条件:- 該当記事数 755 件

条件指定 地域分野 次へ→
2017-10-10
10/21 アジア文化会館秋まつりボランティア募集 日韓アジア基金
団体名 NPO法人 日韓アジア基金・日本
分野 国際交流
活動地域 東京都
内容 日時:2017年10月21日(土)9:00〜17:00
場所:アジア文化会館(ABK) 都営地下鉄三田線千石駅A1出口 5分
http://www.abk.or.jp/access/map.html
 終了後留学生を交えた懇親会があります。会費は無料です。

アジア文化会館秋祭りとは
留学生寄宿舎兼日本語学校のアジア文化会館(ABK)が、近隣の住民と留学生の懇親を
目的に開くイベントです。メインは各国留学生が出店する手作りのお国料理です。
他に各国の歌や踊りがあり、「美味しくて楽しい」お祭りです。
留学生と友達になれる機会でもあります。

当会のやること
ここに事務所を置かせて頂いている当会は、無料の韓国茶を提供するブースを出展し、活動の広報と募金を行います。

ボランティアスタッフの仕事
ブース設営(飾り付けがメイン)・韓国茶サービス・当会活動説明・募金の呼びかけ等です。
留学生の手の足りない時は、お祭り全般の資材運搬・料理の手伝いもあります。

応募資格
・添付ファイルの見られるメールアドレスのある方
・中学生以上で、立ち仕事に一日耐えられる体力のある方
・終日参加できる方

お申し込み
下記アドレスまでメールでお願いします。
jkaf@iloveasia2.sakura.ne.jp


メール記入内容
件名:ABK秋祭りボランティア申込
スパムに分類され見落とすことがありますので、携帯からでも必ず件名を記入して下さい。

本文:
(1) 氏名
(2) ふりがな
(3) 性別
(4) 年齢
(5) 職業
(6) 郵便番号
(7) 住所
(8) 携帯番号
(9) PCメールアドレス
(10) 何でこのボランティアを知ったか(サイトの場合はサイト名)
(11) ボランティア保険加入希望の有無
(12) ボランティア活動証明書希望の有無

PCメールアドレスと携帯の番号は必ずお書き下さい。

なお、手当ては無く、交通費、食費等の経費も全て自己負担です。

定員 10名

ボランティア保険
希望の方は、10月18日(水)までに申し込んで下されば、当会が費用を負担し申込みます。
ボランティア保険については
http://www.tokyo-fk.com/document/V1-hokennaiyou.pdf
をご覧下さい。
電話でのお問い合わせ 090-5812-1471(斉藤)

2017-10-9
【10/15,11/12説明会開催@足立区】英語が得意なボランティアさん募集!
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 子ども達が将来活躍するための英語力を身につける無料学習会「English Drive」
足立区にて開講した新クラス!
得意な英語を活かして、子どもに英語の楽しさを伝えてみませんか?

☆English Driveでは、このような生徒の成長を目指しています!
・英語が好きで自分から勉強できる
・積極的に英語でコミュニケーションがとれる
・目的意識を持って計画的に行動できる
・グローバルな視点を持って物事を考えられる

●こんな人を募集しています!
・子供が好きな方
・勉強を教えるのが好き、得意な方
・貧困問題や教育格差に興味がある方
・他大の学生や多様な社会人とつながりを持ちたい方
・何かを真剣に頑張ってみたい方 など

勉強を教えたことや、ボランティアの経験がなくても大丈夫です。
新しいクラスを一緒に盛り上げていきましょう!

