条件:- 該当記事数 749 件

条件指定 地域分野 次へ→
2015-2-9
あなたの手で豊かな未来を!!
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 ▼CFFマレーシアワークキャンプ

川が流れ、30種類以上の果物と野菜が実り、鶏が育つ、そんな大自然に囲まれたCFFマレーシアで行うワークキャンプ。子どもたちが豊かに育っていくための「子どもの家」の関連施設、建設ワークを現地人キャンパーと一緒に行います。

子どもたちが未来に向かって豊かに育つ環境を一緒に作っていきませんか? 福祉施設や都市貧困地域への訪問など、ミニ・スタディツアーも行います。


長期休み何かに挑戦したい。子どもが好き。

国際協力に興味がある。 海外行ってみたい。

発展途上国に関心がある。自分に何ができるか知りたい。

—そんな想いを持ったあなたへ―どんなに小さな理由でもいいんです。

まずは「今」動いてみませんか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■CFFマレーシア・ワークキャンプ 各12日間 第34回 2月24日(火)~3月7日(土) 第35回 3月17日(火)〜3月28日(土)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【説明会情報】※参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

説明会ではキャンプやツアーの"プログラムリーダー"を中心に団体のこと、現地での体験、活動の詳細などを写真やムービーを交えてお話しします。質問タイムもとるので、不安や疑問を解消してくださいね。


〜関東説明会〜

(2)2月9日(月)17:00-18:30

会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩5分)

地図:http://www.cffjapan.org/blog/news/secretariat/cff-6.html


(3)2月15日(日)16:00-17:30

会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩5分)

地図:http://www.cffjapan.org/blog/news/secretariat/cff-6.html


(4)2月19日(木)17:00-18:30

会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)

地図:http://www.cffjapan.org/blog/news/secretariat/cff-6.html


(5)2月25日(水)18:00-19:30

会場:東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅直結、セントラルプラザ10階)

地図:http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html


・お申込みは下記のフォームに記入して簡単に申込むことができます。

・CFF事務局 info@cffjapan.orgに直接申込むことも可能です。スマホ以外の携帯を利用してる方はフォームが表示されないのでメールでお申込みください。・保護者の方も大歓迎です。また、途中入退場も自由です。少しの時間だけでもご参加ください。



〜関西地方〜

【大阪 梅田】

2月10日 (火) 19:00~20:30


【大阪 難波】

2月15日(日) 11:00~12:30


・お申込みは前日の12時までに、下記の連絡先へメールで送付、または下記のフォームに記入をお願い致します。

大谷 祐子(おおたに ゆうこ)

大阪教育大学 3年

連絡先:seyukort.37@docomo.ne.jp


興味のある人は下記から資料請求してください。無料で資料お送りします。 http://www.cffjapan.org/request/


NPO法人CFFジャパンhttp://cffjapan.org/

2015-2-9
子どもが子どもらしくいられる時間を・・・
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 【ミャンマースタディキャンプ】

2015年春、CFFの海外ボランティア!フィリピン・マレーシア・ミャンマーへ!あなたの思いを形に。2014年、約300名以上の方に参加いただきました、CFFの海外ボランティア。資料請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/


2014年夏から始まった新しいプログラム。経済発展の道を歩む新興国ミャンマー、その一方で貧困により日々の生活に苦しむ人々が多く存在します。

2011年の民主化から激動の中にあるこの国で、子どもたちのためにできることを現地の青年たちと形にしていきます。


ミャンマーの文化、歴史、宗教、生活、考え方…さまざまなものを知り、学ぶ「スタディツアー」の要素。

現地の青年たちと共同しながら、"子どもたちのためにという"ひとつの目標に向かい、ひとつの活動をつくりあげていく「ワークキャンプ」の要素。

その2つが合わさり、学びをヒントに、子どもたちに必要なものを考え、形にしていくプログラム。それが「スタディキャンプ」です。 劇的な変化の渦中にある国、未知なる国ミャンマーであなたもCFFと一緒に一歩を踏み出しませんか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■CFFミャンマー・スタディキャンプ 11日間 第2回 3月20日(金)~3月30日(月)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

