条件:- 該当記事数 775 件

条件指定 地域分野 次へ→
2018-5-21
高校生への学習支援ボランティア募集!しながわドリームサポート平日夜間
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 高校生への学習支援ボランティア大募集!!

ボランティア説明会へのお申し込みはこちらから
\ https://ws.formzu.net/fgen/S11250675/ /
高校生の夢を叶えるお手伝いを一緒にしませんか?
学習会です。

高校生の進学就職をサポートする学習支援を行っております。
定期テスト、入試対策、AO入試入社試験をクリアにして
"自律した大人へ"と成長できるよう、学びの機会を支援します。

【ボランティア講師募集説明会】
説明会日時:5月26日(土)11:00〜
      以降平日夜
     
募集対象:大学生、短大生、大学院生、専門学生
会場:大井町きゅりあん3F母子・父子福祉室
住所:東京都品川区東大井5-18-1
地図URL:http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm
最寄駅:JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線 「大井町駅」東口方面 徒歩1分

ボランティア説明会お申込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S11250675/

【求める人材】
・数学等理系教科の指導ができる方
・英語の指導ができる方
・高校生の学習指導ができる方
・直近のセンターAO入試に詳しい方
・現代文古典・社会科など文系教科の入試対策ができる方
・ひとり親家庭の福祉の向上に情熱を持つ方

【こんな方にお勧め】
・教えることで自らの学びに生かしたい
・大学生になり新しいことを始めてみたい
・教員を目指しており実践の場で経験を積みたい
・子どもの貧困問題に関心がある
・自身も経済的事情で苦労し、同じ境遇の子ども達に何かしてあげたい

今年も高校生は大学受験、公務員試験、様々な夢に向かって勉強しております。
一緒に学び先輩としてのアドバイスをお願いします。

人に勉強を教えた経験がない方もご安心ください。
まずは熱いハートをお持ちであれば、なにも問題ありません!
まずは説明会へのご参加お待ちしております。

=============================
【お問合せ】
特定非営利活動法人キッズドア
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL: 03-5244-9990 (平日10:00〜18:00) FAX: 03-5244-9991
担当:西山
=============================

2018-5-14
6/3(日) ガーナ産カカオ豆からBean to Bar!フェアトレードチョコレート作り体験を開催します
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 手間暇をかけることで、カカオ豆本来の風味が楽しめます。
今回のイベントでは、ガーナ産のフェアトレードカカオ豆からチョコレートが手作りできます!
自分へのご褒美に、早めの父の日のプレゼントにも!自分だけのオリジナルチョコレートを作ってみませんか。
フェアトレードのカカオ豆に触れ、チョコレートを作りながら、カカオ豆の生産地域やガーナのことを一緒に考えてみましょう。

【開催日時】
2018 年6 月3 日(日)13:00〜16:00(12:30 受付開始)
【場所】
福祉センター江戸川橋 調理室(東京都文京区小日向2-16-15)
【申し込み方法】
*インターネット
こちらのページ(https://beantobar2018.peatix.com/)よりお申し込み下さい。(外部サイトpeatixに移動します。)
*郵便振替
振込用紙に以下の情報をご記入の上、参加費3,000円×参加人数分をお申込ください。
『郵便振替 00150-4-49006 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン』
・「カカオイベント参加」
・お名前
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス
・参加人数
■申込締切:2018 年 5月 29日(火)
*参加費は先払いとなります。
*キャンセルにはキャンセル手数料が発生する場合がございますのでご了承ください。
*参加人数が8名に満たない場合は、イベントの実施は見送らせていただきます。その場合は、参加費は全額返金いたします。
【詳細はこちら】
http://www.careintjp.org/wihs_news/bean_to_bar2018.html
【本件に関するお問い合わせ先】
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1 目白カルチャービル5階
キャンペーン担当
Tel: 03-5950-1335 Fax: 03-5950-1375
Email: wihs@careintjp.org

