条件:- 該当記事数 776 件

条件指定 地域分野 次へ→
2018-7-27
9/22(土)〜24(月・祝)「白神山地 森林の楽校2018」
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 秋田県
内容 JUON NETWORKが全国16ヶ所で開催している、
森づくり体験プログラム「森林の楽校(もりのがっこう)」

世界遺産のふもと、
ぬくもりある木造の廃校活用施設を拠点に、
森林作業や、地元の方によるガイドでブナ林散策、
夜は、ガイドの方との交流会など、
白神山地の自然を満喫する3日間です。

秋色の白神山地を満喫しませんか。
お気軽にご参加ください。初心者大歓迎。

【と き】 2018年9月22日(土)〜24日(月・振休) 2泊3日
【ところ】 秋田県山本郡藤里町
      (秋田県北端、青森県との県境の町)

【内 容】 「小岳」登山、森林作業、ブナ林散策、交流会など

【宿 泊】 白神ぶなっこ教室(旧坊中(ぼうちゅう)小学校)
〒018-3201
秋田県山本郡藤里町藤琴字上坊中86番地
http://homepage3.nifty.com/bunakko/
◇宿泊施設に改装してあり、畳の部屋に布団で寝られます。
◇地元の食材をふんだんに使った、郷土料理が楽しめます。

【定 員】 10名 ※最少催行人数4名。
【締 切】 9月7日(金) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK

【費 用】 学生・会員: 27,000円/一般: 29,000円
※内訳:
 ◇参加費(ガイド・指導料、資料代、保険料等)
  学生・会員: 12,000円/一般: 14,000円
 ◇宿泊費(2泊6食): 15,000円
※イベント中の移動費はJUONで負担いたします。
※集合場所までの往復交通費、温泉入浴代(1回300〜400円)、交流会の飲み物代は、
別途各自でご負担下さい。
※申し込みと同時の入会も可能です。
(年会費が別途必要です。個人会員: 4,000円/学生会員: 2,000円)

【日 程】
◆9月22日(土)
13:45 ぶなっこ教室集合・開校式
14:00 林業体験
17:00 温泉
18:00 夕食

◆9月23日(日・祝)
 7:00 朝食
 8:00 ぶなっこ教室発
 9:30 登山口着、小岳登山
12:00 昼食
15:00 登山口出発
16:30 ぶなっこ教室着・温泉
18:00 夕食、ガイドさんをまじえての交流会

◆9月24日(月・振休)
 7:30 朝食
 8:30 世界遺産センター見学
 9:00 ブナ林散策:「岳岱自然観察教育林」
12:00 昼食
13:00 横倉またはがろう峡散策
15:00 ぶなっこ教室着・解散
└JR二ツ井駅または大館能代空港までお送りいたします。

※当日の天候や現地の状況により日程を変更することがあります。

◎お申し込みはこちら
https://goo.gl/forms/sCaFtLI7QU3nlOvo2

2018-7-19
9/15(土)〜17(月・祝) 和歌山県那智勝浦町色川地区で2泊3日の援農体験「熊野の棚田 田畑の楽校(はたけのがっこう)2018 」
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 和歌山県
内容 和歌山県那智勝浦町色川地区は、世界遺産でもある日本一落差の長い滝「那智の滝」の西側に位置する自然に恵まれた集落です。
かつて3,000人あった色川の人口は、現在約370人。
しかし、40年前から有機農業をめざす若い家族がポツリポツリと色川に住み始め、今や人口の約4割が新規定住者という全国でもめずらしい地域です。

「農業」「田舎暮らし」という言葉がちょっと気になる…という方、両親とも都会育ちで「ふるさと」がほしい…という方。
「田畑の楽校」で色川を訪れてみるところから始めてみませんか?
田植え、草とり、稲刈りなど棚田でのお米づくり体験ができる2泊3日のツアーです。
ふるってご参加ください!

