条件:- 該当記事数 749 件

条件指定 地域分野 次へ→
2013-3-4
<シンポジウム>「共通だが差異ある責任」の原則と持続可能な開発のための資金拠出のあり方を3月19日に開催
団体名 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 I. 背景/目標

国連持続可能な開発会議(リオ+20)や気候変動枠組み条約の交渉では、各国の資金拠出や排出量削減目標を決める際に、「共通だが差異ある責任」の原則が大きな論点となることが多い。

「共通だが差異ある責任」の原則は、1992年に地球サミットで採択されたリオ宣言で定められたもので、「各国は、地球の生態系の健全性及び完全性を、保全、保護及び修復するグローバル・パートナーシップの精神に則り、協力しなければならない。地球環境の悪化への異なった寄与という観点から、各国は共通のしかし差異のある責任を有する。先進諸国は、彼等の社会が地球環境へかけている圧力及び彼等の支配している技術及び財源の観点から、持続可能な開発の国際的な追及において有している義務を認識する。」と規定されている。

しかし、その後、新興国の台頭や先進国財政の悪化などがあり、原則の定義や運用について再検討を求める声がある。

そこで、第一線の政策担当者・研究者等をお招きして、以下の目的のために、本シンポジウムを開催する。
○「共通だが差異ある責任」の原則に関する歴史的経緯や国際交渉の現状への理解を促進する。
○今後の持続可能な開発のための資金拠出のあり方に関して、各セクターの理解向上をはかる。

II. 日時

2013年3月19日(火)18:30〜21:00

III. 会場

ベルサール神保町 3階 Room 5
http://www.bellesalle.co.jp/bs_jimbocho/access.html
 〒101-0065
 東京都千代田区西神田3-2-1住友不動産千代田ファーストビル南館2・3F
 Tel: 03-3263-9621
 <交通アクセス>
 「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
 「九段下駅」5番出口徒歩4分(半蔵門線・新宿線)
 「神保町駅」A2出口徒歩5分(半蔵門線・新宿線・三田線)

IV. 対象

事業者・研究者・NGO関係者・政策担当者・メディア・市民等

V.主催等

主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金

VI. プログラム(以下、敬称略)

◆プログラム説明

◆報告
「共通だが差異ある責任の原則と持続可能な開発のための資金に関する経緯と国際交渉の現状(仮題)」
杉中淳(外務省国際協力局地球環境課長)

「共通だが差異ある責任の原則と環境国際協力に関する現状と課題(仮題)」
塚本直也(環境省地球環境局国際連携課長)

「共通だが差異ある責任の原則と持続可能な開発のための資金拠出のあり方(仮題)」
明日香壽川・東北大学教授/(財)地球環境戦略研究機関(IGES)
気候変動グループ・ディレクター

◆質疑応答

◇休憩◇

◆意見交換
○論点(案)
・「共通だが差異ある責任」の原則及び持続可能な開発のための資金拠出のあり方
○パネリスト
ご講演者他

VII. 参加費

1,000円(JACSESサポーター500円、賛助会員無料)

. お申し込み

「2013年3月19日シンポジウム参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html )から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX. お問い合わせ・お申込み

「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
担当:牛膓
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

2013-3-4
シンポジウム「国際的な汚職・腐敗防止と持続可能な開発のための資金創出」を3月15日に開催
団体名 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 I. 背景/目標

国際的な汚職・腐敗の防止は、持続可能な開発に資する資金の効果的な活用の観点から必要不可欠である。

国際的な汚職・腐敗防止の代表的取り組みとして、国連腐敗条約の策定・実施があげられる。2012年6月に開催された国連持続可能な開発会議(リオ+20)の成果文書では、汚職腐敗防止について、あらゆるレベルでの強力な制度が必要であるとし、国連腐敗防止条約の未加盟国に対して、加盟を呼び掛けている。

また、石油・ガス・鉱物資源等の開発から資源産出国政府への資金の流れの透明性を高めることを通じて腐敗や紛争を予防し、成長と貧困削減に繋がる責任ある資源開発を促進する多国間協力の枠組みとして、採取産業透明性イニシアティブ(EITI)が国際的に拡大・進展している。

2013年6月には、イギリス・北アイルランドのロック・アーンでG8サミットが開催される。議長国イギリスは、サミットの優先課題として貿易・税・透明性を掲げており、特に透明性については鉱物資源採掘における汚職防止に力を入れることを表明している。

