条件:- 該当記事数 749 件

条件指定 地域分野 次へ→
2017-7-20
「世界食料デー」月間2017プレイベント 食べる、を考える1日。
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 神奈川県
内容 日時:8月19日(土)

第1部 10:00〜12:10(受付9:30〜)
第2部 13:00〜17:30(受付12:30〜)

会場:JICA横浜 会議室1(地図)https://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

定員:50名

参加費:無料

共催:「世界食料デー」月間2017、横浜市資源循環局


世界では、すべての人が食べられるだけの食料は生産されています。
それにもかかわらず、今日食べられるかどうか不安を抱えながら生活している人たちがいます。
一方で、たくさんの食べ物をムダにしている私たち。
みんなが安心して食べられる世界にするためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

今回のイベントでは、第1部はドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映とトークセッションを通して、私たちにとって身近なフードロス問題から世界の食料問題まで、幅広く考えます。

第2部では、食料問題の解決のために活動するNGO/NPO、国連機関が集まり、私たちにもできるアクションを考えるワークショップを実施します。

10月16日は世界食料デー。10月の「世界食料デー」月間に向けて、一緒に行動してみませんか?


■プログラム(予定):
【第1部】
10:00 開会あいさつ・趣旨説明 横浜市資源循環局
10:10 ドキュメンタリー映画「もったいない!」上映
11:30 トークセッション情報提供:アフリカ日本協議会 斉藤龍一郎
聞き手:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
12:00 まとめ
12:10 終了

【第2部】
13:00 開会あいさつ・趣旨説明
<ビデオメッセージ>国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ
13:20 全体ワークショップ1−原体験を聞くThinking WHY: 活動の原体験をNGO職員から聞く
<トークセッション>セカンドハーベスト・ジャパン 田中入馬、日本国際飢餓対策機構 福地麻美
モデレーター:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
14:30 テーマ別ワークショップ(以下から1つを選んでご参加ください)
 A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
 B.フードドライブをやってみよう!
 C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
15:55 全体ワークショップ2−アクション・プランニングDrive The CHANGE:一歩踏み出すアクションを考えよう!
17:20 まとめ
17:30 終了

※「第1部のみ参加」「第2部のみ参加」「第1部・第2部の両方に参加」
のいずれかをお選びください。

※第2部テーマ別ワークショップの詳細は、末尾をご覧ください。


お申し込み・お問い合わせ


◆参加申込み
申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。
https://docs.google.com/a/hungerfree.net/forms/d/17nM-qa8tB21WX1IX3vQO2T9QvnmGNmhSJGMvzURxNJk/viewform?edit_requested=true

◆お問い合わせ
「世界食料デー」月間2017事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

……………………………

■テーマ別ワークショップ詳細
A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
<オックスファム・ジャパン>
オックスファムは、世界90か国以上で活動する国際NGOです。これまでに世界各地で人々の力によって社会が動いてきた事例をみてきました。こうした中で、行動する前提として、行動の源にある問題意識を重視しています。このワークショップでは、食料問題や社会問題に問題意識がある方々を対象に、その源にある意識を掘り下げるワークショップを開催します。

B.フードドライブをやってみよう!
<セカンドハーベスト・ジャパン>
ご家庭の「もったいない」食品を集めて、フードバンクや施設などに届ける活動をフードドライブと言います。日本の食品ロスや生活困窮者の現状を学び、フードドライブを職場やイベントで実施してみませんか?

C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
<ハンガー・フリー・ワールド>
日本の農家さんやアフリカのお母さんなどいろいろな人の「食」への想いを聞きながら、私たちの食生活と世界の食とのつながりを考えるワークショップを行います。「世界食料デー」月間に、世界の食について、学校の授業やイベントで一緒に伝えませんか?