2018-5-14
チャリティコピー機設置先募集!
団体名 (一社)障がい者の明日を考える会
分野 障害者福祉
活動地域 全国
内容 一般社団法人障がい者の明日を考える会は、2008年12月に設立した一般社団法人障害者自立支援協会の10年間にも及ぶ活動実績を基に、障がいがある人が「普通」に暮らせる社会を創ろうと、2017年6月に法人を設立致しました。

障がいを持っている人は、全国に約860万人いると言われています。
障がい者や家族の皆さんは、色々な課題を抱えて困っています。
・働きたくても働けない
・障害年金だけでは生活できない
・賃金が安くて生活できない
・障がいに合った就労の場が無い
・1人暮らしで心配
・親亡き後の子供が心配
・差別的な処遇や暴言がある
など、たくさんの課題があります。

当会は、
・障がい者や家族が困っている課題
・障がい者が本当に自立出来る環境が無い
・障がい者が色々な不利益や不公平を被っている
などの問題を解消し、障がい者や家族がが安心して暮らせる社会を創ろうと考えています。

また、当会は活動資金を補助金や特定の人からの寄付に頼らずに、当会の活動に賛同して頂いた企業様のご協力を頂くことによる、独自の運営システムを構築しました。この運営システムは、参加する全員がwinwinになることができる新しい運営システムです。

より大きな活動、より多くの支援を行うには、永続して安定的な活動資金が必要になります。
当会は、活動資金を得る為に、
.船礇螢謄コピー機
∧膓蘯動販売機
の設置先の募集を行っています。これらをご利用頂くことによる支援金で活動を行っています。
チャリティコピー機、募金自動販売機の設置のご協力も併せてよろしくお願いします。

一般社団法人障がい者の明日を考える会 代表理事 会長 荒牧功一

詳しくはこちらをご覧下さい。
http://shogaishaashita.org/fundraising-copy-machine/

2018-5-9
【5/19、6/3】2018年度「アジア社会起業家育成塾」説明会
団体名 アジア・コミュニティ・センター21
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 「アジア社会起業家育成塾」は、アジアでNGO活動や社会事業を始めようとする人を対象とした人材育成塾です。これまで9年間に66名が参加し、うち11名が何らかの形でNGO事業または社会的企業を立ち上げています。

2018年度の“塾生”(12名)募集に関する説明会を5月19日と6月3日の計2回、開催しますのでご興味のある方はぜひご参加ください。
詳細:http://acc21.org/action/anli.html


●こんな人にきてほしい!
・アジアの人々の「声」を自ら聞き、彼らと共に問題の改善・解決を図ろうとする姿勢を持つ人
・アジア地域の人々が直面する貧困や人権侵害等の社会問題に市民の立場からチャレンジしようとする人
・日本を取り巻くアジアの隣国と我が国との関係の現状に問題意識を持ち、未来の創造的な共生関係に向け行動を起こそうとする人
・開かれた心を持ち、目的を追求・実現するために社会の異なるセクター(立法府、行政、経済界、労働界、大学等)の人々と協働し、ネットワークを広げ、活動する人

●塾運営のアプローチ
1. 参加する塾生の個々の問題意識を大切にします。
2. 座学はゼミ形式で、参加型です。事前学習をもとに率直な意見交換を行い議論する中で、各塾生が自ら問題意識を深化させ、行動を起こす知的条件づくりを補助します。
3. NGOリーダーや社会起業家(ソーシャル・ビジネス実践者)との出会いの場を作り、創業者の理念や事業運営手法など直接的に学ぶ機会を提供します(今年は、インドネシアを訪問します)。

●説明会の開催日
【第1回】2018年5月19日(土)14:00?15:30
【第2回】2018年6月3日(日)10:30?12:00

※塾の開催期間は、2018年7月7日(土)?2019年2月28日(木)です。

●開催場所
アジア文化会館(東京都文京区本駒込2-12-13 本館2F「124教室」)

●申込締切
【第1回】2018年5月18日(金)12:00(日本時間 正午)
【第2回】2018年6月1日(金)12:00(日本時間 正午)

