条件:- 該当記事数 752 件

条件指定 地域分野 次へ→
2013-1-7
【ビデオ制作講座】企画から撮影、編集まで学べます
団体名 OurPlanet-TV
分野 教育・生涯学習指導
活動地域 東京都
内容 「2013年冬期映像制作ワークショップ」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1496

YouTubeなどの登場で、誰もが自由に映像を制作し、配信する時代に入っています。今後、ますますビデオを使った表現が重要になっていくことは間違いありません。
 
OurPlanetTVの映像ワークショップは、単に映像を作るだけでなく、人に見せ、伝えることを目指しています。企画から、撮影、構成、ノンリニア編集まで、映像制作過程を学びながら、ショートドキュメンタリーを作り上げていきます。3ヶ月のコース終了時には、はじめてカメラを触る人やカメラを持っていない人でも、必要な映像制作技術がひととおり取得できるというのが、大きな特徴です。
 
完成作品は、OurPlanetTVで配信するなど、様々な公開の機会が得られるだけでなく受講者は、卒業後1年間、OurPlanetTVの映像制作支援を無料で受けることが出来ます。趣味で映像を楽しみたい人から、ビデオを活用したいNPO関係者、将来、ビデオジャーナリストを目指す人まで、多様な方が受講されています。是非ご参加ください。

期 間 2013年1月17日(木)〜2013年3月28日(木)
時 間 木曜日19:00〜21:00、土曜日10:00〜16:00
場 所 OurPlanet-TVメディアカフェ(千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202)
対 象 高校生以上(パソコンの基本操作ができる方)
定 員 12人(定員になり次第締め切ります)
受講料 学生60,000円/一般70,000円 (テキスト代込み)
※テキスト 『ビデオカメラでいこう』(白石草著・七つ森書館より発売中)
※受講料の分割払いにも対応しております。お気軽にお問い合わせください。
※使用ソフトは、アドビプレミアエレメンツです。受講期間中の3ヶ月は、ビデオカメラや編集用PCなどOurPlanetTVの機材をお使いいただけます。
主 催 OurPlanetTV 
お申し込み
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1496
 
内 容
基礎編(取材の基本や機材の扱いをマスター)
1月17日(木)映像制作とは?〜企画から取材・完成までのプロセス〜
1月19日(土)企画・構成・取材の導入〜ネタを探す・企画化する〜
1月24日(木)カメラの操作と実践〜フレームで表現する〜
1月31日(木)企画・構成〜リサーチと構成〜音声とインタビュー
2月7日(木)編集の基礎〜ノンリニア編集機を使う〜
 
応用編(自分でミニドキュメンタリー制作に挑戦!)
2月14日(木)カメラ取材(ラッシュプレビュー)〜カメラ取材〜
2月21日(木)ノンリニア編集〜編集の実践 
2月28日(木)ノンリニア編集〜編集の実践◆
3月7日(木)ノンリニア編集〜編集の実践〜
3月14日(木)ノンリニア編集〜コメントの書き方・吹き込み〜
3月21日(木)ノンリニア編集〜コメントの書き方・吹き込み〜
3月28日(木)上映会
 
講 師
◆白石 草(OurPlanet-TV代表)
テレビ朝日系技術会社を経て、東京メトロポリタンテレビジョン入社。ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。2001年に独立し、フリーランスとして活動。同年10月OurPlanet-TV設立。
パナソニック主催の「キッドウィットネスニュース」のワークショップや制作アドバイザーやNPO向けの映像セミナーをはじめ、東京大学情報学環教育部をはじめ、全国の大学などで映像制作の講義・ワークショップを担当。現在、一橋大学大学院地球社会研究科客員准教授、早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース講師。
著書に「コミュニティメディアの未来〜新しい声を伝える経路」(共著)2010年晃洋書房、「非営利放送とは何か〜市民が創るメディア」(共著)2009年ミネルヴァ書房、「ビデオカメラでいこう〜ゼロからはじめるドキュメンタリー制作」七つ森書館、「ジャーナリズムの条件」(共著)2005年岩波書店など多数。
  
◆平野隆章(OurPlanet-TV)
映像制作会社を経て、OurPlanet-TVスタッフに。OurPlanet-TVで配信しているインタビュー番組「ContAct」やニュースクリップの取材・撮影・編集のほか、オープンスペース・メディアカフェ担当。2009年にドキュメンタリー「宮下公園」(60分)を制作。クラブや野外イベントでVJをし、NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]で「わたし、あなた、みんな」というビデオライブパフォーマンスを行なった。

