条件:- 該当記事数 752 件

条件指定 地域分野 次へ→
2017-3-23
4/22(土)@大阪「災害ボランティア入門」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 大阪府
内容 「災害ボランティア入門」では、個人でできる災害への備え、
災害支援に関する一般知識、被災地で注意すべきケガや病気、
ボランティアに参加する心構えや持ち物などを学ぶことができます。

▼こんな人にオススメ!▼
・将来の災害のために、どんな防災グッズを揃えればいいか迷っている。
・自分が被災地に行って、本当に役立つのか自身がない。
・被災地にいけなくてもできるボランティアの活動を知りたい。
・被災地で活動したことはあるが、改めて災害ボランティアの全体像を学びたい。

<内容>
◆オリエンテーション・自分が被災した場合
 災害の種類や防災と減災の違いなど、災害に関する一般知識を学びます。

◆災害ボランティアを行う場合
 災害ボランティア活動の種類や心構え、安全管理や注意すべき点などを学びます。
 また、実際におきた事例を元に自分ならどうするかを考え、参加者同士で話しあうワークショップを行います。


どなたでもご参加いただけます。

<日時>2017年4月22日(土)15:00 - 18:00

<会場>
モンベル本社(大阪市西区新町2丁目2番2号)

<参加費>無料

<持ち物>筆記用具

<定員>30名

<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。

○HP
http://pbv.or.jp/workshop/2017422%E5%9C%9F-1500-1800-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E6%9C%AC%E7%A4%BE

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

◆同日開催!!「わが家の災害対応ワークショップ」
・会場:同じ
・参加費:500円(ワークブック代)
▼詳しくはコチラ▼
 http://pbv.or.jp/wagaya/


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-3-23
4/22(土)@大阪「わが家の災害対応ワークショップ」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 大阪府
内容 「わが家の災害対応ワークショップ」は、ワークブックを使いながら、
家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、
自分が実際に災害に遭遇した状況をイメージし、
具体的に「わが家」で役に立つ災害対応や備えを知る、90分間のワークショップです。

▼こんな方にオススメ!▼
 ・備蓄や持出袋は何をどう準備しておけばいいんだろう?
 ・災害時は家族とどうやって連絡を取ろう?
 ・何からどう手を付けたらいいのか分からない。
 ・少しは対策をしているけれど、これで大丈夫なのか不安…など

いざという時に、自分と大切な家族を守るために。
皆さん、「わが家」独自の災害対策を考えてみませんか?

■内容
 ○身のまわりを知る
  受講者自身の家族・自宅・地域の特徴や災害時に潜んでいる危険性を確認します。
 ○イメージする
  自分自身または家族が被災した状況を想定し、その後3日間(72時間)以内に起こるであろう出来事を具体的にイメージします。
 ○対応を考える
  災害時に必要な基本的な対応方法や知識を学びます。
   

  ▼詳しくはコチラ▼
   http://pbv.or.jp/wagaya/

<日時>2017年4月22日(土)13:00 - 14:30

<会場>モンベル本社(大阪市西区新町2丁目2番2号)

<参加費>500円(ワークブック代)

<持ち物>
”記用具
△住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図
(例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)

<定員>30名

<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。
○HP
http://pbv.or.jp/workshop/2017422_wagaya

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-3-23
4/16(日)@東京「わが家の災害対応ワークショップ」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 東京都
内容 「わが家の災害対応ワークショップ」は、ワークブックを使いながら、
家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、
自分が実際に災害に遭遇した状況をイメージし、
具体的に「わが家」で役に立つ災害対応や備えを知る、90分間のワークショップです。

▼こんな方にオススメ!▼
 ・備蓄や持出袋は何をどう準備しておけばいいんだろう?
 ・災害時は家族とどうやって連絡を取ろう?
 ・何からどう手を付けたらいいのか分からない。
 ・少しは対策をしているけれど、これで大丈夫なのか不安…など

いざという時に、自分と大切な家族を守るために。
皆さん、「わが家」独自の災害対策を考えてみませんか?