☆☆☆学習会・開催概要☆☆☆
◇日程:毎週水曜日 
◇時間:18:00〜21:00 (指導時間 18:30-20:30)
◇場所:足立区生涯学習センター(@北千住駅から徒歩15分)
◇対象:経済的な困難を抱える中学1年〜3年
◇内容:個別指導+アクティビティ


≪ボランティア説明会のご案内≫
【日時】
10月15日(日)9:30〜/13:00~
11月12日(日)9:30〜/13:00~

※1時間程度です
※上記日程でご都合の合わない方は申込フォームにて「その他の日程を希望」を選択してください。個別に日程を調整させていただきます。

【参加費】無料

【会場】足立区生涯学習センター 北千住駅徒歩15分


≪お申込はこちら≫

下記申込フォームより必要事項をご記入の上、お申込ください。
https://ws.formzu.net/fgen/S76710587/

============================

◆お問い合わせ
特定非営利活動法人キッズドア 担当:本吉・八木澤
〒104-0033 東京都中央区新川2-1-11八重洲第一パークビル7階
TEL:03-5244-9990
MAIL: e-drive_adachi@kidsdoor.net 

============================

2017-10-6
第19期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in東京」
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 【詳細URL】
http://blog.canpan.info/juon/archive/421

【カリキュラム】
第1回 2017年11月26日(日)
・オリエンテーション・日本の森林について等【杉並区】
─第2回 2017年12月9日(土)〜10日(日)
・人工林保全活動【奥多摩町】
─第3回 2017年12月23日(土)〜24日(日)
・人工林保全活動【奥多摩町】
─第4回 2018年1月6日(土)〜7日(日)
・里山保全活動、里山の現状視察【青梅市・奥多摩町】
─第5回 2018年1月28日(日)
・振り返り・安全について等【杉並区】

【内 容】
◆リーダー養成講座(上記の全5回)
・森林の知識を学ぶ:日本の森林の現状、森林ボランティア活動等
・森林保全の技術を学ぶ
─人工林保全活動・・・間伐、枝打ち、道づくりなど
─里山保全活動 ・・・ヤブ払い、除伐等
・里山の現状を視察する

【対 象】 18〜40歳  
※初心者・経験者問いません!
・自然・森林が好きな人
・何かきっかけの欲しい人
・自分なら森を救える!救いたい!と思っている人
・継続して活動したい人
・林業は難しいと思っている人

【定 員】 20名

【参加費】 全5回分(1泊3食×3回、保険料等)
学 生: 10,000円(JUON会員: 8,000円)
社会人: 14,000円(JUON会員: 10,000円)
※応募多数の場合は、全5回参加できる方を優先いたします。
※初回にまとめてお支払い頂きます。その際のご入会でも会員割引が適用されます。
※一度納入頂いた参加費は、返金いたしません。
※現地までの交通費は各自ご負担下さい。

【締 切】 2017年11月17日(金)
※締切日過ぎてのお申し込みはご相談下さい。

【主 催】 JUON(樹恩) NETWORK
【協 力】 森林インストラクター東京会、作業部会、西多摩自然フォーラム



2017-10-5
10月23日(月) ハンガー・フリー・ワールド活動説明会・特別編
団体名 特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 国際協力NGOはたくさんあるけど、HFWは他のNGOとどう違うの? HFWが解決しようとしている飢餓の現状とは? こんな疑問に対して、写真やデータを見ながら紹介します。飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。解決に向けて自分には何ができるのか。一緒に考えてみませんか? 初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。
「世界食料デー」月間の10月の今回は、特別編と称して、ファシリテーション研修で学んだ学生が、ワークショップの一部を担当します。飢餓が、私たちの暮らしや食生活とどのようなつながりがあるのか。解決に向けて自分には何ができるのか。熱意あふれる学生たちと一緒に考えてみませんか? 初心者向けの説明会ですので、お気軽にご参加ください。

【日時】10月23日(月)18:30-22:30
【参加費】無料
【会場】ハンガー・フリー・ワールド事務所(飯田橋)
【地図】http://www.hungerfree.net/about/access/
【交通】JR飯田橋東口改札を出てすぐの通りを右(目白通りを九段下方面)へ徒歩1分。はなまるうどん、珈琲館などが入っているビルの8階。
【定員】10名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ハンガー・フリー・ワールド

【連絡先】 
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700  FAX:03-3261-4701
平日10:00〜21:00 土10:00〜18:00
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net
URL http://www.hungerfree.net/news/12779/

2017-10-4
【10月25日(水)】プロボノチーム公募説明会開催!
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 NPO法人キッズドアでは、既に多くの方々に学習支援ボランティアとしてご協力していただいておりますが、学習支援以外の形で、ご自身の専門性を活かして、子どもの貧困問題の解決に向け、少しでも子どもたちのために活動したいという声もいただいております。