興味のある人は下記から資料請求してください。無料で資料お送りします。 http://www.cffjapan.org/request/


【説明会情報】※参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

説明会ではキャンプやツアーの"プログラムリーダー"を中心に団体のこと、現地での体験、活動の詳細などを写真やムービーを交えてお話しします。質問タイムもとるので、不安や疑問を解消してくださいね。


〜関東説明会〜


(2)2月9日(月)17:00-18:30

会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩5分)

地図:http://www.cffjapan.org/blog/news/secretariat/cff-6.html


(3)2月15日(日)16:00-17:30

会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩5分)

地図:http://www.cffjapan.org/blog/news/secretariat/cff-6.html


(4)2月19日(木)17:00-18:30

会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)

地図:http://www.cffjapan.org/blog/news/secretariat/cff-6.html


(5)2月25日(水)18:00-19:30

会場:東京ボランティアセンター(JR飯田橋駅直結、セントラルプラザ10階)

地図:http://www.tvac.or.jp/page/tvac_access.html


・お申込みは下記のフォームに記入して簡単に申込むことができます。

・CFF事務局 info@cffjapan.orgに直接申込むことも可能です。スマホ以外の携帯を利用してる方はフォームが表示されないのでメールでお申込みください。・保護者の方も大歓迎です。また、途中入退場も自由です。少しの時間だけでもご参加ください。

〜関西地方〜

【大阪 梅田】

2月10日 (火) 19:00~20:30


【大阪 難波】

2月15日(日) 11:00~12:30


・お申込みは前日の12時までに、下記の連絡先へメールで送付、または下記のフォームに記入をお願い致します。

大谷 祐子(おおたに ゆうこ)

大阪教育大学 3年

連絡先:seyukort.37@docomo.ne.jp


興味のある人は下記から資料請求してください。無料で資料お送りします。 http://www.cffjapan.org/request/


NPO法人CFFジャパンhttp://cffjapan.org/

2015-1-27
セミナー「『持続可能な消費』と消費者・事業者・政府等の役割 〜消費者市民教育・ISO26000・SDGs(持続可能な開発目標)等の最新動向も踏まえて〜」
団体名 「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
分野 消費者問題
活動地域 東京都
内容 機デ愀福μ槁

気候変動や生物多様性損失といった環境問題の大きな原因のひとつに、消費者の日常生活があり、これまでの消費のパターンを見直し、持続可能なものに変えていくことが求められている。

国際的には、2010年に発行された「ISO26000社会的責任に関する手引き」を通じた取組の実施や、今年9月の国連総会で策定予定の「SDGs(持続可能な開発目標)」案で重要な要素として盛り込まれるなど、持続可能な消費に向けた取組が進められている。

日本でも、環境省が持続可能な消費の推進・支援の取組みを進める他、消費者庁も「消費者市民社会」を「消費者が、地球環境等に影響を及ぼし得るものであることを自覚し、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会」と定義し、消費者市民教育を推進するなど、積極的に取り組んでいる。

また、消費者団体・生協・研究者/研究機関・企業なども、持続可能な消費の実現のための取組みを進めてきている。

そこで、以下の目的のために本セミナーを開催する。

○持続可能な消費に関する取組み事例を含む国内外の最新動向を共有する。
○持続可能な消費に向けた消費者・事業者・NGO・省庁・研究者・教育関係者等の取組みの可能性・在り方を検討するとともに、それぞれの取組みの連携を推進する。

供テ時

日程:2015年2月25日(水)
時間:18:00〜21:00

掘ゾ貊

ベルサール九段 4階 Room 4

http://www.bellesalle.co.jp/room/bs_kudan/access.html

〒102-0073
東京都千代田区九段北1-8-10住友不動産九段ビル

Tel:03-3261-5014

<交通アクセス>
「九段下駅」7番出口徒歩3分(東西線)
「九段下駅」5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
「神保町駅」A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)

