条件:- 該当記事数 749 件

条件指定 地域分野 次へ→
2017-11-21
12月4日(月) ハンガー・フリー・ワールド活動説明会
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 学校や仕事帰りに、お気軽にご参加ください(要予約)

国際協力NGOはたくさんあるけど、HFWは他のNGOとどう違うの? HFWが解決しようとしている飢餓の現状とは? こんな疑問に対して、写真やデータを見ながら紹介します。飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。解決に向けて自分には何ができるのか。一緒に考えてみませんか? 初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。

【日時】12月4日(月)19:00-2100
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】http://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩1分。はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】10名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701
平日10:00〜21:00 土10:00〜18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/13151/

2017-11-20
「書損じハガキ回収キャンペーン」担当アルバイト募集
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 バングラデシュ、ベナン、ブルキナファソ、ウガンダなどでの飢餓をなくすための活動資金になる、寄付品の仕分け・カウント、換金作業、データ入力とボランティアマネジメントです。熱意のある方歓迎!

【内容】
寄付品(書損じハガキ、切手、商品券など)の仕分け・カウント、換金・運搬作業、データ入力、ボランティアマネジメント、社外・企業でのボランティア会開催。

【人数】若干名

【期間】2017年12月〜2018年7月末まで

【条件】
<必須>
・国際協力に理解と情熱を持ち、HFWの理念と活動に賛同できる方。
・責任感と協調性をもって業務に取り組める方。
・明朗快活な方。
・心身ともに健康な方。
・Word、Excelの基本操作ができる方。
<あると望ましい経験>
・NGO/NPOなどでのボランティア活動。
・接客、販売、営業など人と接する仕事。

【待遇】
給与:時給1000円、交通費実費支給(上限 月2万5000円)、社保完備。
【勤務時間】
月〜土のうち週5日 9:45〜17:45(月〜金はいずれか1日程度 13:00〜21:00の勤務の可能性有)。休日:日、祝日。 実働7時間、休憩1時間。
*土曜勤務(9:45〜17:45)可能な方、歓迎。勤務時間・曜日応相談。

【勤務地】
本部事務所(東京都千代田区飯田橋)

【応募方法】
履歴書(顔写真付)を郵送または電子メールでお送り下さい。電子メールの件名には「回収アルバイト応募」とお書きください。
尚、お送りいただいた履歴書はお返ししません。予めご了承ください。
※書類選考通過者のみ、応募日から1週間以内に面接のご連絡をいたします。

【締め切り】
適任者見つかり次第

【応募・問い合わせ先】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:芦刈)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
http://www.hungerfree.net/about/recruit/

2017-11-17
「赤ちゃんポスト」から考える10代を取り巻く現状 〜そして私たちにできること〜
団体名 認定NPO法人3keys
分野 児童・母子福祉
活動地域 大阪府
内容 ==========================================
第17回『Child Issue Seminar』大阪・福岡開催のご案内

「赤ちゃんポスト」から考える10代を取り巻く現状
〜そして私たちにできること〜
==========================================

2007年、熊本で赤ちゃんの遺棄事件が相次いだことなどから、親が育てられない赤ちゃんを匿名で預けられる「こうのとりのゆりかご(赤ちゃんポスト)」が熊本市の慈恵病院に日本で初めて開設されました。開設当初は多くのメディアに取り上げられ、また賛否さまざまな意見が交わされました。2007年7月の開設から2015年度末までに預けられた命は125人になりますが、10年経った現在まで、同様の施設の2例目の設置はまだありません。
認定NPO法人3keysでも、10代向け支援サービス検索・相談サイト「Mex(ミークス)」を運営するなかで、10代が抱えるさまざまな悩みが見えてきます。サイト内でも妊娠のカテゴリを検索されることは多く、特に抱え込みやすい悩みであることが分かっています。
今回の基調講演では、「こうのとりのゆりかご」の開設から2015年3月の退職まで中心的にかかわってきた元看護部長の田尻由貴子さんをお迎えしました。慈恵病院では、妊娠などで悩む女性らのためにゆりかごの開設に合わせて24時間体制の電話相談を始めましたが、2007年度は501件だった相談件数は増加傾向をたどり、12年度には1000件、16年度には6565件に上り、10年間の合計は2万1279件となりました。「中学生だけど自分で育てたい」など切迫した内容や継続対応が必要な場合も多く、田尻さんは2015年に退職するまで、帰宅後の自身の携帯電話でも相談を受けてきました。
この機会に、10代が抱えるさまざまな悩みに目を向け、10代に向けて私たちがに何ができるのか?を一緒に考えていければと思います。普段子どもに関わっている方々や、これから孤立した子どもたちに支援をしていきたいと思っているみなさまのご参加を心よりお待ちしております。


