条件:- 該当記事数 749 件

条件指定 地域分野 次へ→
2012-2-16
世田谷区後援シンポジウム「福島のために東京でできること〜自主避難者の現状とこれからの支援〜」
団体名 SAY-Peace Project
分野 ボランティア活動推進
活動地域 東京都
内容 **********SAY-Peace PROJECT presents**********

世田谷区後援シンポジウム
福島のために東京でできること
〜自主避難者の現状とこれからの支援〜

***********************************

☆__________【ご案内】__________☆

【日時】:2012年3月4日(日)14:00〜18:00(13:30開場)
 ※終了後、交流会を予定しています。

【パネリスト・参加団体】
 ・避難母子の会in関東 2名
 ・東京里帰りプロジェクト 2名
【ゲスト】
・保坂展人さん(世田谷区長)

【会場】:梅丘パークホール(北沢区民会館別館)
 住所:〒156-0043 東京都世田谷区松原6-4-1
TEL:03-5300-3220
アクセス:小田急小田原線「梅ヶ丘駅」徒歩1分
      小田急バス 渋54系統(渋谷駅―経堂駅)「梅ヶ丘駅」下車

【参加費】:一般 1000円、学生 500円

【主催】NPO法人セイピースプロジェクト

【後援】世田谷区、世田谷区社会福祉協議会、世田谷区教育委員会



☆_________________________☆

 東日本大震災に伴う原発事故が発生して、まもなく1年が経とうとしています。原発事故がもたらした放射能汚染による被ばくを避けるために、政府が指定した避難区域外からも多くの人が東京に避難してきています。一方、事故発生から1年が経つ3月をめどに、自治体による住居などの避難者向けの制度的な支援が終了しようとしています。しかし、放射能汚染が長期化することが避けられないいま、避難者に対する継続的な支援が必要となっているのではないでしょうか。
 こうした状況を受け、私たちセイピースプロジェクトは、福島から東京に避難している避難者の支援を通じて見えてきた現状や問題を共有し、今後の支援や連携について議論を重ね、社会に向けて発信していくために、今回のシンポジウムを開催することにしました。
 講師には、避難区域外から自主避難された方をお招きし、避難先での生活の状況などをお話ししていただき、現在、自主避難者の間でどういった問題が出てきているのか共有していきたいと思います。また、避難者の生活支援を行っている東京里帰りプロジェクトの方々をお招きし、これまで行ってきた取り組みを紹介していただくとともに、避難者の現状を受けて、今後必要となる支援や、団体間や自治体との連携について議論するパネルディスカッションを行います。
 さらに、セイピースプロジェクトの活動拠点となっている世田谷区から、区長である保坂展人さんをゲストとしてお招きし、世田谷区でこれまで行ってきた避難者向けの支援や今後の方針についてお話ししていただく予定です。
 3.11から1年が経とうとしているいま、改めて、原発事故がもたらした避難者の現状に向き合い、東京にいる私たちがするべき支援を模索していきたいと思います。
 原発事故の問題に関心のある方、被災者支援ボランティアの経験のある方、ボランティアに関心のある学生の方など、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

________【プログラム(予定)】________

13:30 開場
14:00 開会の挨拶
14:10 自主避難者の方のお話
15:10 東京里帰りプロジェクトの活動報告
15:30 NPO法人セイピースプロジェクトの活動報告
15:35 休憩(20分)
15:55 パネルディスカッション
16:40 質疑応答
17:25 閉会の挨拶
17:35 閉会
※世田谷区長保坂展人さんには、到着次第、お話をしていただく予定です。

■パネリスト・参加団体プロフィール
☆福島 避難母子の会in関東☆
 東京電力福島第一原発の事故により、福島県から関東へ避難してきた母親達で2011年の6月より活動している。月に1回の自主避難者の交流会の開催や、避難者向けの支援情報や原発事故の情報などをブログにて発信するなどの活動を行っている。
 ブログ:http://hinanboshi.blog.fc2.com/

☆東京里帰りプロジェクト☆
 東京都助産師会が主催し、被災地から東京へ避難を希望する妊産婦さんを受け入れ、安心して出産・産前産後の生活を送ってもらうための支援をするプロジェクト。東京への避難の他、被災地での産後入院や医師・助産師の訪問診察の紹介や、保健師や行政との繋ぎ役を担うなどの活動も行っている。
 HP:http://www.satogaeri.org/