検ヂ仂

消費者・企業・NGO・研究者・教育関係者・政策担当者・メディア等

后ゼ膾

主催:グリーンエコノミーフォーラム
協力:「環境・持続社会」研究センター(JACSES)・CSOネットワーク
助成:環境再生保全機構地球環境基金

此ゥ札潺福璽廛蹈哀薀燹祕焚次敬称略>

「開催趣旨説明」

1.講演

「消費者庁と持続可能な消費(仮題)」
阿南久(一般社団法人消費者市民社会をつくる会理事長/前消費者庁長官)

「消費者市民教育等に関する最新動向(仮題)」
古谷由紀子(日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会常任顧問/消費者庁消費者市民育成小委員会座長)

「持続可能なライフスタイルと消費への転換に関する研究の最新動向(仮題)」
青柳みどり(国立環境研究所社会環境システム研究センター環境計画研究室室長)

「消費者・企業のこれから−ISO26000における持続可能な消費に関する議論を踏まえて(仮題)」
関正雄(損保ジャパン日本興亜環境財団専務理事/明治大学経営学部特任准教授)

「持続可能な消費とSDGs(仮題)」
足立治郎(グリーンエコノミーフォーラム理事/JACSES事務局長)

休憩(10分)

2.意見交換
○パネリスト:講演者
       古沢広祐(國學院大学教授/JACSES代表理事)
○司会:黒田かをり(CSOネットワーク事務局長)
○論点:
・持続可能な消費に向けた消費者・事業者・NGO・省庁・研究者・教育関係者等の取組み・連携の可能性・在り方

察セ臆暖

1,000円

次イ申し込み

「2015年2月25日セミナー参加申込」と明記の上、次のJACSES(グリーンエコノミーフォーラム事務局)ウェブサイト・参加フォーム(http://www.jacses.org/form/form_event.html)から、もしくはFAX:03(3556)7328宛てに「お名前」「ご所属(勤務先・学校など)」「返信のためのご連絡先」を明記の上、お申込み下さい。

宗イ問い合わせ・お申込み

グリーンエコノミーフォーラム
担当:木元
TEL:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328

2015-1-22
2015春、出会いと気づきの旅に出かけてみませんか?
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 2015年春、CFFの海外ボランティア!フィリピン・マレーシア・ミャンマーへ!あなたの思いを形に。2014年300名以上の方に参加いただきましたCFFの海外ボランティア、下記から資料請求してくださいね。
パソコン:http://ow.ly/gs1UR
携帯:http://ow.ly/l0Ak6


【ワークキャンプ】 現地の人たちといっしょにディスカッションやミニ・スタディツアーも行い学びながら、親と生活することのできない子どもたちの施設「子どもの家」建設や村の開発に関するボランティア・ ワークで汗を流します!

【スタディツアー】 普通の観光ではいけない貧困地域、先住民の村や地元NGOを訪問します。その中で、現地の人たちや社会から幸せ・平和・豊かさとはなにかを学びます!CFFの「子どもの家」も訪問します。

【ハッピーキャンプ】 フィリピンの子どもたちもキャンパーとして参加。キャンプの中身は子どもたちからリクエストにあった活動や日本からの参加者みんなで準備して現地で実施。朝起きてから寝るまで、子どもたちと過ごす本当にハッピーなキャンプです。

【ミャンマー】2014年夏から始まった新しいプログラム! 経済発展の道を歩む新興国ミャンマー、その一方で貧困により日々の生活に苦しむ人々が多く存在します。2011年の民主化から激動の中にあるこの国で、子どもたちのためにできることを現地の青年たちと形にしていきます。

詳細は下記から資料請求。
パソコン:http://ow.ly/gs1UR
携帯:http://ow.ly/l0Ak6


下記、日程詳細です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■CFFフィリピン・ワークキャンプ 各12日間
第94回 2月13日(金)〜2月24日(火)
第95回 3月10日(火)〜3月21日(土)

■CFFマレーシア・ワークキャンプ 各12日間
第34回 2月24日(火)〜3月7日(土)
第35回 3月17日(火)〜3月28日(土)

