条件:- 該当記事数 779 件

条件指定 地域分野 次へ→
2019-2-20
4/27(土)~28(日) 山梨で1泊2日の援農体験
団体名 認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK
分野 自然環境保護
活動地域 山梨県
内容 「ぶどうの丘 田畑の楽校2019」A日程

一面に美しいぶどう畑が広がる山梨県山梨市牧丘。
しかし、高齢化や跡継ぎ不足で畑を続けられない農家が増えています。
一度放置されてしまった畑は元に戻すことが難しく、
病害虫の発生源にもなってしまいます。

牧丘を訪れ、リピーターになったメンバーが、
声をかけあって牧丘に通い、年間を通じて作業を学び、
身につけながら、農家の方たちと交流を深めています。
「ぶどうの丘 田畑の楽校(はたけのがっこう)」は、
そのはじめの一歩になる援農ボランティア体験イベントです。

【と き】A.4月27日(土)〜28日(日)
     ※以降のB〜G日程は、3月末ごろに確定次第更新します。

【ところ】山梨県山梨市牧丘町 澤登農園他
【内 容】農作業・交流会・オプションなど
【定 員】各回15名程度

【〆 切】各回の1週間前までにお申し込み下さい。
     ※過ぎた場合はご相談下さい。

【参加費】各回一般:3,000円 / 学生・JUON会員:2,500円

【主催】認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK
    http://juon.or.jp/


【A日程 プログラム】《内容はあくまで予定です》
※多少の雨でも実施します。天候や生育状態によって、若干内容も変わります。
○4月27日(土)
10:00 JR塩山駅集合
      車で澤登農園へ移動
11:00 ぶどう農園での作業
12:00 昼食・自己紹介 ※お弁当持参
13:00 ぶどう農園での作業
16:30 近くの温泉で入浴
18:00 JUONの紹介とぶどう作りのレクチャー
19:00 夕食・学習会・交流会
23:00 就寝

○4月28日(日)
 6:30 起床
 7:00 朝食・準備
 8:00 農作業体験
12:00 集会所掃除、解散
      JR塩山駅まで送迎
      オプションコース:調整中(例年はワイナリー見学を実施)


◎その他詳細、お申し込みはこちら↓
http://blog.canpan.info/juon/archive/504

2019-2-16
まもなく締め切り!【アイキャン】フィリピンスタディツアー2019年春
団体名 (特活)アイキャン
分野 国際協力
活動地域 愛知県
内容 このツアーは、アイキャンとともに開発プロジェクトを行っているフィリピン最大の
ごみ処分場パヤタスやマニラの路上の子どもたち、フェアトレード生産者たちとの交流の時間を最大限取り、人々の生活、文化を学んでいく「楽しい」ツアーです。メインは「現地で暮らす人々との交流」です。
とても学びの多い楽しい5日間となっております!
このツアーをお勧めする5つの理由
1、地域が変わった!?
フィリピン最大のごみ処分場でアイキャンの開発プロジェクトを見学
2、子どもたちはアイキャンだけに見せる顔がある!?
路上の子どもとの交流の時間を最大限取っています
3、「フェアトレード商品」ってどういう人が作っているの?
直接聞いてください!作業所で直接生産者から話を聞くことができます
4、なぜNGOスタッフになったの!?
プロジェクトを実施しているスタッフと期間中ずっと一緒に過ごします
5、難しい知識・英語力は一切不要!!
交流で楽しみたい!という気持ちだけあれば、気軽に参加できます

渡航期間:
第1回目 2019年2月27日(水)〜3月3日(日) 5日間
第2回目 2019年3月20日(水)〜3月24日(日) 5日間

参加資格:15歳以上。20歳未満は親権者の同意書が必要。
15歳未満はフィリピンの入国条件により、親権者同伴でご参加ください。
参加費用:69,000円
マンスリー・キッズパートナー会員の方は、新規・既存ともに旅行代金より10,000円割引!!