特定非営利活動法人OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202
TEL 03-3296-2720 FAX 03-3296-2730 MAIL info@ourplanet-tv.org

2012-12-17
学生ボランティア募集!(東日本大震災復興支援)
団体名 Youth for 3.11
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 全国
内容 Youth for 3.11は
2011年3月11日に立ち上がった
学生による復興支援を行う日本最大の団体です。

学生の皆さんが足を運びやすく、
被災地にも喜んで受け入れてもらえる。
そんなボランティアプログラムを開発しています。

「何かしたい。」「力になりたい。」
あなたのその気持ちを、後押しします。
ひとりでも、お友達とでも、ぜひご参加ください。

各ボランティアプログラムの詳細は下記URLからHPをご覧ください!
http://www.youthfor311.com/

※Youth for 3.11の運営メンバーも募集しております。

2012-12-9
12/22に小熊英二さんトークイベント「2012年、日本の政治は変わったのか?脱原発・ブラック企業と社会運動」を開催します!
団体名 NPO法人POSSE
分野 人権
活動地域 東京都
内容 12月22日(土)、NPO法人POSSEで雑誌『POSSE』創刊4周年記念のトークイベントを開催します。
今回は、慶應義塾大学教授の小熊英二さんをお招きして、お話いただきます。小熊さんは今年、『社会を変えるには』『平成史』、さらに『POSSE vol.15』掲載の「橋下徹はグーグルである」などが反響を呼びました。橋下大阪改革や衆議院選・都知事選の「ダブル選挙」など、政治にさまざまな変動があった2012年。その変動がどのような結果をもたらしたのかを、小熊さんにお話しいただきます。
後半では、社会運動と政治の可能性について議論します。政局が混迷しているいま、原発やブラック企業などの問題が山積みです。選挙直後の結果を踏まえ、2013年を見据えつつ、これからの社会運動に何ができるのかを、新刊『ブラック企業』が話題のPOSSE代表の今野晴貴を交え展望します。
ぜひご来場ください。

○イベント概要
日時:12月22日(土) 14:00〜(開場13:30〜)
場所:こどもの城(表参道)研修室

タイムテーブル:
13時30分 開場
14時00分 開会
第一部
・講演:小熊英二さん「2012年、政治はどう変わったのか」
・講演:今野晴貴「なぜブラック企業は生まれたのか」
第二部
・対談:「社会運動は政治を変えるのか」
小熊英二さん+今野晴貴(NPO法人POSSE代表)+司会:坂倉昇平(『POSSE』編集長)


参加費:(学生)800円、(社会人)1,000円
予約:不要
※資料準備のため、可能でしたら、参加希望の旨を下記メールアドレスまでお知らせください。当日受付も可能です。
メールアドレス:magazine@posse.jp

○紹介
小熊英二(おぐま えいじ)
慶應義塾大学総合政策学部教授。1962年東京都生まれ。近著に『社会を変えるには』(講談社現代新書)、『平成史』(共著、河出書房新社)。その他の主著に『1968』『〈民主〉と〈愛国〉-戦後日本のナショナリズムと公共性』『〈日本人〉の境界』『単一民族神話の起源』(いずれも新曜社)などがある�

今野晴貴(こんの はるき)
1983年生まれ。仙台市出身。NPO法人POSSE代表。近著に『ブラック企業』(文春新書)などがある。
Twitterアカウント:@konno_haruki

坂倉 昇平(さかくら しょうへい)
NPO法人POSSEが出版する雑誌『POSSE』編集長。POSSE設立時からのメンバーで、雑誌編集のほか労働相談などを担当。
Twitterアカウント:@magazine_posse

○雑誌『POSSE』とは?
雑誌『POSSE』はNPO法人POSSEが発行する雑誌で、「新世代のための雇用問題総合誌」として若者による雇用・貧困問題の政策提言を目的としています。 2008年の創刊以来、年に4回発行しており、これ
まで新聞やインターネットなど各メディアで取り上げられてきました。 現在は大学生や20〜30代の社会人のボランティアを中心に活動しており、特集の企画から取材、誌面の制作まで手がけています。