2017-6-28
★2017年 夏休み 海外ボランティア募集!!★
団体名 ボランティア プラットフォーム
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 <2017年 夏休み>
□   カンボジア/フィリピン/インド/タイ/カナダ
■    インドネシア/オーストラリア/セブ/ベトナム
□     海外ボランティア・スタディツアー募集中★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1人でも、初めてでも大丈夫!
早割 79,800円〜(チケット込)
日本語対応なので語学に自信がなくても安心♪
満足度96%の海外ボランティア・スタディツアーで、
一生ものの1週間を体験しよう!O(≧∇≦)O

詳しくはホームページにて☆
http://volunteer-platform.org/

2017-5-6
祇園祭ごみゼロ大作戦ボランティアリーダー大募集!!!
団体名 特定非営利活動法人 地域環境デザイン研究所 ecotone
分野 まちづくり・村づくり
活動地域 京都府
内容 祇園祭をごみゼロに!
ボランティアリーダー大募集!!!

祇園祭ごみゼロ大作戦は、 祇園祭の宵山において屋台等で利用される使い捨て食器を
何度も洗って繰り返し使用出来るリユース食器に置き換えて、
お祭りのごみ減量を目指す日本最大級の環境保全活動です。

2014年からスタートし、毎年、約2000人のボランティアスタッフが
リユース食器の回収、ごみの分別ナビゲーション、ごみの拾い歩き等の活動に参加し
ごみ減量に大きな効果を上げています。 (祇園祭ごみゼロ大作戦 http://www.gion-gomizero.jp/)

4回目となる2017年の実施に向けて、
現場でボランティアスタッフとともに活動するリーダーを募集します。

ボランティアリーダーは、事前の研修やミーティングも含め準備段階からこの活動に関わって、
運営本部スタッフやボランティアスタッフとともに、祇園祭ごみゼロ大作戦を作り上げていきます。
これまでの本活動への参加経験やボランティア経験は問いません。

チームで一つのことを作り上げることが好きな人、
京都のまちに関わりたい人、リーダーシップを磨きたい人、
環境問題に関心がある人など、
このプロジェクトに楽しく、積極的に参加できる方をお待ちしています!
まずは、お気軽に説明会にご参加ください。

※リーダーとして参加するかどうかは、説明会を聞いてからご判断いただけます。
※ 祇園祭当日のみ活動するボランティアスタッフも同時募集しております。
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.gion-gomizero.jp/volunteer/

◆ボランティアリーダー募集概要◆

□ 活動内容
・祇園祭に向けた各種準備
・当日ボランティアの誘導や活動サポート
・祇園祭会場での情報伝達や調整
・祇園祭会場での来場者からの問い合わせ対応
・祇園祭の事後活動でのボランティアサポート など

□ 活動日
祇園祭宵々山(7/15)、宵山(7/16)のほか、後祭(7/22〜23)やそれらの事前・事後活動日

□ 定員
100人
※ 募集定員は変更となる場合があります。
※ 先着順(募集定員に達し次第締切となります)

□ こんな方を求めています
・5月から7月にかけての研修および事前準備場所に参加することが可能で、期間中、継続的に活動できる方
・環境問題、またはお祭りやイベントの運営に興味がある方
・チームで何かを作り上げることが好きな方、これまでにそのような経験がある方
・友達とはちょっとちがう、協力し合える仲間がほしい方
・18歳以上であること(高校生は不可)

□ 事前研修会日程
< 基礎1 >
日時:2017年5月14日(日)13:30&#12316;17:00 ※ 参加必須
場所:京エコロジーセンター
内容:
・ごみゼロ大作戦の概要を知る。
・参加メンバー同士が知り合う。

< 実践1 >
日時:2017年5月19日(金)、20日(土)、21日(日)終日 ※ 参加推奨
場所:万博公園(大阪府吹田市)
内容:
大阪万博公園で開催される「ロハスフェスタ」にボランティアとして参加し、
リユース食器を導入した活動を体験する。

< 基礎2 >
日時:2017年6月3日(土)13:30&#12316;17:00 ※ 参加必須
場所:京エコロジーセンター
内容:活動の進め方を過去の蓄積から学ぶ。