■内容
 ○身のまわりを知る
  受講者自身の家族・自宅・地域の特徴や災害時に潜んでいる危険性を確認します。
 ○イメージする
  自分自身または家族が被災した状況を想定し、その後3日間(72時間)以内に起こるであろう出来事を具体的にイメージします。
 ○対応を考える
  災害時に必要な基本的な対応方法や知識を学びます。
   

  ▼詳しくはコチラ▼
   http://pbv.or.jp/wagaya/

<日時>2017年4月16日 (日)13:00 - 14:30

<会場>
ピースボートセンターとうきょう B1
(東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1)

<参加費>500円(ワークブック代)

<持ち物>
”記用具
△住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図
(例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)

<定員>15名


<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。
○HP
 http://pbv.or.jp/workshop/20170416_1300

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-3-23
4/16(日)@東京「災害ボランティア入門」講座
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 東京都
内容 「災害ボランティア入門」では、個人でできる災害への備え、
災害支援に関する一般知識、被災地で注意すべきケガや病気、
ボランティアに参加する心構えや持ち物などを学ぶことができます。

▼こんな人にオススメ!▼
・将来の災害のために、どんな防災グッズを揃えればいいか迷っている。
・自分が被災地に行って、本当に役立つのか自身がない。
・被災地にいけなくてもできるボランティアの活動を知りたい。
・被災地で活動したことはあるが、改めて災害ボランティアの全体像を学びたい。

<内容>
◆オリエンテーション・自分が被災した場合
 災害の種類や防災と減災の違いなど、災害に関する一般知識を学びます。

◆災害ボランティアを行う場合
 災害ボランティア活動の種類や心構え、安全管理や注意すべき点などを学びます。
 また、実際におきた事例を元に自分ならどうするかを考え、参加者同士で話しあうワークショップを行います。


どなたでもご参加いただけます。


<日時>2017年4月16日 (日)15:00 - 18:00

<会場>
ピースボートセンターとうきょう B1
(東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1)

<参加費>無料

<持ち物>筆記用具

<定員>15名


<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。
○HP
 http://pbv.or.jp/workshop/20170416_1500

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

◆同日開催!!「わが家の災害対応ワークショップ」
・会場:同じ
・参加費:500円(ワークブック代)
▼詳しくはコチラ▼
 http://pbv.or.jp/wagaya/


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-2-23
3月18日 東京開催「わが家の災害対応ワークショップ」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 東京都
内容 「わが家の災害対応ワークショップ」は、ワークブックを使いながら、
家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、
自分が実際に災害に遭遇した状況をイメージし、具体的に「わが家」で役に立つ災害対応や備えを知る、
90分間のワークショップです。

▼こんな方に、オススメ!▼
 ・備蓄や持出袋は何をどう準備しておけばいいんだろう?
 ・災害時は家族とどうやって連絡を取ろう?
 ・何からどう手を付けたらいいのか分からない。
 ・少しは対策をしているけれど、これで大丈夫なのか不安・・・など

いざという時に、自分と大切な家族を守るために。
「わが家」独自の災害対策を考えてみませんか?

<内容>
◆身のまわりを知る
 受講者自身の家族・自宅・地域の特徴や災害時に潜んでいる危険性を確認します。

◆イメージする
 自分自身または家族が被災した状況を想定し、その後3日間(72時間)以内に起こるであろう出来事を具体的にイメージします。

◆対応を考える
 災害時に必要な基本的な対応方法や知識を学びます。

■参加費:500円(ワークブック代)


■持ち物:筆記用具
     お住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図
    (例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)

■申込み方法:HPまたはお電話からご予約ください。

○オンラインフォーム
 http://pbv.or.jp/wp_e2/wagaya/152/

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)