◎詳細・お申し込みは当団体イベント・ボランティア情報をご覧下さい。
http://blog.canpan.info/juon/archive/447

【各回開催日および主な内容】 ※内容は変更になることがあります。
A.5月18日(金)〜20日(日)   田植え・(牛耕体験:予定)
B. 6月29日(金)〜7月1日(日)  草とり・(流し素麺:予定)
C. 9月15日(土)〜17日(月・祝) 稲刈り・(ナイトツアー:予定)
D. 11月16日(金)〜18日(日)   しめ縄作り・(餅つき:予定)

【内 容】 色川の取り組み視察(初参加の方)・農作業体験・地元の方との交流
【ところ】 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町色川地区
【参加費】 会員・学生: 4,000円/一般: 6,000円(各回。食事代、資料代等)
【主 催】 棚田を守ろう会( http://www.zb.ztv.ne.jp/tanada/ )
      認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

【問合せ・申込み先】
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102
Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.or.jp


【集 合】
●初日8:30からご参加の場合
 :JR紀勢本線「紀伊勝浦駅」または高速バスターミナル「勝浦温泉」
●初日14:00からご参加の場合
 :町営バス色川線「小阪」
 *紀伊勝浦駅前13:00発、小阪13:46着
●自家用車でお越しの場合
 :棚田を守ろう会米作り体験農場
 *直接色川へ来ていただければ、1日目に限らずいつ到着していただいてもかまいません。

【日 程】
◆1日目
 8:30 「勝浦温泉」高速バスターミナル集合、車で送迎。(午前到着組)
 9:00 棚田作業等
12:00 昼食(持参)
14:00 棚田を守ろう会米作り体験農場集合(午後到着組)
14:30 色川地区視察、取り組みを紹介
16:00 宿泊場所へ移動、入浴
17:00 夕食づくり
18:00 夕食・交流会

◆2日目
 7:30 朝食
 9:00 棚田作業等
12:00 昼食
13:00 棚田作業等
16:00 宿泊場所へ移動、入浴
17:00 夕食づくり
18:00 夕食

◆3日目
 7:30 朝食
 9:00 棚田作業等
12:00 昼食
13:00 棚田作業等
15:00 解散
      町営バス(小阪発15:13)でJR紀伊勝浦駅へ

※内容は多少変更になることがあります。
※食事は自炊です。ご協力下さい。


◎これまでの活動の様子
「田畑の楽校(はたけのがっこう)日記」
http://blog.goo.ne.jp/hatake_gakko

◎詳細・お申し込みは当団体イベント・ボランティア情報をご覧下さい。
http://blog.canpan.info/juon/archive/447

2018-7-19
9/8(土)〜9(日) 山梨で1泊2日の援農体験「ぶどうの丘 田畑の楽校(はたけのがっこう)2018」
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 まちづくり・村づくり
活動地域 山梨県
内容 1泊2日の援農ボランティアに参加してみませんか?

一面に美しいぶどう畑が広がる山梨県山梨市牧丘。
しかし、高齢化や跡継ぎ不足で畑を続けられない農家が増えています。一度放置されてしまった畑は元に戻すことが難しく、病害虫の発生源にもなってしまいます。
牧丘を訪れ、リピーターになったメンバーが、声をかけあって牧丘に通い、年間を通じて作業を学び、身につけながら、農家の方たちと交流を深めています。
「ぶどうの丘 田畑の楽校(はたけのがっこう)」は、そのはじめの一歩になる援農ボランティア体験イベントです。

どの回からでも参加いただけます。

◎詳細・お申し込みは当団体イベント・ボランティア情報をご覧下さい。
http://blog.canpan.info/juon/archive/445

【と き】E.9月8日(土)〜9日(日)
     F.収穫祭 10月6日(土)〜7日(日)
     G.番外編(干し柿づくり)11月10日(土)〜11日(日)
【ところ】山梨県山梨市牧丘町 澤登農園他
【内 容】農作業・交流会など
【参加費】一般:3,000円/学生・JUON会員:2,500円
(各回。食材代・入浴代・施設使用代ほか。
ボランティア保険保険料・寝袋レンタル代別途=希望者)
【主 催】認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK

【D・E日程 プログラム】
○1日目(土)
10:00 JR塩山駅集合
      車で集会所へ移動
※自家用車の方:相乗りのご協力をお願いいたします。
10:30 開校式、ぶどう農園での作業
12:00 昼食・自己紹介 ※お弁当持参
13:00 ぶどう農園での作業
17:00 作業終了
17:30 近くの温泉で入浴
19:00 夕食準備・夕食
      交流会
22:00 就寝

○2日目(日)
 5:30 起床・近くのお寺で清掃活動
 6:00 朝食・準備
 7:00 ぶどう農園での作業
12:00 作業終了・片づけ
      閉校式、集会所掃除
      解散、JR塩山駅まで送迎
      オプションコース:フルーツ直売所や近場の観光スポットなど立ち寄りを予定