< 実践2 >
日時:2017年6月17日(土)、18日(日)終日 ※ 京都大作戦参加予定者はいずれか1日に参加
場所:太陽が丘運動公園(宇治市)
内容:7/7(金)&#12316;7/9(日)に開催する京都大作戦の会場の下見

< 基礎3 >
日時:2017年6月22日(木)、24日(土)、25日(日)
※ 3日間で7回行われる説明会のいずれか1回は参加必須(各回の前後1時間ずつ含む)
場所:ひとまち交流館 京都
内容:一般ボランティア向け説明会

< 実践3 >
日時:2017年7月1日(土)、2日(日)13:30&#12316;18:00 ※ いずれか1日に参加必須
場所:中京青少年活動センター
内容:当日に向けた実践的な動きの確認、エリアの下見など

< 実践4 >
日時:2017年7月7日(金)、8日(土)、9日(日)終日 ※ いずれか1日に参加必須
場所:太陽が丘運動公園(宇治市)
内容:京都大作戦でのリユース食器システムのマネジメント

◆ボランティアリーダー申し込み方法◆

下記URLから、申込みフォームに所定の事項を記入しお申し込み下さい。

申し込みフォームURL: https://ws.formzu.net/fgen/S16363383/
申込締切期限:5月12日(金) 24:00まで

※定員に達した場合、申込を早期に締め切る場合がございます
※ご使用の携帯電話で「メール指定受信登録」や「迷惑メール受信拒否設定」などをされている場合は
運営事務局からの返信メールを受信することができません。
お手持ちの携帯電話設定をご確認いただき、@gion-gomizero.jpのドメイン解除を必ず行ってください。

◆個人情報の取扱い◆

いただいた個人情報については、 祗園祭ごみゼロ大作戦が定めるプライバシーポリシーに則り、 その目的の範囲内で利用するとともに、適切な方法で管理します。 また、法令上の特段の事情がない限り、 本人の同意なしに第三者への目的外での開示・提供はいたしません。
プライバシーポリシー:http://www.gion-gomizero.jp/privacy/

◆お問合せ先◆

祇園祭ごみゼロ大作戦実行委員会
(ボランティア運営事務局:NPO法人きょうとNPOセンター/NPO法人地域環境デザイン研究所ecotone)
住所:〒604-8112 京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町9−13 HAJIME BLD.

< ボランティアに関するお問い合わせ >
TEL:080-4396-0590  MAIL:entry@gion-gomizero.jp

2017-5-5
6/10(土)『アンネの日記』出版70年記念ドキュメンタリー上映会
団体名 NPO法人ホロコースト教育資料センター
分野 平和の推進
活動地域 全国
内容 今年は、世界記憶遺産『アンネの日記』が出版されてちょうど70周年です。ナチスの迫害を逃れて隠れ家に身をひそめた少女アンネ・フランク。自由、平等、平和に生きたいと願い、アンネが書き続けた日記は今も世界中の人々の心を動かしています。

この度、アンネの父オットーの書簡が新たにアメリカのアーカイブで発見されました。それは、アンネと家族の知られざる運命を明らかにするものでした。

「なぜ人間は、おたがいに仲よく暮らせないのだろう」70年以上前のアンネの言葉は、今を生きる私たちに真っ直ぐに投げかけられています。「不寛容の時代」と言われる今、ホロコーストの歴史から学べることを、一緒に映画を通して考えてみませんか。

■日時 : 2017年6月10日(土)午後3〜5時15分(午後2時半開場)
■場所 : 立教大学池袋キャンパス 14号棟D201(2階)
■プログラム : 映画「アンネの日記 第三章」上映(75分)、解説と質疑応答
■主催 : NPO法人ホロコースト教育資料センター
■共催 : 立教大学チャプレン室
■対象 : 高校生以上
■参加費 : 大学生以下は無料、一般500円
■申込方法 : ホームページから申込をお願いします。
https://www.npokokoro.com/20170610

