条件:- 該当記事数 749 件

条件指定 地域分野 次へ→
2011-11-15
仙台POSSEで、被災地支援ボランティアを募集します!
団体名 NPO法人POSSE
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 宮城県
内容 東日本大震災から早くも半年が過ぎました。 被災者は避難所から仮設住宅やみなし仮設に移り、生活再建のための新たな生活を始めています。

しかし、自分だけの力で生活できる被災者はそれほど多くありません。被災の問題は見えづらくなっているだけで、今も続いているのです。

震災から半年が経った今こそ、被災者の生活を恒常的・日常的に支えるボランティアが求められています。

私たちと一緒に被災者の「日常」を支える活動に取り組んでみませんか?

POSSE一同、みなさんのご参加をお待ちしています。 参加希望・お問い合わせは仙台POSSE(sendai@npoposse.jp)までどうぞ。

■生活支援事業

(1)ニーズ聞き取り

各仮設住宅を訪問してニーズを聞き取り、そのニーズに基づいて支援内容を決定・実行します。

私たちの強みはこの決定・実行力です。ニーズを聞き取ったら、必ず支援として還元します。

これまでニーズ聞き取りから「引越支援」「バス運行」「就学支援」など多くの事業を生み出してきました。

また、ボランティアがニーズ聞き取りから支援内容決定・実行までをすべておこなえる点に特徴があります。

(2)送迎バス運行

送迎バス事業は「通院のための足が無い」「買い物に行けない」といった声から生まれました。仮設住宅は辺鄙な場所にあり、高齢者が生活するには困難なところです。

送迎バスは、プロの運転手が運転をおこない、ボランティアが同乗して通院・買い物をサポートや利用者の方々とコミュニケーションをします。

この事業はとても好評で、多くの仮設住宅から運行の要望が出ています。その要望に応えるためにも多くのボランティアを必要としています。是非みなさんの力を貸してください。

(3)就学支援

ボランティアが被災した学生の就学支援をおこなっています。被災学生の多くは家に勉強するスペースが無い、塾に行く余裕が無い、生活が厳しいといった原因から就学や進学が困難な状況にあります。

私たちは被災学生が就学・進学できるよう、勉強のサポート、悩みの相談、制度利用等(経済面からの支援)を通して全面的に支援をしていきます。

(4)引越支援・物資搬送・DIY

震災から半年が経って、以上のような質的なサポートが増えてきましたが、依然としてハード面の支援も要望は絶えません。POSSEでは以下のような支援をしています。

引越支援…仮設住宅への移転を主に手伝います。ボランティアが引越を手伝います。肉体労働の後には被災者との信頼関係も生まれ、今後の質的なサポートへとつながっていきます。

物資搬送…引越の際のゴミ処分や支援物資の搬送などをおこないます。

DIY…仮設住宅の環境の改善活動です。ボランティアが縁台(段差を無くすために作成)などを作ります。これに近い作業として仮設住宅の草むしり等もあります。

(5)制度利用支援

被災者の中には何らかの福祉制度の利用が必要になっている方も大勢います。しかし、制度利用は複雑な手続き等があり、被災者にとってハードルが高くなっています。そこで私たちPOSSEのボランティアは制度利用について勉強会を適宜おこなって、制度活用を実際にサポートしています。

■活動参加の流れ

メール・電話等でボランティアの問い合わせ→事務所にて個別説明会→その後は活動日程がメールで送られてくる→参加可能な時に参加

集合・解散場所は仙台市市民活動サポートセンター(仙台駅から徒歩10分)になります。そこからワゴン等で移動して活動場所(仙台市内の仮設住宅や宮城県内の被災住宅)に向かいます。

■ミーティングの開催

このような事業を運営するためのミーティングも週1回(平日夜、参加は自由です)、開催しています。このミーティングでは復興支援に必要な背景知識を学べるよう、勉強会をおこなっています。また、ミーティングで事業の決定・運営もおこなうので、これに参加することでより深く事業に関わることが可能になります。