※塾生の申込み締め切りは2018年6月16日(土)18:00(日本時間午後6時)です。詳しくは http://acc21.org/action/anli.html をご覧ください。

●参加費
説明会の参加費は無料です。塾の受講料(年間*)は社会人 100,000円、学生50,000円(海外からの留学生は応相談)。*インドネシア訪問関係費用は別途お支払いいただきます。

●定員
なし(説明会の定員はありません。塾の定員は12名)

●申込み方法
次の4点を明記のうえ、asec@acc21.org 宛てに、メールでお申込みください。
(1) お名前(ふりがな)、(2) メールアドレス、(3) 公募を知った媒体、(4) 参加希望日

※2018年度「アジア社会起業家育成塾」の募集要項については、http://acc21.org/action/anli.html をご覧ください。

主催団体:(認定)特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
住所:〒113-8642東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
電話番号:03-3945-2615
FAX:03-3945-2692
メールアドレス:asec@acc21.org
団体ホームページ:http://acc21.org/
イベントホームページ:http://acc21.org/action/anli.html

2018-4-11
【5/26(土)〜】イAPEX主催 2018年度「開発とNGO」研究会 シリーズ《IT・AI社会と人間の労働・暮らし》参加者募集
団体名 特定非営利活動法人 APEX
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 【参加者募集】「開発とNGO」研究会 シリーズ《IT・AI社会と人間の労働・暮らし》(全5回)

さて、本日は、今年度の「開発とNGO」研究会、シリーズ《IT・AI社会と人間の労働・暮らし》をご案内させていただきます。

現在、SDGsの推進と、科学技術イノベーションを連動させて進めようとする動きもあり、IT・AI化の流れをどうとらえ、対応していくかは、NGOにとってもさけて通れない課題となっています。今年の研究会では、革新的技術の動向を把握しつつ、人間と技術・機械の関係を深く洞察した古典的著作にも学びながら、IT・AI化の問題と可能性を掘り下げます。ふるってご参加下さい。

※APEXの「開発とNGO」研究会は、今日の世界や、そこにおける問題の構造を深く洞察し、また現状の問題に対する代替案を提起しているような本をテキストとして、その本の内容や読んで感じたこと、考えたことを、参加者で自由に話し合うものです。それを通じて、NGO活動等の基盤となるような世界観を形成していくことをめざしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 APEX主催 2018年度「開発とNGO」研究会
 シリーズ《IT・AI社会と人間の労働・暮らし》参加者募集
 詳細URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 近年、人工知能、ビッグデータ、IoT、自動運転といった技術が、今後の社会に画期的な変化をもたらすものとして注目されています。しかし、そのような革新的技術群が、人間の労働のあり方、生活のあり方、社会のあり方、あるいは人間関係や人間の能力・感性にどういう影響を与えるか等の問題は、まだ十分掘り下げて論じられていないのではないでしょうか。2018年度の「開発とNGO」研究会では、最近の人工知能やビッグデータ、ネット社会などに関する著作をとりあげる一方で、人間と技術・機械との関係を深く洞察してきた、マンフォード、中岡哲郎、イリイチ、シュマッハーらの古典的著作にも学びながら、IT・AI化の進展が、人間とその社会に与えるインパクトを、その可能性と問題の両面から考えます。

【日程】
第1回 「人工知能の開発過程とディープラーニングの革新性」
日時:2018年5月26日(土) 14:30-17:30
イントロダクション:田中直「IT・AI社会を考える視点」
テキスト: 松尾豊『人工知能は人を超えるか:ディープラーニングの先にある
     もの』角川EpuB選書、2015年

第2回 「IT・AI化と労働・暮らしの変貌」
日時:2018年6月30日(土) 14:30-17:30
テキスト: 野村直之『人工知能が変える仕事の未来』日本経済新聞出版社、
2016年 (第1、2、3、5、9、10、15章を中心に)
副読本 : Carl Benedikt Frey, Michael A.Osborne "The Future of
Employment: How Susceptible are Jobs to Computerisation ?",
Sept 17,2013