開催概要
●大阪開催
2017年12月21日(木)14:30〜17:00 ※14:00受付開始
積水ハウス株式会社(最寄駅:JR大阪駅/阪急梅田駅/中津駅など)
大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト
http://www.skybldg.co.jp/access/walk.html

●福岡開催
2018年1月18日(木)14:30〜17:00 ※14:00受付開始
久留米大学 福岡サテライト(最寄駅:福岡天神駅/天神南駅)
福岡県福岡市中央区天神1丁目4−2 大丸福岡天神店東館エルガーラ 6F
http://www2.kurume-u.ac.jp/jobnavi/acros.html


参加費: 無料 (本イベントは独立行政法人福祉医療機構の助成事業となっております)
定員: 60名(※定員に達し次第、締め切らせていただきます)


プログラム

第一部:基調講演
講師:田尻由貴子(たじり ゆきこ)氏

1950年、熊本県生まれ。国立指宿高等看護学校で看護師免許、熊本県立公衆衛生看護学院で助産婦・保健師免許取得。
佛教大学社会福祉学科卒業。熊本県立大学大学院修了。熊本県菊水町保健師、町立病院総婦長を経て、慈恵病院看護部長、相談役。2007年に設置された「こうのとりのゆりかご」の運営の中心的役割を果たす。ハッピーゆりかごプロジェクト講師。2015年スタディライフ熊本(生涯学習支援事務所)特別顧問。
2009年、第1回ひまわり褒章受章、厚生労働大臣表彰。


第二部:10代向け支援サービス検索・相談サイト「Mex(ミークス)」の報告
発表者:認定NPO法人3keys(発表者調整中)

認定NPO法人3keysでは、2016年4月に、10代が自分に合った支援サービスを検索・相談できるサイト「Mex(ミークス) 」の東京版を立ち上げました。全国からのアクセスやニーズもあったことから2017年6月より、全国にエリアを拡大させました。2017年10月時点で、全国の150の官民の子ども向けの支援サービスが掲載されており、月に1万人が利用している状況です。「死にたい」「子どもができたかもしれない」「学校に行きたくない」などの10代からの悩みが寄せられている中で、その背景に虐待や10代の孤立を感じずにはいられません。
今回は、その「Mex(ミークス)」の立ち上げの経緯や、運営から見えてきた10代のニーズやサイトの利用状況のご紹介をさせていただきます。


申込み
申し込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S30864570/


Mex(ミークス)の掲載団体(行政/民間両方掲載できます)も募集しています。
10代向けに支援や相談窓口を運営している方はぜひこちらもご覧ください。
http://3keys.jp/entry

2017-11-13
【英会話レッスン】英語で学ぼう!世界の人権問題
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 人権
活動地域 東京都
内容 ■英語で学ぼう!世界の人権問題
本企画では、英語の能力を伸ばすだけでなく、英語で書かれた国際人権問題に関する資料を教材に、世界で起きている人権侵害の現実とその課題について学び、解決策を考え話し合うことを目的にしています。国際人権法や国連の仕組み等といった側面以外にも、人権侵害が起きている現地での実際の状況を覗けたり、持続可能な開発目標(SDGs)の観点からも様々な課題について知識を身につけられる内容となっております。

