条件:- 該当記事数 752 件

条件指定 地域分野 次へ→
2014-12-3
12/11 19時〜 六本木ー生徒が自分たちの地域の震災や復興を捉えたドキュメンタリー 上映会
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 キッズドアもお手伝いさせていただいて、ORCD東北スクールの2年半の活動の集大成を、まとめた、東北の生徒が撮影、編集した映像の上映会を12月11日に行います。

OECD東北スクールは、岩手、宮城、福島の100人の中高生が参加し、2年半をかけたプロジェクトは、今年8月30、31日の2日間、パリのエッフェル塔の下の公園で東北をPR するというイベント 東北復幸祭<話WA>in PARIS の成功で終了しました。
この映画は、イベント会場で流すために、生徒が自分たちの地域の震災や復興を捉えた映像です。
OECD東北スクールの取組みはNHKなどでも放映されましたが、それとはまったく違う、中高生が被災した自分たちの地域に向き合い、地域の方々を捉えた映像です。

震災から3年9ヶ月がたつ今だからこそ、見るべき映画です。

この上映会は、OECD東北スクールに参加した生徒有志が主体となり、企画運営されています。12月11日の東京を皮切りに、東北各地、そして関西などでも生徒が主体となり上映会を開催していく予定です。

師走のお忙しい時期に大変恐縮ですが、ぜひ皆様、ご参加ください。

当日は、OECD東北スクールに参加した生徒からのごあいさつなども予定しております。

詳細&お申込は
http://shisaiseimirai.jimdo.com/
の上映スケジュール 東京 をご覧ください

<概要>

日時:2014年12月11日 19時00分〜21時00分(開場18時45分)

会場:Yahoo! JAPAN ミッドタウン・タワー  11F セミナールーム
  (ミッドタウン・タワー2F 専用受付にて受付をいたします)

定員:100名

参加費:1,000円 高校生以下無料

申込締切:12月8日(月)*定員になり次第締め切ります。

申込方法:申込フォームより思う込みください 
     http://urx2.nu/eG5k
*入館のために事前の申込が必要です。

2014-12-3
12月18日(木)14時〜 「2014 子どもの貧困 シンポジウム」のご案内
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 キッズドア主催による子どもの貧困を考えるイベントを開催いたします。
基調講演や事例発表の他、全体討議を設け、聴衆の皆様にもご参加いただける講演会となっております。
師走のお忙しい時期ではございますが、是非この機会にご参加ください!
・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*。*・。*・

『 日本の子どもの貧困の特徴と対策 2014 』
〜 学習支援活動の現場から子どもの貧困を考える <現状・連携・事例紹介> 〜

厚生労働省が2014年7月に発表した「国民生活基礎調査」(2012年)によると、17歳以下の「子どもの貧困率」は16.3%、つまり6人に1人が貧困に陥っている計算になります。このような状況を受け、政府は8月の閣議において貧しい家庭の子どもの教育や生活を支援するため、初めて「子どもの貧困対策大綱」を決定しました。
本講演会では、子どもの貧困対策の中でも重要な「教育」に焦点をあて、子どもの貧困対策大綱の真意を知るとともに、既に成果を出している学習支援について、企業、NPO法人、ボランティアの各立場から、その成果や今後の可能性について事例発表を行います。

◆日 時:2014年12月18日(木)14:00 〜 16:30(13:30受付開始)

◆会 場:日比谷コンベンションホール 大ホール
    (東京都千代田区日比谷公園1番4号、旧・都立日比谷図書館)
    「霞ヶ関駅」B2、C3出口より徒歩約3分
    「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
     アクセスマップ http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

◆参加費: 一般2,000円、大学生1,000円、高校生以下 無料
      キッズドアご支援者・ボランティアスタッフ 無料

◆プログラム
I.「子どもの貧困への教育へのアプローチ 〜子どもの貧困対策大綱策定にあたって〜」(予定)
大谷圭介氏 文部科学省 生涯学習政策局、参事官(連携推進・地域政策担当) 
II.「企業が取り組む子どもの貧困対策」
綿貫治子氏 ゴールドマン・サックス証券株式会社 取締役
III.「子どもの貧困の状況と対策」
渡辺 由美子 特定非営利活動法人キッズドア 理事長
IV.「学習支援の効果」
大塩 達 タダゼミ・足立 学生リーダー / 進藤克哉 東北事務所 インターン
V. 全体討議