第3回 「ビッグデータ/人工知能と未来社会の展望」
日時:2018年7月28日(土) 14:30-17:30
テキスト: 西垣通『ビッグデータと人工知能』中公新書、2016年
副読本 : レイ・カーツワイル『シンギュラリティは近い[エッセンス版]人類
     が生命を超越するとき』NHK出版、2016   

第4回 「IT・AI社会と人間の疎外」
日時: 2018年8月25日(土)14:30-17:30
以下の文献を参照しつつ、IT・AI社会の可能性と問題を論じます。
    ○ルイス・マンフォード『機械の神話』(全2巻)(※)
    ○中岡哲郎『工場の哲学−組織と人間』平凡社、1971年

(※)ルイス・マンフォード『機械の神話−技術と人類の発達』樋口清訳、河出
  書房新社、1971年、同『権力のペンタゴン』生田勉、木原武一訳、河出書
  房新社、1973年

第5回 「IT・AI社会と人間のための技術・経済」
日時: 2018年9月29日(土) 14:30-17:30
以下を参照しつつ、第4回同様に論じます。
    ○イヴァン・イリイチ『コンヴィヴィアリティのための道具』、
      渡辺京二/渡辺梨佐訳、日本エディタースクール出版部、1989年
    ○E.F.シューマッハー『スモール イズ ビューティフル-
      人間中心の経済学』小島慶三/酒井懋訳、講談社学術文庫、
      1986年

【会 場】第1回: JICA東京国際センター セミナールーム402号室
     (京王新線幡ヶ谷駅下車徒歩8分、地下鉄千代田線。小田急線代々木
     上原駅下車徒歩12分)
     ※第2回以降の会場は、お申込みの方々に都度ご案内します。

【参加費】APEX 会員:2,500 円 、一般:5,000 円(全5回分、資料代込)

     ※ 原則として全5回通してのご参加をお願いしていますが、
       1回1,200円(資料代込)のお試し参加も可能です。
     ※ 定員20名。(申込みが5名に充たない場合、
       中止することがあります)
     ※ 参加費は、第1回の会場にてお支払ください。
     ※ 参加者の方には原則としてAPEXへのご入会をお願いしていま
       す。

【お申込み方法】
     研究会にはどなたでもご参加いただけます。
     下記のURLからお申込みフォームを送信いただくか 
     APEX 宛に、E-mail、FAX、お電話で直接お申込み下さい。
     http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html

【主催・お問い合わせ】
     認定NPO法人 APEX(担当:川西、三木)
     〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F
     TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306 

     E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org


2018-3-13
BUND(ドイツ環境自然保護連盟/FoEドイツ)来日セミナー 脱原発・脱石炭・エネルギーシフトと市民参加
団体名 FoE Japan
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 ドイツ最大の環境団体のひとつ、BUND(ドイツ環境自然保護連盟、FoEドイツ)の代 表フーベルト・ヴァイガー氏らが来日します。ドイツの原発・エネルギー問題の最前 線について報告し、日本の状況とも比較しながら意見交換します。ぜひご参加ください。

【プログラム(予定)】
1.ドイツの脱原発と放射性廃棄物の最終処分場問題
・2013年から2016年まで開催された「最終処分場委員会」。FoEドイツからも委員が参加していまし
た。現在の議論とは、市民参加の状況とは。
・2022年の脱原発を決めたドイツ。現在稼働する7基の今後、廃炉の現状とは。


2. パリ協定を受けて:脱石炭火力の今後
・2000年代に、脱原発と同様各地で石炭火力発電所の建設に反対する
市民運動が、多数の新規計画をストップ。
・しかし、依然として約40%を占める石炭火力依存、今後のゆくえは。


3.「エネルギーを市民の手に」ドイツのエネルギーシフト
・市民・地域主導のエネルギーシフトの現状について。
・再エネ100%供給する電力会社の現状。

スピーカー:
フーベルト・ヴァイガー(BUND/FoE ドイツ代表理事)
リヒャルト・メルクナー(BUND/FoE ドイツ・バイエルン州支部理事)
マルティン・ガイルフーフェ(BUND/FoEドイツ・バイエルン州支部)
福澤啓臣(元ベルリン自由大学日本学教授/KIZUNA BERLIN)