「英語で会話したり自分の意見をもっと言えるようになりたい」という方はディスカッションを通して、「世界の人権問題について学びたい」という方にはこの分野の情報源を広げるために必要不可欠な英語を使ったインプットを通して。その他「今のスキルを伸ばしたい、知識をもっとつけたい」という方等にも、それぞれの目的のために活用できる講座となっております。

授業は全て、ネイティブの講師によって英語で行われます。

講師の一人は、HRNのスタッフで、NY州弁護士でもあるChristopher Cade Mosley (ケイド)さんです。NYで環境法や国際人権法に関する活動をされ、HRNのミャンマー(ビルマ)人権教育事業での講師もつとめた経験があります。

基礎的な英語力があれば、どなたでもご参加できます。
学生の方も社会人の方も、皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

詳細は下記をご覧ください。

【日時・場所】
ヒューマンライツ・ナウ事務局 ビル 8階会議室 110-0005 東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル8F
http://hrn.or.jp/access/

<10月セミナー>

10月26日(木)19:30-20:50 テーマ 『世界をより良い場所にするために−国連の仕組みと人権について英語で学ぼう』

<11月セミナー>
11月2日(木)19:30-20:50 テーマ 『望まれない旅−人身売買、移民と人権について英語で学ぼう』
11月9日(木)19:30-20:50 テーマ 『自分の権利は自分たちで守る−アジア地域での人権活動について英語で学ぼう』
11月16日(木)19:30-20:50 テーマ 『ヘイトスピーチをなくすには−どうしたら違う民族同士が共存できるかについて英語で学ぼう』
11月22日(水)19:30-20:50 テーマ 『社会的弱者だからこそ主張しなければならない権利がある−DV、女性に対する暴力について英語で学ぼう』
11月30日(木)19:30-20:50 テーマ 『小さい人にも大きな権利 −子どもの人権について英語で学ぼう』

<12月セミナー>
12月7日(木)19:30-20:50 テーマ 『言いたいことが言える世界をつくるには−表現の自由について英語で学ぼう』
12月14日(木)19:30-20:50 テーマ 『テロはなぜ起こるのか−テロと人権について英語で学ぼう』

【参加費】
・各回受講の場合:3,500円(学生は3,000円。学生証の提示をお願いします。) ※各回、当日お支払い

★複数回の講座の参加を希望される方は、回数券の購入がお得です。10・11・12月セミナーの中からお好きな講座を受講いただけます。

・回数券 4回分 11,000円(2,000円お得)学生 10,000円
・回数券 8回分 23,000円(5,000円お得)学生 20,000円

※回数券を希望される方は初めに参加される際にご購入・お支払いをお願い致します。
※1週間前以降のキャンセルの場合キャンセル料1,500円が発生します。(各回お申込みの場合)

【対象】
・英語のレベル TOEICスコア600〜800
※おおよその目安ですので、不安な方はお気軽にお問い合わせください。
※講義は全て英語で行われますので、辞書など必要に応じてお持ち頂くことをお勧め致します。

【お申込み方法】
こちらより、お申し込みください。

上記からお申込みができない場合は、HRN事務局(info@hrn.or.jp)あてに、,名前、△艦⇒軅茵↓参加希望されるクラス、い棺蠡亜憤貳未学生)を明示の上、ご連絡ください。

【定員】
各回約30名

【主催】
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ

【お問い合わせ先】
ヒューマンライツ・ナウ事務局(担当:レクナー)
メール:kelsey.lechner@hrn.or.jp、電話:03-3835-2110

2017-10-26
【急募】広報デザインボランティア(10月~11月作業可能な方)を募集しています
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 当財団では、CAREの活動を支援者の皆さまへお知らせする各種広報資料の作成をお手伝いいただける方を常時募集しています。 制作物は、ニュースレターやパンフレット、ダイレクトメール、キャンペーンリーフレットなど多岐にわたります。
現在、10月〜11月にかけて作業可能な方を急募しております。
デザイン作業を通じて、CAREやNGO、国際協力についてもっと知りたい方も大歓迎です。
ご協力のほどよろしくお願いいたします。