そこでこの度、弊団体ではあらためてプロボノチームの結成に向けた公募説明会を開催することにいたしました。

「自分にできることなんてあるのかな?」、「限られた時間しか活動できないけど大丈夫かな?」と思われている方も、是非、説明会にお越しいただければ幸いです。

<開催日時>
 10月25日(水)19:00〜20:00

<開催場所>
 キッズドア・ラーニングラボTOKYO(キッズドア八丁堀事務所)
 ※東京都中央区新川2-1-11 八重洲第一パークビル7階

<アジェンダ>
 1. キッズドアの事業説明
 2. プロボノとしてご協力いただきたい内容について
 3. 質疑応答

<参加費>
 無料

<申込方法>

 下記サイトよりお申し込みください。
 https://ws.formzu.net/fgen/S25125227/

当日、多くの皆様にお会いできることを楽しみにしております!(プロボノチーム担当:生田)

2017-9-29
チャリティラン ボランティア大募集!
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 人権
活動地域 全国
内容 国際人権NGOヒューマンライツ・ナウは、今年で第8回となる 【「世界子どもの日」チャリティ ウォーク&ラン 2017】を、 11月18日(土)に皇居周縁で開催します。11月20日の「 世界子どもの日」によせて、子どもの人権についてスポーツを通じて身近に感じ考えてもらうよう、2010年にスタートしました。
ご参加頂くランナー・ウォーカーが楽しく、快適に、安全に過ごせるように、大会当日のボランティアスタッフを募集しています。
受付・誘導・応援・イベント準備など、様々なお仕事を元気にこなしてくださる協力者を大募集!
縁の下の力持ち、大会運営に興味があるという方は是非ご応募ください。

詳しくはhttp://hrn.or.jp/をご覧下さい。

2017-9-28
世界子どもの日 チャリティ ウォーク&ラン 2017
団体名 特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
分野 人権
活動地域 全国
内容 11月20日は、世界の子どもたちの人権を守るための「子どもの権利条約」が国連で採択された日です。
しかし、その後も世界でも日本でも多くの子どもたちが大切にされず苦しい思いをしています。
その現状を変えたい。子どもの権利について改めて考えてほしい。
そんな思いでヒューマンライツ・ナウは、毎年、この日を記念して、参加型のチャリティーイベント 「チャリティーウォーク&ラン」を開催しています。
皆さんが参加した企画の成功を通じて、「子どもたちを大切にしよう!」というメッセージを社会に伝え、自分たちも考えてみる1日にしてみませんか?

日時:2017年11月18日(土)
場所:東京都千代田区 皇居周縁

今年は小塚崇彦さん(フィギュアスケーター)をお招きして開催いたします。

詳細については http://hrn.or.jp/run/ をご覧下さい。

2017-9-25
【11/4(土),5(日)】適正技術フォーラム設立記念国際会議「持続可能な開発のための適正技術の新たな展望」
団体名 特定非営利活動法人 APEX
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
適正技術フォーラム設立記念国際会議 セミナー・シンポジウム
「持続可能な開発のための適正技術の新たな展望」
2017年11月4日(土)13:30〜17:05、2017年11月5日(日)10:00〜17:30
関連URL:http://www.apex-ngo.org/atfjconference2017.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このセミナー・シンポジウムでは、適正技術フォーラムの設立を記念し、世界各国で適正技術分野で活動に取り組む方々をお招きして、適正技術の今日的な意義とその役割、今後の持続可能な社会の形成への展望を論じます。

【趣旨】
今日の世界は、貧困と格差、環境と資源、頻発するテロと紛争など、多くの困難な問題に直面しており、それらの問題を解決・緩和していく方策が強く求められています。

問題の解決を技術の面から考えますと、これまでの、効率・規模・速度の拡大・増大と経済成長を至上の価値とする近代科学技術のあり方の単純な延長上には、持続可能な未来を描くことはむずかしいのではないでしょうか。