※これまでの活動についての詳細は、「仙台POSSE活動報告」(http://blog.goo.ne.jp/sendai-posse)をご覧ください。

■参加メンバー

10代〜30代の若者を中心に活動しています。仙台の大学生・院生・社会人を中心に50人程度が関わっています。また、関東・関西からもボランティアを受け入れており、これまで30人程度が参加しています。

■POSSEの特徴と強み

元々、格差・貧困問題に取り組むNPO法人として活動してきており、今後予想される仮設住宅・みなし仮設での貧困・失業・劣悪就労といった問題へのアプローチに蓄積があります。

見えづらくなる被災の問題を、貧困・失業・劣悪就労の問題としてもう一度可視化させ、社会問題化することが今後の重要な課題となります。

■これまでのメディア報道(仙台での復興支援活動に限定)

仙台POSSEの取り組みがJ-CASTニュースで紹介されました。(2011.5.27)

河北新報の朝刊で、仙台POSSEの引越しサポート事業が紹介されました。(2011.7.14)

ラジオ「トーク&トーク」(RADIO3)にスタッフ・渡辺が出演しました!(2011.8.9)

「おはよう宮城」(NHK仙台放送局)にスタッフ・渡辺が出演しました!(2011.8.15)

NHK「おはよう日本」にスタッフ・渡辺が出演しました!(2011.8.23)

テレビ「ニュースの深層」に代表・今野と編集長・坂倉が出演しました!(2011.9.6)

ラジオ「TALKING ABOUT OUR FUTURE」に代表・今野と編集長・坂倉が出演しました。(2011.9.11)

河北新報夕刊一面で仙台POSSEの活動が紹介されました!(2011.9.28)


NPO法人POSSE仙台支部
所在地:宮城県仙台市青葉区一番町4−1−3
仙台市市民活動サポートセンター気付
TEL: 022-266-7630
Email:sendai@npoposse.jp
HP:http://www.npoposse.jp/

2011-11-14
【参加者募集!】NPO法人CFFワークキャンプ/スタディツアー
団体名 (特活)CFF
分野 国際協力
活動地域 海外
内容
NPO法人CFFは、現在フィリピンとマレーシアにおいて、事情があって家族と暮らせない、厳しい状況に置かれている子どもたちのための施設「子どもの家」の建設・運営を支援しています。

CFFのワークキャンプでは、現地人の参加者とともに児童養護施設「子どもの家」の施設の整備・建設や、地元コミュニティ支援のための、ボランティア・ワークに取り組みます。

スタディツアーでは、観光旅行では行けないような社会問題の現場を巡って、様々なバックグラウンドを持つ人々との出会いを通し、この世界で本当に必要なことは何なのかを考えます。

ハッピー子どもキャンプでは、現地の子ども達と1週間寝食を共に過ごします。キャンプの内容から子ども達と日本人が一緒になってキャンプを創っていく中で子ども達との間に深い絆を築いていきます。


仲間といっしょにワークで流す汗。

社会問題の実情。

自分の過去・現在・未来と向き合う時間。

あふれだす、温かな想い。


あなたの勇気・想いが、子どもたちのキラキラした笑顔につながるはずです。

そして、あなたの人生も、キラキラと光るはずです。

熱い体験が待っている暑い国へ。一緒に一歩を踏み出してみませんか?


