条件:- 該当記事数 780 件

条件指定 地域分野 次へ→
2014-4-3
【奨学金制度あり】DRH Lindersvold
団体名 DRH Lindersvold
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 こんにちは!DRH Lindersvoldデンマーク校です。只今2014年5月入学に返還の義務のない奨学金制度ができました!
興味がある方、今がチャンスです!
☆DRH Lindersvoldとは
デンマーク語でDen Rejsende Hojskole。日本語で「旅する学校」という意味です。教室では学ぶことができないことを現地に赴き、実践的に学ぶ学校です。モザンビークにあるOne World Universityと発展途上国を支援するNGO団体 Humana people to peopleと連携しています。なので教育や貧困について勉強し大学の単位の取得や学位を取得することが可能です。また、実際にアフリカやインドに行き開発援助や貧困撲滅の活動を通し学びます。
【プログラム 
Fighting with The Poor A-certificate(18month)
貧困について学ぶ18ヶ月間のプログラムです。
【スタート】
5月〜/11月〜
【内容】
1学期:貧困について現在の問題、未来の可能性について学習します。(6ヶ月)
2学期:アフリカまたはインドにてボランティア活動を通し、自分の能力やスキルを貧困撲滅のためにどう使えばよいのか学びます。(6ヶ月)
3学期:これまでに学んだことをデンマーク(日本人はビザの関係で3ヶ月以上滞在できないので、イギリスや南アフリカなどの姉妹校)にてレポートします。プレゼンテーションやスピーチなど。(6ヶ月)
【プログラム◆
Fighting with The Poor A+ B-certificate (24month)
貧困と教育学について学ぶ24ヶ月のプログラムです。
【スタート】
2月〜/8月〜
【内容】
1学期:障害や問題を抱えた生徒の教師としての仕事や古着回収などの労働を通し活動費を補います。また、貧困や教育学について学びます。(1年)
2学期:アフリカまたはインドにて教師としてボランティア活動をします。実践から教育学、貧困について理解を深めます。(8ヶ月)
3学期:これまで学んだことをデンマーク(日本人はビザの関係で3ヶ月以上滞在できないので、イギリスや南アフリカなどの姉妹校)にてレポートします。(4ヶ月)
☆問い合わせ
DRH Lindersvold
info@lindersvold.dk(英語)
mami@lindersvold.dk(日本語)
http://www.lindersvold.dk/ (ウェブサイト)
Phone: +45 23674906

2014-3-29
【説明会開催】塾に行けない中3生を応援するボランティア[タダゼミ]新メンバー募集!
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 〜中3生の「高校進学」の夢を応援する学習支援ボランティア〜

[タダゼミ]では経済的事情から公立高校しか選択肢がなく、塾や家庭教師を利用出来ない生徒を
個別指導、集団指導、進学相談など、
様々な形でサポートしています!
教育格差を何とかしたいと思う方、目の前の子供の力になりたいと思える方等大募集中です!!

<活動内容>
中学校3年生に、都立入試合格に向けた指導を行います。

<活動場所、日時>
現在2拠点で活動を行っております。
■杉並拠点
会場:高円寺障害者交流館(東京都杉並区高円寺南2-24-18)
アクセス:JR高円寺駅より徒歩8分、丸の内線新高円寺駅より徒歩6分
開催日時:隔週日曜日午後開催(入試直前期は毎週開催になります。)

■足立拠点
会場:足立区生涯学習センター(東京都足立区千住5-13-5)
アクセス:北千住駅より徒歩15分
開催日時:隔週日曜日午後開催(入試直前期は毎週開催になります。)

※学生のみ上限1日1,000円で交通費支給
※全日程に参加できなくてもかまいません。

<募集人数>
先着15名程度

<下記に当てはまる方を募集しています。>
■出来るだけ多くの日程に参加できる方
■4月以降も継続的に関われる方
■自分が主体的にプロジェクトを推進したいという方
■教育格差や学習支援ボランティアに少しでも興味のある方
■教えること、子どもと触れ合うことが好きな方
■生徒の「高校進学」という夢を一緒に達成する気持ちのある方
※説明会当日、簡単な面談があります。

<説明会&研修会詳細>
■日時:4月19日 13:00〜14:30
      4月20日 18:00〜19:30
      (2日間のうち、どちらかご都合の合う方にお越しください。)
■場所:
19日 足立区生涯学習センター5階 研修室5
JR常磐線・東武線など「北千住駅」西口より徒歩15分
      ◇地図はこちら(http://www.adachi-shogakucenter.net/facility/index.ht

20日 協働ステーション中央
東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分
      江戸バス北循環「小伝馬町駅」下車徒歩4分
     ◇地図はこちら(http://chuo.genki365.net/core_sys/images/others/map_b.jpg)

■参加費:無料
■募集対象:大学生・大学院生
■申込:下記申込フォームからお申込みください。
  PCから→http://ws.formzu.net/fgen/S41062193/
  携帯から→http://ws.formzu.net/mfgen/S41062193/


みなさんの参加をお待ちしております!