汚職・腐敗を防止する国際フレームワークをどのように構築するか、そして持続可能な開発に資する資金をどのように確保するか、が重要な論点となっている。

そこで、以下の目的のために、本シンポジウムを開催する。
○国際的な汚職・腐敗防止等の最新動向に関する理解を支援することで、各セクター(研究者・メディア・NGO等を含む)の的確な対応・調査研究・情報提供/報道・提言活動等を促進する。
○今後のさらなる制度改善・効果的制度推進に向け、事業者・生活者・研究者・メディア・NGO・政策担当者等の理解向上・取組み強化・相互信頼向上・連携強化をはかる。

II. 日時

2013年3月15日(金)18:30〜21:00

III. 会場

ベルサール九段 4階 Room 3
 http://www.bellesalle.co.jp/bs_kudan/room/access.html
 〒102-0073
 東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル
 Tel:03-3288-2441
 <交通アクセス>
 「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
 「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
 「神保町駅」A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)

IV. 対象

事業者・研究者・NGO関係者・政策担当者・メディア・市民等

V.主催等

主催:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金

VI. プログラム(以下、敬称略)

◆プログラム説明

「国際的な汚職腐敗の現状と趣旨説明(仮題)」
田辺有輝(「環境・持続社会」研究センター(JACSES)プログラムコーディネーター)

◆報告

「資源採掘事業における汚職腐敗防止・透明性向上(EITI等)の取り組み(仮題)」
橘高公久(国際石油開発帝石株式会社執行役員経営企画本部長補佐、経営企画ユニットジェネラルマネージャー兼広報・IRユニットジェネラルマネージャー)

「開発途上国における汚職・腐敗防止と持続可能な開発のための資金創出(仮題)」
大内穂(トランスペアレンシー・ジャパン理事長代行)

◆質疑応答

◇休憩

◆意見交換
○論点(案)
・汚職・腐敗を防止する国際フレームワーク及び持続可能な開発に資する資金 確保のあり方
・制度改善・効果的制度推進のための取組み・アイデア(政策担当者・事業者・生活者・NGO等が個々にあるいは連携して行える活動等)
○パネリスト
ご講演者他

VII. 参加費

1,000円(JACSESサポーター500円、賛助会員無料)

VIII. お申し込み

「2013年3月15日シンポジウム参加申込」と明記の上、次のJACSESウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html )から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

IX. お問い合わせ・お申込み
「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
担当:牛膓
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

2013-2-28
いらない古着を送ってください〜古着リサイクルプログラム「フルクル」
団体名 ブリッジ エーシア ジャパン
分野 国際協力
活動地域 全国
内容 こんにちは。
ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行なう認定NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では、古着を募集しています。

ご寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はミャンマー、
ベトナムでの支援活動にあてられます。集まった古着は途上国に輸出されます。

「フルクルの流れ」を下記URLでよくお読みいただき、梱包、発送をお願いします。
http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

<注意!>
送付先は下記の通り、兵庫県のBAJ倉庫となっております。

〒662-0934
兵庫県西宮市西宮浜3-14-4
BAJ倉庫 日光物産気付
筺03-3372-9777


万が一、BAJ東京事務所に送付いただいた場合は、返送させていただくことがございます
のでご注意ください。
運送業者の指定はありませんが、倉庫までの送料はご負担いただきますようお願いします。

なお、楽天IDをお持ちの方は、送料が割引になるサービスがございます。
是非ご利用ください。詳しくはこちら→http://auction.rakuten.co.jp/event/donation/delivery/#baj

タンスに眠っている皆さまの古着を役立てませんか?
たくさんの古着を募集しています。みなさまのご協力をお願いします!

2013-2-17
3/3(日) ボランティア募集〜ニュースレター発送作業
団体名 認定NPO法人 日韓アジア基金・日本
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 私たちは年4回、活動状況をニュースレターにまとめて支援者の方にお送りしています。
この発送作業を手伝って下さる方を募集いたします。
作業は、封入作業や送り状書きがメインで、簡単な作業ですから誰でもできます。

ボランティア活動に興味のある方、日韓に興味のある方、アジアへの支援に興味のある方、どなたでも大歓迎です。お気軽にご参加ください。申し込み方法は下記をご覧ください。
定員もございますので、応募のない方の突然参加はお断りいたします。
また、事前にご連絡頂けば、ボランティア活動証明書を発行します。