説明会を下記のサイトの日時・場所で開催します。 http://www.cffjapan.org/blog/explanation/


また、詳細・資料のご請求は、こちらまでどうぞ。 http://www.cffjapan.org/

ワークキャンプ・スタディツアー・ハッピー子どもキャンプの詳細は、こちらにどうぞ。 http://www.cffjapan.org/camp/



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■CFFフィリピン・ワークキャンプ

第76回 2012年2月6日(月)〜2月19日(日)14日間 ※コミュニティ・キャンプ

第77回 2012年2月23日(木)〜3月7日(水)14日間 ※「子どもの家」キャンプ

第78回 2012年3月11日(日)〜3月24日(土)14日間 ※「子どもの家」キャンプ


■CFFフィリピン・スタディツアー

第23回 2012年3月3日(土)〜 3月11日(日)9日間


■CFFフィリピン・ハッピー子どもキャンプ

第8回 2012年3月27日(火)〜4月4日(水)9日間


■CFFマレーシア・ワークキャンプ

第18回 2012年2月13日(月)〜2月24日(金)12日間

第19回 2012年3月19日(月)〜3月30日(金)12日間


■CFFマレーシア・スタディツアー

第8回 2012年3月1日(木)〜3月9日(金)9日間


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■参加費:8万9000円 (ハッピー子どもキャンプのみ7万4000円)

※参加費には航空券代など含まず。

■参加資格:活動の趣旨に賛同する15歳以上の健康な方

■定員:15名〜20名程度


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

☆詳細・資料請求は:NPO法人CFF 日本事務局 http://www.cffjapan.org/

ワークキャンプ・スタディツアー・ハッピー子どもキャンプの詳細は、こちら http://www.cffjapan.org/camp/



☆全国各地で説明会も多数開催しております。

http://www.cffjapan.org/blog/explanation/

説明会では、実際にキャンプ・ツアーに参加したメンバーが様々な話を聞かせてくれ、過去のキャンプ・ツアーの写真も見ることができます。

不安や疑問など何でもお答えします!

とても楽しい説明会ですので、お気軽に足をお運び下さい。

※説明会情報はHPにて随時更新中です。



■世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

特定非営利活動法人

ケアリング・フォー・ザ・フューチャー・ファンデー

ション・ジャパン(CFF)

〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301

TEL : 03-5960-4602(月〜金:10:00〜18:00) FAX : 03-5960-4614

http://www.cffjapan.org/ Email:info@cffjapan.org

________________________

2011-11-8
アフリカまたはインドでのボランティア&学士号プログラム
団体名 DRH Lindersvold
分野 国際協力
活動地域 海外
内容
アフリカまたはインドでのボランティア&学士号プログラム
The Travelling Folk High School in South Zealand Lindersvoldは「旅する学校」とも呼ばれるDRHスクールの1つとして、NGO Humana People to PeopleやDRH Movementと提携し途上国における開発援助プロジェクトで活動してきました。私たちはOne World Universityと提携を結び、新たに3種類のプログラムを実施します。わたしたちはこのプログラムの参加者を随時募集しています。

●B-certificate2月、5月プログラム(2012年2月1日〜、5月1日〜)
Development Instructor Fighting With the Poor (24 month)
このプログラムは5つの学期で構成される2年間のプログラムです。

第一学期:
国際的な問題や文化などを学習・理解するための研修。計6ヶ月間(デンマーク) 
第二学期:
募金活動、活動費を補うための仕事、旅行準備。計3ヶ月間(デンマーク)
第三学期:
少数グループまたはチームでの旅行。計3ヶ月間(ヨーロッパ諸国またはアフリカなど)
第四学期:
Humana People to People development projectでの活動。計6ヶ月(アフリカなど)
第五学期:
活動に関するプレゼンテーション、ジャーナリズム。デンマークでの事後研修3〜4ヶ月を含む。計6ヶ月間

●B-certificate8月プログラム(2012/2013年8月1日〜)
Development Instructor Fighting With the Poor (24 month)
このプログラムは3つの学期で構成される2年間のプログラムです。

第一学期:
活動費を補うため、併設のデイスクールでのアシスタントティーチャーや古着回収事業などでの仕事。教育学についての学習、国際的な理解のための学習を含む。計12ヶ月間(デンマーク)
第二学期:
インドまたはアフリカでの活動。現地の学校での先生としての仕事を通して、教育学の学習と貧困や国際問題を学ぶ。計8ヶ月間(インドまたはアフリカ)
第三学期:
デンマークでの事後研修とプレゼンテーション。計4ヶ月間(デンマーク)