2017-4-24
5/7(日)イラク小児がん支援 斉藤亮平帰国報告会〜JIM-NETハウスについてご紹介します〜
団体名 JIM-NET
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 今年4月にイラク・アルビルに本格的にオープンした小児がん感謝と家族の総合支援施設(通称:JIM-NETハウス)について、アルビル駐在員の斉藤亮平が皆さまにご紹介いたします。

イラクでは病室が足りず、狭い部屋に患者が何人も入れられています。小児がんのこどもの付き添いで来たお母さんは、子どもと同じベッドで添い寝、そしてお父さんは病院の受付の床や庭で寝ています。遠方から来てホテルに泊まるお金もなく、家族は経済的にも精神的にも相当な負担です。 そのような状況をずっと見続けてきた、佐藤事務局長は、患者家族の為の宿泊施設を作りたいと考えていました。

そして長年の熱い想いが、今年ついに実現しました。そのJIM-NETハウスの最新情報を現地駐在員の斉藤からお話しいたします。また、佐藤事務局長もSkypeで参加します。モスル解放作戦など最新の状況をぜひ聞きにいらしてください!

【イベント詳細】

2017年5月7日(日)

★時間:14:00〜16:30        

★場所:文民教育協会 東京子どもの文化研究所

 (東京都豊島区目白3-2-9・JR目白駅徒歩3分)

★参加費:500円(JIM-NETサポーターは無料)

★お申込:03-6228-0746/info-jim@jim-net.net(定員:50名)

申込フォーム:https://goo.gl/z15atS

2017-4-14
6/4(日)Present Tree in 宮古 植樹イベント参加者募集
団体名 認定NPO法人環境リレーションズ研究所
分野 その他
活動地域 岩手県
内容 「Present Tree in 宮古」では、岩手県宮古市区界(くざかい)の植栽地で第5回目の植樹イベントを行います!
当地での開催は、今回が最終回となります。
植栽地は、盛岡から車で1時間程の内陸部、宮古湾にそそぐサケの遡上で有名な閉伊(へい)川の水源近くにあり、やがて滋養豊かな水を育む水源涵養林になります。
この森を育てることは、被災した漁業のまちの復興につながります。
新緑が美しい季節、地元市民参加者と一緒に植樹やガイド付き自然観察会を楽しみ、標高約1,000mにある植栽地から自然の大パノラマを満喫しましょう!

詳しくはこちら:
http://www.presenttree.jp/tour/miyako2017/pt_miyako2017.pdf


日時:2017年6月4日(日)※小雨決行
当日の集合場所&時間:JR盛岡駅西口バスターミナル 10:20&#12316;受付開始
※貸切バスは10:40に出発します。

詳しくはこちら:
http://www.presenttree.jp/tour/miyako2017/img/pt_miyako2017_access.jpg

参加費:お一人様 大人\3,000(中学生以上) 子供\2,000
※料金に含まれるもの:貸切バス代、植樹体験費、昼食代、ボランティア保険料、自然観察ガイド代

スケジュール詳細
10:20/10:40盛岡駅集合〜貸切バスで移動
11:30 〜区界高原ウォーキングセンターで昼食
12:15 〜貸切バスで植栽地に移動
12:40〜開会式〜オリエンテーション〜植樹
15:00 〜貸切バスで移動〜自然観察
16:30 〜区界高原ウォーキングセンター着〜閉会式
16:45頃現地出発〜貸切バスで移動
17:30頃盛岡駅着、解散

服装・持ち物
長袖・長ズボン・帽子(安全のため、徹底して下さい)、歩きやすく汚れてもよい靴、軍手(すべり止め付き)、タオル、日焼け止め(随意)、飲み物、雨具
※植栽会場は標高約1,000mに位置するため、かなり涼しいときがあります。
 上着持参をお勧めします。

申込先:下記申し込みフォームからお願いいたします。
http://www.presenttree.jp/tour/miyako2017/form/form.html

2017年5月30日(火)午前中

2017-4-12
★被災地の『今』を知る★南三陸復興学びのプログラム【日帰り】
団体名 南三陸復興学びのプロジェクトチーム
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 宮城県
内容 ☆南三陸復興学びのプログラムは、
南三陸町出身の震災を体験したメンバーが中心となり企画・運営しております。
参加費の一部で被災者の方を雇用しています。

被災当時のお話や復興への道のり、それにかける想い・・・
ぜひ、フレンドリーなこのプログラムに参加して下さい!