★セイピースプロジェクトとは?★
セイピースプロジェクト(SAY-Peace PROJECT)はアジア(Asia)×若者(Youth)×平和(Peace)をキーワードに集まった学生・院生の若者たちがつくるNPOです。イラク戦争が始まった2003年にスタートしました。私たちは、若者自身が<平和>について学び、考え、行動できる場となり、軍縮と歴史対話を通じてアジアから<平和>を実現していくことを目指して、さまざまな活動を展開しています。


======================
NPO法人セイピースプロジェクト
事務所:東京都世田谷区代沢5−7−8−103
TEL:03-6450-8124
FAX:03-6450-8924
MAIL:mail@saypeace.org
※イベント・ボランティア募集に関するご質問等は、http://ws.formzu.net/fgen/S6775145/のメールフォームからお願いします。
HP:http://www.saypeace.org/
Twitter:@saypeaceproject
======================

2012-2-8
アースデイ東京2012ボランティアスタッフ大募集!!!
団体名 アースデイ東京
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ■■■ アースデイ東京2012
■■□ ボランティアスタッフ
■□□ 大募集!
http://www.earthday-tokyo.org/2012/volunteer/
--------------------------------------------
毎年10万人以上が集う、市民による日本最大級の地球フェスティバル、アースデイ東京。
「地球のことを考えて行動する日、アースデイ」を合い言葉に、4月21日(土)・22日(日)の2日間開催します。
そしてアースデイ東京2012では、イベントを一緒に創り上げていくボランティアスタッフを大募集します!みなさんの積極的なご参加をお待ちしております!

■■申し込み・詳細はこちら!■■
http://www.earthday-tokyo.org/2012/volunteer/

◆ボランティア活動概要◆
<代々木公園会場>
《日時》
 4月18日(水)〜 23日(月)

《場所》
代々木公園イベント広場、ケヤキ並木

《活動内容》※時間は現時点での目安です。
●会場設営
・4/18(水) 8:30〜18:00
・4/19(木) 8:30〜18:00 
・4/20(金) 8:30〜19:30
●イベント本番日(各運営チームに分かれて活動します)
・4/21(土) 8:00〜21:00
・4/22(日) 8:00〜22:00 
●会場撤収
・4/23(月) 8:30〜14:00

<事前活動>
・オフィス系ボランティア・イベント系ボランティア・広報系ボランティア・当日準備系ボランティア
など、多数の活動があります。
詳しくは事務局までお問い合わせください。


◆ボランティア説明会◆
・3/16(金) 19:00〜21:00(会場:学校法人 安達文化学園 専門学校 ビジョナリーアーツ)
・3/21(水) 19:00〜21:00(会場:学校法人 安達文化学園 専門学校 ビジョナリーアーツ)
・3/25(日) 17:00〜19:00(会場:学校法人 安達文化学園 専門学校 ビジョナリーアーツ)

◆お問い合わせ◆
アースデイ東京2012実行委員会 事務局 (担当:鹿野、大塚)
TEL. 03-6416-0917 FAX. 03-6416-0918
E-mail: office@earthday-tokyo.org
http://www.earthday-tokyo.org/


2012-2-1
ホンモノの「豊かさ」をラダックから考えてみませんか?
団体名 ジュレー・ラダック
分野 国際交流
活動地域 海外
内容 【インド・ラダックスローライフツアー開催】
ホンモノの「豊かさ」をラダックから考えてみませんか?

インド北部のラダック地方で伝統的に行われていた自然にやさしい持続可能な生活スタイルや、近代化により発生する問題の学習、現地の人々との交流、また今回は環境活動家ヴァンダナ・シヴァ氏のナヴダーニャ農場を訪問しコミュニティ再生に果たす有機農業の役割を考えることなどを目的としたスタディツアーを開催します!
ツアーの詳細についてはジュレー・ラダックのホームページ(http://julayladakh.org/PRJCT2.htm)でご確認ください。参加のお申し込みもホームページで承っております。

【第26回 インド・ラダックスローライフツアー】
 ホンモノの「豊かさ」をラダックから考えてみませんか?