【募集の詳細】
■内容:リーフレット(A4サイズ)や、ニュースレター(A4・4ページ)などのデザイン
■条件:デザインソフト(Illustrator, photoshop)を問題なく使いこなせる方
■作業方法:自宅作業です。原稿のやりとり等はメールで行いますので、ご自由な時間に作業いただけます。
■時期:直近では、10月下旬〜11月下旬にダイレクトメールデザイン(A4両面)をお手伝いいただける方を募集しております(作業期間:2~3週間)。
■その他:年間予定では、毎月~隔月でお願いしたい案件があります。まずはお気軽にボランティア登録をお願いいたします。
■応募方法:
下記こちら(https://www.careintjp.org/contact/vol_event1.php)からボランティア登録をお願いいたします。
担当者よりご連絡させていただきます。
■お問い合わせ先: 公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン Email:volunteer@careintjp.org

2017-9-14
つながる国際協力「CAREスマイルギフトキャンペーン2017」
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 2017年9月8日(金)〜2017年10月8日(日)まで、つながる国際協力「CAREスマイルギフトキャンペーン2017」を行います!

つながる国際協力「CAREスマイルギフトキャンペーン」とは・・・

アジアで一番新しい国である「東ティモール」の農村地域の人々の 自立を支援するためのキャンペーンです。

2000年からCAREは、都市部との「経済格差」、「教育格差」、「情報格差」の問題を 抱える農村地域において、学習雑誌「ラファエック」を配布し、 読み書き・計算や生活に必要な情報などを、広く提供しています。 CAREは「知る」ことは、生きるチカラを身につけることだと考えています。

9月8日「国際識字の日」から始まる「CAREスマイルギフトキャンペーン2017」を通じて、 ぜひ学習雑誌「ラファエック」の発行と配布の活動をご支援ください。 今回で6回目となるこのキャンペーンへのご参加が、 日本の支援者の皆さまと東ティモールの農村地域の人々が 「つながる」機会となることを願っています。

「ラファエック」を届けるにはコチラから!
http://www.careintjp.org/membership/campaign/03.html

お問い合わせ
公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン(担当:大森)
TEL:03-5950-1335
Email:camp@careintjp.org
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1
目白カルチャービル5階

2017-9-14
10/9(月・祝) コスモスゆれるしながわ花海道チャリティウォーク
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 10月11日は国連が定めた「国際ガールズデー」。
女の子の人権について考え、教育とエンパワーメントを推進するための日です。

途上国や紛争地域、また災害時において、最も弱い立場に置かれる「女性や女子」の自立支援を通じて、貧困のない社会を目指すケア・インターナショル ジャパンは、 この特別な日に合わせて、チャリティウォークを開催します。 コスモスが楽しめるしながわ花海道を一緒に歩きませんか。

このイベントは、国際NGO「CARE」のグローバルキャンペーンである、 歩く国際協力『walk in Her Shoes』の一環として企画・実施され、 国際協力に関するクイズやアクティビティを楽しみながら、 途上国の女性や女の子たちが水汲みのために一日に歩く距離、6キロを歩きます。

そして、ゴール後は秋の味覚、サトイモなどを使った鍋料理、芋煮会も行います(希望者のみ)。

自由なペースで歩く自由ウォークと、みんなで歩くグループウォークをご用意しています。 無理なく、楽しみながらご参加いただけるチャリティウォークですので、 ご友人、お子様連れやご家族とのご参加も大歓迎です。

イベント当日、会場にお越しいただけない方も、 お好きな場所で6キロを歩く「バーチャル参加」ができます。 ぜひ、全国そして海外からのご参加も、お待ちしています!