■内容
南三陸町内被災地ガイド、仮設商店街視察 など

■参加費
6,000〜9,000円程度

■開催日についてはホームページをご確認下さい。
http://united-earth.jp/minamisanriku/program/
また、震災体験の語り部のみ・講演のご依頼や、
企業・団体様向けのプログラムもご用意致しておりますので是非お問合わせください。

■大まかなスケジュール
※季節・天候により、スケジュールを変更することがあります。
【お車の方は9時40分に旧さんさん商店街、その他の方は10時に南三陸ホテル観洋前に集合】
―――バスの場合、こちらが便利です―――
8時20分仙台駅前を出発するバスに乗車
=10:00 南三陸町到着
※車で参加組と合流
=南三陸町戸倉地区を視察、案内
=南三陸さんさん商店街 昼食(各自負担)
=被災地ガイド
(上山緑地公園・南三陸町防災庁舎・ベイサイドアリーナなど)
=16時台 宮城交通のバス乗車 お見送り
=18:28  仙台駅前 到着


※詳細・お問合わせについては、ホームページをご覧ください。
http://united-earth.jp/minamisanriku/program/

■□ Facebook やってます! □■

https://www.facebook.com/manabinopuroguramu?fref=ts

2017-4-12
★被災地の『今』を知る★南三陸復興学びのプログラム【1泊2日】
団体名 南三陸復興学びのプロジェクトチーム
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 宮城県
内容 南三陸復興学びのプログラムについて

★被災体験した南三陸町民自身が企画・運営しているプログラムです。
★被災地の今の現状を「見て・聞いて・感じる」ことができます。
★民宿・商店街での宿泊やお買物等、参加するだけで復興支援に繋がります。
★皆様がお住まいの全国各地での防災対策に活かして欲しい。
そんな手作りのプログラムです。

■内容
【1日目】被災地フィールドワーク、仮設商店街での食事・お買い物
【2日目】ボランティア活動、被災地フィールドワーク
(ボランティア活動は漁業支援、ビーチ清掃、植栽、農業など小学校中学年以上でしたら一緒に参加できます)

※震災体験の語り部のみのご依頼や、
企業・団体様向けの貸切プログラムもご用意致しておりますので是非お問合わせください。

■開催日についてはホームページをご確認下さい。
http://united-earth.jp/minamisanriku/program/


■大まかなスケジュール
※季節・天候により、スケジュールを変更することがあります。

【1日目】
※お車の方は9時40分に旧さんさん商店街、その他の方は10時に南三陸ホテル観洋前に集合※
―――バスの場合、こちらが便利です―――
8:20 仙台駅前 高速乗り合いバス出発(※スタッフはおりません)
=10:02 南三陸ホテル観洋前 到着
(※スタッフが降車口でお待ちしています)
=車両に乗り換え、お手洗い
(※お車での参加組と合流)
=13:00頃までさんさん商店街にて昼食(各自負担)
=被災地ガイド
(戸倉地区・上山緑地公園・南三陸町防災庁舎・ベイサイドアリーナなど)
=16:30頃 日帰り組バスに乗車、もしくは自家用車のある場所へ送迎
=17:00頃 宿泊組は民宿に到着
※参加者の皆様で男女別の相部屋となります。

【2日目】
7:00 朝食・片付け
= 8:30 宿泊先出発
= 9:00 ボランティア活動
=12:30 昼食など
=15:00 ボランティア活動終了
=16時台 宮城交通のバス乗車 お見送り
=18:28  仙台駅前 到着