コーディネート: 満田夏花(FoE Japan)、吉田明子(FoE Japan

【日時】 2018年3 月 27 日(火)17:00~19:30
【場所】衆議院第二議員会館(1F)多目的会議室 (永田町駅、国会議事堂前駅より徒歩約5分)
【主 催】 FoE Japan
【協 力】 フリードリヒ・エーベルト財団
【資料代】 500 円 (FoE Japan サポーターは無料)
【申 込】 FoE Japan ウェブサイト (www.foejapan.org) より お申し込みください。
【問合せ】 info@foejapan.org 03-6909-5983(吉田)

2018-3-13
地球の木|3/29(木)ちょっぴり体験!ラオスの村のくらし
団体名 地球の木
分野 国際協力
活動地域 神奈川県
内容 インドシナ半島の内陸国ラオスはメコン河の恵みに支えられた自然豊かな国。ニューヨークタイムズでは「行ってみたい国No1」に選ばれました。

水運びや民族衣装シンの試着、ラオスの生活グッズを手に取って、ラオスの村のくらしを想像してみませんか。

そしてその村で実際に起こっている森林伐採の現実と私たちの暮らしとどうつながるのか、一緒に考えてみましょう。

日時:2018年3月29日(木)13:30-15:00
会場:湘南生活クラブ小田原センター ホール(小田原市東町5?14?15)

アクセス:
・JR小田原駅からバス国府津駅行き「東高校前」下車徒歩2分
・国府津駅からバス小田原駅行き「東高校前」下車徒歩2分

参加費:500円(ラオスコーヒー+お菓子付き)
お申込み:特定非営利活動法人 地球の木 
https://www.sslforms.net/ssl/e-tree_snkfrm/mailform.html

詳細: http://e-tree.jp/event.html#0329

2018-3-9
『アジア社会起業家育成塾(ASEC)2017年度(9期生)成果発表会』参加者募集
団体名 アジア・コミュニティ・センター21
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 『アジア社会起業家育成塾(ASEC)2017年度(9期生)成果発表会』参加者募集
2018年3月17日(土)13:30-16:30(受付13:00より)


「アジア社会起業家育成塾」 (旧・「アジアNGOリーダー塾」)は、非営利・非政府の立場に立ち、日本が深いつながりを持つアジアを舞台に、市民の自発的事業および組織を起こそうとする人、ビジネスを通して社会開発を行おうとする人の発掘・支援を目的とした人材育成塾です。 2009年度から2016年度までに計60名が修了し、うち11名が何らかの形でNGO事業または社会的企業を立ち上げています。 2017年度は6名の塾生が学んでいます。

 3月17日(土)午後に、ASEC2017年度生(9期生)の成果発表会と修了式を行います。
 2017年度はこれまでに、フィリピン訪問事前学習会(3回)、フィリピン現場訪問(9月)、ゼミナール(計6回)、フィリピン現場報告会(11月)、修了生・運営委員・関係者との新年交流会(1月)を行いました。
 成果発表会では、2017年度塾生が、塾で学んだこと、発見したこと(フィリピン訪問含む)、そして計画する(あるいは思い描く)NGO事業、あるいはソーシャルビジネスについて発表します。

 飛び立つ塾生の晴れの舞台に、ぜひご参加ください。次年度の応募を検討されている方も歓迎します。

【開催概要】
◆主催:(特活)アジア・コミュニティ・センター21 (ACC21)
 助成:(一財)MRAハウス
◆日時:2018年3月17日(土)13:30-16:30(受付13:00より)
    終了後、修了式を予定しています。
◆会場:アジア文化会館 本館2階 129教室
     (東京都文京区本駒込2-12-13)
◆地図:http://acc21.org/contact/index.html
 (都営三田線「千石駅」A1出口から徒歩5分、JR「巣鴨」または「駒込駅」から徒歩13分)
◆参加費:無料
◆申込:必須ではありませんが、できるだけ、事前にご連絡ください。(申込先下記参照)
◆申込:(1)お名前、(2)所属、(3)連絡先(電話、もしくはメールアドレス)を記載し、下記事務局まで、Eメールでお申込みください。
  *当日参加可ですが、できるだけ、事前にお申込みください。
◆申込・問い合わせ先:
   (特活)アジア・コミュニティ・センター21
   アジア社会起業家言育成塾(ASEC)事務局 担当 鈴木
   メール:asec@acc21.org  電話:03-3945-2615  FAX:03-3945-2692