参加資格:
これらのプログラムは、ご自身でシェンゲン協定国内に長期滞在できるビザをお持ちの方、もしくはワーキングホリデービザの適用条件を満たしている方が対象です。
各プログラムに年齢制限等はありません。学校内での共通語は英語になりますので、最低限の日常英会話のできる方。英語力の証明等は必要ありません。
2年間のプログラム終了後2年間期間を延長して学ぶことで、学士号を目指すことも可能です!
ビザにご不安のある方も他校のプログラムのご紹介などもできますので、お気軽にご相談ください。

ご興味のある方は、お気軽に下記アドレスまたはメッセージにてご連絡ください!!

Think global - Act local

More information:
DRH Lindersvold
yukari@lindersvold.dk(日本語)
http://www.lindersvold.dk/ (ウェブサイト)
Phone: +45 30125051


2011-11-8
11/19APLA presents つながる広げるお話会【第2回】有機お茶農家さんと一緒に考える、ポスト3.11の農と食
団体名 特定非営利活動法人APLA
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 日時:2011年11月19日14時〜16時
場所:APLA大会議室(新宿区大久保2-4-15 サンライズ新宿3F)
参加費:1,200円※有機のお茶+お楽しみおやつ付
問い合わせ先:APLA
(メール:info@apla.jp)
(HP: http://www.apla.jp/event.html)

〜内容〜
いま、日本に暮らすわたしたちが直面している問題の根っこは、アジアの仲間が乗り越えようとしていることと同じように感じています。
それは、食べもの、エネルギー、医療、教育…、日々の営みのひとつひとつを、自分たちの手に取り戻すこと。

日本がひたすらに追求してきた「近代化」や「経済発展」、そしてその上にこそ「豊かな生活」が成り立つという価値観が根底から問い直されているいま、そのオルタナティブを真剣に考え、語り、実践していくことからしかはじまらない。

APLAとして、色んな人と一緒に考えたいな、実践の糸口を見つけたいな、と思う4つのテーマからスタートしてみます。

お話:村上倫久さん(村上園)
+ワークショップ:お茶の飲みくらべ&おいしいお茶の入れ方

・日本茶・ウーロン茶・紅茶ができるまで
・自然の循環のなかでの茶葉づくり
・原発事故がもらたしたもの

お気軽にお越しください!!


2011-10-17
特別版 関西ライター勉強会「舞台劇(芝居)観覧講座」
団体名 関西ライター名鑑/合同会社WRITE STAFF
分野 芸術・文化の振興
活動地域 大阪府
内容 舞台劇に親しみ、感性を豊かにする

プロのライターを紹介したウェブサイト「関西ライター名鑑」を運営する合同会社WRITE STAFF(ライトスタッフ/大阪市北区 代表:北村盛康)は、関西で活動するプロのライターの技術向上を目的に定期的に行なっている「関西ライター勉強会」の次開催を、2011年11月25日(金)に大阪産業創造館で開催します。今回のテーマは、「舞台劇(芝居)観覧講座」です。

フリーライター&コピーライター総合 大阪発【 関西ライター名鑑 】
http://www.writer.gr.jp/

 私たちライターは、ともすると言葉表現や、構成のテクニックばかりを追求し、感性を養うことをないがしろにしてしまいがちです。論理的思考力を磨くのも大事ですが、たまには芸術やエンターテイメントに触れ、感覚を解き放ち、研ぎ澄ますことも必要です。その一つとして、舞台劇(芝居)に触れるのもいいかもしれません。今回の勉強会は特別開催として、数々の商業演劇の舞台装置を手がけてきた、舞台装置家で題字作家の竹内志朗氏が舞台劇(芝居)の観方、舞台装置についてお話しします。