◆申込み方法 
下記の申込みフォームよりお申込みください。
PC・スマホURL: http://ws.formzu.net/fgen/S23265627/
携帯電話URL: http://ws.formzu.net/mfgen/S23265627/

◆その他
講演会当日は特設ブースを設け、「お宝エイド」にご協力いただける品物を回収いたします。
ご家庭で眠っている品物がございましたら、是非ご持参くださいませ!
※「お宝エイド」の詳細はこちら ⇒ http://blog.canpan.info/kidsdoor/archive/772

主催:特定非営利活動法人キッズドア

【お問い合わせ】
特定非営利活動法人キッズドア  担当:松井、渡辺
住所:〒103-0016東京都中央区日本橋小網町1-5 小網町ハイツ304 
TEL:03-6231-1029 FAX:03-6862-6093 E-mail:info@kidsdoor.net

2014-11-28
ケータイゴリラがエコプロダクツ2014に出展します!
団体名 ASEEDJAPAN
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 --:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:--
エコプロダクツ2014に参加してゴリラを守ろう!
-ケータイゴリラチーム-
--:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:--
〜ケータイゴリラはエコプロダクツに2008年以降、7年連続で出展します!〜

携帯電話、そしてスマートフォンが普及し始めてからもう10年以上経ちました。
どんどん新しくなる機能・デザイン。
キャリア各社も、次から次へと新しいサービスを開発・提供しています。
そんな私たちの生活に溶け込んでいる携帯電話について、
知っておいてほしい事実があります。

それは、携帯電話に含まれる鉱物とコンゴの紛争、
そしてそこで生きるゴリラとの関係です。

実は、携帯電話の製造に必要な鉱物をめぐって起きているのが、
多くの被害者を出して史上最悪の紛争とも言われている、コンゴ紛争です。
一方で、ジャングルに生息するゴリラも、この内戦に巻き込まれたり、
食用として密猟されたりということも相まって、絶滅の危機に瀕しています。

つまり、私たちの便利な生活を作るために、
多くの人々、そしてゴリラが傷つけられているのです。
そこで私たちケータイゴリラでは、使わなくなった携帯電話を回収し、リサイクル・リユースを行い、その収益を保護団体に寄付することでゴリラを守ろう!というキャンペーンを行っています。

要らなくなった携帯電話を持って来ていただければ、私たちが責任を持って地球を守るお金に変えさせて頂きます。是非使い終わった携帯電話を持って、エコプロダクツ2014にお越し下さい。

■参加方法
使わなくなった携帯電話や眠っている小型家電(音楽プレーヤー、ポータブルゲーム機、ビデオカメラ、デジタルカメラ)などを、東京ビックサイト東3ホールのケータイゴリラブースにお持ちください。

不要になった携帯電話がゴリラを守るための資金へ変わります。携帯電話や小型家電をお持ちいただいた方には 「ケータイゴリラ×エコプロダクツ」のオリジナルステッカーをプレゼントします!

■「リユース」と「リサイクル」の選択について
ブースにて、お持ちいただいた携帯電話を「リユース」するか「リサイクル」するかをみなさんにお選びいただけます。
・「リサイクル」にご寄付いただいた場合、1台あたり約50円〜80円が寄付に充てられます。
・「リユース」にご寄付いただいた場合、1台あたり300円以上が寄付に充てられます。

※ ブースでは、リサイクルの場合は携帯電話を直接破壊し、リユースの場合は
携帯電話を持ち帰り、後日データ消去を行うことで、個人情報の漏洩防止に努めています。安心して携帯電話をお持ちください。

■日時
12月11日(木)10:00〜18:00
12月12日(金)10:00〜18:00
12月13日(土)10:00〜17:00

■場所
東京ビックサイト東3ホール
りんかい線 「国際展示場」駅下車 徒歩7分
ゆりかもめ 「国際展示場正門」 徒歩3分
会場までの詳しいアクセス方法はこちら↓
http://www.bigsight.jp/general/access/

■お問い合わせ
国際青年環境NGO A SEED JAPAN(担当:永田)
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23
TEL:03-5366-7484 FAX:03-3341-6030
E-mail:info@keitai-gorilla.org
(企画)A SEED JAPAN / FLAT SPACE /白井グループ(株)/エコケー(株)/(株)三光金属

2014-11-25
『不要な古着は「フルクル」へ!古着リサイクルプログラム「フルクル」のご案内』
団体名 ブリッジ エーシア ジャパン
分野 リサイクル
活動地域 東京都
内容 こんにちは。
ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行なう認定NPO法人ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)では、古着を募集しています。