■CFFフィリピン・スタディツアー 9日間
第29回 3月1日(日)〜3月9日(月)

■CFFマレーシア・スタディツアー 9日間
第14回 2月12日(木)〜2月20日(金)


■CFFフィリピン・ハッピー子どもキャンプ 9日間
第11回 3月27日(金)〜4月4日(土)


■CFFミャンマー・スタディキャンプ 11日間

第2回 3月20日(金)〜3月30日(月)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【説明会開催中!!!!!】

○1月20日(火)19:00-20:30
会場:千葉市民活動支援センター


○1月31日(土)14:00-15:30
○1月31日(土)18:00-19:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)
※午後と夜間の時間帯で1回ずつ開催いたします。
内容は同様ですので、ご都合のよろしい時間帯の方へお越し下さい。


〇2月5日(木)14:00-15:30
会場:かながわ県民サポートセンター、10階ボランティアサロン
(JR横浜駅より徒歩5分)


〇2月9日(月)17:00-18:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)


▼申し込みはこちらにご連絡ください。
info@cffjapan.org


▼詳しい資料の請求はこちらから(無料)。
http://www.cffjapan.org/request/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



NPO法人CFFジャパン http://cffjapan.org/ 資料請求はこちら→パソコン:http://ow.ly/gs1UR 携帯:http://ow.ly/l0Ak6

2015-1-22
子どもたちが安心して暮せる基盤を作る〜フィリピン〜
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 【フィリピンワークキャンプ】

2015年春、CFFの海外ボランティア!フィリピン・マレーシア・ミャンマーへ!あなたの思いを形に。2014年、約300名以上の方に参加いただきました、CFFの海外ボランティア。資料請求はこちらから→http://www.cffjapan.org/request/


CFFフィリピンワークキャンプでは主に、現地人参加者たちと寝食をともにしながらワークを行います。

また、平和とは何か、幸せとは何か、などディスカッ ションや「子どもの家」周辺地域のミニ・スタディツアーも行い、フィリピンの青年たちと異なる視点・価値観を学び合います。

「あたま・からだ・こころフ ル・ワーク」のワークキャンプ、思いっきり楽しんでください。

キャンプは、フィリピンの子どもたちが暮らす児童養護施設「子どもの家」敷地内で関連施設の建設及び補修作業を行います。子どもたちのためにできることあなたにも必ずあります!


長期休み何かに挑戦したい。

子どもが好き。

国際協力に興味がある。

海外行ってみたい。

発展途上国に関心がある。

自分に何ができるか知りたい。

—そんな想いを持ったあなたへ―

どんなに小さな理由でもいいんです。

まずは「今」動いてみませんか?


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■CFFフィリピン・ワークキャンプ 各12日間

第94回 2月13日(金)〜2月24日(火)
第95回 3月10日(火)〜3月21日(土)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


興味のある人は下記から資料請求してください。無料で資料お送りします。 http://www.cffjapan.org/request/


【説明会開催中!!!!!】

○1月20日(火)19:00-20:30
会場:千葉市民活動支援センター


○1月31日(土)14:00-15:30
○1月31日(土)18:00-19:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)
※午後と夜間の時間帯で1回ずつ開催いたします。
内容は同様ですので、ご都合のよろしい時間帯の方へお越し下さい。


〇2月5日(木)14:00-15:30
会場:かながわ県民サポートセンター、10階ボランティアサロン
(JR横浜駅より徒歩5分)


〇2月9日(月)17:00-18:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)



▼申し込みはこちらから
http://t.co/QaP2E1spZo

▼詳しい資料の請求はこちらから(無料)。
パソコンhttp://www.cffjapan.org/request/
携帯http://www.formzu.net/mfgen.ex?ID=P24676185

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



NPO法人CFFジャパン

http://cffjapan.org/

2015-1-22
海外ボランテイア説明会開催〜フィリピン、マレーシア、ミャンマー〜
団体名 NPO法人CFFジャパン
分野 国際協力
活動地域 海外
内容 2015年春、CFFの海外ボランティア!フィリピン・マレーシア・ミャンマーへ!あなたの思いを形に。2014年300名以上の方に参加いただきましたCFFの海外ボランティア、下記から資料請求してくださいね。
http://www.cffjapan.org/request/


【ワークキャンプ】 現地の人たちといっしょにディスカッションやミニ・スタディツアーも行い学びながら、親と生活することのできない子どもたちの施設「子どもの家」建設や村の開発に関するボランティア・ ワークで汗を流します!