■特別版「関西ライター勉強会」開催データ■
題   目:ライターのための舞台劇(芝居)観覧講座
        〜舞台劇に親しみ、感性を豊かにする〜
日   時:2010年11月25日(金)18:45〜21:00
場   所:大阪産業創造館 6F 会議室D [大阪市中央区本町1-4-5]
受講資格 :現役のライター・編集者(一部特別枠あり)
受講者数 :30席(内5席は特別一般枠※ライティング・編集未経験者席)
主   催:合同会社WRITE STAFF
講   師:竹内 志朗(たけうち しろう)氏 
費   用:勉強会開催費用を受講者全員で分担します(300〜500円)

≪竹内 志朗氏プロフィール≫
1933年大阪生まれ。1950年頃から関西を中心に舞台装置家(デザイナー)として、数多くの商業演劇に参加。78歳になった現在も現役として活動中。また、舞台装置以外にもテレビ・映画のタイトル文字、グラフィックデザイン、CM制作など多分野で才能を発揮する。俳優・故藤田まことのテレビドラマ「必殺シリーズ」(朝日放送)のすべてのサブタイトルおよびエンドロール、演劇「必殺シリーズ」の舞台装置は竹内氏の手によるもの。著書に、自らが手がけた舞台装置を解説した『舞台道具帳』(たる出版)、自身の体験をまとめた『テレビと芝居の手書き文字』(イグザミナ)がある。
http://www.writer.co.jp/takeuchi/

■関西ライター勉強会とは■
同勉強会は、プロライターの技術向上、ライター同士の交流を目的に月1回のペースで開催しています。受講料というカタチは取らず会場費等の経費を受講者で分担し、講師はボランティアとして参加しています。第35回「関西ライター勉強会」は、文化庁より「関西元気文化圏プロジェクト」、伊丹市より「ことば文化都市伊丹」参加事業に認証されています。

・文化庁ホームページより「関西元気文化圏プロジェクト」
http://www.bunkaryoku.bunka.go.jp/cgi-bin/kansai/detail.php?id=11817

■会社概要■
名 称:合同会社WRITE STAFF
代表者:北村盛康(きたむら もりやす)
所在地:〒530-0055 大阪市北区野崎町1-25 新大和ビル2F
TEL:06-6364-5657
FAX:06-6364-5586
運営サイト:
プロライター情報サイト「関西ライター名鑑」 http://www.writer.gr.jp/
企業・個人の情報発信支援サイト「宣伝名人」  http://www.writer.co.jp/



【本件に関する問い合わせ先】
合同会社WRITE STAFF(ライトスタッフ) 
担当:吉永安智
TEL:06-6364-5657
info@writer.co.jp

2011-9-26
2011秋イベント 環境対策ボランティア 募集のお知らせ
団体名 ASEEDJAPAN
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
A SEED JAPAN・ごみゼロナビゲーション
2011秋イベント 環境対策ボランティア 募集のお知らせ
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

現在ごみゼロナビゲーションでは,土と平和の祭典2011(公式webサイト:http://www.tanemaki.jp/saiten2011/ ),ディワリ・イン・ヨコハマ2011,earth garden秋(公式webサイト:http://www.earth-garden.jp/ )の3つのイベントで環境対策ボランティアを募集しています。爽やかな秋空の下,新しい仲間とともに楽しく活動してみませんか!?

【土と平和の祭典2011 活動概要】
▽日程
10月16日(日)9:00-18:00

▽場所:日比谷公園(丸ノ内線/千代田線 霞ヶ関駅より徒歩2分)
▽活動内容
Dish Reuse Systemの運営(リユース食器の洗浄消毒,リユース食器の使用・回収の呼びかけ等)

【ディワリ・イン・ヨコハマ2011 活動概要】
▽日程 ※1日のみの参加も可
10月15日(土)9:30-21:00
10月16日(日)9:30-21:00

▽場所:山下公園(みなとみらい線 元町・中華街駅より徒歩3分)
▽活動内容
ごみ・資源の分別ナビゲート(エコステーションにて来場者へごみの分別を呼びかけます)