※ご質問、資料請求など、お気軽にお問い合わせください!
詳しい内容はHPをご覧ください
http://www.ican.or.jp/j/projects/latest_studytour.html


2019-2-16
語学教室(英語・タガログ語)×NGO 【アイキャン★スマイルチケット】
団体名 (特活)アイキャン
分野 国際交流
活動地域 愛知県
内容 アイキャンのスマイルチケットは、フィリピン、イエメン、ジブチの子どもたちの生活向上のために活動するNGO団体が運営する語学教室です。
ここでは、語学はもちろん、世界の事について話したり学んだり、NGOスタッフと交流ができたりとNGOが運営する語学教室ならではの環境で学んでいただけます!
また、経費を除くレッスン代の100%を、アイキャンの事業地の子どもたちの教育等の活動及び運営費として活用させて頂いております。

ご自身の力にもなり、且つ子どもたちを応援できます。

無料体験レッスン&説明会を随時開催しております。
ぜひお気軽にお問合せ下さい。

【お問い合わせ・お申込み方法】
◆http://www.ican.or.jp/smileticket.html
より必要事項をご記入の上ご連絡ください。

◆お電話での受付もしております。
052-253-7299(火曜〜土曜 12:00〜19:00)

【授業料】
入会金・・・無料
月謝制・・・1万円/月(週1回の場合)
☆ご紹介での入会の場合、授業料1,000円割引の特典あり
☆ペアでのご入会でも、授業料1,000円割引を適用

英語、タガログ語は初めて、という方もご安心ください。
アットホームで心地よい環境で楽しく語学を学べる&社会貢献ができる事が
スマイルチケットの魅力です!一緒に頑張ってみませんか?

あなたの一歩が世界の子供たちの生活を変える一歩になります。

スタッフ一同、心よりお待ちしております!


2019-2-14
(4/7 東京)村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり 〜村の青年団と日本の学生との交流を通してこれからの熱帯林保全を考える〜
団体名 ウータン・森と生活を考える会
分野 自然環境保護
活動地域 東京都
内容 (4/7 東京)村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり
〜村の青年団と日本の学生との交流を通してこれからの熱帯林保全を考える〜

オランウータンなどの希少種が棲む生物多様性の宝庫ボルネオ島。この島の大半を覆っていた原生林は、違法伐採やパーム油生産のための大規模農園、森林火災などによって半減しましたが、ボルネオ島の熱帯林減少と私たちの消費生活とは決して無関係ではありません。

このたび、昨年末のスタディツアーに参加した日本の中高生とタンジュン・ハラパン村の青年団メンバーが、ボルネオ島の熱帯林減少と自分たちの生活とのつながりとこれからの熱帯林保全に向けて何ができるかを会場のみなさまと共に考えます。

日 時:2019年4月7日(日)13:30〜16:30(13:10受付開始)

場 所:JICA地球ひろば2階 国際会議場

参加費:無料

定員:100人(申し込みに達し次第締め切らせていただきます)

詳しくは→ https://goo.gl/EtWWGG

2019-2-14
「村人が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり」
団体名 ウータン・森と生活を考える会
分野 自然環境保護
活動地域 大阪府
内容 (3/31 大阪)村の青年団が語る!ボルネオ島の火災最前線とこれからの森づくり

オランウータンなどの希少種が棲む生物多様性の宝庫ボルネオ島。この島の大半を覆っていた原生林は、違法伐採やパーム油生産のための大規模農園、森林火災などによって半減しましたが、ボルネオ島の熱帯林減少と私たちの消費生活とは決して無関係ではありません。

このたび、ハラパン村の青年団メンバーをゲストを招き、現場で起っていることや村の将来に向けた活動など生の声をお聞きし、これからの熱帯林保全に向けて何ができるかを会場のみなさまと共に考えます。

日 時:2019年3月31日(日)14:00〜16:30(受付開始13:30)
場 所:ドーンセンター セミナー室1 
参加費:無料
定 員:50人

詳しくは→ https://goo.gl/WiJVva

2019-2-13
【3月17日(日)】お蔵フェスタ PARCブースボランティアさん大募集!!
団体名 特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(通称PARC:パルク)
分野 平和の推進
活動地域 東京都
内容 PARCでは3/17(日)千葉県神崎町で開催されるお蔵フェスタ出展を
お手伝いいただける方を大大募集中です!!
ぷくぷく発酵をテーマにした町をあげての楽しいイベントです♪

ボランティアが初めての方も大歓迎、 1日だけ、数時間だけ、イベントに遊びにいったついでにちょこっとのお手伝いでも助かります!