なお、手当ては無く、交通費・食費などの経費も全て自己負担となります。
(日韓アジア基金については文末をご覧下さい)

≪日時≫2013年3月3日(日) 9:00〜13:00ごろまで
☆終了後、時間のある方は一緒にお昼ご飯を食べましょう☆
≪場所≫アジア文化会館 101号室
http://www.abk.or.jp/access/map.html
≪定員≫15名

2月27日(水)までに申し込んでくださった方でご希望の方には、ボランティア保険を当会の負担でお掛けします。ボランティア保険の詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.ita-vc.or.jp/pdf/volunteer-hoken24.pdf
≪お申し込み≫
下記を記入し、ilaf@iloveasia2.sakura.ne.jp までメールでお申し込み下さい。
件名:「3/3(日) ニュースレター発送ボランティア申し込み」
携帯からでも、必ず件名を記入して下さい。
本文:(1)氏名(ふりがな)、(2)性別、(3)年齢、(4)職業、(5)連絡先(郵便番号・住所・携帯番号・PCメールアドレス)、(6)何で本募集を知ったか、(インターネットサイトの場合はサイト名)(7)ボランティア保険への加入希望の有無、(8)ボランティア活動証明書希望の有無
連絡の都合上、携帯番号とPCメールアドレスを必ず記入して下さい。
担当 大澤 090-4456-2942

*なお、頂いた個人情報は、このイベントの連絡及び今後の当会からの連絡だけに使わせて頂きます。また、その取扱は当会の個人情報保護規則に従います。

日韓アジア基金とは
日韓の若者が、協働してアジアの恵まれない人達を支援する中で互いを知り、歴史の壁を超えたいという想いで設立されたNPO法人です。
その一歩として現在カンボジアで、小学校の不足教科書補充支援を行っています。
ホームページ http://iloveasiafund.com/

2013-2-13
【新規スタディツアー募集中!】
団体名 ボランティア・プラットフォーム
分野 国際協力
活動地域 海外
内容
<8日間49,800円/JICA事務所訪問/青年海外協力隊活動視察>

日本を代表して現地で活躍する青年海外協力隊の活動地を訪問・視察。また、JICA事務所も訪問!日本が目指す支援、その先のカンボジアの未来をスタディツアーを通じて、知識だけでなく実際に体感できる!更に、プノンペン、バッタンバン、シェムリアップの現地日系団体を訪問。現地で活躍する日本人の方と意見交換ができる貴重なチャンス!!もちろん、アンコールワット遺跡群のハイライトスポットも巡ります(^O^)

日程:3/18(月)〜3/25(月)※初回特別モニター募集中
詳しくはこちら→http://volunteer-platform.org/jica/

その他のプログラムも募集中!最新情報はウェブサイトをご確認ください!!
http://volunteer-platform.org/

2013年2/14(木)、26(火)説明会開催決定! @新宿・四ツ谷
予約はホームページにて☆ http://volunteer-platform.org/setumeikai/

************************************
お気軽にご質問ください♪
初めての海外、一人参加でも大丈夫!!
きっかけや動機はなんだっていいんです。
日常とは違う環境で忘れていた大切なものに気づく!
新しい自分みつけてみませんか?
************************************

====一般社団法人『ボランティアプラットフォーム』============
■お問い合わせ
TEL:03-6304-5353  FAX:03-4332-2393
メール:pr@v-pf.org
HP:http://volunteer-platform.org/
====================================================

2013-1-23
清掃活動
団体名 エフカン〜FY company〜
分野 自然環境保護
活動地域 宮崎県
内容 日時:基本的に毎週金曜日3時間程度
場所:宮崎市内加江田川・清武川河口海岸等
活動内容:河川海岸等の清掃活動 ひばさみを用いてごみ拾い
参加方法:会長藤中朋宏に連絡もしくは、ホームページ・メール等
詳細等はメール等で返信しますので、お気軽にご連絡ください。

連絡先:fycompany1030@yahoo.co.jp
http://ozcircle.net/farm

   会長 藤中朋宏 個人
    080-5249-7345
mezase-super-farmer0918@ezweb.ne.jp

2013-1-17
【2/8〆切!】2013・春 ブータンGNHツアー募集!〜オーガニックの郷・ガサ地方への旅
団体名 ナマケモノ倶楽部
分野 その他
活動地域 海外
内容 現在、国内の農業の100%オーガニック化を目指しているブータン。そのブータンでオーガニックのパイロット県として、初のオーガニック転換を果たした、ガサ県でのホームステイ、さらにブータン最大の祭り、パロ・ツェチュ祭をハイライトに、この春、自然・文化・人々に触れ、学び、感じる旅に出かけませんか?