○小熊英二「『橋下徹』はグーグルである」掲載
『POSSE vol.15』の購入はこちらから!!
(http://www.npoposse.jp/magazine/order_form.html)

----------------------------
NPO法人POSSE(ポッセ)は、学生と社会人を中心とした若者が雇用問題や貧困問題に取り組むNPOです。 POSSEでは主に労働相談を受け付け、問題解決のアドバイスをしていま
す。労働相談は年間400件近くにのぼり、数々の相談事案から見えてきた問題にもとづき、調査活動、セミナー開催による啓発活動、雑誌出版による政策提言などを行なっています。 2011年の震災後には仙台市を中心
として被災者の生活支援活動を行なっています。 こうしたさまざまな活動を通じて、若者自身が社会のあり方に関わりを持っていくことを目指しています。
また、POSSE(ポッセ)では、労働相談や調査活動、被災地支援、セミナーの企画・運営、雑誌の編集などを担っていくボランティアスタッフを募集しています。 雇用問題や格差・貧困問題、震災後の被災
者支援に関心のある方や、ボランティア活動を通じて自分の力を発揮してみたいという方はお気軽にご連絡ください。
----------------------------
NPO法人POSSE(ポッセ)
所在地:東京都世田谷区北沢4-17-15ローゼンハイム下北沢201号
TEL:03-6699-9359
FAX:03-6699-9374
E-mail:info@npoposse.jp
HP:http://www.npoposse.jp/
----------------------------

2012-12-4
「小学校長期自然体験活動指導者研修会 in立川」
団体名 認定NPO法人 JUON NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 平成24年度文部科学省委託事業「体験活動推進プロジェクト」
「小学校長期自然体験活動指導者研修会 in立川」(CONE学校支援指導者養成)

昨年度から施行された新学習指導要領には、道徳や総合的な学習の
時間を使って自然体験活動等の体験活動を行うよう明記されました。
本研修は、そうした学校教育現場で自然体験活動を支援する
「自然体験活動指導者」の養成研修です(平成20年度から
実施されており、今年度が最後となる見込みです)。


【と き】2013年2月3日(日)12:30〜15:30
【ところ】国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン内
     花みどり文化センター 講義室
     東京都立川市緑町3173番地
     JR「立川」駅より「あけぼの口」経由で約10分
http://www.showakinenpark.go.jp/green-culture/portal/normal.php?category=access

【参加費】無料
【定 員】20名
【締 切】1月25日(金)
     ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)
【企画・運営】認定NPO法人JUON(樹恩) NETWORK

【内 容】

小学校長期自然体験活動指導者養成
 小学校が実施する1週間程度の自然体験活動を支援するための
指導者を養成することを目的とした内容です。
 この講座を受講することにより、
独立行政法人国立青少年教育振興機構を通して
「補助指導者」として登録されることになります。
 なお、JUON NETWORKのエコサーバー・リーダー資格または
CONE(自然体験活動推進協議会)リーダーの資格をお持ちの方は、
「全体指導者」として登録されます。
※詳細はこちらをご参照下さい。
 http://www.niye.go.jp/shizen/index.html
※CONE(自然体験活動推進協議会)については以下を参照下さい。
 http://www.cone.ne.jp/


【スケジュール】
12:30 学校教育における体験活動の意義
14:00 教育課程と体験活動の関連性
15:30 登録書類等の記入

【問合せ・申込み】
認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
電話: 03-5307-1102 FAX: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがありま
す。JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事
をいたしておりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこ
ちらからご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能
性がございます。大変お手数をおかけいたしますが、その際はお電
話いただければ幸いです。

★参加希望の方は下記の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。

−−−−−−−−−−−−申 込 書−−−−−−−−−−−−−
「小学校長期自然体験活動指導者研修会 in立川」2/3
名前:
ふりがな:
性別: 男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
JUON NETWORK: 会員・非会員

◇エコサーバー・リーダー資格: あり・なし
◇CONE資格: あり・なし
└ありの方は、
  CONE所属団体:
  CONE登録ID:
  有効期限:
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理
いたします。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際に
は、速やかに必要な手続きをお取りいたします。



■認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORKとは・・・
JUON NETWORKは都市と農山漁村の人々をネットワークで結ぶ
ことにより、環境の保全改良、地方文化の発掘と普及、過疎過密の
問題の解決に取り組むことを目的として、1998年4月に大学生
協の呼びかけを受けて誕生したNPO法人です。