のんびりイベントを楽しみながらボランティアをしていただけます。
お友達同士、サークルでのご参加も大歓迎!

みなさまのご参加お待ちしております。
お問合せもお気軽にどうぞ!

■日程2018年3月17日(日)
●イベント:お蔵フェスタ
●ボランティア時間帯:8:00〜16:30(の中で都合の良い時間2時間からOKです!準備、撤収時間含む)。
終日のご参加大歓迎!!
シフトを組みますのでお蔵フェスタを充分楽しみながら、
ボランティア参加していただけます♪

●場所:寺田本家 お蔵フェスタ会場 
http://www.teradahonke.co.jp/
※JR成田線 下総神崎駅から徒歩2〜30分ほど。当日は駅から送迎バスもでます
●ボランティア内容:ブース運営、物販、PARC広報物(チラシ)の配布、配置、片付けなど
●現地集合、解散です。
お蔵フェスタの情報はこちらからご覧いただけます。
https://www.teradahonke.co.jp/okura2019A.htm

★申込み・お問い合わせ★
参加ご希望の方、またお問合せは、件名に「3/17ボランティア希望」とご記入の上、お手伝いいただける日程、時間帯、お名前、メールアドレス、携帯番号(当日の連絡先として)、募集を何で見たかをPARC事務局(office@parc-jp.org)までご連絡ください。
折り返し詳細などご連絡差し上げます。
お問合せもお気軽に!

お電話でも受け付けています。
03-5209-3455(担当:高橋)

★特典★
5時間以上お手伝いいただいた方には、自由学校を1コマ無料にて受講できるチケットを差し上げています。
(受講不可能なクラスもございますのでご了承ください。)

アジア太平洋資料センター(PARC)
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル
Tel:03-5209-3455 Fax:03-5209-3453 e-mail:office@parc-jp.org

2019-2-8
高校生世代支援シンポジウムー生活困窮世帯の高校生・高校中退の実態と支援成功のポイント
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 日本の子どもの貧困の中で、義務教育終了後の困窮家庭の高校生は、実は非常に厳しい状況にあります。
高校中退は「本人が怠けているから」と思われがちですが、アルバイトに追われ、赤点を取ってしまいやむを合えず中退する子どもたちの姿があります。
また高校を中退してしまうと、社会から離脱してしまい貧困の連鎖から抜け出せなくなってしまいます。

困窮した高校生や高校中退の子どもたちを支援することは非常に重要であることがわかってきましたが、日本全国で高校生世代の支援に取り組んでいるところはあまりありません。

キッズドアはいち早く高校生世代の支援に取り組み、現在は居場所型、塾型、大学受験サポートなど様々な携帯の高校生世代支援事業を行っています。

今年度は、独立行政法人福祉医療機構の助成をいただき、高校生世代支援についてインパクト評価や、横断型の検討会を開催してまいりました。

本事業の成果を報告するシンポジウムを開きます。
大変貴重な機会ですので、年度末のお忙しい時期に恐縮ですが、ぜひご参加ください。

お申込みは
イベントサイトpeatix
https://kd-jhg.peatix.com/

または こちらの申込フォーム
http://ur0.link/QaUT

===================
日 時:2019年3月7日(木) 14:00-17: 00(開場13:30)
場 所:協働ステーション中央
    東京都中央区日本橋小伝馬町5−1 十恩スクエア2F
    小伝馬町駅 徒歩3分

アクセス:東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分
     江戸バス北循環「小伝馬町駅」下車徒歩4分
定 員:50名
参加費:1000円 
主 催:NPO法人キッズドア
助 成:平成30年度 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業

内 容:
1.高校生世代の支援について
  NPO法人キッズドア 理事長 渡辺由美子

2.インパクト評価成果発表
  ケイスリー株式会社 最高執行責任者 落合千華

3.高校生世代支援の具体例
 居場所型支援
 ーReline(東京・足立) 中退予防・キャリア教 育
 ーRefind(東京・四谷) 高校中退の転学・再入 学・高卒認定
 ーS-リビング(宮城・仙台)中退予防・キャリア教育 ・大学受験