【earth garden秋 活動概要】
▽日程 ※1日のみの参加も可
10月22日(土)9:00-20:30
10月23日(日)9:00-20:30

▽場所
代々木公園 イベント広場(JR原宿駅より徒歩3分)
▽活動内容
Dish Reuse Systemの運営(リユース食器の洗浄消毒,リユース食器の使用・回収の呼びかけ等)

各イベントの詳細・申込は以下のサイトから。皆さんのご応募をお待ちしております
http://www.gomizero.org/vo_recruit/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【A SEED JAPANオフィシャルwebサイト】:http://www.aseed.org/
A SEED JAPANは,地球サミット(1992年)に青年の声を届けよう!という想いで始まった国際環境NGOです。私達は現在の環境問題を「国際的」な社会問題だと考えています。問題は複雑ですが,それを「青年」としてわかりやすく社会に伝え,「環境」問題を取り巻く様々なテーマで活動しています。サミットから地域社会・野外イベントまで今までもこれからもA SEED JAPANは持続可能な未来を目指し,活動し続けています。

【ごみゼロナビゲーションオフィシャルwebサイト】:http://www.gomizero.org/
ごみゼロナビゲーションは,「ごみ」をはじめとする環境問題をテーマに,より「参加型のフェスティバル」を来場者・主催者と共に作り上げる活動を行っています。「ごみ」を切り口に,イベントという小さな社会の中から「しくみ」と「個人」に働きかけます。そして,イベントという非日常の空間から日常に戻った来場者が社会を変える担い手になってほしいという想いを込めて,私たちはフェスティバルを,そして音楽のあるすべての場を変えていきます。

【募集内容についてのお問合せ】
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:善木,岸田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
電話:03-5366-7584, E-mail:info@gomizero.org

【書き込みに関するご意見・ご要望/転載を希望される場合のお問合わせ】
asj-vo@gomizero.org
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2011-9-20
横浜からのたくさんの仲間が参加します。ご参加お待ちしています。
団体名 横浜市青年団体連絡協議会
分野 青少年育成
活動地域 全国
内容 21世紀を考える全国青少年体験活動シンポジュウム

10月8日(土)−10日(月・祝)3日間
神戸市勤労会館(開会式・JR三宮駅徒歩5分)ほか市内各地で分科会

 今年も全国からたくさんの若者たちが集まります。神戸をフィールドに、全国から参加する若者たちとさまざまな体験活動をしたり、「夢」「未来」をキーワードに語り合ったり…。若者たちに将来への「はじめの第一歩」を応援するシンポジウムです。 お一人でもグループでも大歓迎。若者でなくても関心のある方どなたでもお気軽に参加できます。
 神戸の若者たちが全国の仲間たちを迎える準備をしております。

募集要項をご請求ください。実行委員会078−232−1509

2011-9-20
第13期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in東京」
団体名 JUON NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 第13期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in東京」
           参加者大募集!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「森と人の環を育もう」

■森と人の環(わ)って?
日本の森林のほとんどは、人が木材・薪炭を得ながら、
間伐、伐採などの手入れをすることによって、維持されてきました。
現在、過疎化や林業の低迷で森と人の関係が薄まり、森が荒れて
きています。森が荒れると、土砂崩れが起こりやすくなったり、
CO2吸収力が落ちたりしてしまいます。そのため、
森と人とのつながりを再び強めることが求められています。

■リーダー講座では・・・
森林を保全する知識や作業を学び、さらに
森と暮らす人とのお話の機会も提供しています。
講座を通して、森を守るだけでなく、
古くて新しい森と人との関係、継続的で切れない関係の
環(わ)を育むきっかけをつかんでみませんか?

