の現状を知りたいという方、労働相談を受けてみたいという方などにお勧めです。

【労働法教育】
 POSSEが受けた労働相談からは、働く若者のほとんどが違法行為を経験している事がわかりました。しかし、そのような違法行為を受けた人の大半は実際に法律を活用せず諦めてしまっていることも同時に明らかになりました。
そこでPOSSEでは、
1、高校・専門学校・大学への出張授業
2、学生向けの教材の作成
3、学生・社会人向け労働法セミナーの開催
などの活動を通じて、若者が法制度を活用する支援を行っています。

【実態調査活動】
 労働相談をつうじて分かった実態をもとに、若者の労働に関する意識や職場環境について毎年社会調査を実施し、記者会見で発表しています。
調査内容は、東京大学教授の本田由紀先生に監修していただいています。
これまでの調査結果は、テレビや新聞、雇用・社会保障の研究論文でも多数紹介されています。2008年度の調査結果は書籍化され、『労働、社会保障政策の転換をー反貧困への提言』(岩波書店)という題で出版されています。
 調査は主に当事者に対面でお話を聞くような形式をとっています。労働問題の実態を知りたい方、政策提言等に関心のある方にお勧めです。

【雑誌編集部】
 3ヶ月に1度、雑誌『POSSE』 を発行し政策提言を行っています。
POSSEの政策提言の特徴は、現場からの問題提起です。実態を踏まえたうえで議論し、既存の議論・政策への対案を提示します。
これまで朝日新聞にも7回掲載され、また学術論文にも多数引用されています。
 編集部では、雑誌の編集、テープ起こし、デザインにボランティアが取りくんでいます。また、2週間に1度、労働問題の現状とその背景を知るための学習会を行っています。
編集者、ライター、デザイナー、研究者を目指している方に特にお勧めです。


【東日本大震災の復興支援活動】
 仮設住宅に被災者が入所し、震災問題は解決したと思われがちですが、むしろ現在は仮設住宅での生活苦や孤独死が問題になってきています。
POSSEでは、仙台メンバーを中心に、毎日、仮設住宅に見回りをし被災者の生活支援を行っています。
 たとえば、仮設住宅からの送迎バス運行、社会保障制度などの申請サポート、中高生への就学支援などです。
また、被災後の生活変化について聞き取り調査を行い、被災者にとって本当に必要な復興政策を提言します。

*POSSEとは?
 POSSEは労働相談、労働法教育、被災地における復興支援、調査活動、政策研究・提言などを若者自身の手で行うNPO法人です。現在、会員は約250人。10代、20代を中心に、学生や社会人のボランティアが集まり、約100人のメンバーで運営しています。事務所は東京の下北沢、京都、仙台に構えています。

**POSSE**
TEL:03-6699-9359
FAX:03-6699-9374
E-mail:info@npoposse.jp
所在地:東京都世田谷区北沢4-17-15ローゼンハイム下北沢201号室
    京都府京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1
    宮城県仙台市青葉区一番町4−1−3 仙台市市民活動サポートセンター気付
ホームページ:http://www.npoposse.jp/
ブログ:http://blog.goo.ne.jp/posse_blog(東京)
    http://blog.goo.ne.jp/kyotoposse(京都)
    http://blog.goo.ne.jp/sendai-posse(仙台)

2011-12-9
タンスに眠っている古着を国際協力に役立てませんか?
団体名 ブリッジ エーシア ジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 古着リサイクルプログラム「フルクル」

ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行なうブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では、古着を募集しています。

ご寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はミャンマー、ベトナム、東北での支援活動にあてられます。集まった古着は途上国に輸出されます。

「フルクルの流れ」を下記URLでよくお読みいただき、梱包、発送をお願いします。
http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

<注意!>
・送付先は下記の通り、兵庫県のBAJ倉庫となっております。
万が一、BAJ東京事務所に送付いただいた場合は、返送させていただくことがございますのでご注意ください。
・運送業者の指定はありませんが、倉庫までの送料はご負担いただきますようお願いします。


タンスに眠っている皆さまの古着を役立てませんか?
たくさんの古着を募集しています。みなさまのご協力をお願いします!