 学習支援
 ーガチゼミ(東京・四谷)大学受験



登壇者プロフィール
落合千華 ケイスリー株式会社COO兼取締役
慶應義塾大学大学院工学修士修了後、外資メーカーR&D、経営コンサルタントを経て、2015年より慶應義塾大学SFC研究所に研究員として参画。2016年よりケイスリー株式会社参画。 、慶應義塾大学政策・メディア研究科研究員、London School of Economics and Political Science Executive MSc在籍中。

渡辺 由美子  特定非営利活動法人キッズドア理事長
2009年NPO法人キッズドアを設立。日本の全ての子どもが夢と希望を持てる社会を目指し、低所得家庭やひとり親家庭の子どもたちへの学習支援や体験活動の提供、東日本大震災で被災した子どもたちへの支援や復興人材育成など行っている。
内閣府 子供の貧困対策に関する有識者会議構成員 、
全国子どもの貧困・教育支援団体協議会 副代表幹事 、専修大学 非常勤講師  

著書「子どもの貧困 未来へつなぐためにできること」(水曜社)

2019-2-8
板橋区中高生勉強会「学びiプレイス」ボランティア募集
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 家庭環境に関係なくだれもが気軽に参加できる勉強の場ができました。
中高生への無料学習支援に興味のある方、ぜひご参加ください!

=========================
板橋区中高生向け学習会
「学びiプレイス」
\平日夕方に活動できるボランティアメンバー募集中!/

板橋区ボランティア説明会開催
2月23日(土)14時〜16時@まなぽーと成増
お申込みはこちらから
https://ws.formzu.net/fgen/S78807739/
=========================

「学びiプレイス」は29年度から板橋区より委託を受けてスタートした無料学習支援事業です。板橋区の中高生と一緒に勉強するだけでなく、時には中高生の相談にのったりする「相談支援」も実施しています。

勉強をしつつ「放課後の居場所」になれるような、新たなスタイルの学習会です!

【あなたにお願いしたいこと】
・生徒に寄り添い、中高生の学習のサポートをすること
・時には中高生の相談をじっくり聞いてもらうこと
・家庭とも学校とも違う、中高生の第三の居場所となるような空間をつくること

【ボランティア募集対象】
・大学生、短大生、大学院生、専門学生、若手社会人

【板橋区学習会実施日時】
火・水・木・金の夕方に区内5箇所で学習会を実施します。
ご都合の良い会場で、週1日からご参加いただけます。
大学の授業等で途中参加になる方も歓迎いたします。

火曜日
「まなぽーと大原」17:30-21:00〔都営三田線・本蓮沼駅〕

水曜日
「教育支援センター」17:30-21:00〔都営三田線・板橋区役所前駅〕
「高島平図書館」16:30-20:00〔都営三田線・高島平駅〕

木曜日
「中央図書館」16:30-20:00〔東武東上線・ときわ台駅〕

金曜日
「まなぽーと成増」17:30-21:00〔有楽町線/副都心線・地下鉄成増/東武東上線・成増駅〕

=========================

【板橋区ボランティア説明会概要】

【説明会詳細】
2月23日(土)14時〜16時

〔場所〕
まなぽーと成増(〒175-0094 東京都板橋区成増1丁目12−4)
にて1時間半程度で説明会とボランティア登録を実施します。

〔お申込み〕
https://ws.formzu.net/fgen/S78807739/

=========================

ボランティア説明会へのお申し込みはこちら!!
\ https://ws.formzu.net/fgen/S78807739/ /
お申込みお待ちしております!