****************************************************
学生ボランティアによる活動ブログ更新中☆
[タダゼミ]杉並〜大学生による無料の都立高校合格講座〜
http://ameblo.jp/kdjh3-2010s/
[タダゼミ]あだち〜都立高校合格までの道〜
http://ameblo.jp/tadazemi-adachi/
****************************************************

◎お問合せ
特定非営利活動法人キッズドア(担当:早田)
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5 日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029 FAX:03-6862-6093
MAIL: info@kidsdoor.net

2014-3-19
"衣替え"の時期、"フルクル"が便利♪
団体名 ブリッジ エーシア ジャパン
分野 国際協力
活動地域 全国
内容
だんだんと暖かくなり、

「そろそろ春物が着たい!」
「春らしい格好がしたい!!」

そんな時期ではありませんか??

ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行なう認定NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では、古着を募集しています。

ご寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はミャンマー、
ベトナムでの支援活動にあてられます。集まった古着は途上国に輸出されます。

「フルクルの流れ」を下記URLでよくお読みいただき、梱包、発送をお願いします。
http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

<注意!>
送付先は下記の通り、兵庫県のBAJ倉庫となっております。
運送業者の指定はありませんが、倉庫までの送料はご負担いただきますようお願いします。

〒662-0934
兵庫県西宮市西宮浜3-14-4
BAJ倉庫 日光物産気付
筺03-3372-9777

万が一、BAJ東京事務所に送付いただいた場合は、返送させていただくことがございます
のでご注意ください。

なお、楽天IDをお持ちの方は、要チェック
送料が割引になるサービスがございます♪♪是非ご利用ください。
詳しくはこちら→http://auction.rakuten.co.jp/event/donation/delivery/#baj

洋服だけでなく、ブーツやタオルやカバンまで受け付けております!背広やヒールの靴もok!! たくさんの古着を募集しています。みなさまのご協力をお願いします!

2014-3-10
【参加費無料】3/15宮城開催!災害ボランティア入門
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 宮城県
内容 ■概要
『自分を守る。大切な人を守る。』

「災害ボランティア入門」とは...
個人でできる災害への備えや災害支援に関する一般知識、被災地での注意すべきケガや病気、出発前から活動後までの心構えなどについて、過去の事例も交えながら学ぶ講座です。
誰にでも必要な知識を日常からから身に付けておきましょう。
参加費無料!どなたでも大歓迎です。
今回以外でも全国各地で開催しています。お気軽にご参加ください。(要予約)
http://pbv.or.jp/volunteer_training/basic.html

■内容
 第1部 自分が被災した場合
 第2部 支援する場合+ケーススタディ
 第3部 日常からできること

■詳細
◆日程
2014年3月15日(土)
◆時間
13:00 - 16:30
◆場所
ピースボートセンターいしのまき
アクセス:石巻駅から徒歩10分
地図URL:http://pbv.or.jp/ishinomaki-psen/form/

■講師
PBVスタッフ、もしくは地域のPBVボランティア・リーダー

■参加費
無料

■持ち物
筆記用具

■定員
20名

■申込み方法
オンラインフォームまたはお電話からご予約ください。
◆オンラインフォーム
http://pbv.or.jp/volunteer_training/basic.html
◆電話
03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

■お問合わせ先
一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-B1
TEL: 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
Mail: training@pbv.or.jp
Web : http://pbv.or.jp/

2014-3-4
セミナー「ポスト2015枠組・SDGsの最新動向・課題〜国際交渉本格化を目前に、現行MDGsの教訓から、新目標の具体化・日本/各セクターの役割を考える〜」
団体名 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 SDGs(持続可能な開発目標)報告書交渉開始連続イベント