地球にやさしく、自分にとっても美しく、美味しく、安らかで、たのしい暮らし。そんなホンモノの豊かさの指標として、ヒマラヤの小国ブータンから発信された「GNH」(国民総幸福)という考え方が日本でも注目を浴びています。「GNH」のHはハピネス。お金では買うことのできない「豊かさ」を、水、土、生態系、コミュニティ、家族、ローカリズム、農、食、時間、伝統文化といったキーワードで考える旅をお届けします。

今回、ナマケモノ倶楽部でも初めて訪れるオーガニック県ガサ地方は、プナカから車で3時間、最近道路がつながったばかりの地域です。オーガニック農業やエコツーリズムの中心地で、豊かな生態系や文化はもちろん、人懐っこい村人たちの日常にGNHの精神が息づいています。
春は、桃、シャクナゲ、チンチョウゲ、さまざまな花のあふれる美しい季節。そしてこの3月はブータン2度目の総選挙が5年ぶりに行われる時期でもあります。
ぜひこの機会に多くの方のご参加、お待ちしています!

>>詳細はこちら:http://www.sloth.gr.jp/events/bhutangnhtour2013spring/

★世界が注目するブータン★

ヒマラヤに位置する人口70万人、面積38,394k屐紛綵と同じくらい)の小国。標高300m〜7500mと多様性に富み、日本と同じく四季があります。首都はティンプー。国民の7割が自給的な暮らしを営んでいます。1974年に第4代国王が「GNP(国民総生産)より大切なのはGNH(国民総幸福)」と発言。以来、ー匆餬从囘発展、∧顕衆篁困療曽気搬タ福↓4超保全、い茲統治の4つを掲げたGNH政策を推進してきました。2008年に第5代国王戴冠式、総選挙&新憲法制定が行われ、世界からブータンへの注目度はますます高まっています。
--------------------------------------------------------------------------------
<2013年春ブータンGNHツアー概要>

◆日程:2013年3月17日(日)成田発、26日(火)朝成田着(現地8泊10日間)

◆参加費:一般36万円、学生32万円

◆最少催行人数:11名
(添乗員は同行しませんが、ナマケモノ倶楽部から企画担当者が同行します)

◆申込締切:2013年2月8日(金)

◆呼びかけ:ナマケモノ倶楽部 

◆お申込先:(株)マイチケット
 兵庫県知事登録旅行代理店業第142号(旅行取扱管理者 山田和生)
 以下のページを印刷し、必要事項をご記入の上、ファックスまたは郵送にてお送り下さい。
 http://www.sloth.gr.jp/events/gnhbhutan/

◆旅行企画・実施:エアーワールド株式会社:観光庁長官登録旅行業第961号 日本旅行業協会(JATA)会員

2013-1-7
【ビデオ制作講座】企画から撮影、編集まで学べます
団体名 OurPlanet-TV
分野 教育・生涯学習指導
活動地域 東京都
内容 「2013年冬期映像制作ワークショップ」
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1496

YouTubeなどの登場で、誰もが自由に映像を制作し、配信する時代に入っています。今後、ますますビデオを使った表現が重要になっていくことは間違いありません。
 
OurPlanetTVの映像ワークショップは、単に映像を作るだけでなく、人に見せ、伝えることを目指しています。企画から、撮影、構成、ノンリニア編集まで、映像制作過程を学びながら、ショートドキュメンタリーを作り上げていきます。3ヶ月のコース終了時には、はじめてカメラを触る人やカメラを持っていない人でも、必要な映像制作技術がひととおり取得できるというのが、大きな特徴です。
 
完成作品は、OurPlanetTVで配信するなど、様々な公開の機会が得られるだけでなく受講者は、卒業後1年間、OurPlanetTVの映像制作支援を無料で受けることが出来ます。趣味で映像を楽しみたい人から、ビデオを活用したいNPO関係者、将来、ビデオジャーナリストを目指す人まで、多様な方が受講されています。是非ご参加ください。