 ラダックの学校や地元のNGO、僧院のお祭りを訪問するほか、ラダックの伝統が残る民家にホームステイをして地元の人と交流しながらスローライフを体験し、現代の日本人とは違う尺度で生きるラダックから「懐かしい」未来を学びます。

【旅のテーマ】現代の日本人とは違う尺度で生きるラダックから「懐かしい」未来を学ぶ
・ラダック古来の生活を体験!
・ラダックのNGOに学ぶ「懐かしい未来」
・ラダック人と「豊かさ」についてディスカッション
・ナヴダーニャ農場訪問・有機農業の可能性を探る
 
【日程】2012年3月4日(日)-2012年3月15日(木) 12日間

【行き先】インド共和国 ジャンムー&カシミール州 ラダック

【参加費】288,000円(一般) 283,000円(学生・リピーター・会員)
※別途、成田空港施設使用料2,540円、インド空港税約450円、
燃油付加運賃および空港保険24,2800円、
インド査証代(マイチケットに取得代行を依頼された場合)が必要です。

【募集定員】20名(最少催行人数6名)

【申し込み先】ジュレー・ラダックホームページhttp://julayladakh.org/PRJCT2_1203.html

【締め切り】定員になり次第締め切り、最終締め切りは2月上旬、締切り後のお申込みはご相談ください。

【ツアーの特徴】
高地で作物が育つ時期は約4ヵ月と厳しい生活環境条件で、人糞を肥料にし、氷河から溶け出した水を畑に引いて十分な穀物を生産し、家畜の糞は乾燥させて燃料にし、家畜の毛から糸を紡いで服や毛布を作り、日干し煉瓦を作って家を造り…ラダックの環境に調和した循環型生活は、自給自足を可能にしただけではなく、豊かな文化を築いています。このような循環型生活を壊すような“開発”は、自然や人にとって、本当の豊かさをもたらすでしょうか?
ツアー中は、ラダックの文化や実情に精通した当会代表のラダック人がご案内します。ホームステイでは、ラダック人と直接交流しながら伝統的生活を体験し、NGO訪問では、今ラダックで起こっている問題といった、ラダックの伝統と現状と2つの面を双方見ることにより、持続可能な暮らしとは?豊かさとは?を、学ぶことができます。

 インドの秘境ラダックで国際援助、日本社会、環境問題、そして自分たちの日常生活についての気づきが待っています。美しい“本物の”自然や温かい人々に囲まれ、目からウロコがこぼれっぱなしの体験ができるのは、ジュレー・ラダックのツアーだけです。

【注!】
※行き先が高地(標高3000mを越えます)であるため、体調にご心配のある方はご相談ください。
※日程が合わない方は、期間の短縮・延長も可能です。お気軽にご連絡ください。

2012-2-1
ラダックの料理教室&文化紹介
団体名 ジュレー・ラダック
分野 国際交流
活動地域 東京都
内容 ラダックの料理教室&文化紹介

ジュレー・ラダックはインドの北部の山岳地域のチベット文化圏ラダックにてソーラークッカーなどの自然エネルギーの支援やスタディツアーなどを通した交流などを行っているNGO団体です。

ジュレー・ラダック代表のラダック人、スカルマを講師として料理教室を開催します。今回“テントゥク”というチベット風の水団を、皆さんと一緒に作る予定です。初心者でも作れる内容ですので、ご安心ください。当日はチャイを飲みながら、ラダックの文化紹介もします。また、ラダックのグッズ販売もしますので、是非お気軽にご参加ください。

【日時】2012年 2月4日(土)14:00-16:30(13:40-開場)

【場所】文京福祉センター6階料理教室(〒112-0013東京都文京区音羽1丁目22番14号)地下鉄有楽町線護国寺駅6番出口または江戸川橋駅a1出口下車 徒歩10分

【予定プログラム】14:00-14:10 ラダックとNPO法人ジュレ−・ラダックの紹介

         14:10-14:20 お料理の紹介と各テーブルでの自己紹介

         14:20-15:20 クッキング

         15:20-15:55 試食・交流タイム

【参加費】ジュレー会員:1,000円 一般:1,800円

【定員】20名(要予約)

【持ち物】マイカップ・マイスプーン・エプロン

【申し込み方法】Email julaykoho@gmail.com   または電話 070-5540-4863 (代表:たかはし ちおり)

E-mailの場合は、件名を「2月4日料理教室申込」として、,名前(フリガナ)⊃与瑤鬚患入の上お申込ください。(ベジタリアンの方やアレルギー等がある場合もご記入ください。)

【申し込み期限】 2月2日

みなさんのご参加お待ちしています。

主催:ジュレー・ラダック
特定非営利活動法人ジュレー・ラダック
〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14(見樹院内)

Tel/Fax:03-3812-3866  Email: julayladakh@gmail.com / julaykoho@gmail.com 
URL: http://julayladakh.org