◇背景・目標

 ミレニアム開発目標(MDGs)の達成期限である2015年が迫る中、2015年以降の開発目標(ポスト2015枠組)の策定に関する国際的議論が注目を浴びている。また、2012年6月に開催された「リオ+20(国連持続可能な開発会議)」において、持続可能な開発目標(SDGs)の立ち上げ及びポスト2015枠組との整合化等が合意され、その後の国際会合「Open Working Group(OWG)」において目標・枠組のあり方が議論されている。

 今後は2014年7月までSDGs報告書交渉会合が数回開催される。また、ポスト2015枠組みのプロセスとして2014年9月までポスト2015に向けたテーマ別ハイレベルイベントが同時並行で開催される予定である。2014年9月以降は、SDGsの交渉プロセスとポスト2015の交渉プロセスが統合され、2015年9月の新目標策定に向けて本格的・具体的な議論が展開される見通しとなっている。

そこで、以下の目的のために本セミナーを開催する。

○ポスト2015枠組・SDGsに関する国際交渉と日本政府等の最新動向を共有する。
○MDGsの現状・教訓から、ポスト2015枠組・SDGsの具体的な目標のあり方を検討する。
○ポスト2015枠組・SDGs策定及び課題解決に向けた日本/各セクターの取り組みの可能性・あり方を考察する。


◇日時

日程:2014年3月19日(水)
時間:18:00〜21:00

◇会場

ベルサール神田 3階 Room 1
http://www.bellesalle.co.jp/bs_kanda/room/access.html
〒101-0053
東京都千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル
Tel:03-5281-3053

<交通アクセス>
「小川町駅」B6出口徒歩2分(新宿線)
「新御茶ノ水駅」B6出口徒歩2分(千代田線)
「淡路町駅」A6出口徒歩3分(丸ノ内線)
「神田駅」北口徒歩7分(JR線)
「神田駅」4番出口徒歩7分(銀座線)
「大手町駅」C1出口徒歩8分(半蔵門線,丸ノ内線,東西線,三田線,千代田線)

◇対象

企業・消費者・市民・NGO・研究者・政策担当者・メディア等

◇主催等

主催:グリーンエコノミーフォーラム 協力:「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 助成:環境再生保全機構地球環境基金

◇プログラム(案)<以下、敬称略>

「開催趣旨説明」

1.講演
「ポスト2015枠組・SDGs関連国際交渉の動向と日本政府の取組・重点課題(仮題)」
南博(外務省国際協力局審議官)

「ポスト2015枠組・SDGs策定に向けた環境省の取組・重点課題(仮題)」
戸田英作(環境省地球環境局国際連携課課長)

「MDGsの教訓及びポスト2015年開発アジェンダ/SDGsへの示唆(仮題)」
蟹江憲史(東京工業大学大学院社会理工学研究科准教授)

「現行MDGsの成果・課題から考えるポスト2015枠組みへの提言(仮題)」
山田太雲(オックスファム・ジャパンアドボカシー・マネジャー)

2.意見交換
○パネリスト:講演者

○司会:足立治郎

○論点
・ポスト2015枠組・SDGsの国際目標のあり方
・ポスト2015枠組・SDGs策定及び課題解決に向けた日本/各セクターの取り組みの可能性・あり方

◇参加費

1,500円

◇お申し込み
「2014年3月19日公開研究会参加申込」と明記の上、次のJACSES(グリーンエコノミーフォーラム事務局)ウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html )から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

◇お問い合わせ・お申込み

グリーンエコノミーフォーラム
担当:木元
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

2014-3-4
セミナー「循環型社会構築のための目標と持続可能な生産・消費に向けた取組み 〜循環型社会基本計画・資源生産性等の目標とSDGs〜」
団体名 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 SDGs(持続可能な開発目標)報告書交渉開始連続イベント

◇.背景・目標

 日本政府は、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される循環型社会を形成することを目指し、2003年に第一次循環型社会形成推進基本計画を策定し、関連施策を推進してきた。循環型社会を形成するためには、どの程度の資源を採取、消費、廃棄しているのか現状を的確に把握し、その向上を図っていく必要があり、「資源生産性」「循環利用率」「最終処分量」という物質フロー指標に関する目標を設定している。また、「循環型社会形成に向けた意識・行動の変化」「循環型社会ビジネスの推進」等の取組指標に関する目標も設定している。
 また、定期的にそうした目標の達成状況や国・地方自治体・事業者・国民・NGO/NPO等の取組状況の点検作業を実施してきている。これまで、3Rの取組進展、法整備とそれに基づく努力、国民の意識の向上等により、最終処分量の大幅削減が実現するなど、循環型社会形成に向けた取組みに進展がみられてきた。
 世界では、2012年6月に開催された「リオ+20(国連持続可能な開発会議)」にて、SDGs(持続可能な開発目標)の構築が合意され、2015年9月までに策定される予定である。その中では、持続可能な生産・消費/循環型社会形成に資する目標の設定も議論される。2014年9月に予定される報告書(これをもとに加盟国間で交渉)策定に向け、2014年3月3日から3月5日にかけて、報告書交渉会合の第1回がニューヨークで開催される。日本の取組みを活用し、SDGsに循環型社会形成に資する目標を構築し、世界全体での取組みを進展させる可能性も期待される。