※多少の雨でも実施します。天候や生育状態によって、内容が変わることがあります。

【問合せ・申込み先】
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102
Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.or.jp

◎詳細・お申し込みは当団体イベント・ボランティア情報をご覧下さい。
http://blog.canpan.info/juon/archive/445


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

◎「ぶどうの丘 田畑の楽校」のこれまで
「農作業をしてみたい」「援農ボランティアに興味がある」
そんな都市住民と、人手不足の農家を結ぶきっかけをつくりたい!
2006年、巨峰の産地として有名な山梨市牧丘町で「ぶどうの丘 田畑の楽校」は始まりました。
「農」に興味がある様々な年齢・職業の人が集まり、芽かき、房づくり、粒ぬき、袋がけ、袋はずし等、ぶどうができるまでの農作業をお手伝いします。

しかし、1ヶ月に1回ほどのイベントとしてお手伝いするだけでは、なかなか作業を覚えられず、本当に畑を守る力になることができません。
そこで、イベント(ぶどうの丘 田畑の楽校)以外の日も、有志活動として、声がけをし、牧丘に通っています。
ひとりでも多くの仲間と、美しい牧丘のぶどう畑を守っていくことを続けていきます。

まずはお気軽にご参加ください!

★これまでの活動の様子
「田畑の楽校(はたけのがっこう)日記」
http://blog.goo.ne.jp/hatake_gakko


◎農家の声>>> 澤登農園 澤登浩二

山梨県山梨市牧丘町は、「日本一の巨峰の里」と呼ばれる、大変おいしい葡萄の生産地です。見渡す限りの葡萄畑が広がっていますが、多くの農産地と同じく近年高齢化が進み、葡萄作りを続けられない農家も増えてきています。農作業においては作物の生育状況や天候により、短時間でしなければならない作業があるため、どうしても忙しい、人手が足りないという事態になります。特に一人から二人で行っている小規模の農家においては、ボランティアによる協力は大変大きな力になります。また、農家との交流を通じて、地域の活性化も期待できると考えています。
ぜひ一人でも多くの方々にこの「田畑の楽校」に参加していただき、一緒に地域の農業を盛り上げていただければと思います。

◎JUON NETWORKとは
http://juon.or.jp

1998年、大学生協の呼びかけで設立されたNPO法人です。
農山漁村でのボランティア、リーダー養成、国産間伐材割り箸…。
JUON NETWORKは、自然と向き合う知恵と技を学び伝える場を提供し、都市と農山漁村の循環と世代をこえた人々のつながりを取り戻します。豊かな未来はきっとそこから始まります。
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

2018-7-18
【7/28報告会】8月15日に向けて考える“アジアの民衆とどうつながるか”
団体名 アジア・コミュニティ・センター21
分野 平和の推進
活動地域 東京都
内容 8月15日に向けて考える“アジアの民衆とどうつながるか”
ACT「アジア民衆パートナーシップ支援基金」助成事業の現場から

7月28日(土)14時から、終戦記念日を前に、“アジアの民衆とどうつながるか”をテーマに、アジアの人々との経験・知見の交流に取り組む市民団体5団体を招いてACT「アジア民衆パートナーシップ支援基金」報告会を開催します。

「アジア民衆パートナーシップ支援基金」は、アジア−とくに日本が第二次世界大戦中に多大な被害を与えたアジアの国々−の民衆と日本の人々が交流し、経験・知見の共有を通して共に成長・発展しようとする諸活動を支援することを目的に2009年に設定され、助成活動を行ってきました。これまでにアジア16カ国と日本の相互交流・協力活動を行う15事業に1,850万円を支援しました。

7月28日の報告会では、参加団体より、アジアの人々―とくに社会的に差別を受けていたり、諸権利を享受できていない人々―との経験や教訓の共有や未来づくりなどの活動の成果について報告していただき、現場から見えてくる日本とアジアの課題、今後の目指すべき方向について考えていきます。

今年の8月15日で、終戦の日から73年となります。一世代分の年月を経た今、過去で得た教訓や経験を忘れることなく、そして日本とアジアの人々の間に、より深い信頼関係を構築し、平和で公正なアジアを実現するために、今私たちには何が必要かを考えます。