期 間 2013年1月17日(木)〜2013年3月28日(木)
時 間 木曜日19:00〜21:00、土曜日10:00〜16:00
場 所 OurPlanet-TVメディアカフェ(千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202)
対 象 高校生以上(パソコンの基本操作ができる方)
定 員 12人(定員になり次第締め切ります)
受講料 学生60,000円/一般70,000円 (テキスト代込み)
※テキスト 『ビデオカメラでいこう』(白石草著・七つ森書館より発売中)
※受講料の分割払いにも対応しております。お気軽にお問い合わせください。
※使用ソフトは、アドビプレミアエレメンツです。受講期間中の3ヶ月は、ビデオカメラや編集用PCなどOurPlanetTVの機材をお使いいただけます。
主 催 OurPlanetTV 
お申し込み
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1496
 
内 容
基礎編(取材の基本や機材の扱いをマスター)
1月17日(木)映像制作とは?〜企画から取材・完成までのプロセス〜
1月19日(土)企画・構成・取材の導入〜ネタを探す・企画化する〜
1月24日(木)カメラの操作と実践〜フレームで表現する〜
1月31日(木)企画・構成〜リサーチと構成〜音声とインタビュー
2月7日(木)編集の基礎〜ノンリニア編集機を使う〜
 
応用編(自分でミニドキュメンタリー制作に挑戦!)
2月14日(木)カメラ取材(ラッシュプレビュー)〜カメラ取材〜
2月21日(木)ノンリニア編集〜編集の実践 
2月28日(木)ノンリニア編集〜編集の実践◆
3月7日(木)ノンリニア編集〜編集の実践〜
3月14日(木)ノンリニア編集〜コメントの書き方・吹き込み〜
3月21日(木)ノンリニア編集〜コメントの書き方・吹き込み〜
3月28日(木)上映会
 
講 師
◆白石 草(OurPlanet-TV代表)
テレビ朝日系技術会社を経て、東京メトロポリタンテレビジョン入社。ビデオジャーナリストとして、ニュース・ドキュメンタリー番組の制作に携わる。2001年に独立し、フリーランスとして活動。同年10月OurPlanet-TV設立。
パナソニック主催の「キッドウィットネスニュース」のワークショップや制作アドバイザーやNPO向けの映像セミナーをはじめ、東京大学情報学環教育部をはじめ、全国の大学などで映像制作の講義・ワークショップを担当。現在、一橋大学大学院地球社会研究科客員准教授、早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース講師。
著書に「コミュニティメディアの未来〜新しい声を伝える経路」(共著)2010年晃洋書房、「非営利放送とは何か〜市民が創るメディア」(共著)2009年ミネルヴァ書房、「ビデオカメラでいこう〜ゼロからはじめるドキュメンタリー制作」七つ森書館、「ジャーナリズムの条件」(共著)2005年岩波書店など多数。
  
◆平野隆章(OurPlanet-TV)
映像制作会社を経て、OurPlanet-TVスタッフに。OurPlanet-TVで配信しているインタビュー番組「ContAct」やニュースクリップの取材・撮影・編集のほか、オープンスペース・メディアカフェ担当。2009年にドキュメンタリー「宮下公園」(60分)を制作。クラブや野外イベントでVJをし、NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]で「わたし、あなた、みんな」というビデオライブパフォーマンスを行なった。

特定非営利活動法人OurPlanet-TV(アワープラネット・ティービー)
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-3 NSビル202
TEL 03-3296-2720 FAX 03-3296-2730 MAIL info@ourplanet-tv.org

2012-12-17
学生ボランティア募集!(東日本大震災復興支援)
団体名 Youth for 3.11
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 全国
内容 Youth for 3.11は
2011年3月11日に立ち上がった
学生による復興支援を行う日本最大の団体です。