2012-1-28
たくさんのつながりができる2日間!「青少年の居場所づくり全国フォーラム2012」参加者募集
団体名 横浜市青年団体連絡協議会
分野 青少年育成
活動地域 神奈川県
内容
 全国の都市から青少年活動に参加する仲間たち、青少年を担当する職員、青少年施設の職員、NPOで活動する方々、学生、研究者など青少年の自立支援、居場所づくりを実践している人や興味を持っている人が集い、学び、楽しく交流します。どなたでもお気軽に参加できます。

◇日時 平成24年2月18日(土)14:00〜19日(日)14:00
◇会場 横浜市交流青少年センター (横浜市西区老松町25 TEL:045-241-0674)

◆2月18日(土) 14:00〜17:00
公開シンポジウムテーマ『子ども・若者の変化〜“イマドキのつながり”に着目して〜』
基調講演 『激動の現代を生きる子ども・若者』/
コーディネーター
児美川(コミカワ) 孝一郎さん【法政大学 キャリアデザイン学部長】
パネリスト
嘉悦 登さん【NHK教育テレビ「青春リアル」チーフプロデューサー】
永松 正則さん【横浜市立十日市場中学校 生徒指導専任教諭・地域交流事業担当】

◆2月18日(土) 17:15〜18:30 交流会

◆2月19日(日) 9:30〜12:30 分科会(選択制)
第1分科会 「我がまちにFitした子ども・若者支援」 助言者:萩原建次郎さん(駒澤大学准教授)
第2分科会 「つながり〜イマドキのリアル〜」 助言者:西村美東士さん(聖徳大学教授)
第3分科会 「居場所を支える組織マネジメント」 助言者:池田正則さん(教育支援協会)
第4分科会 「子ども・若者支援と地域社会の再生」 助言者:久田邦明さん(神奈川大学講師)
第5分科会 「近すぎない・遠すぎないコミュニケーション」

◇対象 青少年教育関係職員、青少年団体指導者、青少年活動に関心のある方どなたでも
◇定員 120名
◇参加費 無 料 

◇主催 日本都市青年会議  (公財)よこはまユース
◇後援 横浜市こども青少年局 (社)中央青少年団体連絡協議会、 

■申込書に必要事項をご記入のうえ、郵送かFAXまたはEメールでお申し込みください。

お申込み・問合わせ先:〒220-0023 横浜市西区老松町25 横浜市青少年交流センター 
【TEL】045-241-0674 【FAX】045-242-0959 【MAIL】furifura@yokohama-youth.jp

■当日は、情報コーナーを設けますので、皆様の活動の資料等をぜひお持ちください。

2012-1-12
笑顔に出会う旅☆春のスタディツアー☆ 認定NPO法人ICAN
団体名 (特活)アジア日本相互交流センター(ICAN:アイキャン)
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 こんにちは!ICANです。

アイキャンはフィリピンを訪れた1人の会社員が子どもたちの
置かれている状況を前にして、「何かできることがあるはず」と思い
友人と集めた5万円で1994年に設立されました。
アイキャンという名称には、「一人ひとりのできること(ICAN)」を持ち寄って
活動を進めていくという意味が込められており
会員さん、ボランティアさん、賛同者、助成賛同団体、職員や事業地の人々など
関わる人みんなの「できること(ICAN)」を持ち寄って活動しています。

現在活動は18年目に入ろうとしています。

住民の「ため」ではなく「ともに」活動をしている団体です。


この春、開催するスタディツアーでは
フィリピンのまぶしい笑顔の子どもたちやフェアトレード生産者と交流していただき
みなさんにいろんな想いを感じていただければと思います。


何かご質問などありましたらお気軽にご連絡ください!

*******************************************************************


***  フィリピンの子どもが喜び、参加者が喜ぶ。        ***
 ***   そして、参加費は全額アイキャンの活動に役立てられる。 ***
  ***   それがNGOアイキャンのスタディツアーです。     ***


☆☆☆ICANスタディツアーの5つのポイント!☆☆☆
1、JICA草の根事業地への訪問!(NGOとJICAの連携事業)
2、実際に現地で働くNGOスタッフと5日間過ごします!
3、フィリピン最大のごみ処分場とマニラの路上で行う住民が「主役」の開発事業見
学!
4、子どもとの交流の時間を最大限取ります。
5、フェアトレード生産者との交流!