【カリキュラム】
─第1回 2011年11月19日(土)
       【杉並区】オリエンテーション
─第2回 2011年12月3日(土)〜4日(日)
       【奥多摩町】人工林保全活動
─第3回 2011年12月10日(土)〜11日(日)
       【奥多摩町】人工林保全活動
─第4回 2012年 1月7日(土)〜8日(日)
       【青梅市】里山保全活動
       【奥多摩町】森林の現状視察
─第5回 2012年 1月28日(土)
       【杉並区】振り返り・安全について等


=============================================
■講座情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【内 容】
◆リーダー養成講座(上記の全5回)
・森林の知識を学ぶ:日本の森林の現状、森林ボランティア活動等
・森林保全の技術を学ぶ
    ─人工林保全活動・・・間伐、枝打ち、道づくりなど
    ─里山保全活動 ・・・薪割り、落ち葉かき等
・森林の現状を視察する・・・人工林の散策、里山散策等

◆実践編(講座修了生向け)
・学んだ技術を深める
・参加者を受け入れてのリーダー体験
・四季折々の森づくりを学ぶ
※10年、100年というスケールで時が流れる森と向き合うには、
継続的に関わることが必要です。全5回の講座終了後も、
任意参加の実践編を用意し、
学んだことを活かし経験を積む機会を提供しています。

【対 象】 18〜40歳  ※初心者・経験者問いません!
 ・自然・森林が好きな人
 ・何かきっかけの欲しい人
 ・自分なら森を救える!救いたい!と思っている人
 ・継続して活動したい人
 ・林業は難しいと思っている人

【定 員】 20名程度

【参加費】 全5回分(1泊3食(+懇親会)×3回、保険料等)
  学生(JUON会員):8,000円
  学生(非会員)/社会人(JUON会員):10,000円
  社会人(非会員):12,000円
  ※初回にまとめてお支払い頂きます。
   その際のご入会でも会員割引が適用されます。
  ※一度納入頂いた参加費は、返金いたしません。
  ※現地までの交通費は各自ご負担下さい。

【締 切】 2011年11月11日(金)
  ※定員になり次第締め切ります。
  ※締切日過ぎてのお申し込みはご相談下さい。

【主 催】 JUON(樹恩) NETWORK、東京ヤングジュオン
【協 力】 森林インストラクター東京会、西多摩自然フォーラム
【助 成】 国土緑化推進機構


=============================================
■これまでの講座の様子
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この講座は東京と関西で合わせて16回開講してきましたが、
これまで200人以上が受講し、
先輩リーダーとしてさまざまなかたちで活躍しています。
中には、森林組合に入った人や山村に移り住んだ人もいます。

▼先輩リーダーの声
「森林は自分が思うよりずっと近くにあるんだとわかった」
「木を伐ることは楽しい!」
「仕事に追われる毎日。森でかく汗は、爽やかだった」
「新しいことを始める一歩を、踏み出す大切さを知った」
「普段の生活では知り合えない、たくさんの仲間ができた」
など、この講座を通して、多くの受講生が森林について学び、
またライフスタイルを見直しています。

▼過去の活動の報告はコチラ
http://eventjuon.blog25.fc2.com/blog-category-7.html


===========================
■お申し込み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼問合せ・申込先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

▼ご注意とお願い
サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたし
ておりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

▼申込方法
参加希望の方は以下の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。
FAX、電話、ハガキなどでも結構です。
※持ち物・集合などの詳細は、お申し込み頂いた方にご案内差し上げています。
※原則として全ての日程にご参加下さい。

────────── 申 込 書 ───────────────
「第13期リーダー講座 in東京」
名前:
ふりがな:
性別: 男 ・ 女
年齢:
学校名 or 所属名:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
応募動機:

意気込み:

森林作業: 初めて ・ 2〜3回目 ・ それ以上
現地までの交通手段: 電車 ・ 自家用車 ・ その他
JUON NETWORK: 会員 ・ 非会員
──────────────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いた
します。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
速やかに必要な手続きをお取りいたします。