2011-12-7
CFFワークキャンプ・スタディツアー説明会
団体名 (特活)CFF
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 NPO法人CFFジャパンの長崎です。

CFFは、世界の「子どもたちの支援」と「青少年の育成」を行なっています。
現在はフィリピンとマレーシアの現地法人・児童養護施設の支援などを行なっています。CFF現地法人が主催するワークキャンプやスタディツアー等のプログラムは、そうした現地の子どもたちの支援につながるもので、これまで約2500人の日本の青年たちが参加してきました。

以下、そのワークキャンプやスタディツアーのための「説明会」の開催をお知らせさせていただきます。

来年春、何か新しいこと始めてみたい。
海外に興味がある。
国のこと学びたい。
そんな方におすすめです。

参加費無料、出入り自由ですので、興味を持ってくださった方、ぜひ足を運んでみてください*

説明会日程
12月10日(土) 14時−16時@JICA地球広場402(東京・広尾)
12月18日(日) 10時−12時@オリンピックセンター棟502

説明会への参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

東京以外の地域での開催、その他の予定は下記のリンクから御覧ください。
http://www.cffjapan.org/

お申込みは事務局
info@cffjapan.org
までお願いします。
お待ちしております。

NPO法人CFFジャパン

2011-12-1
【只今生徒募集中】英会話教室「SMILE Ticket」が開校します!(1/6〜)
団体名 (特活)アジア日本相互交流センター(ICAN:アイキャン)
分野 教育・生涯学習指導
活動地域 愛知県
内容 SMILE Ticket 〜英語を学ぶとあの子が学校に行ける〜

こんにちは、認定NPO法人アジア日本相互交流センター・ICANです。

みなさん、2012年から新しいこと始めてみませんか?
-----------------------------------------------------------------------
    来る2012年1月6日(金)に
        英会話教室「SMILE Ticket」が開講します!!
-----------------------------------------------------------------------

「SMILE Ticket」 は、
フィリピンの路上や紛争地の子ども達の教育活動を行っているNGO団体(ICAN)が運営する”英会話教室”です。
「SMILE Ticket」で英語のレッスンを受けると、経費を除くレッスン代の全額が、ICANの教育や医療等の活動及び運営費になります。

つまり…、
英語を学ぶと、フィリピンの子ども達が学校に通えるようになるのです。

・「英語は自信ないけど、大丈夫かな…」という方も
・気軽に英会話を楽しみたい方も
・国際問題等をディスカッションしたい方も

みなが楽しめるクラスをご用意しております☆

・入会金は0円!
・月謝制で月1万円!※週1回
・スケジュールもご自身のご都合に合った曜日をお選び頂けます!
※クラスの人数が開講可能人数(2名)に満たない場合、そのクラスを開講できない場合がございます。あらかじめご了承下さい。
・詳細はHPをご覧下さい。

まずは、お気軽にご相談下さい☆
--------------------------------------------
TEL:052-253-7299
E-Mail:info@ican.or.jp
住所:〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-5-4 矢場町パークビル9階
URL:http://www.ican.or.jp(トップページから右の「英会話」をクリックして下さい。)

2011-11-18
アフガニスタンのスタッフによる講演会
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 アフガニスタン人のスタッフが「アフガニスタンにおける教育と女性の人権」をテーマに講演をします。

 ◆日時:2011年12月2日(金) 18:50〜(18:30〜 受付開始)
 ◆場所:JICA地球ひろば セミナールーム402
 (アクセス:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html)
 ◆参加対象者:興味のある方ならどなたでも参加可
 ◆参加費: 無料