◎報告団体
・(特活)Asia Commons亜洲市民之道
 ≪日本と中国の市民活動家の交流と対話、学びあい≫
・(特活)アントレプレナーシップ開発センター
 ≪日本とインドネシアの若手ソーシャルリーダーの育成と交流、学びあい≫
・(特活)WE21ジャパン
 ≪鉱山開発の影響を受けたフィリピン先住民族の命と暮らしと文化を
  守る活動、日本の鉱山開発と環境修復の歴史からの学び≫
・外国人支援ネットワークKAMEIDO
 ≪急増するアジア圏からの在日外国人の生活、労働、健康についての
  注意喚起と情報普及≫
・ロラネット
 ≪ドキュメンタリー映画『ロラたちに正義を!』の制作・上映≫

◎詳細 http://acc21.org/news/20180713.html
【日時】2018年7月28日(土)14:00-17:00
【会場】アジア文化会館地下1F 101教室(東京都文京区)
【主催】認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
【協力】公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)
【参加お申込み方法】
7月26日(木)までにact-info@acc21.org宛に参加される方のお名前をお知らせください。または、お電話(03-3945-2615 平日10:00-18:00)でお申込みください。

【交通アクセス】http://acc21.org/contact/index.html
・都営地下鉄三田線『千石』駅A1出口徒歩5分
・JR山手線『駒込』駅南口(池袋寄り)またはメトロ南北線『駒込』駅
 2番出口(六義園側)から本郷通りを徒歩12分
・JR山手線『巣鴨』駅南口から旧白山通りを千石方面へ徒歩15分
・東京メトロ南北線『本駒込』駅出口2より本郷通りを駒込方面に徒歩12分

◎アジア民衆パートナーシップ支援基金とは
「アジア民衆パートナーシップ支援基金」は、アジア、とくに日本が第二次世界大戦中に多大な被害を与えた国々の民衆と日本の人々が交流し、経験・知見の共有を通して共に成長・発展しようとする諸活動を支援することを目的として設定された、公益信託アジア・コミュニティ・トラスト(ACT)の特別基金です。2009 年8 月に当初基金2,000万円で設定され、以後のべ35人の個人から580万円のご寄付をいただいています。これまでにアジア16カ国*と日本の相互交流・協力活動を行う15事業に1,850万円を支援しました。

*アジア16カ国:中国、韓国、モンゴル、タイ、カンボジア、ミャンマー、ラオス、ベトナム、フィリピン、インドネシア、 マレーシア、東ティモール、インド、スリランカ、ネパール、バングラデシュ

2018-7-17
【海外ボランティア募集中!】
団体名 ボランティア・プラットフォーム
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 □   カンボジア/フィリピン/インド/タイ/カナダ
■    インドネシア/オーストラリア/セブ/ベトナム
□     海外ボランティア・スタディツアー募集中★
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

1人でも、初めてでも大丈夫!
早割 79,800円〜(チケット込)
日本語対応なので語学に自信がなくても安心♪
満足度96%の海外ボランティア・スタディツアーで、
一生ものの1週間を体験しよう!O(≧∇≦)O

詳しくはホームページにて☆
http://volunteer-platform.org/

「一生ものの体験!」
あなたの貢献チャレンジ応援します!
一般社団法人 ボランティアプラットフォーム
■お問い合わせ
TEL:03-6304-5353 FAX:03-4332-2393
メール:pr@v-pf.org
HP:http://volunteer-platform.org/

2018-7-4
トキの島 森林の楽校2018夏(環境学実習)
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 新潟県
内容
佐渡島でトキの試験放鳥が始まって、この9月で丸10年となります。
自然界で産まれた両親から産まれたトキの雛も順調に育ち、
野生復帰が着実に進んでいます。

JUON NETWORKでは2002年から
新潟大学のトキ野生復帰プロジェクトに協力し、
放たれたトキの居場所となる里山づくりを行ってきました。
今後も、空を舞うトキに出会えるよう、
森林の楽校(もりのがっこう)で里山保全活動を継続します。
お気軽にご参加下さい。
初心者大歓迎!