【スタディツアー】 普通の観光ではいけない貧困地域、先住民の村や地元NGOを訪問します。その中で、現地の人たちや社会から幸せ・平和・豊かさとはなにかを学びます!CFFの「子どもの家」も訪問します。

【ハッピーキャンプ】 フィリピンの子どもたちもキャンパーとして参加。キャンプの中身は子どもたちからリクエストにあった活動や日本からの参加者みんなで準備して現地で実施。朝起きてから寝るまで、子どもたちと過ごす本当にハッピーなキャンプです。

【ミャンマー】2014年夏から始まった新しいプログラム! 経済発展の道を歩む新興国ミャンマー、その一方で貧困により日々の生活に苦しむ人々が多く存在します。2011年の民主化から激動の中にあるこの国で、子どもたちのためにできることを現地の青年たちと形にしていきます。

詳細は下記から資料請求。
http://www.cffjapan.org/request/


下記、日程詳細です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■CFFフィリピン・ワークキャンプ 各12日間
第94回 2月13日(金)〜2月24日(火)
第95回 3月10日(火)〜3月21日(土)

■CFFマレーシア・ワークキャンプ 各12日間
第34回 2月24日(火)〜3月7日(土)
第35回 3月17日(火)〜3月28日(土)

■CFFフィリピン・スタディツアー 9日間
第29回 3月1日(日)〜3月9日(月)

■CFFマレーシア・スタディツアー 9日間
第14回 2月12日(木)〜2月20日(金)


■CFFフィリピン・ハッピー子どもキャンプ 9日間
第11回 3月27日(金)〜4月4日(土)


■CFFミャンマー・スタディキャンプ 11日間

第2回 3月20日(金)〜3月30日(月)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



【説明会開催中!!!!!】

○1月20日(火)19:00-20:30
会場:千葉市民活動支援センター

○1月31日(土)14:00-15:30
○1月31日(土)18:00-19:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)
※午後と夜間の時間帯で1回ずつ開催いたします。
内容は同様ですので、ご都合のよろしい時間帯の方へお越し下さい。

〇2月5日(木)14:00-15:30
会場:かながわ県民サポートセンター、10階ボランティアサロン
(JR横浜駅より徒歩5分)

〇2月9日(月)17:00-18:30
会場:CFFジャパン事務局(山手線「大塚駅」より徒歩3分)


▼申し込みはこちらにご連絡ください。
info@cffjapan.org


▼詳しい資料の請求はこちらから(無料)。
http://www.cffjapan.org/request/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



NPO法人CFFジャパン http://www.cffjapan.org/
資料請求はこちら→ http://www.cffjapan.org/request/



2015-1-13
プランテーション・ウォッチセミナー 「熱帯林とCSR−2015− パーム油産業の課題と対応」
団体名 地球・人間環境フォーラム
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 プランテーション・ウォッチセミナー
「熱帯林とCSR−2015− パーム油産業の課題と対応」
http://www.jatan.org/?p=3170

【日 時】2015年2月3日(火) 13:30〜16:30

【場 所】日比谷図書文化館・小ホール(東京・内幸町)

【アクセス】http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
(東京メトロ「霞ヶ関駅」より徒歩約3分、都営地下鉄「内幸町駅」より徒歩約3分、JR 新橋駅より徒歩約10分)