 そこで、以下の目的のために本セミナーを開催する。

○循環型社会基本計画・目標・取組みの最新動向を把握する。
○循環型社会構築のための事業者・消費者の取組みの在り方を検討する。
○SDGsにおける循環型社会構築に資する目標策定の可能性を検討する。

◇.日時

日程:2014年3月26日(水)
時間:18:30〜21:00


◇.会場

ベルサール九段 3階 Room 2
http://www.bellesalle.co.jp/bs_kudan/room/access.html
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル
Tel:03-3288-2441

<交通アクセス>
「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
「神保町駅」A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)

◇.対象

企業・消費者・市民・NGO・研究者・政策担当者・メディア等


◇.主催等

主催:グリーンエコノミーフォーラム
協力:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
助成:環境再生保全機構地球環境基金


◇.プログラム(案)<以下、敬称略>

「開催趣旨説明」

1.講演
「循環型社会形成に向けた基本計画・目標・国/事業者/国民等の取組みに関して(仮題)」
庄子真憲(環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室長)

「持続可能な生産消費に関するSDGs議論の動向(仮題)」
吉田哲郎 (地球環境戦略研究機関(IGES)タスクマネージャー(SDGs))


2.意見交換
○パネリスト:
講演者
崎田裕子(NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット理事長)

○司会:足立治郎

○論点
・循環型社会基本計画・持続可能な社会構築に向けた目標の在り方
・循環型社会構築のための事業者・消費者の取組みの在り方。
・循環型社会構築・SDGsの目標・指標策定の可能性。


◇.参加費

1,500円


◇.お申し込み

「2014年3月26日セミナー参加申込」と明記の上、次のJACSES(グリーンエコノミーフォーラム事務局)ウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html )から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。


◇.お問い合わせ・お申込み

グリーンエコノミーフォーラム
担当:木元
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

2014-3-4
3月15日(土)ボランティア募集 文京国際交流フェスタ・ブーススタッフ
団体名 認定NPO法人 日韓アジア基金・日本
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 文京国際交流フェスタは、生け花や書道などの日本の伝統文化の体験や外国文化の紹介を通じて、日本人と外国人との国際交流を行う楽しいお祭りです。主催は文京区です。
日韓アジア基金は、このイベントに広報ブース・韓国茶販売ブースを出展します。

当会では、当日ボランティアスタッフとして参加してくださる方を募集しています。
展示資材の運搬、ブースの装飾と片付け、来場者の方々へのパンフレットの配布、募金活動、韓国茶の準備と販売、団体紹介をお手伝いいただきたいと思います。
ボランティア活動に興味のある方、アジアの教育支援に興味のある方、日韓に興味のある方、どなたでも大歓迎です。また、空き時間にはフェスタを楽しんでいただきたいと考えておりますので、お気軽にご参加下さい。

尚、手当ては無く、交通費・食費などの経費は全て個人負担となります。

日程:2014年3月15日(土)
時間:午前8時30分〜午後6時 
8時30分にアジア文化会館(ABK)ロビーに集合して頂き、資材運搬を行います。
会場までは電車で移動します。都営三田線で二駅です。
イベント終了後、資材をABKまで運搬し、解散となります。
この後、希望者で打ち上げを行います。

ABKは都営地下鉄三田線千石駅徒歩5分です。
地図は、http://www.abk.or.jp/access/index.html  をご覧下さい。

会場:文京シビックホールB1F
   都営地下鉄大江戸線・三田線 春日駅 徒歩3分
   東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅 徒歩3分
*地図はhttp://www.b-academy.jp/access をご覧下さい。