2011-11-18
アフガニスタン人スタッフとの交流会
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際交流
活動地域 東京都
内容 アフガニスタン人のスタッフとCAREの事業やアフガニスタンにおける女子教育について語りませんか。

 ◆月日:2011年11月30日(水)
 ◆時間:18:45〜(18:30〜 受付開始)
 ◆場所:当財団内 会議室
 ◆参加対象者:興味のある方ならどなたでも参加可
 ◆参加費: 無料

2011-11-15
外国青年と語り合おう!「横浜国際青年の村2011」が開催されます。
団体名 横浜市青年団体連絡協議会
分野 国際交流
活動地域 神奈川県
内容  横浜国際青年の村は、レクリエーション・食事つくり・語り合いなどの1泊2日間の文化交流イベントを通じて、日本の若者と留学生など海外からの若者との交流と親睦をはかります。
 横浜の海を望む野島公園で、世界の若者たちと一緒に楽しみませんか?

日 時:2011年12月10日(土) 午後2時〜6月11日(日)午後2時
場 所:横浜市野島青少年研修センター
    (横浜市金沢区野島町24-2 野島公園内)金沢シーサイドライン「野島公園」より徒歩8分、京急「金沢八景」より徒歩20分

対 象:18歳以上〜35才の日本および外国青年
定 員:日本人・外国人あわせて60名(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。)

内 容:ゲーム・グループディスカッション・食文化交流・オールナイトトーク・もちつきなどを予定
参加費:日本人参加者3,800円外国人参加者2,800円 (1泊3食。交通費は自己負担)

申込方法: Eメールまたはハガキにて,名前、年令、性別、たΧ氾、ソ蚕蝓↓ε渡暖峭罎鬚患入のうえ12月2日(金)までにお申し込みください。
申込先: 〒231-0013 横浜市中区住吉町4-42-1 横浜市青少年育成センター内 横浜市青年団体連絡協議会「横浜国際青年の村」係
Eメール:yokohama@shiseiren.com

2011-11-15
仙台POSSEで、被災地支援ボランティアを募集します!
団体名 NPO法人POSSE
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 宮城県
内容 東日本大震災から早くも半年が過ぎました。 被災者は避難所から仮設住宅やみなし仮設に移り、生活再建のための新たな生活を始めています。

しかし、自分だけの力で生活できる被災者はそれほど多くありません。被災の問題は見えづらくなっているだけで、今も続いているのです。

震災から半年が経った今こそ、被災者の生活を恒常的・日常的に支えるボランティアが求められています。

私たちと一緒に被災者の「日常」を支える活動に取り組んでみませんか?

POSSE一同、みなさんのご参加をお待ちしています。 参加希望・お問い合わせは仙台POSSE(sendai@npoposse.jp)までどうぞ。

■生活支援事業

(1)ニーズ聞き取り

各仮設住宅を訪問してニーズを聞き取り、そのニーズに基づいて支援内容を決定・実行します。

私たちの強みはこの決定・実行力です。ニーズを聞き取ったら、必ず支援として還元します。

これまでニーズ聞き取りから「引越支援」「バス運行」「就学支援」など多くの事業を生み出してきました。

また、ボランティアがニーズ聞き取りから支援内容決定・実行までをすべておこなえる点に特徴があります。

(2)送迎バス運行

送迎バス事業は「通院のための足が無い」「買い物に行けない」といった声から生まれました。仮設住宅は辺鄙な場所にあり、高齢者が生活するには困難なところです。

送迎バスは、プロの運転手が運転をおこない、ボランティアが同乗して通院・買い物をサポートや利用者の方々とコミュニケーションをします。

この事業はとても好評で、多くの仮設住宅から運行の要望が出ています。その要望に応えるためにも多くのボランティアを必要としています。是非みなさんの力を貸してください。