2012-12-3
国際シンポジウム「メコンの暮らし、私たちの暮らし―河川開発のこれからを考える」
団体名 地球・人間環境フォーラム
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ◆日時:2012年12月15日(土)13:00〜17:00
◆場所:法政大学市ヶ谷キャンパス58年館5階858教室
(http://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html)
【JR線・地下鉄各線】 市ヶ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分

◆内容
東南アジアの国際河川、メコン河の流域では6千万人以上の人びとが、川や森の自然資源に依存した生活を続けています。メコン河は重要な水源であるだけでなく、淡水では世界最大の漁獲高を誇る漁場でもあります。この豊かな河の生態系と人の暮らしは、各国の政府や民間セクターによる経済や金融を最優先する大規模開発によって危機に瀕しています。今年ついに、議論が続いていたメコン河本流での大規模ダム建設がラオスで始まろうとしています。また、カンボジアのメコン河支流スレポック川では上流のベトナムで、日本の支援による新たなダム開発が始まります。
一方の日本国内では、市民の環境問題への関心と大型インフラ建設による将来世代への負担増への懸念から、従来の河川開発が変化する兆しが見えています。ここ10年、新規事業の見直しが各地で議論され、今年、熊本県では日本で初めてのダムの撤去も始まりました。
今回のシンポジウムでは、河川開発により生活を脅かされているカンボジア、タイの住民代表と熊本県の荒瀬ダムの撤去を見守る在野の研究者をお招きし、流域の人びとが育んできた生活や知恵を尊重した河川開発はどうしたら実現できるのか、また日本で起こったような環境破壊の失敗を繰り返さないために、私たちは何ができるのかを議論します。
*開催にあたっては三井物産環境基金の支援をいただいています。

◆プログラム(予定):
1.メコン河を巡る状況
2.映像によるメコン河流域の暮らしの紹介
3.セサン・セコン・スレポック川(3S)の流域ダム開発の現状と人びとの暮らし
4.メコン河本流ダム開発と暮らしへの影響
5.川の再生:熊本県の球磨川と荒瀬ダムの撤去

◆講師(予定):ニワット・ロイゲオ(メコン河流域8県タイ住民ネットワーク:タイ)、チャンナロン・ウォンラー(東北タイ7県住民ネットワーク:タイ)、ミッチ・ミヤン(3S川保全ネットワーク:カンボジア)、ソキット・ネン(3S流域住民:カンボジア)、つる祥子(自然観察指導員熊本県連絡会副会長)

◆資料代:500円
(メコン・ウォッチ会員・協力団体会員 無料
     学生 無料/学生証の提示をお願いいたします)

◆お申込みは下記から
http://goo.gl/5uces
または、メールにて(1)ご氏名、(2)ご所属、(3)ご連絡先をご送付ください。
送付先:event@mekongwath.org

◆協力
国際環境NGO FoE Japan、地球・人間環境フォーラム

◆問合せ
特定非営利活動法人メコン・ウォッチ(担当:木口)
〒110-0015 東京都台東区台東1-12-11 青木ビル3階 
Tel: 03-3832-5034 Fax: 03-3832-5039
Email: info@mekongwatch.org


2012-11-23
キッズプラザ大阪ボランティア募集!
団体名 キッズプラザ大阪
分野 その他
活動地域 大阪府
内容 ★こどもが好きな方!
★体力に自信がある方!
★大勢の方と協力して活動できる方!
★年間を通して活動できる方!
キッズプラザ大阪で活動してみませんか?ボランティア活動未経験の方も大歓迎です。
キッズプラザ大阪では、展示物やプログラムを通して、こどもたちの遊び・発見・学びをサポートしながら、一緒に楽しく遊ぶボランティア「インタープリター」を募集します。
.好織献インタープリター:ニュース番組や声優体験等のサポート
▲僖愁灰鵐ぅ鵐拭璽廛螢拭次Д僖愁灰鵑鮖箸辰織廛蹈哀薀爐離汽檗璽
フロアインタープリター :様々な展示フロアでの遊びのサポート

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

【募集人数】100名(.好織献15名、▲僖愁灰15名、フロア70名)