ご寄付いただいた古着は、リサイクル業者によって買い取られ、その収益はミャンマー、
ベトナムでの支援活動にあてられます。集まった古着は途上国に輸出されます。

「フルクルの流れ」を下記URLでよくお読みいただき、梱包、発送をお願いします。
http://www.baj-npo.org/Donation/index3.html#furu

<注意!>
送付先は下記の通り、兵庫県のBAJ倉庫となっております。

〒662-0934
兵庫県西宮市西宮浜3-14-4
BAJ倉庫 日光物産気付
筺03-3372-9777

運送業者の指定はありませんが、倉庫までの送料はご負担いただきますようお願いします。
送料のお問い合せは運送業者にお願いします。
また、12/29から1/5までBAJ倉庫が年末年始休暇をいただきますので、古着をお送りいただく際はそちらの日程を避けていただけますようお願いいたします。

なお、楽天IDをお持ちの方は、送料が割引になるサービスがございます。
是非ご利用ください。詳しくはこちら→http://auction.rakuten.co.jp/event/donation/delivery/#baj

年末の大掃除や断捨離の際は、タンスに眠っている皆さまの古着を国際協力に役立ててみませんか?
たくさんの古着を募集しています。みなさまのご協力をお願いします!


2014-11-20
【2015春 海外ボランティア 説明会開催!!】
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 【2015年春CFF海外ボランティア、フィリピン、マレーシア、ミャンマーに飛び込もう!!】

2014夏、174名の方に参加していただきました、CFFの海外プログラムが2015年春にも開催决定!!

CFFのワークキャンプでは現地の人たちと一緒にディスカッションやミニ・スタディツアーも行いながら、家庭の事情などで家族と一緒に暮らすことの出来ない子どもたちが暮らす施設「子どもの家」建設や「子供の家」周辺の村の開発に関するボランティアワークで汗を流します。現地の青年と一緒に活動するので国際交流も出来ます。
彼らから新しい価値観を得ることが出来るかも!?

スタディツアーでは普通の観光ではいけない貧困地域、先住民族の村や地元NGOを訪問して交流しながら現地の人たちや社会から幸せ・平和・豊かさとは何かを学びます。
ホームステイも行うので現地の生活を実際に体験することも出来ます。
そして「子どもの家」も訪問します。

スタディキャンプではミャンマーの文化、歴史、宗教、生活、考え方…さまざまなものを知り、学ぶ「スタディツアー」の要素。
現地の青年たちと共同しながら、"子どもたちのためにという"ひとつの目標に向かい、ひとつの活動をつくりあげていく「ワークキャンプ」の要素。
その2つが合わさり、学びをヒントに、子どもたちに必要なものを考え、形にしていくプログラム。それが「スタディキャンプ」です。

フィリピンハッピー子どもキャンプではフィリピンの子どもたちもキャンパーとなって、一緒に遊んで、遊んで、笑って、泣いて、朝から晩まで子どもたちと共にHappyを築いて行く。それがCFFフィリピンハッピー"子ども"キャンプ。
キャンプの中身は子どもたちからリクエストにあった活動や日本から参加者のみんなで準備していった活動を、組み合わせてつくっていきます。子どもたちと一緒に過ごすなかで本当のしあわせを探してみませんか?

【説明会情報】
12月6日(土)18:00〜20:00(17時50分開場)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋駅より徒歩7分)
地図:http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html
12月20日(土)18:00〜20:00(17時50分開場)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線参宮橋駅より徒歩7分)
地図:http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

説明会参加希望の方はinfo@cffjapan.orgまで氏名、年齢、説明会希望日時を書いてご連絡ください。当日の飛び込み参加も可能です。
◎資料請求の請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【プログラムの開催日程】
【フィリピン】
第94回ワークキャンプ:2月13日(金)〜2月24日(火)
第95回ワークキャンプ:3月10日(火)〜3月21日(土)
各12日間 

第29回スタディツアー:3月1日(日)〜3月9日(月)
9日間
【マレーシア】
第34回ワークキャンプ:2月24日(火)〜3月7日(土)
第35回ワークキャンプ:3月17日(火)〜3月28日(土)
各12日間
第14回スタディツアー:2月12日(木)〜2月20日(金)
9日間
【ミャンマー】
第2回ミャンマースタディキャンプ:3月20日(金)〜3月30日(月)
11日間(予定)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NPO法人CFFジャパン http://cffjapan.org/

error!



system error

戻る