=============================================
■JUON NETWORKとは・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
JUON NETWORKは、自然と向き合う知恵と技を学び伝える場を提供し、
都市と農山漁村の循環と世代をこえた人々のつながりを取り戻します。
それにより、環境の保全改良に取り組み、豊かな未来に向け、
新しい価値観と生活様式を創造していくことを目的としています。
なお、特定の宗教や政党とは関係を持たない非営利の団体です。

2011-9-7
青空の下で樹を植えよう♪ 湘南国際村めぐりの森 植樹&ちびっこワークショップ
団体名 NPO法人環境リレーションズ研究所
分野 自然環境保護
活動地域 神奈川県
内容 青空の下で、「日本一木を植えた男」宮脇昭先生と一緒に行う植樹イベントです。
午後は、かわいいイラストで人気のアーティストkinproさんと一緒に参加者みんなで大きな作品をお絵描きでつくります。
前回の植樹祭にご参加くださった方はもちろんのこと、今回が初めてという方も大歓迎です!! 

この機会にぜひ一緒に植樹をして「いのちの森づくり」に参加しませんか?

当日は「日本一木を植えた男」、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭先生が植樹に関してのレクチャーもご用意していますので、初めての方でも安心してご参加いただけますよ♪

ぜひ小さいお子様も一緒に、家族みんなでいらしてくださいね☆

■主催■
協働参加型めぐりの森づくり推進会議 共催:認定NPO法人環境リレーションズ研究所
■お問合せ先■
Tel : 03-5283-8143
■開催時間■
10時10分〜15時30分
■料金■
無料
■定員■
100人 ※公共交通機関でお越しください。
■持ち物■
※必須:昼食、はさみ、クレヨン、汚れてもよい服装、
 運動靴・長靴等、軍手、
※あるとよいもの:敷物、移植ゴテ ※雨天の場合:カッパ
■お申し込み方法■
参加者全員の郵便番号・住所・氏名・電話番号・ファックス番号(あれば)・メールアドレスを
「NPO法人国際ふるさとの森づくり協会」宛にファックスしてください。
FAX:03-6805-2794

オフィシャルサイトはこちら
http://megurinomori.net/callfor/001/120.html

2011-9-5
【ボランティア+世界遺産観光】ボランティアバスツアー9月も開催します!
団体名 ボランティア・プラットフォーム
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 岩手県
内容 ☆復興のためになにかしたいと思っている方へ☆
ボランティアプラットフォーム共催ボランティアツアーのお知らせです!

【ボランティア+世界遺産観光】
1泊3日世界遺産中尊寺観光付き22,800円〜!
ジンギスカンが食べられる日程もご用意しました☆

岩手県陸前高田市へボラバスが走ります。 9月日程のお申し込み受付中!!
ボランティアの様子が写真や動画でもご覧になれます!

-------------------------------------------------------------------
第10回 平成23年9月16日(金)〜18日(日)1泊3日
第11回 平成23年9月23日(金)〜25日(日)1泊3日
第12回 平成23年9月30日(金)〜10月2日(日)1泊3日
※ほぼ毎回満員となりますので、その際は予めご了承ください。
-------------------------------------------------------------------

東 京・千葉発の週末1泊3日プラン。
宿泊地:住田町災害ボランティアセンター「住田基地」(無料宿泊所)
※男女とも一つの体育館に雑魚寝となります。寝袋とマットをご用意ください。
お風呂、調理場等はございません。基本的に宿泊スペースとお手洗いのみとなります。
活動内容は現地のニーズによって変化しますが、泥かきや瓦礫撤去をしていただきます。

平日お仕事で忙しい社会人の皆様でも気軽にご利用いただける日程になっております!
また、参加者と交流を深めながら、初めての方でも安心して活動して頂けます。

詳細は以下のサイトで確認をお願い致します。
ぜひご検討ください!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ボランティアプラットフォーム
東日本大震災復興支援ボランティアバス
http://b.volunteer-platform.org/vb/
企画実施:なの花交通バス株式会社
お電話: 043-483-5551
Eメール: m-kunishima@nanohana-busline.co.jp
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 次へ→