◆同日開催!!「災害ボランティア入門」講座
・日時:2017年3月18日(土)15:00−18:00
・場所:同じ
・参加費:無料
▼詳しくはコチラ▼
 http://pbv.or.jp/volunteer_training/basic/


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-2-23
3月18日【参加費無料】東京開催「災害ボランティア入門」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 東京都
内容 「災害ボランティア入門」では、個人でできる災害への備え、
災害支援に関する一般知識、被災地で注意すべきケガや病気、
ボランティアに参加する心構えや持ち物などを学ぶことができます。

▼こんな人にオススメ!▼
・将来の災害のために、どんな防災グッズを揃えればいいか迷っている。
・自分が被災地に行って、本当に役立つのか自身がない。
・被災地にいけなくてもできるボランティアの活動を知りたい。
・被災地で活動したことはあるが、改めて災害ボランティアの全体像を学びたい。

<内容>
◆オリエンテーション・自分が被災した場合
 災害の種類や防災と減災の違いなど、災害に関する一般知識を学びます。

◆災害ボランティアを行う場合
 災害ボランティア活動の種類や心構え、安全管理や注意すべき点などを学びます。
 また、実際におきた事例を元に自分ならどうするかを考え、参加者同士で話しあうワークショップを行います。


どなたでもご参加いただけます。

<日時>2017年3月18日 (土)15:00 - 18:00

<会場>モンベル 東京京橋店 2F(東京都中央区京橋3丁目1番1 東京スクエアガーデン)

<参加費>無料

<持ち物>筆記用具

<定員>15名

<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。
○オンラインフォーム
 http://pbv.or.jp/volunteer_training/basic/

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

◆同日開催!!「わが家の災害対応ワークショップ」
・会場:同じ
・参加費:500円(ワークブック代)
▼詳しくはコチラ▼
 http://pbv.or.jp/wagaya/


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-2-22
院内シンポジウム:AV出演強要被害の被害根絶を目指して
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 人権
活動地域 東京都
内容 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、2016年3月3日、女性の権利プロジェクトによる調査報告書 「日本:強要されるアダルトビデオ撮影 ポルノ・アダルトビデオ産業が生み出す、 女性・少女に対する人権侵害」を公表し、社会的に大きな反響を呼びました。(報告書はこちら(http://hrn.or.jp/news/6600/)からご覧いただけます。)

報告書公表から1年近くが経過し、各省庁での対策が始まるなど歓迎すべき動きが続いており、内閣府では調査報告書が作成されていますが、被害者の救済に向けた実効的な対策は講じられておらず、多くの被害者はまだ苦しみの中にあります。

この度、AV出演強要被害の実情と、望まれる対策について、より深く知って頂き、今後の施策につなげていくため、被害体験者や支援団体の方、国会議員をゲストに報告会を開催することになりました。
報告会を通して被害の実態を知っていただくとともに、一刻も早い被害救済につなげていきたいと考えています。皆様の参加をお待ちしております。

<概要>
日時:2017年3月2日(木) 午後5時半~7時45分
場所:参議院議員会館 101会議室(永⽥町駅、国会議事堂前駅)
資料代:1,000円
主催:特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ

<プログラム>
1) 発言 出演被害体験者の声  くるみんアロマ氏ほか予定
2) 報告
・相談事例について 藤原志帆子氏(人身取引被害者サポートセンター ライトハウス代表)(予定)
・法整備等今後の課題について 伊藤和子氏(弁護士/ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
3) 省庁からの報告、国会議員からの発言(予定)
4) 質問を受けた報告者のディスカッション

<申込方法>
•参加申込フォームからのお申込み
こちらの参加申込フォーム(goo.gl/CyvqOZ)からお名前、ご連絡先をご登録下さい。
資料代は当日会場でのお支払いとなります。
※上記フォームでご登録できない場合は、お手数ですが、HRN事務局(info@hrn.or.jp)へ、件名を「3/2院内シンポジウム:AV出演強要被害の被害根絶を目指して」として、お名前、ご連絡先、ご所属をご送信下さい。
※人数把握のためにお手数ですが、できるだけ事前のお申込みをお願いします。