定員:10名
応募資格 中学生以上。一日立ち仕事ができる体力のある方。
お申し込み:e-メールでの申込みです。
件名に「文京フェスタ・ボランティア申し込み」とご記入後、
本文に(1)氏名(ふりがな)、(2)性別、(3)年齢、(4)職業、(5)連絡先(郵便番号、住所、携帯電話番号、PCメールアドレス)(6)何でこのボランティアを知ったか、(サイトの場合はサイト名)、(7) ボランティア保険加入希望の有無、(8)ボランティア活動証明書希望の有無、を記入し jkaf@iloveasia2.sakura.ne.jpまでメールでお申し込み下さい。
3月12日(水)までに申込んで下さった方でご希望の方には、ボランティア保険を当会の負担でお掛けします。
ボランティア保険の詳細は下記URLをご覧下さい。
http://www.tokyo-fk.com/document/V1-hokennaiyou.pdf
*なお頂いた個人情報は、今回のイベント及び当会の今後のイベントの連絡に使わせて頂きます。
また、その取扱は当会の個人情報保護規則に従います。
NPO法人 日韓アジア基金・日本 担当:大澤

2014-2-26
【3/19(水)説明会開催】 いまからはじめる大学受験対策講座[ガチゼミ]新メンバー募集!
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 こんにちは。[ガチゼミ]リクルーティングチームです。
私たち[ガチゼミ]は、これから一緒に活動していただける学生&社会人ボランティアの方々を募集しています!

★ガチゼミとは★
日本の抱える貧困の連鎖は、子どもたちから学習機会を奪います。
私たちは、日本の学力格差を学習支援によって解決するために、2011年から活動しています。

一人でも多くの子どもが夢や希望を持てる社会を実現するために、あなたの力が必要です。
貧困の連鎖の解消に向けてなにか自分にできることをしたい方、ぜひ私たちと一緒に活動しませんか?

★活動内容★
家庭の経済状況などの理由から塾に通えない高校生を対象に、大学合格を目指して入試対策や学校の補習等の学習支援を行います。
生徒一人ひとりの状況や目標に応じて個別指導形式の授業や面談を行い、生徒を幅広くサポートします。

★活動場所および時間★
会場:がんばれ!子供村ビル 4階研修室(東京都豊島区雑司が谷3-12-9)
アクセス:各線池袋駅から徒歩10分
開催時間:毎月 第2・第4日曜日 13:00〜17:00
そのほか年3回の講習会(春期・夏期・冬期)も開催
※全日程に参加できなくてもかまいません。

※学生のみ上限1日1,000円で交通費支給します。

★こんな方におすすめ★
・自分の力で教育格差の問題に貢献したい方
・はじめてのことでもサポートを受けながら積極的にチャレンジできる方
・生徒と話すことや勉強を教えることが好きな方
・何かに熱い気持ちを持って取り組みたい方
・難しい課題に取り組むことで自分を成長させたい方

★説明会詳細★
 □日時:3月19日(水) 15:30〜16:30
 □場所:協働ステーション中央
     東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口より徒歩3分
     ※地図はこちらhttp://chuo.genki365.net/contents/hp0001/index00010000.html
 □参加費:無料
 □募集対象:大学生・大学院生または社会人の方
 □申込:下記申込フォームからお申込みください。
   PC・スマホから→http://ws.formzu.net/fgen/S41317448/
   携帯から→http://ws.formzu.net/mfgen/S41317448/


少しでも興味をもった方、ぜひお気軽に話を聞きに来てください!
みなさんのご参加をお待ちしております。

★活動情報更新中★
ガチゼミのFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/gachizemi2012


◎お問い合わせ
特定非営利活動法人キッズドア [ガチゼミ]担当:安池、宮本
〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町1-5日本橋小網町ハイツ304
TEL:03-6231-1029 / FAX:03-6862-6093
MAIL:info@kidsdoor.net

2014-2-17
3/2(日) ボランティア募集・ニュースレター発送作業
団体名 認定NPO法人 日韓アジア基金・日本
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 私たちは年4回、活動状況をニュースレターにまとめて支援者の方にお送りしています。
この発送作業を手伝って下さる方を募集いたします。
作業は、封入作業や送り状書きがメインで、簡単な作業ですから誰でもできます。

ボランティア活動に興味のある方、日韓に興味のある方、アジアへの支援に興味のある方、どなたでも大歓迎です。お気軽にご参加ください。申し込み方法は下記をご覧ください。
定員もございますので、応募のない方の突然参加はお断りいたします。
また事前にご連絡頂けば、ボランティア活動証明書を発行します。