【対  象】18歳以上(高校生不可)・事前研修すべてに出席可能な方,4月から月2回以上活動可能な方,日常的にパソコンを使用している方(※パソコンを希望される方のみ)

【活動期間】2013年4月1日〜2014年3月31日

【活動時間】9:30〜17:15

【活動費】交通費実費支給(1日上限2,000円)・1日の活動につき昼食費として1,000円支給
(ただし、事前研修時は交通費・昼食費ともに支給なし)

【事前研修】平日・土日コースどちらかに参加(コースでの参加が難しい方は、組み合わせ可)。と体験研修1日の計5回の研修を受けてください。
土日コース[17:30〜20:30]1回目1/27(日),2回目2/3(日),3回目2/24(日),4回目3/3(日)
平日コース[13:30〜16:30]1回目1/28(月),2回目2/4(月),3回目2/25(月),4回目3/4(月)
体験研修 [ 9:15〜17:15]2013年 2/5(火)〜2/17(日)のうち、1日

【申し込み方法】所定の申込用紙(HPでもダウンロード可)にご記入の上、郵送または持参(FAX不可)。http://www.kidsplaza.or.jp/

【申し込み締切】2013年1月22日(火)必着

活動についてもっと知りたい方は…
【説明会】日時:2013年1月12日(土)18:00〜19:00(要予約)

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・
〜お問い合わせ先〜
キッズプラザ大阪 http://www.kidsplaza.or.jp/
〒530-0025 大阪市北区扇町2-1-7
TEL:06-6311-6603
FAX:06-6311-6605
E-mail:ip2013@kidsplaza.or.jp






2012-11-22
【参加者募集】2013年春 ワークキャンプ、スタディツアー、ハッピー子どもキャンプに参加してみませんか?
団体名 (特活)CFF
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 NPO法人CFFジャパンの中村公巳(さとみ)です。

2013年春、フィリピン/マレーシアで海外ボランティア一緒にやりませんか?
私たちCFFは、親と生活することのできない子どもたちのための施設「子どもの家」をフィリピン/マレーシアで運営しています。

現地の若者たちと一緒にディスカッションやミニ・スタディツアーも行い学びながら、ボランティア・ワークで汗を流すワークキャンプ。
また、普通の観光ではいけないスラムや子どもの施設など様々な場所を訪問して、現地の人たちや社会から学びを深めるスタディツアー。
自分たちで考えたアクティビティで子どもたちと毎日を過ごすハッピー子どもキャンプ!

是非参加してみませんか? 以下、ワークキャンプ、スタディツアー、ハッピー子どもキャンプのための「説明会」の開催のお知らせです。 参加費無料、出入り自由ですので、興味を持ってくださった方、ぜひ足を運んでみてください。遅刻早退もOKです。

説明会日程
・11月23日(金)13時半〜15時半@CFF大塚事務局(JR山手線・大塚駅より3分)
・12月 9日(日)14時−16時@国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋駅より7分) 詳細はこちら→http://cffjapan.exblog.jp/16836730/


お申込みお問い合わせはCFF事務局info@cffjapan.orgまでお願いします。 CFFの説明会では、キャンプやツアーに一緒に参加する"プログラムリーダー"を中心に過去参加経験者がより詳しくいろんな話をします。また一方的に聞くだけではなく会話のなかで写真を交えて、キャンプやツアーの体験をお話しします。お気軽に参加してくださいね。


詳細資料の請求がまだなかたはこちらからhttp://ow.ly/bCndm

NPO法人CFFジャパン 中村公巳 http://www.cffjapan.org/

2012-11-19
12/1 上映会&スタディツアー報告会
団体名 ジュレー・ラダック
分野 国際交流
活動地域 東京都
内容 開催日:12月1日(土)

プログラム1:上映会(13:30-14:30)
伝統的なくらしで注目を浴びる「ラダック」とは?
 日本大学の学生達が訪ねた北インド・ラダック地方。私達をとりまく世の中のしくみに問題意識を持つ多くの人たちが、「もう一つの生き方・暮らし方」を訪ね、現地文化に触発されています。映画『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』のダイジェスト版を見て、skypeで社会人参加者の方の声を聞きます。