•メディア取材希望される方
※メディアの方は事前申込必須となります。
HRN事務局(info@hrn.or.jp)あてに、―蠡粟茘△名前取材形態 を記載の上メールにてお申込みをお願い致します。被害者の方の映像取材等に関して、誓約書を頂く予定がございますので、必ず事前にご連絡いただければ幸いです。詳細、ご連絡させていただきます。

<注意事項>
・本イベントは非暴力のイベントであり、人権侵害の被害救済を目的としたイベントです。
イベントの進行を妨害される恐れがある、または被害者の心情を傷つけたり誹謗中傷する恐れがあると主催者が判断した場合、参加をお断りする可能性があります。
・また、発言・報告者の方に、より自由な議論をして頂けるよう、シンポジウム中の発言をSNS等で中継する等の行為はご遠慮頂くようお願い致します。

<主催>
特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)
<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局(担当:有満)
E-mail:info@hrn.or.jp Tel: 03-3835-2110 Fax: 03-3834-1025 Web: http://hrn.or.jp/

2016-12-22
【都内で開催、海外ボランティア説明会】一生ものの春休みにしよう!!
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 2017年春開催、CFFの海外ボランティアプログラムの説明会を実施します!まずは気軽に説明会からご参加くださいね。
説明会ではキャンプやツアーの"プログラムリーダー"を中心に団体のこと、現地での体験、活動の詳細などを写真やムービーを交えてお話しします。質問タイムもとるので、不安や疑問を解消してください。

説明会から、この夏フィリピン・マレーシア・ミャンマーへ飛び込もう!あなたが変わる、世界が変わる旅へ!

【説明会日程】
▼1月 7日(土) 14:00〜15:30(13:45会場)
▼1月14日(土) 14:00〜15:30(13:45会場)
▼1月15日(日) 18:30〜20:00(18:15会場)
▼1月 21日(土) 14:00〜15:30(13:45会場)


[会場]:国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋駅より徒歩7分)
お申し込みはこちらから
http://www.cffjapan.org/blog/explanation/kanto/2016cff.html
--------------------------------------------------------

説明会、随時増設中!詳細はホームページから→http://www.cffjapan.org/

【CFFのプログラムについて】
★ワークキャンプ…現地の青年たちと一緒に寝食をともにしながら「子どもの施設」やその周辺コミュニティーで体を動かしながらボランティアワーク行い、施設建設や村の発展に貢献します!貧困地域などを訪れるミニスタディツアーや、現地の青年たちと語り合うセミナーもあります。

★スタディツアー…普通の観光ツアーではいけないような貧困地域、先住民族の村や、地元のNGOなどの現地の様々な支援団体を訪問し、世界の現状を肌で感じるとともに現地の人々と交流しながら「豊かさ」「幸せ」「平和」とは何か学びます。

■春限定開催プログラム!
★ミャンマースタディキャンプ…今回が4回目! ミャンマーの歴史や社会、現状を学ぶためのスタディツアーを経て、私達が子どもたちにできることは何か、現地の青年たちとともに考え、子どもたちのためにイベントを開催します。

★フィリピンハッピー"子ども"キャンプ…現地の子どもたちとペアを組み、寝食を共にするハッピーキャンプ。 日本人の参加者が考えたアクティビティーを現地で実施し、子どもたちとの絆を深めます。


CFFのプログラムを通して過去20年で、約4000人の人がプログラムに参加しています。
詳細資料の請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/

★★★下記は連絡先なども掲載する場合★★★

NPO法人CFFジャパン
■東京事務局
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-45-7ラインビル301
TEL:03-5960-4602 FAX:03-5960-4614
http://www.cffjapan.org/ Email:info@cffjapan.org

2016-12-8
ヒューマンライツ・ナウ 若手弁護士・司法修習生・学生対象 新人歓迎会
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 人権
活動地域 東京都
内容 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、日本の法律家が中心となって2006年に設立されました。このたび若手メンバーが中心となり、若手弁護士、司法修習生、学生、一般の方を対象に歓迎説明会を企画しました。
人権問題に取り組むことにご関心のある方、国際派弁護士を目指されている方、様々な人脈を作りたいと考えている方、どんな方も大歓迎です!