適正技術は、これまでさまざまな含意を込めて語られ、実践されてきましたが、概して、それぞれの地域(とりわけ「途上国」)の社会的・経済的あるいは文化的条件に即し、住民が参加しやすく、そこにおけるニーズを効果的に充たす技術を指しています。ところが、適正技術には、その概念が生まれた当初から、近代科学技術がもたらす環境・資源や労働疎外などのさまざまな問題を念頭に、それらの問題を乗り越える代替的技術という意味もこめられていました。

これまで、途上国向けの技術というと、安価で簡素だけれども劣位な技術、遅れた技術、伝統技術への回帰等ととらえられ、限られた場面に使われるマイナーなものと認識されがちでした。しかし、適正技術を、上の二つの含意を統合したものとしてとらえると、それは、世界の大多数を占める人々のための技術であり、かつ豊かで持続可能な世界を実現する技術であって、今後の望ましい世界の扉を開く鍵になるものです。決して、「安価だが劣位な技術」等ではなく、必要に応じて、高度な近代科学技術的要素も生かされていくべきものです。また、今後の先進国がめざすべき技術の転換とも動的に呼応していく技術体系であることはいうまでもありません。問題解決〜代案提起型の活動には、多くの場合適正技術が必要となり、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも欠かせません。

そのようなことから、適正技術の研究・開発・実践に取り組み、あるいは関心を持つ方々がセクター横断的に集い、意見・情報を交換して、適正技術の開発・普及を協力して進めていくためのプラットフォームとして、適正技術フォーラムを発足させたいと思います。それは、これからの世界の望ましい技術のあり方や、国際協力のあり方を論じていく場にもなるはずです。このフォーラムの設立を記念し、適正技術の今日的意義とその役割、今後の展望を論じるべく、下記のとおり国際会議を開催します。

【期日】2017年11月4日(土)13:30〜17:05、11月5日(日)10:00〜17:30

【会場】JICA地球ひろば(東京、市ヶ谷)
セミナールーム600 (11月4日)、国際会議場(11月5日)

【アクセス】
JR中央線/総武線 都営地下鉄新宿線/東京メトロ有楽町線/南北線 市ヶ谷駅 徒歩10分
地図:https://www.jica.go.jp/hiroba/about/map/index.html

【参加費】
一般:1日目1,500円、2日目2,000円、両日通し券3,000円
学生:1日目1,000円、2日目1,000円、両日通し券1,500円
懇親会3000円(場所=JICA地球ひろば内レストラン)
※参加費は当日会場にて申し受けます

【定員】1日目80名、2日目100名

【使用言語】
1日目 講演:日本語、資料:英語
2日目 講演:英語・日本語、資料:英語(英⇔日同時通訳あり)

【プログラム】

【第1日】11月4日(土) 13:30 - 17:05 JICA地球ひろばセミナールーム600
 ○オープニング(13:30-13:45)
   司会:一般財団法人CSOネットワーク事務局長・理事 黒田かをり
 ●エネルギー最小消費型の新規の下水処理技術の開発と展開〜インド、エジプト、日本での実施例〜(13:45-14:30)
   講師:東北大学教授 原田秀樹
 ●『高倉式コンポスト』の技術の開発と普及(14:30-15:15)
   講師:眩甸超研究所代表 眩匚案
 ○休憩(15:15-15:30)
 ●途上国の村落向け小規模上水供給システムの開発と普及(15:30-16:15)
   講師:ヤマハ発動機株式会社 西嶋良介
 ●炭素中立世界でのブータンのリープフロッグ発展の可能性(16:15-17:00)
   講師:地球環境戦略研究機関顧問 西岡秀三
 ○アナウンス(17:00-17:05)