日程:
プランA:2012年2月29日(水)〜3月4日(日)   5日間 
プランB:2012年3月14日(水)〜3月18日(日)  5日間  
 

内容:
フィリピン最大のごみ処分場パヤタスで10年以上そこに住む人々と「ともに」
実施しているICANの保健・医療事業(現在、JICA草の根技術協力事業として実施)
や、マニラ首都圏各地で実施している路上の子どもたちの教
育事業を見学する他、
子どもたちとの交流をメインにしたスタディツアーです。
日程には、フェアトレード生産者団体のお母さんとの交流や
お買いものの時間も含まれています。

参加費:59,000円
*会員、マンスリーパートナーの方には割引有

宿泊先:ゲストハウス又はホテル
*上記金額にプラス24,000円で中級ホテルのシングルに変更可能。
定員:各10名

諸注意
※定員に達し次第締め切りとなります。その後はキャンセル待ちのみの受付です。
ご了承ください。(開始1ヶ月以上前の時点で定員に達する場合があります。)
※参加費には、現地宿泊費・交通費・コミュニティでの食費・活動費を含みます。
その他、航空券・日本国内移動費・空港、事務所間移動費・空港使用料・
海外旅行傷害保険料・雑費・緊急費等は含みません。
※会員、マンスリーパートナーの方には割引があります。
※参加資格:18歳以上(未成年の場合、保護者同意書提出、
もしくは同伴で参加することが可能)
※両ツアーとも現地集合・現地発着。
(現地はICANマニラ事務所とする。フィリピン航空利用の方のみピックアッ
プいたします)

その他詳細はこちら http://www.ican.or.jp/studytourupdated.html
↑過去の参加者の感想文や、Q&Aもあります!

アイキャンのフィリピンでの活動
http://blog.goo.ne.jp/icanmanilaoffice

申込:上記Webページの申込フォームよりお申込ください。

ご不明な点などございましたら
お気軽に電話かメールにて下記お問合せ先までご連絡ください。
 
主催:I-CAN Foundation Philippines, INC
お問合せ:
(特活)アジア日本相互交流センター・ICAN
〒460−0011
愛知県名古屋市中区大須3−5−4 矢場町パークビル9階

TEL&FAX:052-908-9314 E-mail:info@ican.or.jp
Web:http:// <http://www.ican.or.jp> www.ican.or.jp

***********************************************************************

2012-1-9
ラダックの料理教室&文化紹介
団体名 ジュレー・ラダック
分野 国際交流
活動地域 東京都
内容 〜ラダックの料理教室&文化紹介〜

ジュレー・ラダックはインドの北部の山岳地域のチベット文化圏ラダックにてソーラークッカーなどの自然エネルギーの支援やスタディツアーなどを通した交流などを行っているNGO団体です。

ジュレー・ラダック代表のラダック人、スカルマを講師として料理教室を開催します。今回“テントゥク”というチベット風の水団を、皆さんと一緒に作る予定です。初心者でも作れる内容ですので、ご安心ください。当日はチャイを飲みながら、ラダックの文化紹介もします。また、ラダックのグッズ販売もしますので、是非お気軽にご参加ください。

【日時】2012年 2月4日(土)14:00〜16:30(14:40〜開場)

【場所】文京福祉センター6階料理教室(〒112-0013東京都文京区音羽1丁目22番14号)地下鉄有楽町線護国寺駅6番出口または江戸川橋駅a1出口下車 徒歩10分

【予定プログラム】14:00〜14:10 ラダックとNPO法人ジュレ−・ラダックの紹介

         14:10〜14:20 お料理の紹介と各テーブルでの自己紹介

         14:20〜15:20 クッキング

         15:20〜15:55 試食・交流タイム

【参加費】ジュレー会員:1,000円 一般:1,800円

【定員】20名(要予約)

【持ち物】マイカップ・マイスプーン・エプロン

【申し込み方法】Email julaykoho@gmail.com   または電話 070-5540-4863 (代表:たかはし ちおり)

E-mailの場合は、件名を「2月5日料理教室申込」として、,名前(フリガナ)⊃与瑤鬚患入の上お申込ください。(ベジタリアンの方やアレルギー等がある場合もご記入ください。)

【申し込み期限】 2月2日

みなさんのご参加お待ちしています。

主催:ジュレー・ラダック
特定非営利活動法人ジュレー・ラダック
〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14(見樹院内)

Tel/Fax:03-3812-3866  Email: julayladakh@gmail.com / julaykoho@gmail.com 
URL: http://julayladakh.org