イベント参加費のうち、経費を除く収益は、 女性と女子の自立を支援するケア・インターナショナル ジャパンの活動に 充てさせていただきます。

お申込みはこちらのページから
http://www.careintjp.org/news/b/wihs2017_1009event.html

■開催日時:
2017年10月9日(月・祝) ※雨天決行、荒天中止

【自由ウォーク】
9:15〜9:45 受付(受付後は、地図を片手に、自由にウォーキングいただきます)
12:00〜12:30 ゴール(左記時間帯にゴール地点にお越しください。参加賞をお渡しします。)

【グループウォーク】 ※但し、当日、先着10名までの受付とさせていただきます。
9:15〜9:45 受付
10:00 ウォーキング開始
12:30頃 ゴール、解散

【芋煮会】(お申込が必要です)
12:00〜 食事開始(調理済みのものを提供します)
14:00頃 終了予定

※参加者全員に参加賞付き!
※芋煮会に参加される方は、お椀とお箸をご持参ください。 ごみの減量にご協力をお願いします。

■参加費:
*ウォーキングのみ
大人:2,000円
中学生、高校生:500円
小学生:無料 ※必ず、保護者の方同伴でご参加ください。

*ウォーキング&芋煮会
大人:2,500円
中学生、高校生:1,000円
小学生:500円

■集合場所: 鮫洲運動公園(東京都品川区東大井1-4-11)
京浜急行 鮫洲駅東側、徒歩3分

■解散場所:しながわ区民公園(東京都品川区勝島3-2-2)
京浜急行 立会川駅、大森海岸駅から各徒歩5分

■定員:60名(うち芋煮会は、先着40名)

■お申込締切:2017年9月29日(金)

■お問い合わせ先
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
キャンペーン担当 大森  
TEL:03-5950-1335 email: wihs@careintjp.org


2017-8-9
第1期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in四国」
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 香川県
内容 ■リーダー講座は・・・
森林を保全する知識や作業方法が学べ、さらに
森と寄り添って暮らす人とのお話の機会もある、
リーダーになるための初心者コースです。

講座を通して、森を守るだけでなく、
古くて新しい森と人との関係、継続的で切れない関係を
育むきっかけをつかんでみませんか?


【カリキュラム】
─第1回 2017年 9月23日(土・祝)・24日(日) 日帰り2日
 【香川県さぬき市】オリエンテーション、実習(森林体験活動の実際)
─第2回 2017年 10月1日(日) 日帰り
 【香川県まんのう町】実習(手道具での間伐、枝打ち等)
─第3回 2017年 11月25日(土)〜26日(日) 1泊2日
 【徳島県三好市】実習(手道具での道づくり等)
─第4回 2017年 12月3日(日) 日帰り
 【香川県さぬき市】森林の現状視察、ツリークライミング体験
─第5回 2018年 1月21日(日) 日帰り
 【香川県高松市】振り返り、今後に向けて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講座情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【対 象】
 18〜40歳  ※初心者・経験者問いません!
 ・自然・森林が好きな人
 ・環境問題に関心がある人
 ・森林について考える仲間が欲しい人
 ・森林作業の技術を身につけたい人
 ・新しい活動を始めたい人
 ・継続して活動したい人

【定 員】 10名程度

【参加費】 全5回分(1泊3食+懇親会、保険料等)
  学 生: 5,000円(JUON会員: 3,000円)
  社会人: 9,000円(JUON会員: 5,000円)
  ※初回にまとめてお支払い頂きます。
   その際のご入会でも会員割引が適用されます。
  ※一度納入頂いた参加費は、返金いたしません。
  ※都市部から実習地まで、車で移動します。
   分乗にご協力頂いた場合、燃料代等は割り勘精算します。

【締 切】 2017年9月15日(金)
  ※定員になり次第締め切ります。
  ※締切日過ぎてのお申し込みはご相談下さい。

【主 催】 認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK
【協 力】 さぬき市林業研究会、NPO法人フォレスターズかがわ


◎お申し込みはこちらから→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdVvq6rJ12bCy2TNofmP5AblGjDsdGWfd6XjnOc1-ODkvUUhw/viewform?usp=sf_link