【趣旨】
パーム油の主な生産国であるインドネシアとマレーシアでは、パーム農園開発により保護すべき森林の減少、地域住民との土地紛争などが深刻な問題となっており、これらの問題解決に向けて世界的に関心が高まりつつあります。
このセミナーではインドネシアで現地NGOと多くの調査研究・提言活動を行っているフォレスト・ピープルズ・プログラムより、パトリック・アンダーソン氏をお招きし、現地における現状と課題についてお話いただきます。またサラワク州での現地調査の結果等から、私たちの暮らしと関わるパーム油産業の課題と対応について考えます。

【プログラム】
1. パーム油でつながる熱帯林と私たちの暮らし
(飯沼佐代子/地球・人間環境フォーラム)
2. インドネシアのパーム農園開発と住民紛争
(パトリック・アンダーソン/フォレスト・ピープルズ・プログラム)
3. サラワク州のパーム農園開発と森林減少
(三柴淳一/国際環境NGO FoE Japan)
4. まとめと提言
(川上豊幸/レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部)

【共 催】
国際環境NGO FoE Japan、サラワク・キャンペーン委員会、
地球・人間環境フォーラム、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、
メコン・ウォッチ、レインフォレスト・アクション・ネットワーク日本代表部

【参加費】無料

【お申込み】
以下のURLに必要事項を記入してご登録ください。
http://goo.gl/forms/QF000h6S05
上記リンク先から登録ができない場合、お問い合わせ先まで以下の必要事項
をお送りください。[ご氏名・ご所属・メールアドレス・電話番号]

【お問い合わせ】
熱帯林行動ネットワーク(JATAN)
Tel: 03-5269-5097 Email: info@jatan.org
本セミナーは地球環境基金から助成を受けて開催します。

2015-1-13
セミナー 先住民族・地域コミュニティの人権を尊重するということ 〜森林・開発分野でのFPIC実践をめぐって〜
団体名 地球・人間環境フォーラム
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 <以下転送歓迎>――――――――――――――――――――
セミナー
先住民族・地域コミュニティの人権を尊重するということ
〜森林・開発分野でのFPIC実践をめぐって〜
http://www.gef.or.jp/activity/forest/world/2015redd_fpicseminar.html

地球・人間環境フォーラムと熱帯林行動ネットワーク(JATAN)は、REDD+事業に関心をもつ企業・組織向けに、FPICガイドラインを作成しました。最新版ガイドラインの発表に合わせ、国際人権法の動向、森林での開発の現場に詳しい講師をお招きし、森林に生計を依存する先住民族・地域コミュニティの人権を尊重するということの具体的な内容とFPICについて、わかりやすく解説していただきます。REDD+事業のみならず、途上国の森林、開発に関わっている方々、また持続可能な原材料調達に取り組まれている企業の担当者の方々のお越しをお待ちしております。

【日時】2015年2月5日(木) 14:00〜16:30
【場所】航空会館901会議室(住所:〒105-0004東京都港区新橋1-18-1、TEL:03-3501-1272)
アクセス:JR新橋駅日比谷口徒歩5分、地下鉄東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅7出口徒歩5分、地下鉄都営三田線内幸町駅A2出口徒歩30秒
【プログラム】(予定)
・企業の人権尊重責任とFPIC
(高橋宗瑠/ビジネス・人権資料センター日本代表)
・森林分野でのFPICの実践
(パトリック・アンダーソン/Forest Peoples Programme)
・FPICガイドラインの概要
(地球・人間環境フォーラム)
※日英通訳あり
【参加費】無料
【お申し込み】
以下のフォームからお申し込みください。または、event☆gef.or.jp(☆を@に変えてください)まで、「FPICセミナー申し込み」と件名に記載の上、氏名、フリガナ、所属、メールアドレス、連絡先、セミナーに期待することをお書き添えの上、お申し込みください。
URL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/4bb5b121339109
【問い合わせ】
地球・人間環境フォーラム(担当:坂本・根津)
Tel. 03-5825-9735
event@gef.or.jp

※本セミナーは平成26年度地球環境基金の助成を受けて開催します。
End------------------------

2015-1-13
企業×NGOで世界の森を守る フォレストパートナーシップ セミナー2015
団体名 地球・人間環境フォーラム
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 セミナー「企業×NGOで世界の森を守る フォレストパートナーシップ セミナー2015」