※詳細につきましては、ホームページをご覧ください。
http://united-earth.jp/minamisanriku/program/

■□ Facebook やってます! □■

https://www.facebook.com/manabinopuroguramu?fref=ts

2017-3-23
4/22(土)@大阪「災害ボランティア入門」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 大阪府
内容 「災害ボランティア入門」では、個人でできる災害への備え、
災害支援に関する一般知識、被災地で注意すべきケガや病気、
ボランティアに参加する心構えや持ち物などを学ぶことができます。

▼こんな人にオススメ!▼
・将来の災害のために、どんな防災グッズを揃えればいいか迷っている。
・自分が被災地に行って、本当に役立つのか自身がない。
・被災地にいけなくてもできるボランティアの活動を知りたい。
・被災地で活動したことはあるが、改めて災害ボランティアの全体像を学びたい。

<内容>
◆オリエンテーション・自分が被災した場合
 災害の種類や防災と減災の違いなど、災害に関する一般知識を学びます。

◆災害ボランティアを行う場合
 災害ボランティア活動の種類や心構え、安全管理や注意すべき点などを学びます。
 また、実際におきた事例を元に自分ならどうするかを考え、参加者同士で話しあうワークショップを行います。


どなたでもご参加いただけます。

<日時>2017年4月22日(土)15:00 - 18:00

<会場>
モンベル本社(大阪市西区新町2丁目2番2号)

<参加費>無料

<持ち物>筆記用具

<定員>30名

<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。

○HP
http://pbv.or.jp/workshop/2017422%E5%9C%9F-1500-1800-%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E6%9C%AC%E7%A4%BE

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

◆同日開催!!「わが家の災害対応ワークショップ」
・会場:同じ
・参加費:500円(ワークブック代)
▼詳しくはコチラ▼
 http://pbv.or.jp/wagaya/


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

2017-3-23
4/22(土)@大阪「わが家の災害対応ワークショップ」
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 大阪府
内容 「わが家の災害対応ワークショップ」は、ワークブックを使いながら、
家族のライフスタイルや自宅の状況、地域の特性に合わせて、
自分が実際に災害に遭遇した状況をイメージし、
具体的に「わが家」で役に立つ災害対応や備えを知る、90分間のワークショップです。

▼こんな方にオススメ!▼
 ・備蓄や持出袋は何をどう準備しておけばいいんだろう?
 ・災害時は家族とどうやって連絡を取ろう?
 ・何からどう手を付けたらいいのか分からない。
 ・少しは対策をしているけれど、これで大丈夫なのか不安…など

いざという時に、自分と大切な家族を守るために。
皆さん、「わが家」独自の災害対策を考えてみませんか?

■内容
 ○身のまわりを知る
  受講者自身の家族・自宅・地域の特徴や災害時に潜んでいる危険性を確認します。
 ○イメージする
  自分自身または家族が被災した状況を想定し、その後3日間(72時間)以内に起こるであろう出来事を具体的にイメージします。
 ○対応を考える
  災害時に必要な基本的な対応方法や知識を学びます。
   

  ▼詳しくはコチラ▼
   http://pbv.or.jp/wagaya/

<日時>2017年4月22日(土)13:00 - 14:30

<会場>モンベル本社(大阪市西区新町2丁目2番2号)

<参加費>500円(ワークブック代)

<持ち物>
”記用具
△住まいの地域の避難場所・避難所が記載されている地図
(例えば:ハザードマップ、防災マップ、避難所マップなど)

<定員>30名

<申込み方法>HPまたはお電話からご予約ください。
○HP
http://pbv.or.jp/workshop/2017422_wagaya

○電話
 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)


■お問合わせ先

一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

・住所: 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
・Tel : 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
・Fax : 03-3362-6073
・Mail: training@pbv.or.jp
・Web : http://pbv.or.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 次へ→