また、お近くの方に対象の方がいましたら是非ご紹介いただけますと幸いです。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

≪日時≫ 
2016年12月13日(火) 18時30分〜20時10分 (開場 18時15分)

≪会場≫ 
東京ボランティア・市民活動センター 会議室B
東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1 セントラルプラザRAMLA 10階
(JR飯田橋駅に隣接する 「セントラルプラザ」 の10階        
地下鉄(有楽町・東西・南北・大江戸線)飯田橋駅 B2b出口より直結      
JR(総武線・中央線各停)飯田橋駅 西口より徒歩2分

※懇親会会場: 北の味紀行と地酒 北海道 飯田橋店
http://r.gnavi.co.jp/g306020/map/
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザビル20F
(説明会会場と同じビルの20階です。)

≪説明会参加費≫ 
無料

≪懇親会参加費≫ 
司法修習生・学生の方は無料
懇親会はどなたでもご参加いただけます!
また、説明会のみ、懇親会のみのご参加も可能です!

◇プログラム◇
18:30〜18:50 事務局長 伊藤和子 氏による活動紹介
18:50〜19:00 運営顧問 濱田邦夫 氏(弁護士・元最高裁判事)からのご挨拶
19:00〜19:10 ヒューマンライツ・ナウのプロジェクト説明
19:10〜19:40 クロストーク:国際人権弁護士として働く×「好き」を仕事にする〜
       (芝池俊輝氏、金昌浩氏、伊藤和子氏、モデレーター:杉本朗 氏)
19:40〜19:50 HRN若手弁護士が語る「私とヒューマンライツ・ナウ」
        長瀬威志氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)他 予定
19:50〜20:10 質疑応答/弁護士からのコメント

◇スピーカープロフィール◇
■濱田 邦夫氏
弁護士、元最高裁判事、ヒューマンライツ・ナウ運営顧問。
1960年東京大学法学部卒業後、1962年に弁護士登録(第二東京弁護士会)。
1966年に米国ハーバード大学ロー・スクール大学院を修了し、LL.M.号を取得。
1981年4月〜1982年第二東京弁護士会副会長、2001年5月に最高裁判所
判事任官。2006年5月に退官・弁護士再登録後、森・濱田松本法律事務所の
客員弁護士となる。その後、2011年6月日比谷パーク法律事務所に移籍。

■伊藤 和子氏
1994年弁護士登録(東京弁護士会)。女性、子どもの権利、えん罪事件など、
人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界の人権
問題に取り組む日本発の国際人権NGO ヒューマンライツ・ナウを立ち上げ、
事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の解決を求めて活動中。
同時に、弁護士として、女性をはじめ、権利の実現を求める市民の法的問題の
解決のために日々活動している。ミモザの森法律事務所(東京)代表。

■芝池 俊輝氏
2002年弁護士登録(東京弁護士会)。2007年、エセックス大学LLM(国際
人権法専攻)留学。東京パブリック法律事務所三田支所代表(2014年〜)。
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ立ち上げ当初より、事務局スタッフとして
国内外の様々な人権問題に取り組む。
日弁連 国際人権問題委員会副委員長。日弁連 人権擁護委員会委員。
国際人権法学会理事。NPOのための弁護士ネットワーク理事。