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■これまでの講座の様子
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この講座は東京と関西で合わせて25回以上開講してきましたが、
これまで400人以上が受講し、
先輩リーダーとしてさまざまなかたちで活躍しています。
中には、森林組合に入った人や山村に移り住んだ人もいます。

▼先輩リーダーの声
「森林は自分が思うよりずっと近くにあるんだとわかった」
「木を伐ることは楽しい!」
「仕事に追われる毎日。森でかく汗は、爽やかだった」
「新しいことを始める一歩を、踏み出す大切さを知った」
「普段の生活では知り合えない、たくさんの仲間ができた」
など、この講座を通して、多くの受講生が森林について学び、
またライフスタイルを見直しています。

▼過去の活動の報告はコチラ
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/c/82af8b6ec653a04319fce16b985c2af4
(四国では初めての開催ですが、東京と関西での様子をご参考までに)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お申し込み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼問合せ・申込先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

▼ご注意とお願い
サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたし
ておりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

2017-7-23
Webで被災地の中学校の学習支援を行う有償ボランティア大募集
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 ★━━━━−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  東京からできる被災地の学習支援
  東京・日本橋のスタジオから南三陸町の中学3年生に
  双方向のonlineweb授業で高校受験をサポートする
  学習支援ボランティア大募集!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−━━━━★

東京にいるボランティア講師が東北にいる生徒に対してリアルタイムの授業をするというプロジェクトが今年で3年目を迎えます。

これは、わたす日本橋と、南三陸町の中学校の教室にテレビ会議システムを設置し、日本橋から学生や社会人のボランティアが、Onlineのリアルタイム授業で指導を行う仕組みです。

東京でボランティア講師として東北の子どもたちに高校受験対策授業をおこなってくれる方を募集致します。

塾講師や教員としての経験を活かしたい方、授業をするスキル、プレゼンテーションスキルを身につけたい方、とにかく子どものために何かしてあげたい方、理由はなんでも構いません。

子どもたちの高校合格のためにご協力いただける方をお待ちしております。

南三陸町の生徒にとって、皆さんとの出会いが、将来の可能性を拡げる大きな一歩です!


【実施期間】2017年8月〜2018年3月
 ※夏期・冬期長期休暇期間は別スケジュール。
  学校の行事などで実施しない日もあります。
【開催頻度】平日週1回〜2回程度
【時  間】7月〜10月 16:00〜18:00
      10月〜3月 16:00〜17:00
     ※8月は夏休みのため9:00〜10:45(授業時間1時間半)
【場  所】わたす日本橋 地下鉄日本橋駅からすぐ!
  [アクセス]http://www.watasu.net/accessmap.html
【活動内容】ホワイトボードを使った集団形式の講義
      授業で使う教材の作成
【科  目】英語・数学を中心として、後半には国語の講義
【待  遇】5000円/回(授業準備含む、1回の授業は1〜2時間程)
      交通費実費支給(上限1000円迄、定期区間は除く)
【募集対象】専門学校生・短大生・大学生・大学院生・社会人

------------------------------------
○説明会兼面接のご案内○
------------------------------------
本プロジェクトのボランティアを希望する方を対象に、
説明会兼面接を開催します。

【日 時】個別に調整させていただきます      
【場 所】キッズドアラーニングラボ
   東京都中央区新川2-1-11八重洲第1パークビル7階
【アクセスマップ】 http://goo.gl/MBsn3U
【申 込】下記申込フォームからお申込みください。
     ※活動可能曜日の通信授業にチェックを入れてください
  P C :https://ws.formzu.net/fgen/S90164629/

==============================
■お問合せ
特定非営利活動法人キッズドア
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL: 03-5244-9990 (平日10:00〜18:00) FAX: 03-5244-9991
MAIL: motoyoshi@kidsdoor.net 担当/本吉
==============================

2017-7-20
「世界食料デー」月間2017プレイベント 食べる、を考える1日。
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 神奈川県
内容 日時:8月19日(土)