なお手当ては無く、交通費・食費などの経費も全て自己負担となります。
(日韓アジア基金については文末をご覧下さい)

≪日時≫2014年3月2日(日) 9:00〜13:00ごろまで
☆終了後、時間のある方は一緒にお昼ご飯を食べましょう☆
≪場所≫アジア文化会館 101号室
http://www.abk.or.jp/access/map.html
≪定員≫15名

応募資格
中学生以上
PCアドレスをお持ちのこと(事前に資料をメールでお送りするため)

2月26日(水)までに申し込んで下さった方でご希望の方には、ボランティア保険を当会の負担でお掛けします。ボランティア保険の詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.fukushihoken.co.jp/pamphlet/volunteer2013.pdf

≪お申し込み≫
下記を記入し、jkaf@iloveasia2.sakura.ne.jp までメールでお申し込み下さい。
件名:「3/2(日)」 ニュースレター発送ボランティア申し込み」
携帯からでも、必ず件名を記入して下さい。(スパム分類された場合の見落しを防ぐため)
本文:(1)氏名(ふりがな)、(2)性別、(3)年齢、(4)職業、(5)連絡先(郵便番号・住所・携帯番号・PCメールアドレス)、(6)何で本募集を知ったか、(インターネットサイトの場合はサイト名)(7)ボランティア保険への加入希望の有無、(8)ボランティア活動証明書希望の有無
連絡の都合上、携帯番号とPCメールアドレスを必ず記入して下さい。
担当 大澤 090-4456-2942

*なお、頂いた個人情報は、このイベントの連絡及び今後の当会からの連絡だけに使わせて頂きます。また、その取扱は当会の個人情報保護規則に従います。

日韓アジア基金とは
日韓の若者が、協働してアジアの恵まれない人達を支援する中で互いを知り、歴史の壁を超えたいという想いで設立されたNPO法人です。
その一歩として現在カンボジアで、小学校の不足教科書補充支援を行っています。
ホームページ http://iloveasiafund.com/

2014-2-13
【ヒューマン・ライツ・ナウ】マンスリーサポーター開始のご案内
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 人権
活動地域 海外
内容 私たちヒューマン・ライツ・ナウは、
国境を越えて世界の人権問題に対処するため、法律家、研究者、ジャーナリスト、市民などが中心となって2006年に発足した、日本を本拠とする国際人権NGOです。
市民社会と連携しながら、ミャンマーやカンボジア、福島等、国内外で、人権状況の改善のために事実調査や政策提言・アドボカシーなどを行い、活動しています。
2012年には、国連特別協議資格(Special consultative status国連と協議を行うことのできるNGO資格)を取得しました。
詳しくはこちらをご覧ください。 
http://hrn.or.jp/

〜〜ご支援のお願い〜〜
ヒューマン・ライツ・ナウを支援していただける方を募集しております。
毎月1000円からの定額寄付を、クレジットカード自動引き落としで、
簡単に継続的なサポートができる「マンスリーサポーター」制度もスタートしました。

皆様からの継続的なサポートにより、
ヒューマンライツ・ナウは安定した団体運営を元に、
国際人権活動をより活発に展開していくことが可能となります。

世界の人権状況を改善するための一歩として、
便利な「マンスリーサポーター」制度をどうぞ宜しくお願いします!

◆「マンスリーサポーター」ご加入の特典
1)年に4回、お手元にニュースレター(会報)をお届けし、
 世界の人権状況の動きや活動報告をお届けいたします。
2)HRN会員や、マンスリーサポーター限定の
 イベント・懇親会などにご参加いただけます。
3)イベントやシンポジウム・現地調査などの映像を
 HRN会員や、マンスリーサポーター限定のアーカイブにてご覧いただけます。
 (お申し込み後に、URLとログイン方法をお知らせいたします!)

※さらに!2014年3月末までにお申込みいただいた方には・・・
もれなくHRNオリジナルカレンダー(壁掛け:定価1200円)をプレゼント♪
http://hrn.or.jp/goods/2014_calendar.php

◆お申し込み方法
下記URLより、必要情報をご記載の上、申し込みをお願いいたします。
http://hrn.or.jp/join/

ご関心をお持ちいただけそうなご友人・ご周辺の皆様にもお知らせいただけますと幸いです。
皆様のご協力をなにとぞよろしくお願いいたします。


特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
〒110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
電話:03-3835-2110 Fax:03-3834-1025
info@hrn.or.jp 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 次へ→