◎詳細・お申し込みはこちら!→http://blog.canpan.info/juon/archive/465


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【と き】 2018年8月20日(月)〜22日(水) 2泊3日
     [オプションコース18日(土)〜19日(日) 1泊2日]
【ところ】 新潟県佐渡市(佐渡島)

【内 容】 ◇トキ野生復帰を助ける、藪払い・田おこし等の里山保全活動
      ◇野生復帰したトキの観察
      ※観察は、トキの動き等によって中止することがあります。
       あらかじめご了承下さい。

【集 合】 佐渡汽船両津港タ−ミナル旅館組合駐車場 15:15
      ※佐渡汽船新潟港12:35発 両津港15:05着カーフェリーが便利です。
      ※詳細は佐渡汽船ホームページをご参照下さい。
       http://www.sadokisen.co.jp/

【定 員】 20名
【締 切】 8月8日(水)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
      ※オプションコースは別途下部に記載

【主 催】 新潟大学 朱鷺・自然再生学研究センター
      新潟大学農学部附属 フィールド科学教育研究センター
      JUON NETWORK

【費 用】
◎今年度より、トキの水辺づくり協議会から一人あたり5,000円の旅費補助が出ます!

◇参加費(資料代、食費・交流会費、潟上温泉入浴代、保険料等)
学生: 5,500円/社会人(会員): 5,400円/社会人(一般): 7,400円
※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
※部分参加の方は保険・食事代等実費程度いただきます。
※2日目交流会のみの参加:1,500円程度
※宿泊料の改定に合わせ、参加費も若干改定しました。

◇宿泊料(2泊)
学生: 6,500円/社会人: 7,600円
※今年度より宿泊先の料金が改定されました。
※給湯室利用は別途(1人50円/日)

◇佐渡島内の移動
無料(スタッフ所有車利用のため。)
※佐渡島(両津港)までの交通費は各自ご負担下さい。

▼参考(必要経費の合計額)
以上を合わせた次の金額を、当日、スタッフにお支払い下さい。
学生: 12,000円
社会人(会員): 13,000円
社会人(一般): 15,000円
[オプションコースの参加には、別途5,500円程度(1泊3食)掛かります]


【日 程】
※多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。
※放鳥されたトキの動きによっても、内容が変わることがあります。
◆8/20(月)
15:15 佐渡汽船両津港タ−ミナル集合
16:00 楽習会「トキの野生復帰のための自然再生」
19:00 夕食
◆8/21(火)
 7:30 朝食
 9:30 里山保全作業
12:00 昼食・休憩
13:00 里山保全作業
17:00 入浴・食事準備
19:00 夕食・交流会
◆8/22(水)
 6:00 野生トキの観察
 8:30 朝食
 9:30 里山保全作業
      トキの森公園/野生復帰ステーション見学等
12:00 昼食・休憩
13:00 午前の続きなど
15:30 佐渡汽船両津港タ−ミナル解散
(両津港16:05発 新潟港18:35着カーフェリーが便利)
※食事づくりは参加者で行います。ご協力下さい。


◆[オプションコース]−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
8/18(土)〜19(日)
新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター主催
「公開林間実習2018〜知られざる森・佐渡島の天然スギ林への招待〜」

ところ:新潟大学農学部付属フィールド科学教育研究センター
    佐渡ステーション演習林(佐渡市小田94-2)
内 容:ミニ講義『佐渡島の自然』(新潟大学 崎尾 均)、
    森の生き物の観察、天然スギ林トレッキング
締 切:7月27日(金)(必着)

オプションコース(公開林間実習)に参加ご希望の場合、
JUONへのお申し込みとは別に、
各自直接、研究センターへのお申し込みが必要です。
以下のリンク先より「公開林間学習2018 参加申込書」を入手し、
必要事項を記入の上、封書・FAX・メールにて、
研究センターにお申し込み下さい。

【公開林間実習の問合せ・申込み先】
新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター
佐渡ステーション
〒952-2206 佐渡市小田94-2
Tel: 0259-78-2613(平日10時~17時)
Fax: 0259-78-2929
e-mail: sadoken2011@gmail.com
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/sado_html/sado_index.html


◎お申し込みはこちら!→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdTB9JMD8lXbe5WB9hiI3BHzynUwep6JAAiAvAVBmBA-uOipw/viewform


2018-7-3
7/28 ハンガー・フリー・ワールド活動説明会
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 国際協力NGOはたくさんあるけど、HFWは他のNGOとどう違うの? 
HFWが解決しようとしている飢餓の現状とは? 
こんな疑問に対して、写真やデータを見ながら紹介します。
飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。
解決に向けて自分には何ができるのか。一緒に考えてみませんか? 
初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。

【日時】7月28日(土)15:00-17:00
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】http://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩1分。
はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】10名
【締切】7月27日(定員になり次第締め切り)
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701
月・火・木10:00〜21:00  水・金・土10:00〜18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/14198/