第1部 10:00〜12:10(受付9:30〜)
第2部 13:00〜17:30(受付12:30〜)

会場:JICA横浜 会議室1(地図)https://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

定員:50名

参加費:無料

共催:「世界食料デー」月間2017、横浜市資源循環局


世界では、すべての人が食べられるだけの食料は生産されています。
それにもかかわらず、今日食べられるかどうか不安を抱えながら生活している人たちがいます。
一方で、たくさんの食べ物をムダにしている私たち。
みんなが安心して食べられる世界にするためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

今回のイベントでは、第1部はドキュメンタリー映画「もったいない!」の上映とトークセッションを通して、私たちにとって身近なフードロス問題から世界の食料問題まで、幅広く考えます。

第2部では、食料問題の解決のために活動するNGO/NPO、国連機関が集まり、私たちにもできるアクションを考えるワークショップを実施します。

10月16日は世界食料デー。10月の「世界食料デー」月間に向けて、一緒に行動してみませんか?


■プログラム(予定):
【第1部】
10:00 開会あいさつ・趣旨説明 横浜市資源循環局
10:10 ドキュメンタリー映画「もったいない!」上映
11:30 トークセッション情報提供:アフリカ日本協議会 斉藤龍一郎
聞き手:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
12:00 まとめ
12:10 終了

【第2部】
13:00 開会あいさつ・趣旨説明
<ビデオメッセージ>国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長 M.チャールズ・ボリコ
13:20 全体ワークショップ1−原体験を聞くThinking WHY: 活動の原体験をNGO職員から聞く
<トークセッション>セカンドハーベスト・ジャパン 田中入馬、日本国際飢餓対策機構 福地麻美
モデレーター:オックスファム・ジャパン 鈴木洋一
14:30 テーマ別ワークショップ(以下から1つを選んでご参加ください)
 A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
 B.フードドライブをやってみよう!
 C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
15:55 全体ワークショップ2−アクション・プランニングDrive The CHANGE:一歩踏み出すアクションを考えよう!
17:20 まとめ
17:30 終了

※「第1部のみ参加」「第2部のみ参加」「第1部・第2部の両方に参加」
のいずれかをお選びください。

※第2部テーマ別ワークショップの詳細は、末尾をご覧ください。


お申し込み・お問い合わせ


◆参加申込み
申し込みフォームに必要事項を記入の上、送信してください。
https://docs.google.com/a/hungerfree.net/forms/d/17nM-qa8tB21WX1IX3vQO2T9QvnmGNmhSJGMvzURxNJk/viewform?edit_requested=true

◆お問い合わせ
「世界食料デー」月間2017事務局
(ハンガー・フリー・ワールド内 担当:儘田)
Email:wfd@hungerfree.net TEL:03-3261-4700

……………………………

■テーマ別ワークショップ詳細
A.行動につなげるための問題意識の振り返りセッション
<オックスファム・ジャパン>
オックスファムは、世界90か国以上で活動する国際NGOです。これまでに世界各地で人々の力によって社会が動いてきた事例をみてきました。こうした中で、行動する前提として、行動の源にある問題意識を重視しています。このワークショップでは、食料問題や社会問題に問題意識がある方々を対象に、その源にある意識を掘り下げるワークショップを開催します。

B.フードドライブをやってみよう!
<セカンドハーベスト・ジャパン>
ご家庭の「もったいない」食品を集めて、フードバンクや施設などに届ける活動をフードドライブと言います。日本の食品ロスや生活困窮者の現状を学び、フードドライブを職場やイベントで実施してみませんか?

C.「いただきます」と「ごちそうさま」をありがとう
<ハンガー・フリー・ワールド>
日本の農家さんやアフリカのお母さんなどいろいろな人の「食」への想いを聞きながら、私たちの食生活と世界の食とのつながりを考えるワークショップを行います。「世界食料デー」月間に、世界の食について、学校の授業やイベントで一緒に伝えませんか?


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 次へ→