【日時】 2015年1月23日(金) 19:00〜21:00(開場18:30)

【場所】 日比谷図書文化館 4階 スタジオ・プラス(小ホール)
(千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館))
http://hibiyal.jp/hibiya/access.html

【趣旨】
環境省では、Webサイト「フォレストパートナーシップ・プラットフォーム」を通じて森林保全活動に役立つ情報や、企業とNGO/NPOによる活動事例を紹介してきましたが、今年度は初の試みとして企業のCSR担当者にマレーシアでの森林保全活動を体験してもらう研修ツアーを実施しました。
本セミナーは、森林保全活動に長年取り組んできた企業の関連団体から活動継続の効果と課題を、研修ツアーの参加企業から、現場で感じた森林保全活動の意義と新たに取り組む上での課題等についてお話いただきます。
世界の森林保全の現場で求められている活動とは何か、日本の企業が森林保全活動に取り組むために必要な支援や情報とは何か、参加者の皆様とともに考える機会となれば幸いです。ぜひご参加ください。

【プログラム】(予定)
テーマ1:「イオン環境財団の海外植樹の取組(仮)」
(山本百合子氏/公益財団法人イオン環境財団 事務局長(予定))
テーマ2:「マングローブ植林の現場から、日本企業のCSRを考える」
漁民団体によるマングローブ植林活動
(増山麗央氏/株式会社エフエム東京 アース&ヒューマンコンシャス事務局)
インテル・マレーシア社のCSRとしての植林活動
(見立坂大輔氏/三菱地所株式会社 環境・CSR推進部)
持続可能な森林利用と木炭生産
(箭木剛之氏/株式会社箭木木工所 代表取締役)

【参加】無料(要事前申し込み)

【お申し込み】
以下のフォームからお申し込みください。または、gef@gef.or.jpまで、「環境省森林セミナー申し込み」と件名に記載の上、氏名、ご所属、メールアドレス、電話番号をお書き添えの上、お申し込みください。
URL: https://ssl.form-mailer.jp/fms/74995a53337874

【主催】環境省自然環境局自然環境計画課

【問い合わせ】
地球・人間環境フォーラム(担当:飯沼・坂本・根津)
Tel. 03-5825-9735
gef@gef.or.jp

2015-1-9
“ひとを助ける。自分を守る” 「災害ボランティア入門」講座(2/1 沖縄開催)
団体名 ピースボート災害ボランティアセンター
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 沖縄県
内容 各地で発生している台風、大雨による洪水や地震などの大規模な災害。自分の住む地域でもいつ起こるかわかりません。
「災害ボランティア入門」は、もしものときに自分の身の安全を守るため、そして被災地での支援活動を行うために役立つ知識が身につく講座です。
個人でできる災害への備えや災害支援に関する一般知識、被災地での注意すべきケガや病気、出発前から活動後までの心構えなどについて、過去の事例も交えながら学べます。
誰にでも必要な知識を日常から身に付けておきましょう。
参加費無料!どなたでも大歓迎です。

■内容
 第1部 自分が被災した場合
 第2部 支援する場合+ケーススタディ
 第3部 日常からできること

▼詳しくはコチラ▼
http://pbv.or.jp/volunteer_training/basic/

■日時
2015年2月1日(日) 12:30 - 16:00

■場所
沖縄県男女共同参画センター てぃるる
住所:沖縄県那覇市西3-11-1
※那覇交通「三重城」バス停よりすぐ
URL:http://www.tiruru.or.jp/about.html#access

■参加費
無料

■持ち物
筆記用具

■定員
20名

■申込み方法
オンラインフォームまたはお電話からご予約ください。
◆オンラインフォーム
http://goo.gl/1WkXEX
◆電話
03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)

■お問合わせ先
一般社団法人 ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1-2F-A
TEL: 03-3363-7967(10:00-18:30/土日祝定休)
Mail: training@pbv.or.jp
Web : http://pbv.or.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 次へ→