プログラム2:報告会(14:30-16:30)
2012夏、それぞれのインドツアー体験報告
(1) 北インド「スタディツアー inラダック」報告
 第吃瑤留覗でお伝えしたラダックについて、実際に訪ねた学生たちの率直な声をお伝えします。
(2) 南インド「スタディ&ボランティア体験ツアー」報告
 現地のカーストの問題に取り組むNGOを訪ねた学生・若者がインドの現状、日本の自分たちの生き方について、見て考えたことを報告します。
(3) 南インド「参加型農村開発研修」報告
 「施し」の支援ではなく、農村が経済的に自立し、NGOは他の村に移っていく…そんなNGO「MYRADA」の活動現場を見て、得られた知恵と、感動を語ります。
(4) パネルトーク(各ツアーから参加者2名ずつ、計6名)
「日本人としてインド人から学ぶところは?」
「ぶっちゃけインドで暮らしていけるか?」
などのテーマで参加者が話します。
(5) フロアとの交流トーク(質疑応答)
 質問や感じたことの共有の場です。

プログラム3:相談会(16:30-17:30)
2013春のツアー個別相談
「スタディツアー inラダック」「スタディ&ボランティア体験ツアー」「参加型農村開発研修」ブースにて、参加者が相談に乗ります!気になることを何でも聞けるし、同年代としてアドバイスします!

※参加費無料


場所:日本大学法学部10号館1061教室 
 東京都千代田区三崎町2-12-1(JR水道橋徒歩4分)
 地図:http://goo.gl/maps/gY9xY

お問合わせ: NGO「特定非営利活動法人ジュレー・ラダック」
Email:life@earth.email.ne.jp
Tel:03-3261-7855(平日10:00〜18:00)
申込:右記のURLよりお申込み下さい http://goo.gl/xPmRG

共催: 日本大学法学部 佐渡友ゼミナール / 特定非営利活動法人ジュレー・ラダック / 国際協力NGO 地球の友と歩む会(LIFE)

2012-11-14
【福祉有償運送】有償ボランティア募集中!
団体名 NPO法人コットン・ハート
分野 高齢者福祉
活動地域 福岡県
内容 自家用車を使用して、障がい者や介護認定者を通院や外出のための移送を支援する福岡県認証のNPO法人です。

福岡市で活動して下さる有償ボランティアさん(謝礼あり・ガソリン代・通信費支給します!)を募集しています!

【応募条件】
・男女問わず19〜70歳までの方!
・自動車普通免許をお持ちの方!(取得後1年以上)
・自家用車で活動(持ち込み)できる方!(自動車任意保険に加入の方)

ご不明な点やご質問はお気軽にお問い合わせ下さい!

2012-10-29
【HANDS】マーケティング・オフィサー(正職員)募集
団体名 特定非営利活動法人Health and Development Service(HANDS)
分野 児童・母子福祉
活動地域 東京都
内容  HANDS東京事務所・マーケティング部門では、広報や
 支援者コミュニケーション、ファンドレイジング業務を担当する
 マーケティング・オフィサー(正職員)を募集しています。


 ●募集ポジション
  マーケティング・オフィサー(正職員)

 ●業務内容
  1)支援者拡大、ファンドレイジングを目的としたマーケティング
施策の策定および実施
2)支援者やメディアへの対応
3)会報、事業報告書、団体パンフレット、ホームページなど、
広報ツールの企画および制作
4)報告会、セミナー等の企画および運営

 ●応募条件
  1)開発途上国における国際保健医療協力に興味を持ち、当団体の
ミッションに賛同いただける方
2)NPOや企業での3年以上の勤務経験、とくに広報・マーケティング・
広告・販促・営業関連業務経験をお持ちの方
3)原稿を書くこと、人前で話すことが好きな方
4)PCスキル(Word、Excel、Power Point必須。Access、DTPソフトが
使えれば尚可)
5)自主性と責任感、チャレンジ精神に自信のある方、大歓迎です
6)英語での業務経験のある方が望ましい

 ●応募締切り
  2012年11月12日(月)。ただし適任者が決まり次第終了し、
  いない場合は延長します。

 ※業務内容や応募方法など、募集要項の詳細はこちら
  ⇒ http://www.hands.or.jp/pagesj/10_recruit/marketing12.html

 ●問合せ先
 特定非営利活動法人HANDS (連絡担当者:篠原、奥田)
 〒113−0033 東京都文京区本郷3−20−7 山の手ビル2階
 URL:http://www.hands.or.jp
 e-mail: mao-bosyu@hands.or.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 次へ→