2012-1-8
自然遊び、星空観望イベントの運営サポータを募集
団体名 センス・オブ・ワンダー
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 活動フィールド
新宿御苑・江ノ島・多摩川など
応募条件
自然の中で遊ぶことが好きで、子どもが好きな方。
自然に関する知識は問いません。自然と触れ合いたい自然を感じたい気持ちがあれば十分です。

◆年間に10日間程度活動に参加できる方。

◆希望性別:女性(理由…参加児童は低学年及び女子児童が多いため。学生・社会人は問いません。)

◆募集人員:3名(定員になり次第、サポータ登録を終了)

◆メールを利用できる環境にあること。原則メールにより活動の連絡及び出欠確認するため。

申込み方法
エコアート教室、ガリレオ体験教室のイベント運営のサポータとして参加してくださる方は、下記のメール宛に
「お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、志望動機」を記載してお申込みください。

◆メール宛先:koho-sense@mail.goo.ne.jp 広報担当:北村 麻子  

2011-12-28
東ティモール エコツアー 自然・伝統文化とともに生きる村を訪ねる
団体名 特定非営利活動法人 パルシック
分野 自然環境保護
活動地域 海外
内容 2002年にインドネシアからの独立を果たし、今年独立10周年を迎える東ティモール。国土は山・海たくさんの美しい自然にあふれています。ティモール島の東端、トゥトゥアラ郡の漁村を訪ね、白い砂浜が美しい海岸でのシュノーケリング、無人島ツアー、伝統文化の息づく遺跡の見学、東ティモール伝統織物タイス織の見学や、現地の協同組合が経営するバンガロー滞在、漁民との交流を行います。現地の文化、東ティモールに残る大自然を満喫し、ティモールの人々の自然と共に生きる生き方に触れてみませんか?

訪問地:   東ティモール民主共和国ラウテム県トゥトゥアラ郡

開催時期:   2012年3月17日(土)〜25日(日)9日間
申込締切:   2012年2月13日(月)
旅行代金:  248,000円(往復航空運賃、燃油等付加運賃、全行程宿泊費、移動費、東ティモール国内での食費、入国税・航空税等含む。旅行代金は2011年12月14日現在の燃油等付加運賃33,280円を基準として算出しております。燃油料金が変更となった場合、追加料金をいただく場合がございます。)
現地協力: ハブラス財団(Haburas Foundation)
旅行企画・実施: 株式会社ピース・イン・ツアー

旅行条件
[更坿間:2012年3月17日(土)〜25日(日)
⇔更埖絛癲248,000円
最少催行人数:5名
そ佝空港:成田空港
ヅ詐莪:なし。プログラム企画担当者が同行
ν用ホテル(宿泊先):Mastapa Garden Hotel(デンパサール)/Hotel Audian(ディリ)/Valu Beach Bungalows(トゥトゥアラ)
利用航空会社:ガルーダインドネシア航空(成田−デンパサール間)/メルパチ航空(デンパサール−ディリ間)
┸事:東ティモール国内での全行程食事付き

お申込み・お問合せ
特定非営利活動法人パルシック
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
TEL:03-3253-8990 FAX:03-5209-3453
WEB:http://www.parcic.org Eメール:admin@parcic.org


2011-12-23
マレーシア 〜先住民の暮らす地域づくり〜
団体名 特定非営利活動法人NICE(日本国際ワークキャンプセンター)
分野 まちづくり・村づくり
活動地域 海外
内容 マレーシア 〜先住民の暮らす地域づくり〜

2/16(木)〜2/29(水)

【背景・目的】

自然と共生しながら、伝統的な生活を営む先住民・イバン族。彼らは一つ屋根の下に数家族が集まって助け合いながら生活をしてきたが、若者は仕事をもとめ町へ出ていき始めているため過疎化が進んでいる。

ホームステイをし、大自然の中で生活する知恵を家族から学びながら、地域を盛り上げるボランティアを募集!



【ワーク】

* ゴミ分別について啓発活動。

* 土砂崩れが多い道路を、コンクリートで整備。

* 他にも自主的な提案には柔軟に対応します!



【こんな人におすすめ!】

* 先住民の生活・農業に興味のある方

* 大自然の中で生活してみたい方

* 継続的に地域づくりに関わって行きたい方


●プログラム詳細・申し込みはこちら↓↓↓:

マレーシア http://www.nice1.gr.jp/kansaimalaysia_info/



●参加までの流れ:http://www.nice1.gr.jp/wc_info
●問合せ:河村 out@nice1.gr.jp
追加登録費の400 RM(約12,000円)は現地払い


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 次へ→