2018-7-3
【採用情報】スタッフ募集(総務・会計スタッフ<パートタイム>)
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容
*****************************************************************************
 ◆ ヒューマンライツナウ / 総務・会計 スタッフ募集 ◆
*****************************************************************************
●人数:1名
●期間:即日
ただし、それより早く就業できる方は協議のうえ早期に採用いたします。
●週3〜4日(パートタイム。試用期間あり。一年更新)
●待遇:時給1,100円。交通費実費支給、雇用保険加入。
●勤務地:東京都/ヒューマンライツ・ナウ東京事務所
●業務内容:総務・会計

■業務内容の詳細
(1)総務事務業務(会員管理、領収書発行、発送業務、人事労務など)
(2)経理事務(入出金管理、月次会計入力、年次決算、小口精算など)
(3)事業資金調達と管理(助成金申請、助成金の資金管理)
(4)ボランティアのコーディネート

■評価される資質・経験など
・企業や各種団体で、総務・会計事務の実務経験のある方
・PCスキル(Word・Excel基本操作、メール操作、データベース入力)
・ヒューマンライツ・ナウのミッションを理解し、適切・誠実に業務を遂行する能力
・正確な事務処理能力、多様なタスクを効率的にこなし、締め切りを守る能力
※簿記2級〜3級の資格を有していることが望ましい。

■応募方法
・カバーレター(応募動機、希望の勤務形態等を明記)
・履歴書(写真必須、連絡先を明記)
・職務経歴書

を、下記郵送にてお送りください。

書類選考後、面接にお進み頂ける方には追ってご連絡をいたします。
なお、選考状況等に関する個別のお問い合わせ、並びに提出書類の返却には応じかねますのでご了承ください。

宛先(郵送):
東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
経理事務スタッフ募集担当 採用担当 宛

応募締切:適任者が見つかり次第、締切らせていただきます。

<ヒューマンライツ・ナウの活動概要>
2006年に発足した東京を本拠とする国際人権NGO。弁護士、研究者、ジャーナリスト、市民等が中心となり、
世界的に保障されている人権基準に基づき、世界、特にアジア地域の深刻な人権侵害の解決を求めて、調査、
提言、アドボカシー、エンパワーメント等の活動を展開している。日本を中心に会員700余名。オフィスは東
京、ニューヨーク。2008年に特定非営利活動法人、2012年に国連特別協議資格を取得。ヒューマンライツ・
ナウでは、弁護士、研究者、修士・博士課程にある学生、社会人がプロボノ・ベースでプロジェクト等の活動
に参加しており、その調整・コーディネートをしつつ基幹となる業務を進めることがスタッフに求められてい
ます。ヒューマンライツ・ナウの活動詳細はウェブサイト(http://www.hrn.or.jp/)をよくご参照いただき、その
うえでご応募ください。

連絡先:
ヒューマンライツ・ナウ東京事務所
110-0005 東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル7階
電話 03-3835-2110  Fax 03-3834-1025 Mail: info@hrn.or.jp

2018-6-19
「アジア社会起業家育成塾」2018年度塾生を募集(締切:6/30)
団体名 アジア・コミュニティ・センター21
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 ―もっとやりがいのある毎日をおくりませんか?夢を実現したいあなたに―

“アジアの人たちのために活動を立ち上げたい”その思いを「アジア社会起業家育成塾」で形にしませんか?

2018年度の募集締切を6月30日まで延長しました。「アジア社会起業家育成塾」は、アジアを舞台に活躍するひとを応援・育成する人材育成塾です。過去9年間で66名が修了し、うち11名が何らかの形でNGO事業や社会的企業を立ち上げています。

国内のさまざまなバックグラウンドをもつ講師を迎えてゼミ形式の講義(土曜日中心)を行うほか、インドネシアでの研修も予定しています。

“アジアで活動を立ち上げたい”、“アジアの人々のために役に立ちたい”−そんな思いを「アジア社会起業家育成塾」でカタチにしませんか?