【第2日】11月5日(日) 10:00〜17:30 JICA地球ひろば国際会議場
 ●近代技術的要素を活用した革新的適正技術の開発―インドネシアにおける排水処理とバイオマスエネルギー事業の事例から―(10:00-11:00)
   講師:特定非営利活動法人APEX代表理事 田中直
 ●コミュニティベースの住民参加型技術を用いた貧困の解消―インドネシアにおける水供給、小産業開発の事例から―(11:00-12:00)
   講師:Anton Soejarwo, Director, Dian Desa Foundation(インドネシア)
 ○休憩(12:00-13:00)
 ●技術的公正: 持続可能な発展に向けてのテクノロジー・カバナンスへの挑戦(13:00-14:00)
   講師:Simon Trace, Former CEO, Practical Action(英国)
 ●適正技術を用いた住民のためのエネルギー供給−インドにおける農業廃棄物からのバイオチャー・バイオブリケット生産−(仮題)(14:00-15:00)
   講師:M.S.Siddheshwar, President,ARTI (Appropriate Rural Technology Institute)(インド)
 ○休憩(15:00-15:15)
 ●JICAの国際協力の歩みと適正技術(15:15-16:00)
   講師:JICA(独立行政法人国際協力機構) 加藤宏
 ●シンポジウム(16:05-17:10)
  テーマ「持続可能な開発のための適正技術の新たな展望」
   座長:京都大学教授 水野広祐
 ●適正技術フォーラム設立記念セレモニー(17:10-17:30)
 ○終了後、懇親会

【主催】 適正技術フォーラム準備委員会
伊藤道雄 (特活)アジア・コミュニティ・センター21代表理事
牛山泉   足利工業大学理事長・名誉教授
北脇秀敏  東洋大学教授・副学長
黒田かをり (一財)CSOネットワーク事務局長・理事
田中直  (特活)APEX代表理事
西岡秀三 (公財)地球環境戦略研究機関研究顧問
根本泰行  アディスアベバ科学技術大学教授・理工学部長
原田秀樹  東北大学教授
堀尾正靱  東京農工大学名誉教授
水野広祐  京都大学教授

【共催/事務局】 (特活)APEX

【呼びかけ賛同人】
大橋正明 聖心女子大学教授・(特活)国際協力NGOセンター理事
谷山博史 (特活)国際協力NGOセンター理事長・(特活)日本国際ボランティアセンター代表理事
中岡哲郎 大阪市立大学名誉教授
西川 潤 早稲田大学名誉教授
古沢広祐 國學院大学教授・(特活)「環境・持続社会」研究センター代表理事
見田宗介 東京大学名誉教授
吉岡 斉 九州大学教授

【後援】
毎日新聞社
(特活)開発教育協会(DEAR)
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)
(2017年9月22日現在)

【賛同団体】
(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)
(特活)アジア太平洋資料センター(PARC)
(特活)「環境・持続社会」研究センター
(一財)CSOネットワーク
(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
(特活)ブリッジ エーシア ジャパン
(2017年9月22日現在)

【お申込方法】
ウェブサイト上の申込みフォームにご記入の上送信下さるか、メールまたはFAXにて「適正技術フォーラム国際会議参加希望」と明記の上、お名前、ご連絡先(メールまたはFAX)、ご所属(任意)、一般または学生の別、参加希望日、懇親会出欠をお知らせ下さい。なお、一日のみの参加も可能ですが、今回の会議の意義を十分ご理解いただくため、両日の参加をお薦めします。
ウェブサイトURL:http://www.apex-ngo.org/atfjconference2017.html

【お問い合わせ】
適正技術フォーラム準備委員会事務局
特定非営利活動法人APEX(担当:塩原、三木)
Tel: 03-3875-9286 Fax: 03-3875-9306
Email: tokyo-office@apex-ngo.org
URL:http://www.apex-ngo.org/

2017-9-14
つながる国際協力「CAREスマイルギフトキャンペーン2017」
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 2017年9月8日(金)〜2017年10月8日(日)まで、つながる国際協力「CAREスマイルギフトキャンペーン2017」を行います!