<プログラム>
13:00   開場、受付
13:30   開催あいさつ 運営委員(主催者代表)伊藤道雄
13:40   運営委員紹介
13:50-15:30 塾生による学びの成果の発表
◆2017年度塾生による学びの成果の発表(各発表時間に質問時間含む)
13:50-14:15 早川裕也「『教育』をソーシャルビジネスとして行うために」
14:15-14:40 大野雛子「フィリピンにおけるソーシャルビジネスの可能性と、私のビジネスアイディア」
14:40-15:05 茂呂居耕平「プログラミングで、ストリートチルドレンに夢を〜ソーシャルビジネス化への模索〜」(仮題)
15:05-15:30 荒川 龍/阿部明香 *
(* 当日出席できないため、用意された事業構想案を事務局がご紹介します)

15:30-16:00 運営委員による講評
16:00-16:30 交流会、修了式
16:30 閉会あいさつ

終了


【参考】
2017年度「アジア社会起業家育成塾」概要
http://acc21.org/action/anli.html
2017 年度開講式、運営委員・塾生・塾生間の意見交換会
http://acc21.org/news/asec20170805.html
2017年度フィリピン現場訪問報告会
http://acc21.org/news/20171111-asec-philtour-report.html
新年交流会開催報告(2018.1)
http://acc21.org/news/asec-newyear.html


2018-2-26
カンボジアで趣味教室
団体名 Blue Bird Education Cambodia
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 ビーズなどハンドクラフトが得意な方で、カンボジア滞在中の3日間自由行動できる方。
職業訓練として遠隔地で教えて下さいませんか。3月より随時募集。

■主なスケジュール
1日目 プノンペンから他州の農村へ移動
*早朝出発の方はメコン川の川イルカの観光が可能です。(観光は別料金です)
2日目 教室
3日目 教室、プノンペンへ戻る

■費用
3日間の活動、旅費、食費込:
1名様 $300
2名様以上 $180/人
[お願い]受講生の練習材料を日本からお持ち頂きたく存じます。材料を現地で準備できない恐れがある為です。受講後、現地で調達可能なものを使って、知り得た事を自立に役立ててもらいます。
受講可能な定員数などお知らせ下さい。

※活動予定日の10日前にはご連絡下さい。

■お申込み
メールにて
create.globalbenefit@gmail.com までお願い致します。

※参考URL
https://bluebird-edu.jimdo.com


2018-2-23
障害のある子どもたちと楽しく遊んでくれる方!
団体名 特定非営利活動法人アフタースクールの会
分野 児童・母子福祉
活動地域 東京都
内容 子どもと一緒に楽しく遊んでくれる方
学生でも社会人でも、福祉に興味のある方
子どもが好きな方でしたら未経験の方も歓迎です。
継続して来てくださる方、大歓迎です!!
継続してこれるかたのバイト雇用もあります。

平日(月〜金)14:00〜18:00
長期休み    9 :00〜18:00

参加方法 下記電話番号やメールアドレスからお問い合わせください。

活動場所 :東京都豊島区長崎6-35-8 ライオンズマンション東長崎第三101号
電話番号 :03-5926-8300
Eメール :a.s-2525@s2.dion.ne.jp
担当者  :伊藤 悦子
    
必要経費 無料です。(初回は交通費のみご負担ください。)
2回目から交通費支給(上限800円)
動きやすい服装(スカート不可)・スニーカー、
両手があくようにリュックなどでおこしください。
 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 次へ→