詳細:http://acc21.org/action/anli.html


●こんな人を求めています!
・アジアの人々の「声」を自ら聞き、彼らと共に問題の改善・解決を図ろうとする姿勢をもつ人
・アジア地域の人々が直面する貧困や人権侵害等の社会問題に市民の立場からチャレンジしようとする人
・日本を取り巻くアジアの隣国と我が国との関係の現状に問題意識を持ち、未来の創造的な共生関係に向け行動を起こそうとする人
・ 開かれた心を持ち、目的を追求・実現するために社会の異なるセクター(立法府、行政、経済界、労働界、大学等)の人々と協働し、ネットワークを広げ、活動する人

●塾運営のアプローチ
1.参加する塾生の個々の問題意識を大切にします
2.座学はゼミ形式で、参加型です。事前学習をもとに率直な意見交換を行い議論する中で、各塾生が自ら問題意識を深化させ、行動を起こす知的条件づくりを補助します
3.NGOリーダーや社会起業家(ソーシャル・ビジネス実践者)との出会いの場を作り、創業者の理念や事業運営手法など直接的に学ぶ機会を提供します(今年は、インドネシアを訪問します)

●6つの特徴
1.塾生が取り組む課題について塾生仲間たちと共に考察し、理解を深めます
2.NGOリーダー、社会起業家の下で、インターンシップをする機会が与えられます
3.塾生の目標達成に向けた助言等フォローアップ活動を行います
4.修了生とのネットワークに参加し、同じ志を持つ人たちとの「輪」に参加できます
5.遠距離参加者への交通費補助制度が設けられています
6.塾生の国籍を問いません

●募集要項
○募集人数:12名
○開催期間:2018年7月14日〜2019年2月28日
○研修会場:アジア文化会館(東京都文京区)ほか(予定)
○年間受講料*:社会人:8万円、学生:5万円(留学生は3万円)
 *インドネシア訪問関係費用は別途お支払いいただきます(社会人4万円、学生1.5万円を予定。ただし、食事代は含みません)。

○応募資格
・アジア域内の国を訪問した経験を有する人
・英語での会話能力、文章作成能力を有する人
・海外研修に参加する20歳未満の学生については保護者の同意を得られる人

○募集締切:2018年6月30日(土)15:00まで(Eメールでのみ受け付けます)

○応募方法:下記提出書類(2点)をEメール(asec@acc21.org)にてご提出ください。
1.受講申込書
2.小論文(3,000字以内)
※小論文は、「テーマ(1):貧富の格差が拡がるアジアの人々の生活と私の挑戦」または「テーマ(2):アジアの人々との絆と私が取り組みたい課題と展望」のいずれかを選択してください。
※フォームはウェブサイトからダウンロードしてください(http://acc21.org/action/anli.html)。

○選考:
1.書類選考(7月2日午後までに書類選考結果をEメールで各申請者に連絡します)
2.面接審査 (約20分程度。《7月7日もしくは8日》の2日程から申込時に選択してください。場所はアジア文化会館(東京文京区)を予定しています。)
※結果は7月9日に発表します。

●お問合せ・応募先(主催)
(特活)アジア・コミュニティ・センター21 (ACC21)
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13アジア文化会館1F 
TEL:03-3945-2615(平日、10-18時)FAX:03-3945-2692 E-mail: asec@acc21.org(担当:鈴木)

2018-6-14
子ども向けワークショップ運営ボランティア募集!
団体名 NPO法人CANVAS
分野 ボランティア活動推進
活動地域 東京都
内容 ●活動概要
NPO法人CANVASでは、子ども達の創造性を育むような体験活動の企画・運営・普及・啓発を行っております。CANVASの活動を支えてくださっているのはボランティアのファシリテーターのみなさまです。団体のメンバーとして活動に参加を頂けるボランティア・インターンの方々を広く募集しています。現在学生・大学院生、社会人、お子さんをお持ちのママやパパ、お仕事をリタイヤされたシニア世代の方々などたくさんのファシリテーターのみなさまと一緒に日々子どもたちとの時間を作りだしています!「こども向けのワークショップに関わってみたい」、「NPO の活動に興味がある」、「自分の専門性を活かしてみたい」、「自身の創作活動の参考にしたい」など、応募のきっかけは問いません。たくさんのご応募お待ちしています!

●主な活動日時
土日祝日または不定期開催もあり

●主な活動場所
都内近郊の大学、レンタルスペース、オフィス、ミュージアム、博物館、商業施設等

●参加方法
月に1回ボランティアの方向けの説明会を開催しております。
以下よりエントリーください。
http://canvas.ws/volunteer

●お問い合わせ
NPO法人CANVAS
information@canvas.ws
TEL:03-6802-7984

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 次へ→