■金 昌浩氏
2008年弁護士登録(第二東京弁護士会)(日本及びNY州)。J&K法律事務所
所属。国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ フェローとして、ビジネスと人権
プロジェクトを担当。日弁連 国際人権問題委員会幹事。在日コリアン弁護士
協会理事。東京大学法学部卒業。シカゴ大学ロースクール卒業(J.D.)。

■モデレーター:杉本 朗氏
1993年弁護士登録(神奈川県弁護士会)。横浜法律事務所所属。ヒューマン
ライツ・ナウ事務局次長。2015年4月〜2016年3月 横浜弁護士会副会長。    

※ゲストとしてネルソン ハンセン先生(スキャデン・アープス・スレート・マー・アンド・フロムLLP)、濱田広道(濱田広道法律事務所)先生もいらっしゃいます!

【参加方法】
専用フォーム【 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeAa02Ae0nbccg-fHu7A_EAu6r6tvW5ZlnwwZ8eGVdT7ZVDyw/viewform?c=0&w=1 】からお申し込みください。
人数把握のため、できるだけ事前のお申し込みにご協力頂けますと幸いです。

専用フォームからのご入力が難しい場合は、
メールにてヒューマンライツ・ナウ事務局【info@hrn.or.jp 】宛に、
件名を「12/13参加希望」として、歓迎説明会の参加有無、懇親会の参加有無、
お名前、連絡先、ご所属(任意)をご明記のうえお申し込みください。

2016-10-10
10月22日(土)ボランティア募集 アジア文化会館 秋祭りブーススタッフ
団体名 NPO法人 日韓アジア基金・日本
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 日時:2016年10月22日(土)9:00〜17:00
場所:アジア文化会館(ABK) 都営地下鉄三田線千石駅A1出口 5分
http://www.abk.or.jp/access/map.html
 終了後留学生を交えた懇親会があります。会費は無料です。

アジア文化会館秋祭りとは
留学生寄宿舎兼日本語学校のアジア文化会館(ABK)が、近隣の住民と留学生の懇親を
目的に開くイベントです。メインは各国留学生が出店する手作りのお国料理です。
他に各国の歌や踊りがあり、「美味しくて楽しい」お祭りです。
留学生と友達になれる機会でもあります。

当会のやること
ここに事務所を置かせて頂いている当会は、無料の韓国茶を提供するブースを出展し、活動の広報と募金を行います。

ボランティアスタッフの仕事
ブース設営(飾り付けがメイン)・韓国茶サービス・当会活動説明・募金の呼びかけ等です。
留学生の手の足りない時は、お祭り全般の資材運搬・料理の手伝いもあります。

応募資格
・添付ファイルの見られるメールアドレスのある方
・中学生以上で、立ち仕事に一日耐えられる体力のある方
・終日参加できる方

お申し込み
下記アドレスまでメールでお願いします。
jkaf@iloveasia2.sakura.ne.jp


メール記入内容
件名:ABK秋祭りボランティア申込
スパムに分類され見落とすことがありますので、携帯からでも必ず件名を記入して下さい。

本文:
(1) 氏名
(2) ふりがな
(3) 性別
(4) 年齢
(5) 職業
(6) 郵便番号
(7) 住所
(8) 携帯番号
(9) PCメールアドレス
(10) 何でこのボランティアを知ったか(サイトの場合はサイト名)
(11) ボランティア保険加入希望の有無
(12) ボランティア活動証明書希望の有無

PCメールアドレスと携帯の番号は必ずお書き下さい。

なお、手当ては無く、交通費、食費等の経費も全て自己負担です。

定員 10名

ボランティア保険
希望の方は、10月19日(水)までに申し込んで下されば、当会が費用を負担し申込みます。
ボランティア保険については
http://www.tokyo-fk.com/document/V1-hokennaiyou.pdf
をご覧下さい。これのAプランを申し込みます。
電話でのお問い合わせ 090-4456-2942(大澤)


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 次へ→