学生の皆さんが足を運びやすく、
被災地にも喜んで受け入れてもらえる。
そんなボランティアプログラムを開発しています。

「何かしたい。」「力になりたい。」
あなたのその気持ちを、後押しします。
ひとりでも、お友達とでも、ぜひご参加ください。

各ボランティアプログラムの詳細は下記URLからHPをご覧ください!
http://www.youthfor311.com/

※Youth for 3.11の運営メンバーも募集しております。

2012-12-9
12/22に小熊英二さんトークイベント「2012年、日本の政治は変わったのか?脱原発・ブラック企業と社会運動」を開催します!
団体名 NPO法人POSSE
分野 人権
活動地域 東京都
内容 12月22日(土)、NPO法人POSSEで雑誌『POSSE』創刊4周年記念のトークイベントを開催します。
今回は、慶應義塾大学教授の小熊英二さんをお招きして、お話いただきます。小熊さんは今年、『社会を変えるには』『平成史』、さらに『POSSE vol.15』掲載の「橋下徹はグーグルである」などが反響を呼びました。橋下大阪改革や衆議院選・都知事選の「ダブル選挙」など、政治にさまざまな変動があった2012年。その変動がどのような結果をもたらしたのかを、小熊さんにお話しいただきます。
後半では、社会運動と政治の可能性について議論します。政局が混迷しているいま、原発やブラック企業などの問題が山積みです。選挙直後の結果を踏まえ、2013年を見据えつつ、これからの社会運動に何ができるのかを、新刊『ブラック企業』が話題のPOSSE代表の今野晴貴を交え展望します。
ぜひご来場ください。

○イベント概要
日時:12月22日(土) 14:00〜(開場13:30〜)
場所:こどもの城(表参道)研修室

タイムテーブル:
13時30分 開場
14時00分 開会
第一部
・講演:小熊英二さん「2012年、政治はどう変わったのか」
・講演:今野晴貴「なぜブラック企業は生まれたのか」
第二部
・対談:「社会運動は政治を変えるのか」
小熊英二さん+今野晴貴(NPO法人POSSE代表)+司会:坂倉昇平(『POSSE』編集長)


参加費:(学生)800円、(社会人)1,000円
予約:不要
※資料準備のため、可能でしたら、参加希望の旨を下記メールアドレスまでお知らせください。当日受付も可能です。
メールアドレス:magazine@posse.jp

○紹介
小熊英二(おぐま えいじ)
慶應義塾大学総合政策学部教授。1962年東京都生まれ。近著に『社会を変えるには』(講談社現代新書)、『平成史』(共著、河出書房新社)。その他の主著に『1968』『〈民主〉と〈愛国〉-戦後日本のナショナリズムと公共性』『〈日本人〉の境界』『単一民族神話の起源』(いずれも新曜社)などがある�

今野晴貴(こんの はるき)
1983年生まれ。仙台市出身。NPO法人POSSE代表。近著に『ブラック企業』(文春新書)などがある。
Twitterアカウント:@konno_haruki

坂倉 昇平(さかくら しょうへい)
NPO法人POSSEが出版する雑誌『POSSE』編集長。POSSE設立時からのメンバーで、雑誌編集のほか労働相談などを担当。
Twitterアカウント:@magazine_posse

○雑誌『POSSE』とは?
雑誌『POSSE』はNPO法人POSSEが発行する雑誌で、「新世代のための雇用問題総合誌」として若者による雇用・貧困問題の政策提言を目的としています。 2008年の創刊以来、年に4回発行しており、これ
まで新聞やインターネットなど各メディアで取り上げられてきました。 現在は大学生や20〜30代の社会人のボランティアを中心に活動しており、特集の企画から取材、誌面の制作まで手がけています。

○小熊英二「『橋下徹』はグーグルである」掲載
『POSSE vol.15』の購入はこちらから!!
(http://www.npoposse.jp/magazine/order_form.html)

----------------------------
NPO法人POSSE(ポッセ)は、学生と社会人を中心とした若者が雇用問題や貧困問題に取り組むNPOです。 POSSEでは主に労働相談を受け付け、問題解決のアドバイスをしていま
す。労働相談は年間400件近くにのぼり、数々の相談事案から見えてきた問題にもとづき、調査活動、セミナー開催による啓発活動、雑誌出版による政策提言などを行なっています。 2011年の震災後には仙台市を中心
として被災者の生活支援活動を行なっています。 こうしたさまざまな活動を通じて、若者自身が社会のあり方に関わりを持っていくことを目指しています。
また、POSSE(ポッセ)では、労働相談や調査活動、被災地支援、セミナーの企画・運営、雑誌の編集などを担っていくボランティアスタッフを募集しています。 雇用問題や格差・貧困問題、震災後の被災
者支援に関心のある方や、ボランティア活動を通じて自分の力を発揮してみたいという方はお気軽にご連絡ください。
----------------------------
NPO法人POSSE(ポッセ)
所在地:東京都世田谷区北沢4-17-15ローゼンハイム下北沢201号
TEL:03-6699-9359
FAX:03-6699-9374
E-mail:info@npoposse.jp
HP:http://www.npoposse.jp/
----------------------------

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 次へ→