お問い合わせ NPO法人キッズドア 板橋担当:西田
03-5244-9990  manapl@kidsdoor.net

2019-2-6
2/23 じぶん電気をつくろう 【会員 ECOまちネットワーク・よどがわ総会】
団体名 NPO法人エコネット近畿
分野 災害の防止・災害時の救援
活動地域 大阪府
内容 −ECOまちネットワーク・よどがわ 
 2019年総会記念学習会−     2019/2/23
◎「じぶん電気を作ろう!」◎ 
昨年は、大阪北部地震や台風21号24号が直撃するなど自然災害にみまわれた大変な年でした。今年の総会では、昨年11月8日の朝日新聞にも紹介された平田賀彦さんを講師に、小さな太陽光発電を使って、自家発電所を作る学習会を行います。
◆講師 平田賀彦さん(豊中市民エネルギーの会)
◆日時 2019年2月23日(土)13時30分〜16時
◆場所 大阪経済大学C65教室(C館6階)
   (大阪市東淀川区大隅2-2-8)
◆資料代500円
◆定員50名(先着順)※ECOまちネットワーク・よどがわ会員外の方も歓迎
◆申し込み方法
メールにて氏名、年齢、お住まいの市区町村、お電話番号、メールアドレスを記入の上、タイトルを「2/23学習会参加希望」としてください。宛先は
ecomachinet@gmail.com
です。折り返し申し込み受付のメールを送ります。そのメールをもって参加証としますので、当日は印刷して持参ください。
お問い合わせも上記へ。
※当日参加者は、自家発電所で稼働させたい家電製品の消費電力(ワット数)を調べてメモしてきてください。

2019-1-24
■臨床心理士■【高校生世代相談室・相談支援員募集!】@江戸川区「Sacuらぼ」
団体名 特定非営利法人キッズドア
分野 青少年育成
活動地域 東京都
内容 2019年4月スタート!若者が未来への希望をあきらめないためのサポートをしてくれる相談支援員を募集します!

● 高校生世代相談室「Sacuらぼ」とは…
S…Smile A…Share C…Social U…Step up

様々な理由により、高校に通うことが難しくなってしまった児童に、早い段階で進路を相談できる場所を提供することで、未来への希望をあきらめないサポートを行う場所として、2019年4月に江戸川区内にオープンします!

併設されるライブラリー(自習室)と共に、相談室の空間を"1"から作り上げるお仕事。相談に乗っていただくだけでなく、空間そのものを一緒に楽しんで創りあげていっていただいたり、アウトリーチに積極的に取り組んでくださる方の応募をお待ちしています!

詳細はこちらから⇒https://jp.stanby.com/ats/kidsdoor/jobs/0000065

【具体的なお仕事内容】
 (1) 16〜20歳までの若者(未進学者、不登校などの中退予防群、
   中退者)へのサポート(カウンセリング)
 (2) 保護者への助言、援助
 (3) 学校訪問、関係機関との連携、情報収集
週3日、日中のお仕事のため、フルタイムでの勤務は難しいけれど...
という方にも働きやすい環境です★

・給与 時給 1,500円〜1,800円 ※経験による
・勤務地 1
  〒133-0041 
   東京都江戸川区上一色2-6-10上
   一色コミュニティセンター内「Sacuらぼ」
・職種 / 募集ポジション 相談支援員
・雇用形態 アルバイト・パート
・勤務時間 10:00?17:30
・店舗名・支店名 江戸川区 高校生世代相談室「Sacuらぼ」
・電話番号 03-5879-4066
・業務内容
  (1)16歳〜20歳までの若者(高校未進学、不登校等の中退予備群、
    高校中退者)のサポート(カウンセリング)
  (2)保護者への助言、援助
  (3)学校訪問、関係機関との連携、情報収集
・募集人数 2名
・応募資格
  (1)臨床心理士(臨床心理士取得見込みを含む)
   又は臨床発達心理士の資格を有する方
  (2)週3日(土曜日又は日曜日のどちらか含む)勤務が可能な方
    ※月1回火曜日のミーティング(ケース会議)に
     参加可能な方(3時間程度)
  (3)1年以上勤務可能な方
・待遇・条件 交通費全額支給
・応募方法
  1.下記URLから連絡先を入力後、応募を完了してください。
  2.後日弊社担当よりメールにてご連絡差し上げます。
・提出書類 履歴書(写真貼り付け・形式自由)
・選考の流れ
  1.第一次審査:書類審査
  2.第二次審査:面接
  ※次のステップに進まれる方のみメールにてご連絡いたします。
  ※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。