(3)就学支援

ボランティアが被災した学生の就学支援をおこなっています。被災学生の多くは家に勉強するスペースが無い、塾に行く余裕が無い、生活が厳しいといった原因から就学や進学が困難な状況にあります。

私たちは被災学生が就学・進学できるよう、勉強のサポート、悩みの相談、制度利用等(経済面からの支援)を通して全面的に支援をしていきます。

(4)引越支援・物資搬送・DIY

震災から半年が経って、以上のような質的なサポートが増えてきましたが、依然としてハード面の支援も要望は絶えません。POSSEでは以下のような支援をしています。

引越支援…仮設住宅への移転を主に手伝います。ボランティアが引越を手伝います。肉体労働の後には被災者との信頼関係も生まれ、今後の質的なサポートへとつながっていきます。

物資搬送…引越の際のゴミ処分や支援物資の搬送などをおこないます。

DIY…仮設住宅の環境の改善活動です。ボランティアが縁台(段差を無くすために作成)などを作ります。これに近い作業として仮設住宅の草むしり等もあります。

(5)制度利用支援

被災者の中には何らかの福祉制度の利用が必要になっている方も大勢います。しかし、制度利用は複雑な手続き等があり、被災者にとってハードルが高くなっています。そこで私たちPOSSEのボランティアは制度利用について勉強会を適宜おこなって、制度活用を実際にサポートしています。

■活動参加の流れ

メール・電話等でボランティアの問い合わせ→事務所にて個別説明会→その後は活動日程がメールで送られてくる→参加可能な時に参加

集合・解散場所は仙台市市民活動サポートセンター(仙台駅から徒歩10分)になります。そこからワゴン等で移動して活動場所(仙台市内の仮設住宅や宮城県内の被災住宅)に向かいます。

■ミーティングの開催

このような事業を運営するためのミーティングも週1回(平日夜、参加は自由です)、開催しています。このミーティングでは復興支援に必要な背景知識を学べるよう、勉強会をおこなっています。また、ミーティングで事業の決定・運営もおこなうので、これに参加することでより深く事業に関わることが可能になります。

※これまでの活動についての詳細は、「仙台POSSE活動報告」(http://blog.goo.ne.jp/sendai-posse)をご覧ください。

■参加メンバー

10代〜30代の若者を中心に活動しています。仙台の大学生・院生・社会人を中心に50人程度が関わっています。また、関東・関西からもボランティアを受け入れており、これまで30人程度が参加しています。

■POSSEの特徴と強み

元々、格差・貧困問題に取り組むNPO法人として活動してきており、今後予想される仮設住宅・みなし仮設での貧困・失業・劣悪就労といった問題へのアプローチに蓄積があります。

見えづらくなる被災の問題を、貧困・失業・劣悪就労の問題としてもう一度可視化させ、社会問題化することが今後の重要な課題となります。

■これまでのメディア報道(仙台での復興支援活動に限定)

仙台POSSEの取り組みがJ-CASTニュースで紹介されました。(2011.5.27)

河北新報の朝刊で、仙台POSSEの引越しサポート事業が紹介されました。(2011.7.14)

ラジオ「トーク&トーク」(RADIO3)にスタッフ・渡辺が出演しました!(2011.8.9)

「おはよう宮城」(NHK仙台放送局)にスタッフ・渡辺が出演しました!(2011.8.15)

NHK「おはよう日本」にスタッフ・渡辺が出演しました!(2011.8.23)

テレビ「ニュースの深層」に代表・今野と編集長・坂倉が出演しました!(2011.9.6)

ラジオ「TALKING ABOUT OUR FUTURE」に代表・今野と編集長・坂倉が出演しました。(2011.9.11)

河北新報夕刊一面で仙台POSSEの活動が紹介されました!(2011.9.28)


NPO法人POSSE仙台支部
所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4−1−3
仙台市市民活動サポートセンター気付
TEL: 022-266-7630
Email:sendai@npoposse.jp
HP:http://www.npoposse.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 次へ→