つながる国際協力「CAREスマイルギフトキャンペーン」とは・・・

アジアで一番新しい国である「東ティモール」の農村地域の人々の 自立を支援するためのキャンペーンです。

2000年からCAREは、都市部との「経済格差」、「教育格差」、「情報格差」の問題を 抱える農村地域において、学習雑誌「ラファエック」を配布し、 読み書き・計算や生活に必要な情報などを、広く提供しています。 CAREは「知る」ことは、生きるチカラを身につけることだと考えています。

9月8日「国際識字の日」から始まる「CAREスマイルギフトキャンペーン2017」を通じて、 ぜひ学習雑誌「ラファエック」の発行と配布の活動をご支援ください。 今回で6回目となるこのキャンペーンへのご参加が、 日本の支援者の皆さまと東ティモールの農村地域の人々が 「つながる」機会となることを願っています。

「ラファエック」を届けるにはコチラから!
http://www.careintjp.org/membership/campaign/03.html

お問い合わせ
公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン(担当:大森)
TEL:03-5950-1335
Email:camp@careintjp.org
〒171-0031 東京都豊島区目白2-2-1
目白カルチャービル5階

2017-9-14
10/9(月・祝) コスモスゆれるしながわ花海道チャリティウォーク
団体名 ケア・インターナショナル ジャパン
分野 国際協力
活動地域 東京都
内容 10月11日は国連が定めた「国際ガールズデー」。
女の子の人権について考え、教育とエンパワーメントを推進するための日です。

途上国や紛争地域、また災害時において、最も弱い立場に置かれる「女性や女子」の自立支援を通じて、貧困のない社会を目指すケア・インターナショル ジャパンは、 この特別な日に合わせて、チャリティウォークを開催します。 コスモスが楽しめるしながわ花海道を一緒に歩きませんか。

このイベントは、国際NGO「CARE」のグローバルキャンペーンである、 歩く国際協力『walk in Her Shoes』の一環として企画・実施され、 国際協力に関するクイズやアクティビティを楽しみながら、 途上国の女性や女の子たちが水汲みのために一日に歩く距離、6キロを歩きます。

そして、ゴール後は秋の味覚、サトイモなどを使った鍋料理、芋煮会も行います(希望者のみ)。

自由なペースで歩く自由ウォークと、みんなで歩くグループウォークをご用意しています。 無理なく、楽しみながらご参加いただけるチャリティウォークですので、 ご友人、お子様連れやご家族とのご参加も大歓迎です。

イベント当日、会場にお越しいただけない方も、 お好きな場所で6キロを歩く「バーチャル参加」ができます。 ぜひ、全国そして海外からのご参加も、お待ちしています!

イベント参加費のうち、経費を除く収益は、 女性と女子の自立を支援するケア・インターナショナル ジャパンの活動に 充てさせていただきます。

お申込みはこちらのページから
http://www.careintjp.org/news/b/wihs2017_1009event.html

■開催日時:
2017年10月9日(月・祝) ※雨天決行、荒天中止

【自由ウォーク】
9:15〜9:45 受付(受付後は、地図を片手に、自由にウォーキングいただきます)
12:00〜12:30 ゴール(左記時間帯にゴール地点にお越しください。参加賞をお渡しします。)

【グループウォーク】 ※但し、当日、先着10名までの受付とさせていただきます。
9:15〜9:45 受付
10:00 ウォーキング開始
12:30頃 ゴール、解散

【芋煮会】(お申込が必要です)
12:00〜 食事開始(調理済みのものを提供します)
14:00頃 終了予定

※参加者全員に参加賞付き!
※芋煮会に参加される方は、お椀とお箸をご持参ください。 ごみの減量にご協力をお願いします。

■参加費:
*ウォーキングのみ
大人:2,000円
中学生、高校生:500円
小学生:無料 ※必ず、保護者の方同伴でご参加ください。

*ウォーキング&芋煮会
大人:2,500円
中学生、高校生:1,000円
小学生:500円

■集合場所: 鮫洲運動公園(東京都品川区東大井1-4-11)
京浜急行 鮫洲駅東側、徒歩3分

■解散場所:しながわ区民公園(東京都品川区勝島3-2-2)
京浜急行 立会川駅、大森海岸駅から各徒歩5分

■定員:60名(うち芋煮会は、先着40名)

■お申込締切:2017年9月29日(金)

■お問い合わせ先
公益財団法人 ケア・インターナショナル ジャパン
キャンペーン担当 大森  
TEL:03-5950-1335 email: wihs@careintjp.org


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 次へ→