応募URL⇒https://jp.stanby.com/ats/kidsdoor/jobs/0000065/apply

○事業内容

・教育支援事業

ひとり親家庭、ご兄弟の多いご家庭、生活困窮のご家庭の小学生から高校生・高校中退者に、無料の学習支援を提供しています。日本では子育てに保護者のお金がかかるために、貧困家庭の子どもは学力が低くなってしまい、進学や就職がうまくいかずに、結局子どもの世代も貧困になってしまうという「貧困の連鎖」が起こっています。

無料の学習教室や、学習支援と食事を提供する居場所で、子どもたちの学力とソーシャルスキルを上げ、様々な体験活動やキャリア教育で、子どもたちの夢や希望を作ります。

・地方創生事業

キッズドアは日本でも珍しい、東京という大都市、仙台という中核都市、そして南三陸町という過疎地で子どもの支援を直接行う団体です。それぞれの地域の状況を見ることで、子どもたちに足りない力が見えてきます。過疎地では、教育やこれからのキャリアの情報が足りず、ITや英語に対する学習意欲の欠落、また起業やグローバルマインドなども圧倒的に足りません。しかし地方の活性化にこそ、そのような人材が必要です。私たちは、教育で地方創生に貢献します。

・コンサルティング事業

キッズドアは2007年創業から日本の子どもの支援に特化しています。日本では長らく「子どもの支援=海外後進国の支援」と考えられており、当時日本の子どもの支援をしている団体はほとんどありませんでした。いち早く日本の子どもの貧困に注目し、数多くの現場で貧困家庭に接する中で、様々なノウハウを蓄積してきました。教育支援コーディネーター養成講座などの研修事業や、低学力の子どものための教材作成など、また、理事長の渡辺は、内閣府や厚生労働省の委員として、法案作成や施策立案にも貢献しています。

・アドボガシー活動

子どもの貧困対策や子どもが明るく成長できる社会を実現するために、様々な団体や有識者と共に社会の皆様の関心を集め制度変更などより大きなステージで社会課題を解決する活動です。

2015年 児童扶養手当の複数子加算の増額ー2人目5000円、3人目3000円が倍額になりました!
2016年 給付型奨学金の創設ー国による大学進学時の給付型奨学金制度が設立されました!
2017年 ブラック校則をなくそう!プロジェクトー現在も継続中

○キッズドアが目指すところ

・日本における貧困の現状

キッズドアの設立当時は、経済的に苦しい家庭の親子が参加できる無料イベント・ワークショップ・コンサートなどを開催していましたが、実際に来場したのは経済的に豊かな親子の姿が目立ちました。それはなぜか…いろいろと調べた結果、さまざまな困難に直面している親子は、自分の地域から出てくることすら難しいことがわかりました。低賃金、長時間労働、パソコンがない…このような状況で、情報が行き届いていなかったのです。また、保険証がないために病院に行けない、親が仕事に追われて食事も1日に1回。金銭的余裕がないので進学をあきらめざるをえないなど、想像以上に日本の貧困問題は深刻でした。

・キッズドアの使命

このような日本の現状から、「経済的に苦しい家庭が本当に望むこと=子どものための無料の学習指導」ととらえ、進学をあきらめることなく平等な教育・就職ができ、貧困問題が継続しないよう負の連鎖を断ち切る必要があります。

「キッズドア」という団体名は、「日本の子どもたちに社会へのドアを開けられるように」という想いを込めて名付けました。多くの学生ボランティアとともに日本の子どもたちの教育支援に特化した活動を展開し、日本に住んでいるすべての子どもが夢・希望を持てる社会を作っていきたいと考えています。

・代表プロフィール

理事長:渡辺由美子

千葉大学工学部出身。大手百貨店、出版社を経て、フリーランスのマーケティングプランナーとして活躍。 2000年~2001年に家族でイギリスに移住し「社会全体で子どもを育てる」ことを体験する。準備期間を経て、2007年任意団体キッズドアを立ち上げ。2009年内閣府の認証を受け、特定非営利活動法人キッズドアを設立。日本の全ての子どもが夢と希望を持てる社会を目指し、活動を広げている。
内閣府子供の貧困対策に関する有識者会議 構成員
内閣府子供の未来応援国民運動 発起人
厚生労働省 生活困窮者自立支援及び生活保護部会 委員
全国子どもの貧困・教育支援団体協議会 副代表幹事
専修大学 非常勤講師

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 次へ→